有名人、メーカー名、いろいろな商品名など、ネット上でこれらに対しての投票をしてもらってランクをつけたいと思っているのですが、この行為は法にふれるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

特に画像や音声などを不正に使うことがなければ問題はないでしょう。



商品などに対する不当な批判などがあれば問題視されるかも知れませんが。

著作権や肖像権は特に問題にならないと思いますが
以下のweb を参考にしてください。

逮捕されない著作権法

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5862/cho.h …
    • good
    • 0

 特定の個人、特定の会社を貶(おとし)める目的を持っていない限り、これらの人気投票は罰せられることはありません。

刑事法は原則として、故意がない以上罰せられることはありません。また、民事的にも、これらの有名人、メーカーは社会的な存在がありますので、一般人に対するものより、限定的に解する必要があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商品へのメーカー名の表示の必要性?

これから販売しようとする商品がありますが、
何かトラブルがあったときのために
商品には製造業者(メーカー)名は記載(貼付)しておいた方が良いのでしょうか?
PL法等々、法律的観点からアドバイスできる方いらっしゃいましたら、お願いします。

Aベストアンサー

全然自信はありませんが,他の方からの回答が無いようなので書かせていただきます。
どのような商品を販売しようと計画されているのかは不明ですが,家庭用品品質表示法に規定される商品の場合は,製造者の表示が必要らしいですよ。
ご参考までに・・・

参考URL:http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/s_hogo/house/house.html

Q有名人、有名キャラクターの名を創作物で出すことについて

有名人、有名キャラクターの名前を創作物で出すことには、法的な問題があるでしょうか?
名誉毀損的文脈でだすならもちろんだめでしょうが、そうではなく
たとえば、「ジェイソン(←映画の殺人鬼キャラクターです)みたいなやつ」
とか、「ベストセラー作家で有名な村上龍」などといった使い方です。

問題ある場合でもない場合でも、その法的根拠をご教授いただけますと
たいへんありがたく存じます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いわゆる「パブリシティ権」の問題だと思います。有名人・著名人の場合は、その人の写真や名前それ自体に経済価値が認められる場合があり、無断で使用すると「商標権侵害」と同様の問題になる可能性があります。

実際には数多のメディアが氾濫しており、その全てで本人同意を得ているものではないでしょうし、本人も全てに目を通すことは非現実的ですから、黙認されているのが実情でしょう。そのことが「権利侵害が無い、違法ではない」ということになるものではありませんが、要は侵害を主張することのコストとそれによって回復される権利の比較衡量なのだと思います。

基本的には、相手の(多くの人が知っているだろう)氏名などを利用することで、利用する人は表現を簡略化したり、イメージを明確化したりする利益を受けるのですから、本人に「あなたの著名な名前をこのような方法で使わせていただきたいので、許可してください」とことわりを入れておくのがマナーでもあります。

本人の同意を得ることには付加的なメリットがあります。利用者の発行物に多少なりとも関心を抱くでしょうし、もし利用された制作物が気に入れば、その著名人を通じて利用者の制作物が知れ渡ったり、その後の別な協力要請にも協力してもらいやすくなったりします。

「面倒」と思わず、相手を尊重する姿勢で接しては如何でしょうか。

いわゆる「パブリシティ権」の問題だと思います。有名人・著名人の場合は、その人の写真や名前それ自体に経済価値が認められる場合があり、無断で使用すると「商標権侵害」と同様の問題になる可能性があります。

実際には数多のメディアが氾濫しており、その全てで本人同意を得ているものではないでしょうし、本人も全てに目を通すことは非現実的ですから、黙認されているのが実情でしょう。そのことが「権利侵害が無い、違法ではない」ということになるものではありませんが、要は侵害を主張することのコスト...続きを読む

Q商品名・会社名について

(一度似たような質問をしたのですが、不十分だったので、再度質問させていただきます。)
最近ブログを書き始めたのですが、買い物をして買った商品などについても書きたいです。
そこで、
1.ブログに具体的な「商品名」や「会社名」を乗せることは、問題ないことですか?
2.また、その「商品」や「会社」を宣伝する行為はどうですか?
3.逆に否定的なこと(壊れやすい、高い、など)はどうですか?どの程度まで許されるのですか?
教えてください。
なお、私のサイトは個人経営の無料サイトですので、金銭的な利益を得ることは目的としていません。

Aベストアンサー

1と2については、blogサイトの利用規約を確認して下さい。
特に関連する事が書かれておらず、単純な事実の提示であれば問題ないと考えられます。


> 逆に否定的なこと(壊れやすい、高い、など)はどうですか?

他の類似製品との販売価格の比較、故障率の調査をやったのでなければ、「自分が買ったのは壊れた、高かった」ですね。
「壊れやすい」「高い」を事実として主張する場合は、どういう調査やデータに基づいてそう判断したのか?を明示してください。

Q商品名に歴史上の人物名を使えるか

商品名に歴史上の人物名(姓名の内、名前の部分のみ)を使えるかと思っています。可能であれば商標もとりたいと思っています。

商標については自分で本で調べたら「他人の肖像、氏名、名称、または商号などを使ってあるもの。ただしその他人の許可をとっていればかまわない」と書いてありました。

たとえば氏名でも「竜馬」などでしたらよいでしょうか?またそれで、類似目的の商品で同じ商標がなければ、商標は取れますでしょうか?

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

清酒正宗とかいうお酒もあるくらいですから、
基本的には大丈夫と思います。

 参考URLにあるような例外もありますが、
選び方がまずかっただけで、歴史上の
人物の名前を出願すること自体はよく
あるみたいです。

参考URL:http://www.daily.co.jp/society/2004/10/20/147375.shtml

Q商品の内容と商品名

商品には「商品名」と「名称」があると思いますが、
商品名は名称を反映してなくても良いのでしょうか?

極端な話、オレンジジュースの
商品名を「アップルジュース」として
名称を「(オレンジ)ジュース」とすることには
法令の見地としては問題ないのでしょうか?
(その商品が売上にどう影響するかは別として)

また、何パーセント以上といった
最低限の割合はあるものなのでしょうか?
ごま油0.5%、サラダ油99.5%の混合油に
「ごま!」という商品名をつけることは
違法でないといえるのでしょうか?
メーカー側が「ごま」は「胡麻」の意味でなくて
「ごっついまろやかな油」という意味だ
という見解を出した場合、合法と言えるでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

商品名については、
各業界が自主的に、
表示に関する公正競争規約を定めて規制しています。
 
ただ、使用している果汁以外の名前を、
つけてはならないとは書いてありませんでした。
あと、油についての規約は見当たりません。

ただ、下の法律に抵触する可能性はありますね。

不当景品類及び不当表示防止法   
(不当な表示の禁止)
第4条 事業者は、自己の供給する商品又は役務の取引について、次の各号に掲げる表示をしてはならない。



商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と競争関係にある他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示すことにより、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認められる表示



商品又は役務の価格その他の取引条件について、実際のもの又は当該事業者と競争関係にある他の事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるため、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認められる表示



前2号に掲げるもののほか、商品又は役務の取引に関する事項について一般消費者に誤認されるおそれがある表示であつて、不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認めて公正取引委員会が指定するもの


公正取引委員会は、前項第1号に該当する表示か否かを判断するため必要があると認めるときは、当該表示をした事業者に対し、期間を定めて、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。この場合において、当該事業者が当該資料を提出しないときは、第6条第1項及び第7条の規定の適用については、当該表示は同号に該当する表示とみなす。
    

参考URL:http://www.jfftc.org/cgi-bin/data/bunsyo/hyouzikiyaku.htm

商品名については、
各業界が自主的に、
表示に関する公正競争規約を定めて規制しています。
 
ただ、使用している果汁以外の名前を、
つけてはならないとは書いてありませんでした。
あと、油についての規約は見当たりません。

ただ、下の法律に抵触する可能性はありますね。

不当景品類及び不当表示防止法   
(不当な表示の禁止)
第4条 事業者は、自己の供給する商品又は役務の取引について、次の各号に掲げる表示をしてはならない。



商品又は役務の品質、規格その他の内容に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報