脂肪肝になると、GOT,GPT,γ-GTPが揃って上がりますか?

GOT:128、GPT:158、γ-GTP:126  でした。
毎年、総コレステロールはほぼ正常で、中性脂肪は正常値より
10位出ていました。昨年まで、肝機能は正常値でした。

体重は、少々肥満気味ですが昨年とは変わっていなく、お酒もほとんど飲みません。
ただ、甘いものはたくさん食べた気がします。

予約が1週間後しかとれず、脂肪肝以外の病気ならイヤだなと
思い、気になって仕方ありません。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>脂肪肝になると、GOT,GPT,γ-GTPが揃って上がりますか?



あがりますよ。
お酒をあまり飲まない人でγ-GTP:126なら、一番可能性が高いのはやっぱり脂肪肝でしょうね。

まあ、ほかの病気の可能性もないわけじゃないけど、急性期の症状(発熱や腹痛)がないのなら一週間後の再検査でまったく問題ないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり脂肪肝の可能性大ですか・・・。
この半年ほど、甘いものを食べるとイライラが収まるので、
少しですが毎日お菓子を食べていました。
自業自得とはいえ、悲しいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/10 22:13

まずウイルス性肝炎かどうか血液検査でわかりますので、調べてください。

ウイルス性肝炎か、生活習慣による脂肪肝かで治療法は全く違います。

生活習慣による脂肪肝だとしたら、現時点でそんなに心配しなくても大丈夫です。数年前の私と同じくらいの肝機能値です。私も酒を飲まず、非アルコール性脂肪肝の疑いが強い、と言われました。

原因は食いすぎ、対処法は摂取カロリーを適量に減らし、運動を増やす、ということで、私の場合空腹時血糖も高めで糖尿病の境界領域と言われたこともあって、10km(約2時間)のウォーキングを週2回、これを半年くらい続けて体重を6キロ減らしました。

その後、肝機能値は正常に戻ったのですが、最近体重がまた2キロ増え、肝機能値も上がりつつあるので、「また歩かなきゃなぁ」と思っています。

注意、努力すれば必ず正常値に戻れます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。

再検査では、ほとんど正常値になっていました。
自己免疫(?)やらウィルスの検査やらたくさんしましたが
結局は「わからない」でした。

でも、kumanoyuさんを見習って減量したいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/21 22:33

血液検査というのは基本的に


血中に流れてた細胞の数値です
肝臓の死んだ細胞の量が多かったという事ですので
今回は肝臓の処理に負担がかかり多くなっただけで
来月もう一度検査すれば正常かもしれません

血液検査は検査前の状態で変わりますので
気になるのであればウイルス検査も含めて再検査が望ましいでしょう

脂肪肝の発見はCTですぐ出来ますので安心してください

肝臓の病気であれば疲労が取れない、倦怠感が続く
以前と同じ程度の運動で息が上がる、掌が黄色くなる
暖めると(入浴等)赤い斑点が浮き出す等
が症状として出ます、普段は気付きにくいですがね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

疲労感、倦怠感などずーっとありますが
ストレスだと思っていました。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/10 21:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • ウイルス性肝炎<子どもの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    ウイルス性肝炎とはどんな病気か  肝臓に各種の肝炎ウイルスが感染し、肝機能障害を起こす病気です。 原因は何か  A型、B型、C型などの肝炎ウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルスなどの感染が原因です。  感染経路はさまざまです。A型肝炎ウイルスによる肝炎は、海産物(生牡蠣(かき)など)を食べたあとに多く発症します。  B型肝炎ウイルスは母子感染、とくに出産時の母体血との接触(産道...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q密度関数値f(y)から分布関数値F(y)を求めたい

密度関数値f(y)から分布関数値F(y)を求めたいのですが、わかりません。


f(y)=0.0104
になりました。

これから、
F(y)を求めたいのですが、ネットで調べてもどうも分かりません。

もしかして、f(y)=0.0104がおかしいのでしょうか?


どなたか教えてください><

Aベストアンサー

>f(y)=0.0104がおかしいのでしょうか?
その通りです。
密度関数の性質
∫(-∞→∞) f(y)dy=1
を満たさなくてはいけません。

f(y)=0.0104 だと
∫(-∞→∞) f(y)dy=∞
となって密度関数の性質を満たしませんね。

なお、分布関数F(y)と密度関数f(y)の間には
F(y)=∫(-∞→y)f(t)dt, F(∞)=1
という関係にあります。

QALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTP値の上昇

 私は37歳の男性で、年に2回、定期的に献血をしています。
 献血後、毎回血液検査結果が郵送されてくるのですが、過去2年の検査結果がALT(GPT)、AST(GOT)の数値が20以下、γ-GTPが50前後であったのに、今回の検査結果ではALT(GPT)が50、AST(GOT)が30、γ-GTPが96と急に上昇していました。 
 気になるのは、自分的には最近、食生活が悪くなったりアルコール摂取量が増えたりといったことはなく、むしろ、以前より改善されていると思うのに、ここ半年で体重が6キロ増えたことです。(身長173cm72キロから78キロ)

 今回のALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTP値の上昇は、体重が増えたからと考えるべきなのでしょうか?それとも、逆に肝機能に異常が発生したために体重が増えたとみるべきなのでしょうか?
  
 詳しい方、ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

アルコール以外では薬剤性が考えられます。
最近新たにサプリメントを飲み始めた、玄米にかえたとかはありませんか。食物アレルギーでも軽い上昇はよく起こります。
最近風邪をひいて抗生物質や消炎鎮痛剤を服用したということはありませんか。この程度の数値の上昇ならばあり得ます。
また体重増加が関与するのであれば、脂肪肝が考えられます。
仮にそうであれば、体重を落とすことが必須になります。
まず、医療機関で血液検査と超音波を行ってください。
検査は肝炎ウイルス検査とALP、LDHの胆道系も行うことです。
そして何よりも大切なのは、今回の数値より上昇しているか同じなのかということです。上昇があればまだ上昇中(急性期)ですので、原因追及のため医師の指示に従いましょう。上昇がなければ、軽い運動と食事に気をつけて(脂分、刺激物を控える等)後は出来るだけ安静にしていればよいと思います。が、脂肪肝ならば食事制限や運動が必要です。

QEXCELでA列記載の数値に対応するB~F列のデータをG列に返すには?

A1からA10のセルに列順を示す1から5までの数値がランダムに入っています。
B1からF10までのセルにデータ(文字列または数値)が入っています。
B列を1列目、以下C~F列を2~5列目として、G列にA列の数値に対応する列のデータを返したいのですが、数式を忘れてしまい困っています。初歩的なな質問で恐縮ですが至急どなたかご教示ください。
例えば下表のとおりA1の数値が1のときはB1を、4の時はE1をというようにです。

列順(1)  (2) (3) (4) (5) 
A  B   C   D   E   F  G
1 山田 田中 斉藤 鈴木 佐藤 山田
4 池田 木戸 松尾 山口 近藤 山口
5  …  …  …  …  …
2  …  …  …  …  …

Aベストアンサー

H1:=INDEX(B1:G1,,A1)
以下コピーということでしょうか

Q肝機能(GOTとGPT)の数値が高いです。

30代前半の男性です。
年に1度の会社の健康診断で肝機能の数値が高く、
要精密検査と言われ、ものすごく不安です。

具体的な数値ですが、
GOT(AST)が87、基準値0~30
GPT(ALT)が101、基準値0~30です。
γ-GTPは基準値内の22だったのですが、
GOTとGPTの数値が基準の約3倍となっており
心配しています。

また今回の検査は昨年12月中旬に行ったのですが、
10月初旬に行った献血の結果では
GOT(AST)が18、GPT(ALT)が20、γ-GTPが21と
基準値だったため、およそ2ヵ月の間に急に上がり
こちらも心配しています。

飲酒は週に3.4回、量は缶ビール2本位、または焼酎ロック2杯くらいと
そんなに多くはないと思います。
またこの2か月間に大きく生活習慣が変わったことも
ないと思います。
体調もごく普通で、疲れや不調などの自覚症状も特にありません。

会社の指示で近いうちに内科にかかることになっていますが、
この数値は健康的に問題はありますか?
また要精密検査とのことですが、
具体的にはどのようなことをするのでしょうか?

詳しい方がいらっしゃいましたらぜひとも教えてください。
どうぞよろしくお願い致します。

30代前半の男性です。
年に1度の会社の健康診断で肝機能の数値が高く、
要精密検査と言われ、ものすごく不安です。

具体的な数値ですが、
GOT(AST)が87、基準値0~30
GPT(ALT)が101、基準値0~30です。
γ-GTPは基準値内の22だったのですが、
GOTとGPTの数値が基準の約3倍となっており
心配しています。

また今回の検査は昨年12月中旬に行ったのですが、
10月初旬に行った献血の結果では
GOT(AST)が18、GPT(ALT)が20、γ-GTPが21と
基準値だったため、およそ2ヵ月の間に急に上がり
こちらも心配しています。

飲酒...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん脂肪肝でしょう。
γ-GTPは肝機能を測る目安としてはあまり重要ではありません。
GOTとGPTの値の方が重要です。γ-GTPは昨日お酒を飲んだりハードな運動をすれば高くなります。つまりからだの疲労具合ですね。
GOTとGPTは肝機能そのものが低下してきている時に値が高くなります。日ごろの不摂生が肝臓に来たとお考えてください。

検査方法としては、再度の血液検査と腹部のエコー検査だと思います。お腹にゲルを塗ってバーコードリーダーみたいな端末でお腹をくりくりされます。なかなか微妙な感じです。

Qf(x)=0の近次解を求める数値計算について 

方程式 f(x)=0 
の近次解を求める数値計算に関する質問です。

代表的な計算方法には二分法、はさみうち法、ニュートン法、逐次代入法
などがあるようですが、

f(x)が以下のような関数であるときどのように近似解を求めたらよいでしょうか?

(1)  f(x)はどのxに対しても常にf(x)≧0となるような関数
(2)  f(x)=0 となるxはただ一つだけである
(2)  f(x)は非常に複雑な関数でf(x)を微分するのは困難

趣味で行っている3Dのモデリングに関するプログラム中に必要になった関数で、
このような関数に対し、二分法をベースにしたプログラムをつくってみましたが、
非常にだらだらとしたアルゴリズムでなっとくできません。
この関数に適したよいを御存知の方おられましたら御回答くださいませ。


またもしf(x)が 

(4)  f(x)= |2x+3| のように f(x)が0になるまでは単調減少で、0になってからは単調増加である

という条件がさらに加わった場合どうなるかについてもご解答いただけると助かります。

方程式 f(x)=0 
の近次解を求める数値計算に関する質問です。

代表的な計算方法には二分法、はさみうち法、ニュートン法、逐次代入法
などがあるようですが、

f(x)が以下のような関数であるときどのように近似解を求めたらよいでしょうか?

(1)  f(x)はどのxに対しても常にf(x)≧0となるような関数
(2)  f(x)=0 となるxはただ一つだけである
(2)  f(x)は非常に複雑な関数でf(x)を微分するのは困難

趣味で行っている3Dのモデリングに関するプログラム中に必要になった関数で、
このような...続きを読む

Aベストアンサー

>二分法をベースにしたプログラムをつくってみましたが、
>非常にだらだらとしたアルゴリズムでなっとくできません。
もし、それが極小値を求めるように二分法を改造したのであれば、
その方法で合っています。
少しでも計算時間を稼ぎたいなら、分割方法を工夫します。
「黄金分割法」を使います。
http://www.sra.co.jp/people/miyata/algorithm/goldsect.txt
※極小(大)値を求めるアルゴリズムで、f(x)が単峰性という以外には制約が無い。

ちなみに、
二分法、はさみうち法:X=A、X=Bで、F(X)の正負が入れ替わるように区間を
  設定する必要があるため、この方法は使えない。
ニュートン法:f(x)の微分が判らない場合、f'(x)=(f(x+dx)-f(x))/dx
  で無理やり計算できるから、ニュートン法が使えないわけではない。
  ただし、f(x)=0付近において、f'(x)もゼロに近いから、運が悪いと発散して解が求まらない場合があります。
逐次代入法:逐次代入法も、発散と隣り合わせです。
 ※ニュートン法も逐次代入法の一種。

>(4)  f(x)= |2x+3| のように f(x)が0になるまでは単調減少で、0になってからは単調増加である
(1)と(2)が成立すれば、必ず(4)が成立するのだけど....
この関数でやっかいな点は、微分が連続関数となっているかどうか。
微分が連続関数:極小値の位置で微分もゼロ。 したがって、f(x)をじかに求める場合、ニュートン法や逐次代入法では発散するかも。
ただし、微分のかわりに差分を使って、差分=0のxを求める方法はok。
微分が極小値の位置で不連続:差分=0となるxを求める方法がうまくいかない可能性がある。(2分法ならば無理やりですが解は求まる。)

それやこれやで、発散しないで解にたどり着ける可能性が高い方法は2つ。(計算速度を犠牲にします。)
1つはf(x)を直接使い、黄金分割法。
もう1つは、微分のかわりに差分を使い、2分法を用いて差分=0となるxを求める。
黄金分割法のほうが計算時間は短かそうです。

>二分法をベースにしたプログラムをつくってみましたが、
>非常にだらだらとしたアルゴリズムでなっとくできません。
もし、それが極小値を求めるように二分法を改造したのであれば、
その方法で合っています。
少しでも計算時間を稼ぎたいなら、分割方法を工夫します。
「黄金分割法」を使います。
http://www.sra.co.jp/people/miyata/algorithm/goldsect.txt
※極小(大)値を求めるアルゴリズムで、f(x)が単峰性という以外には制約が無い。

ちなみに、
二分法、はさみうち法:X=A、X=B...続きを読む

Q飲酒しないのに、γ-GTPとGPTが・・・

半年ほど前に健康診断で調べたときにはGOT、GPT、γGPT
全て異常なしだったのですが・・・
2ヶ月ほど前に検査したところ、GPTが59に・・そして総ビリルビンも1.2 GOTは35くらいでした。

で、また今日検査の結果を聞いてきたのですが、GPTは66、GOTが35、ビリルビンが1.1でγGPTはなんと100でした。。

私は28歳男性でお酒はほとんど飲みません。。
飲酒をする方のばあいはこのくらいの数字がでるのかも
しれませんが、飲酒しないのにこんな値でちょっとパニックです。
1ヶ月後に超音波検査をすることになったのですが、怖くて怖くて。
ガン、脂肪肝、、、なんだろう、、、と。
どうなんでしょうか。やばいですか?アドバイスください。御願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!28歳会社員です。
飲酒・喫煙します。
仕事は忙しく、毎晩深夜に帰宅するという状況でした。
私も去年春、会社の健康診断でγGPTが128という結果が出ました。正直びっくりしました。
最初は脂肪肝ではないかと判断されました。
1ヶ月間節酒をし、血液検査に挑みました。しかし、結果は126・・・
そこで、主治医との約束で2ヶ月間の禁酒生活をしました。
しかし、仕事はハードでした。
2ヵ月後の結果は98。
本来ならばもっと下がるはずだそうです。
そこで肝臓のエコーを取ったところ、脂肪肝ではありませんでした。
結局主治医は「仕事によるストレス性疾患」であろうといっておりました。
それまでは「小柴胡湯」というお薬を飲んでいましたが、今は「ウルソ」というお薬を服用してまいます。
おかげさまで先月末の診察で70まで下がりました。
結局仕事がハードだったり、睡眠不足だったりすると数値が上昇することもあるみたいです。
No1の方もおっしゃってますがあまり考えすぎると「ストレス」が溜まってしまうと思いますので、精密検査の結果を踏まえてお医者様とよく話し合いながらゆっくり直していくのがいいのではないでしょうか?
「病気と上手にお付き合いしながら治そう」という前向きな考え方で治療されると良いと思います。

お互い、早く良くなるといいですね!
長くなってすいませんでした。

こんばんは!28歳会社員です。
飲酒・喫煙します。
仕事は忙しく、毎晩深夜に帰宅するという状況でした。
私も去年春、会社の健康診断でγGPTが128という結果が出ました。正直びっくりしました。
最初は脂肪肝ではないかと判断されました。
1ヶ月間節酒をし、血液検査に挑みました。しかし、結果は126・・・
そこで、主治医との約束で2ヶ月間の禁酒生活をしました。
しかし、仕事はハードでした。
2ヵ月後の結果は98。
本来ならばもっと下がるはずだそうです。
そこで肝臓のエコーを取ったところ、脂肪肝...続きを読む

Q関数 ~に最も近く~よりも高い数値

関数苦手です。宜しくお願いします。
セルA1からF5まで適当な数値が入っており、B1からF5までの中でセルA1に最も近く、A1よりも高い数値を選ばせたいです。同様なA1に最も近く、A1よりも低い数値を選ぶ式をお願いします。

Aベストアンサー

Excelの基本の1つでしょうか。
Office検定みたいなやつの Excelエキスパートでも出題されます。
配列数式を使うことで実現できます。


>セルA1に最も近く、A1よりも高い数値を選ばせたいです
 数式バーに以下数式を入力し
 =MIN(IF(B1:F5>A1,B1:F5))
 Shift+Ctrl+Enter で配列数式として入力されます


>A1に最も近く、A1よりも低い数値を選ぶ式
 =MAX(IF(B1:F5<A1,B1:F5))
 を同様に配列数式として入力すればOKです。


あまりデータ数が多い場合は再計算で重くなるので
対象のセルが数百万個を超える場合はマクロ化させた方が良いかもしれません。

Q「γ―GTP」と「中性脂肪」

毎晩飲酒をされ、人間ドックへ入った経験のある皆様の結果・ご感想をお聞かせ下さい。

私の場合毎日2合の晩酌をしますが、「γ―GTP」と「中性脂肪」がそれぞれ128と516で異常に高い結果が出ました。しかし、その他の肝臓に関する数値は正常でしたので特別に心配はしていないのですが・・・。
また、私と同様な生活をされている方は殆ど同じような結果が出ているようですので、異常と云うよりは、これが飲む人の正常値?などと勝手に解釈しているのですが・・・。

皆様はどのように受け止めていますか?
やはりこの儘の生活ではいけないでしょうか?

Aベストアンサー

 「γ―GTP」については、下記URLのページに詳しく解説されていますが、やはり100以上ある場合は、一度病院で精密検査を受けられたほうがよいようです。
 それに中性脂肪が516などどいうのは、明らかに高すぎます。
 よほど大量に飲酒され、また脂っこい食品をアテに
されているようですね。
 私も晩酌はしていますが(週2回の休肝日は必ず設けています)中性脂肪が100を超えたことなど一度もありません。
 「総コレステロール値」「HDL(善玉)コレステロール」「LDL(悪玉)コレステロール」「血糖」などの値は正常値でしたか。
 もしこれらの数値が正常なら、今のうちならまだ救いがあります。
 晩酌は、今の日2合から絶対増やさぬようにし、週2回は休肝日を設ける。アテは、脂の多い肉や揚げ物などは避け、魚類、豆腐など脂肪が少なくてタンパク質が豊富な食品を摂る。といった心がけを、今日からでも始められたほうがいいと思います。

参考URL:http://www.newton-doctor.com/kensa/kensa01.html

Qアセンブラ言語の数字を数値に変換するプログラム

LD GR3,GR1 ;GR3にGR1の数字を入れる。
AND GR3,=#000F ;数字を数値に変換

というアセンブラのプログラムがあったのですが、なぜGR3と16進数#000Fの論理積をとることで数字を数値に変換できるのでしょうか。

それと、ここでいう数字、数値の違いとは、数字の1はコンピュータ上では
49という数値に変換される(アスキー文字)という認識でよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

2進数で表したときの下4桁だけが残ることになるからです。

アスキーコードでは、数字の「1」は、10進で49、16進で31です。
16進の31を2進数に直すと、0011 0001です。
これと16進のOF、つまり2進の0000 1111と論理積をとると、0000 0001となり、数値の1になります。

Q血液検査でγ-GTPとGTPで精密検査に

私は38歳の男性です。
正月明けに受けた健康診断の血液検査でGPTとγ-GTPが共に高く精密検査要との結果が出てしまいました。
具体的にはGPTが60、γ-GTPが150です。ちなみにGOTは35でした。
ちなみに昨年の9月頃に受けた血液検査ではGPTが22、γ-GTPが27、GOTは23でした。
急激に上がっているので心配になっています。
ちなみに今回の血液検査は正月明け早々に受診しているので連続して飲酒しており、ようやく落ち着いたと言った時期に受診しています(1/7)。年末から体重は1.5キロ増えています(身長170cm,体重66kg→67.5kg)。
この状況なのですが、γ-GTPはお酒で上がるみたいですが、GPTはネットで調べてみると慢性的な脂肪肝やウイルス性の肝炎で上昇するとの事です。9月の時点では数値は低かったので慢性的な脂肪肝では無いと判断しているので、ウイルス性の可能性もあるのかと心配しています。
今回の数値の上昇が一時的な暴飲が原因の可能性はあるのでしょうか?
ご教示下さいませ。
いずれにせよウイルス性の心配はしておいた方が良いのでしょうか?
2月中頃までには再検査を受診しようとは思っています。

私は38歳の男性です。
正月明けに受けた健康診断の血液検査でGPTとγ-GTPが共に高く精密検査要との結果が出てしまいました。
具体的にはGPTが60、γ-GTPが150です。ちなみにGOTは35でした。
ちなみに昨年の9月頃に受けた血液検査ではGPTが22、γ-GTPが27、GOTは23でした。
急激に上がっているので心配になっています。
ちなみに今回の血液検査は正月明け早々に受診しているので連続して飲酒しており、ようやく落ち着いたと言った時期に受診しています(1/7)。年末から体重は1.5キロ増えています(身長170cm,体重66kg→67...続きを読む

Aベストアンサー

医療関係者です。

この数字を見る限り、まずアルコールが原因と思われます。

2月に再検査を受けられるとのことですので

まず2週間禁酒をして下さい。

それにより数値がγーGTPが70以下に下がればアルコールが原因となります。

多分それに伴い、GTPの値も下がると思います。

ウイルス性で有ればもっと数字は上昇すると思いますので

余り気にせずまずは禁酒を行って確認をされることをお勧め致します。

確認ですが、2回検査をされたと言うことですが、同じ施設で検査をされたのでしょうか?

稀ですが、検査が違う施設で行った場合、検査の測定法により値が変わりますので

お気をつけて下さい。

現在は正常値という言い方はせず、基準値と言う言い方に変わっています。

この理由は質問者さんの内容と異なりますので割愛をさせて頂きます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報