人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

過去に銀行より信用保証協会の保証付きで融資を受けました。
昨今の経済情勢で売上が大幅にダウンし月々の返済が滞る様に成り
銀行より代位弁済の話が来ました。
銀行より代位弁済の手続き中は口座が凍結されると聞きました。
代位弁済の手続きは通常どの程度の期間がかかるのでしょうか。
又代位弁済した場合のデメリットも併せ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

代弁手続きは協会に代弁請求をし、弁済金額が入金され次第終了します。

早いと一週間、遅いと1ヶ月足らずといったトコです。
勘違いしてはならないのが、債権は無くなりません。返す相手が銀行から協会に変わるだけ。
デメリットは当該金融機関で融資を受けられないことと(担保があれば無理してプロパーでうけられないこともないが)、別の金融機関であっても当該協会扱い融資が受けられないことです。

ですから、銀行は嫌がりますが、前回引き落としから6ヶ月を過ぎない間に少しでも(1回分ずつ)入金すること。代弁は銀行にとって有利ですが、借入人にとってはデメリットです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考に成りました。

お礼日時:2009/04/10 09:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信用保証協会の代位弁済への返済負担を軽くできませんか?

何卒お助けください。たいへん困っています。

私は、信用保証協会の保証を受け、銀行からお金を借りていました。

しかし、銀行への返済が困難となり、6年ほど前に信用保証協会から銀行に2500万円を代位弁済してもらいました。

その後、信用保証協会へ月々4万円だけ返済していますが、利息が年利14%に上り、元利残高が膨らみ続けている状況です。
(現在では、元利残高が5500万円まで膨らんでしまいました)

そこで、ご質問申し上げたいのですが、利率を下げたり、一部債務を減免したりすることはできないでしょうか。

何卒ご教示お願い申し上げます。

Aベストアンサー

仕事で某保証協会と公的融資に関連して代位弁済となった方との間に入ることの多い者です。
保証協会と言いましてもいくつもありますので必ずしも同じ対応ではないでしょうが。
No.1の方が書いているように真面目に支払いをされている方については元本返済時に遅延損害金については減免してくれることがあります。

ただ、ご質問者さんは失礼ながら真面目に返済をされておられますでしょうか?
元金2500万、利率14%で6年で元利残高5500万というと、ほとんど返済されていない計算になると思いますが・・・。

まあ、それはおくとしても月4万の返済では元金の返済だけでも50年以上かかる計算になります。
このままでは多少債務の減免を受けても状況は変わらないと思われますので協会に相談を持ちかけても話しにもならないような感じですね。

元本分だけでも(もしくはせめて元本の半額だけでも)完済出来る現実的な返済計画がたてられるのであれば色々交渉の余地はあるかと思いますが、不可能でしたら自己破産された方がよろしいかと思います。

Q法人で信用保証協会と国民金融公庫の返済が厳しくなった場合

現在法人で信用保証協会を使い銀行から2500万円 
国民金融公庫から500万円の借り入れをしているものとして
返済が出来なくなった場合、どうなりますでしょうか?

いずれも保証人は代表取締役のみです。
返済ができなくなってといっても全くできないのではなく、金額を減らせば可能です。個人でいう債務整理は法人のときは会社更生法なのでしょうか?
返済可能な範囲で返済をしていき、会社もつぶさずにそのままできるのでしょうか?
また代表取締役が持っている住宅もそのまま維持できるのでしょうか?
(勿論住宅ローンの返済はきちんと行っていくものとして)
また国民金融公庫の支払いのみ今まで通り行っていった場合、国民金融公庫からまた借り入れができるのでしょうか?
お手数ですが詳しい方、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

同じような方々が多く、驚いています。どうやら私は皆さんより少し先に腹をくくり、実行に移した人間のようです。担保の有無、保証人の有無等、それぞれ事情は違うと思いますが、近年流行だった無担保無保証のビジネスローンなどを対象にされている方なら、心配せずに交渉に臨むことです。それもぎりぎりまで手持ち資金をなくさず、体力があるうちに出来るだけ早く。手持ちのお金で資金繰りが回る目処が立っていることが重要です。リースなどは支払い続ければよいわけですから、銀行の返済が滞ったからといって支障はありませんよ。

そうですね、飲み会でもやったら面白そうですね。私の経験が役に立つなら是非お話してみたいものです。

Q信用保証協会の代位弁済後の先方からの対応について教えてください

信用保証協会の対応について質問させてください。現在飲食店を経営しており、4000万の資金を保証協会付融資にて地元の信金から借り入れております。経営が厳しくなり先日リスケをお願いしましたが、遅かれ早かれ元金返済が滞ります。融資には当然私個人が連帯保証人となっております。自宅は任意売却すれば5000万ほどで売れるとのことですが、ローンがまだ4000万残っており、約1000万の現金にしかなりません。
私はサラリーマンをして返せる範囲で返していきたいと思っていますが、もし協会が代位弁済後の話し合いで返済にそんなに時間がかかるのなら自宅を売るように圧力または裁判にでるようなことをしてきますでしょうか?私にはほかに財産らしいものは自宅しかなく、ローン以外には抵当権はついておりません。協会はこのような財産を処分させてでも債権回収に動いてくるのでしょうか?自宅はなんとしても守りたく思っております。

Aベストアンサー

そもそもの疑問点としては、下記の諸点です。
(1)4000万円を投じた飲食店に何らかの資産価値は無いのか?
店舗内装造作・備品・入居時の敷金・売掛債権等々、これらの資産価値が無いと質問者は事業を継続して4000万円の赤字を蓄積したことになる
(2)無担保で4000万円(当初借入額は5000万円)借入できたとすれば、会社自体は相応の決算内容であった筈だが?
(3)飲食店は閉店するのか? 事業を維持しつつ改善策を打つ余地が全く無いのか? 極論だが第三者に経営を委ねて小額でも家賃を稼ぐという選択肢はないのか?

その上で、現状で信金・保証協会からの予想される対応としては、
(1)ひとまず事態の先送りとして、毎月返済額を金利+1万円といった形式返済を設定する
(2)次回の返済猶予期間延長の局面で、自宅の担保差入の申し出がある
(3)あるいは追加保証人として、身内で資産を有する人間を連帯保証人にたてることを要求してくる(今回であれば義母・妻・質問者の両親といった所)

元本返済猶予の不承認・質問者の返済遅延の蓄積(通常は6ケ月以上の延滞)により
(4)信金の債権を質問者に代って保証協会が信金へ返済する
(5)保証協会が会社・質問者に対して返済履行交渉を行う
(6)保証協会側が分割返済に了解すれば長期分割返済(1年刻みで返済条件は変更)を許容するが、その間は14%の延滞金利を設定するので要返済額が増加していく

(7)返済意思が無い・実現性が無いと判断されれば、自宅の質問者持ち分へ差押、物件処分により強制回収を図ることも有り得る

(8)強制的な回収手段をとるかどうかは、物件の処分価値から見た短期的な回収期待値(「処分価格―先順位債務」、本件の場合は更に持ち分の兼ね合い)に対して分割返済での長期的な回収期待値が上回る(時間の経過によるリスクも含めて)かどうか、という保証協会側の判断に委ねられそうです。

そもそもの疑問点としては、下記の諸点です。
(1)4000万円を投じた飲食店に何らかの資産価値は無いのか?
店舗内装造作・備品・入居時の敷金・売掛債権等々、これらの資産価値が無いと質問者は事業を継続して4000万円の赤字を蓄積したことになる
(2)無担保で4000万円(当初借入額は5000万円)借入できたとすれば、会社自体は相応の決算内容であった筈だが?
(3)飲食店は閉店するのか? 事業を維持しつつ改善策を打つ余地が全く無いのか? 極論だが第三者に経営を委ねて小額でも家賃を稼ぐと...続きを読む

Q口座凍結された口座に、振込みをするとはじかれますか?

口座凍結された口座に、振込みをするとはじかれますか?

Aベストアンサー

『口座凍結』は
振り込め詐欺等の被害者防止対策にも使われます。
だから振込は拒否されます。

『口座差押え』は
債権者の回収等に使われます。
だから振込は拒否されません。

Q凍結または差し押さえされた預金口座について

タイトルのように、
凍結または差し押さえられた銀行口座への
振り込みや入金もできなくなると考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

口座凍結
相続があったことを知った金融機関が、相続財産となる預金を、一人の相続人に払ってしまうと責任を問われるために、所定の手続き(遺産分割協議書の提出、相続人全員の委任状など)が行われるまで、預金引きろしをできなくすること。
具体的には各金融機関で取り扱いが違うでしょうが、入金は受付されます。

差押
差し押さえ時点での預金の支払い請求権の差し押さえ。
預金通帳という紙切れを差押するのではなく、金融機関を第三債務者として、債権者(預金者)が持つ支払い請求権の差押がされる、債権差押です。
口座凍結とは違い差押えされた金額を別段預金にして、債権者からの支払い請求に応じる金融機関もあります。
別段預金に差押された額を移動する手続きをする金融機関なら、その後口座は以前同様使用できます。

仮に100万円残高がある時点で差押された預金は「100万円の普通預金の払い戻し請求権」として差押されるので、その後に振込や入金がされた預金額には差押の効力がおよんでませんので、金融機関は預金者から支払いを求められたら拒絶する理由がありません。
「差押時における預金残高+差押時までの利息の払い戻し請求権」の差し押さえですと、金融機関によっては解約手続きをとるので、口座そのものが消滅します。
すると入金も出金も当然に不能となります。

凍結と差押は違うものです。

振込先の口座が差押されたことなど、例えば家賃振込をしないとならない人は知りませんので、それが口座に入金できないという処理をされたら、店子は家賃滞納という不利益な立場になってしまいます。
指定された口座への振込は有効でないとこまります。
これこそ金融機関によって対応してることでしょうが、「差押」として引出しがされ、その後の入出金が記録されてる通帳を見たことがありますから、差押された額が支払いされてしまえば「自由の身」になってると思います。

口座凍結
相続があったことを知った金融機関が、相続財産となる預金を、一人の相続人に払ってしまうと責任を問われるために、所定の手続き(遺産分割協議書の提出、相続人全員の委任状など)が行われるまで、預金引きろしをできなくすること。
具体的には各金融機関で取り扱いが違うでしょうが、入金は受付されます。

差押
差し押さえ時点での預金の支払い請求権の差し押さえ。
預金通帳という紙切れを差押するのではなく、金融機関を第三債務者として、債権者(預金者)が持つ支払い請求権の差押がされる、債権...続きを読む

Q差し押さえで生活できなくなりました。

支払い予定を立てようと昨晩、残高を見ると銀行口座に入っているはずのお金がありません。

驚いて明細を見ると「差押」と記され20万強引き落とされていました。

何の差押かは不明。
どこからも通知や告知などの書類は来ていません。

今月の支払いも残っていますし、何より食べることも出来なくなりました。
しかもサラリーで決められたお給料ではないので来月からの生活も目処が立たない状況です。

月曜日に銀行に問い合わせてみるしかないのですが不安と焦りと怒りで眠れず質問させて頂きました。
こんなことってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

生活が出来なくなる程の差押さえは、出来ません。
差押さえ先へ、返還を申し出ましょう。
裁判所を通した給与等の差押さえでも、25%が上限です。 生活権があるので。

どこから取られたかが問題ですが、
税金などの場合は、その場で月々1万づつとかの支払いの約束をして、返還交渉してみてください。
公官庁の方が、交渉しやすいはず。
まあ、ほっといた人が一番いけないのですが…。

平日に、会社休んでも行くべき! っと思います。

Q口座凍結の銀行の支店で新口座を作れますか

任意整理か個人再生か自己破産になるか、まだ決まっていませんが、
債権者のひとつが銀行(○菱○京U○○銀行)のため
口座を凍結されています。
この銀行のカードローンと、金融会社のモビッ○を利用して
いたので、引き落とし口座がこの銀行でした。

現在、仕事を探しているところで、面接に行く予定の
企業があるのですが、そこの給与振込みが
「○菱○京U○○銀行で統一している」ということなの
ですが、口座を凍結していても他の支店で口座を開設する
ことは可能なのでしょうか?
一応、銀行はここに統一しているが、どうしても都合が
悪いのなら他の銀行でも良いらしいですが、都合の悪い
理由を色々聞かれたらいやだと思い、他の支店でも作れるのか
どうか知りたいと思いました。

銀行に聞けばいいのですが、聞きにくいのでこちらで
質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わざわざここで聞かなくても「口座を作ってみれば判る」と思います。

駄目なら銀行に断わられますし、OKなら作れるでしょう。

但し、銀行が「うちが持ってる債権の債務者が新規に作った口座」だと気付いたら、給与振込は可のまま、引き出しだけ不可にするかも知れません(事実上の給与の差し押さえ)

会社に「プライベートな事なので理由は言えないが、その銀行は都合が悪い」と言って、別の銀行の口座を用意した方が無難でしょう。

Q銀行預金を差し押さえた場合の、銀行の対応は?

企業Aに担保なしで金を貸し、返済が遅れたため、訴訟で勝訴したとします。
企業A所有の土地の登記簿より、企業Aが銀行Bより土地を担保(根抵当)に借金をしていると分かりました。他に取引先銀行が不明なため、銀行Bにある(かもしれない)預金の差押をしようと思います。

銀行=企業の金銭貸借契約の中に、期限の利益喪失条項(例えば、支払いが遅れた場合、破産申し立てがあった場合、即時全額返済せよ、など)があると思いますが、
こうした条項の中に「差押があった場合」というのは、あるものなんでしょうか?
あと、実務として、こういった状況になった場合、銀行は期限の利益喪失を主張して、銀行が貸している全額の返済を求め、取引を止めるモノでしょうか?

契約の内容は個々の銀行で違うと思いますので、一般論で教えて下さい。

なお、企業Aがツブれて、債権回収が不可能になっても構いません。

Aベストアンサー

下記リンクで銀行取引約定書のひな型が見る事が出来ますので参考にしてください。
http://www.kinoshita.com/lawarchive/masteragt.html
この様な重要な約定は個々の銀行、信用金庫、信用組合に至るまですべて同じです。
約定書第5条(期限の利益の喪失)、第1項(当然喪失条項)第3号に
私または保証人の預金その他の貴行に対する債権について仮差押、保全差押または差押の命令、通知が発送されたときには、貴行からの通知催告等がなくても貴行に対するいっさいの債務について当然期限の利益を失い、直ちに債務を弁済します」との約定があり、期限の利益は当然喪失し債務者は債務を一括請求される事になります。
この条項は、銀行が自行預金と自行債権を他の債権者(差押債権者も)に優先して相殺できるように、通知が発送されたときに遡って相殺適状にする為のものですから厳密で、裁量の余地の無いものです。

実際の対応については、差押が取下げられた時は差押が無かった事として取引を継続することが可能なので、銀行としてそれなりの取引先であれば、差押債権者と円満に解決して差押を取下げてもらうよう促すことになるでしょう。
その場合でも、取下げがされるまでの間は新規の融資は当然出来ず、少なくとも約定の返済は最低でも履行しなければならないでしょう。
期限が到来しているので本来全額一括返済が建前で、約定返済を認めているわけではありません。
差押債権者がさらに転付命令等の取立手続を進め、銀行が相殺を実行せざるを得なくなればもう修復不能なので銀行は本腰を入れて債権回収に掛かります。
それなりの取引で無い場合はさらに厳しい対応になるでしょう。

参考URL:http://www.kinoshita.com/lawarchive/masteragt.html

下記リンクで銀行取引約定書のひな型が見る事が出来ますので参考にしてください。
http://www.kinoshita.com/lawarchive/masteragt.html
この様な重要な約定は個々の銀行、信用金庫、信用組合に至るまですべて同じです。
約定書第5条(期限の利益の喪失)、第1項(当然喪失条項)第3号に
私または保証人の預金その他の貴行に対する債権について仮差押、保全差押または差押の命令、通知が発送されたときには、貴行からの通知催告等がなくても貴行に対するいっさいの債務について当然期限の利益を失い、直ち...続きを読む

Q凍結口座への入金は?

最近テレビなどで振り込み詐欺などの番組をしていてちょっとした疑問をもったのですが口座が凍結になっても入金だけはできるのでしょうか?
できるみたいなことを聞いたような気がしてちょっとおかしいシステムだから聞き違いかなと思って引っ掛かっています。知ってる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
●最近では、「振り込め詐欺などの、被害者の方への資金分配に関する新しい法律」が、制定されました。

くわしくは、こちらを。

http://www.bk.mufg.jp/info/hurikomesagi/index.html

なお、被害者の方からの資金返却を受け付けさせていただくのは、最も早くても今年(平成20年)の8月以降になる見込みだそうです。


人気Q&Aランキング