こんにちは。
今日、「はまった!」と思ったシリーズものの小説を読み終わり、達成感と読み終わってしまったことの寂しさを感じています……。
そこで、新たにはまりそうな作品を見つけ、この気持ちを晴らそうと思いました。ぜひ、オススメの作品を教えてください!

今日読み終わった小説は高橋克彦さんの「竜の柩」。SFもので、竜・神話・タイムスリップなどのキーワードがある内容です。この話以外も高橋克彦さんものでは「ドールズ」「刻迷宮」にはまりました。どれも4作以上のシリーズもので、男キャラクターに魅力を感じました。
高橋さんのお話はこの3つ以外も読みたいと思っているので、オススメのものがあればこちらも教えていただきたいです。

・小説の傾向
日本の小説・ミステリー・SF・オカルト・伝記・時代もの
基本的に内容よりもキャラクター。出てくるキャラクターの中に好きなキャラクターがいなければ、どんなに評判のいいものでも苦手意識が生まれてしまいます。

・今まで好きになったシリーズ作品とキャラクター
有栖川有栖 「作家アリスシリーズ」(火村)
有川浩 「図書館戦争」(郁・堂上)
宮部みゆき 「初ものがたり」(茂七)
田中芳樹 「薬師寺涼子の怪奇事件簿」(涼子)
小野不由美 「十二国記」(陽子)
京極夏彦 「百鬼夜行シリーズ」(メイン4人)

参考までに上げました。
このラインナップならこれがオススメだよ、私はこのシリーズものが好きだよ、などなんでも良いです。
どうぞよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今野敏さんはいかがでしょうか?


「安積班」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4758432252.h …
「ST」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062732068.h …

あとは、逢坂剛さんの「禿鷹」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167520060.h …

そして、高橋克彦さんを読んだことですが、私も大好きです。
キャラがとにかく魅力的ですね。
時代小説もどれもこれも面白いのですが、一番大好きなのは歴史小説の『火怨』です。
でも、『炎立つ』や『天を衝く』『時宗』なども面白いです。

それから、児童書(YA)なんですが、香月日輪さんの『妖怪アパートの幽雅な日常』(全10巻)も素敵キャラ満載です。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062120666.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今野さんの作品は名前だけ知っていましたが、手を出していませんでした。この機会に読んでみようと思います!
また、児童書の「妖怪アパート」はずっと図書館で借りたいな~と思いつつ、一巻目がなかったので先延ばしにしてた作品だったりします。オススメされているのを見て、これはもう予約するしかない!と思いました。さっそく予約を入れます!

高橋さんの作品は面白いですよね!歴史ものが有名な作家さんのはずなのに、何故かそこを避けて読んでいたので、オススメされた火怨から読んでみようと思います。

お礼日時:2009/04/15 15:03

東野圭吾の『加賀恭一郎シリーズ』なんてどうでしょうか。


第一作の『卒業~雪月花殺人ゲーム~』はそこまでのめり込めないかも知れませんが、二作目以降の『眠りの森』や『どちらかが彼女を殺した』など面白い作品になっていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

東野さんの作品はガリレオと読み切りものしか読んでないので、このシリーズは初めて聞きました。
調べたら、主人公の加賀恭一郎というのは教師から刑事になったというちょっと変わった設定なんですね。ちょっと興味が出ました。

お礼日時:2009/04/15 15:18

私もキャラクター重視で読むタイプです^^



海堂尊さんは魅力的なキャラクターを書かれる方だと思います。
「チームバチスタの栄光」のシリーズ4作以外でも、出されてる作品は皆どこかでつながってるので大きなシリーズと言っていいかと思います。
もちろんストーリーもしっかりしてますし、面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仲間ですね(笑)
回答ありがとうございます。

バチスタは文庫が出てないときに一巻目を読み、それ以降は置いといてしまったのですが、また読んでみようかと思いました。
今は2作目以降も文庫で出てましたもんね。
映画・ドラマ・小説と見ましたが、どれも同じ作品のはずなのに、ずいぶんキャラクターがみんな違うなぁと思った作品でもあります。個人的には小説の田口センセが一番安心します。

お礼日時:2009/04/15 15:08

「京極堂シリーズ」は如何でしょう。


キャラクター色が濃いと思います。
一巻は「姑獲鳥の夏」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
えーと、京極堂シリーズというのは、私が質問で上げたラインナップにもある百鬼夜行シリーズとイコールです。
確かにファンの間では百鬼夜行シリーズよりも京極堂シリーズと呼ぶことが多いですよね。ただ、本のほうには百鬼夜行と書いてあった気がしたので、そちらの名称で書いてしまいました。
勘違いさせてしまったみたいで、スミマセン。

お礼日時:2009/04/15 14:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q推理小説のシリーズキャラクターもの

こんにちは!よろしくお願いいたします!

今回は推理小説のシリーズキャラクターモノについてお伺いいたします。
私は推理小説が好きで特に「シリーズキャラクター」モノを好んでいるんですね。
感情移入とかしやすいので・・・。
で、皆さんのオススメのシリーズキャラクターものを教えていただきたいんです!
有名どころは
京極夏彦 京極堂シリーズ、森博嗣 犀川シリーズ、島田荘司 御手洗シリーズ、
有栖川有栖 火村、江神シリーズ、綾辻行人 島田シリーズ 東野圭吾 加賀シリーズ

あたりでしょうか。この辺りは読んでいるのですが、他にオススメがあったら
ぜひぜひ教えて下さい!魅力溢れるキャラクターをお待ちしてます(笑)。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

三度戻って参りました!!
調べましたよーーーー!!笑

私かなり読み漁ったので
勘違いしておりました。

<1冊づついろいろなモチーフが決まってあり
<(ザッハトルテのようなケーキやガラス工芸、中国茶器等もあり)
<それにまつわる殺人事件がおきて
<なぜか探偵ではなく小学生が解決してしまうんです。

これは同じ作者が書いた別の小説でした!!
小学生の話とモチーフの話は別々です!!
失礼致しました!!

それでは本題に
私が最初に言っていた俊介くんが主人公の小説は
太田忠司(徳間書店)の
狩野俊介(かのうしゅんすけ)シリーズでした。
★月光亭事件
★幻竜苑事件
★夜叉沼事件
★玄武塔事件
★天霧家事件
★降魔弓事件
★狩野俊介の冒険
★狩野俊介の事件簿

などのシリーズものです。
やはり徳間さんが出してるので
低年齢向きだったです。
けどそこがまたほのぼのしてて
(殺人事件がおきるのに『ほのぼの』ってのもどうかな?)
読み物としては面白いと思います。
すぐ読めるし!!

それから私が勘違いしてて面白かった
モチーフごとに殺人事件がおこるのは

祥伝社から出ている
霞田志郎シリーズです。
もちろん作者も同じ太田忠司です。

こちらはしがない文書屋さんが
なぜか事件に巻き込まれ
妹ともども珍道中を起こしながら
解決していく話です。

★巴里人形の謎
★東京「失楽園(エンジェル)」の謎
★倫敦時計の謎
★上海香炉の謎
★稚内オルゴールの謎

です。うーーん確か
ユダヤ人ホロコーストがモチーフになった話が
あって、それはすんごい面白かったっていうか
うーーーーーんって考えさせられました!!

あ~~また推理小説読みたくなったなぁ。
けど只今風邪引いてるんで全快してからだな!!笑

ご参考になれば幸いです!!
何度も登場しまして申し訳ありません!!
ぜひお暇があったら読んでくださいね♪

三度戻って参りました!!
調べましたよーーーー!!笑

私かなり読み漁ったので
勘違いしておりました。

<1冊づついろいろなモチーフが決まってあり
<(ザッハトルテのようなケーキやガラス工芸、中国茶器等もあり)
<それにまつわる殺人事件がおきて
<なぜか探偵ではなく小学生が解決してしまうんです。

これは同じ作者が書いた別の小説でした!!
小学生の話とモチーフの話は別々です!!
失礼致しました!!

それでは本題に
私が最初に言っていた俊介くんが主人公の小説は
太田忠...続きを読む

Q『塗仏の宴』を読む前に『百鬼夜行 陰』を読みたいのですが・・

タイトルの通り、手元に『陰』があるのですが、まだ『塗仏』は読んでません。
京極堂シリーズは順番に読まないと、だめだそうですが、折角手元にあるので早く読みたいです!

『塗仏』を手に入れるまで、ちょっと時間がかかるので、先に読んでも問題ない短編のタイトルがありましたら、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

『百鬼夜行―陰』収録の短編集の多くは『塗仏』以前に発表されたもので、以前の話の番外編のようなものなので先に読んでも問題ないと思います。
ただ、「火間虫入道」だけは『塗仏』に出てくるキャラの話なので、気になるようでしたら飛ばした方がいいと思います。

参考URLは、各短編に出て来た人物がどの長編作品に関わっているかをファンの人がまとめたページです。

参考URL:http://ww1.enjoy.ne.jp/~yamada.y/kyogoku/hyakki.htm

Q作品数の多い探偵・刑事もののシリーズ

・浅見光彦シリーズ(内田康夫)
・宮之原警部シリーズ(木谷恭介)
・浦上伸介シリーズ(津村秀介)

あたりが好きでよく読んでいます。

上記のように作品数が50以上ある推理小説・探偵(刑事)小説を教えていただけませんか。

作品数は多くありませんが,池袋ウエストゲートパーク(石田衣良),安積班シリーズ(今野敏)も好きです。

Aベストアンサー

和久峻三先生の名作・赤かぶ検事シリーズは
「疑わしきは罰せよ」が『野生時代』1975年3月号掲載、翌年 角川文庫で出た後、
転勤しながら、各社で刊行、
昨年、発表の「涙は血よりも濃し」光文社文庫 で
178作、101冊目

フランキー堺さんの熱演が懐かしい\(^^;)...

他にも多作はあると思いますが、50冊以上のミステリーシリーズで
私が全部、読んでいるのは、これだけ。

SFなら、グイン・サーガとかペリー・ローダンとかありますが。


※でも、
初期の作品から、定年まで あと数年と言っていたような\(^^;)...
しかも、この作品、第一作のころの相棒の刑事は署長に出世してるし、
息子は、大学行かず旧司法試験で判事補なっているし、
赤かぶ夫妻のみ 年をとらない 不思議な作品( ^^) _旦~~

Q重たい恋愛ものの小説が読みたいです!!

23歳、女です。

なんだか重たい恋愛小説を読みたいのですが…
何かおすすめはありますか?

殺人が絡んでいたり、
そういうもの大歓迎です!!

恋愛ではなくても、
人間関係が重たいものでも大歓迎です(^_^)
お願いします!

ちなみに、好きな作家は桜庭一樹さんや、田口ランディさん、
雫井脩介さんです。
逆に苦手だったのが、江國香織さんの作品でした…

Aベストアンサー

 こんにちは。今読み始めたばかりなのですが、小池真理子さんの「恋」はいかがでしょう?時代は1970年代で、学生だった主人公と大学教授のとその妻の三角関係(主人公⇔教授以外でも主人公⇔教授の妻もアリ)というドロドロとした話です。時代もみかたして結構重いです。直木賞受賞作ですので読み応えはあると思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31058195
 人間関係が主で少し恋愛も入っているもので三浦綾子さんの「泥流地帯」「続泥流地帯」はいかがでしょう。表紙からして重~い感じです(^_^;)。真面目に働く貧しい農家の主人公の畑に十勝岳が噴火するという災害が振りかかります。続編では最後の方に少し救いの感じがありますが、正編ではやりきれない程重い感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01715048
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01736058
 宮本輝さんの「避暑地の猫」は別荘の主人と別荘番の家族との物語ですが、こちらもドロドロとしています。別荘番には2人子どもがいて下の子(男の子)の視点で書かれていますが、上の女の子と主人、その妻によるイジメなど愛憎と駆け引きが交錯します。避暑地や庭の美しい光景と対比してジメッとしている文章が良いです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/05217272
 同じく宮本輝さんの「愉楽の園」はタイの話です。美人で英語も喋れる主人公がタイに出かけた折にタイ人の大金持ちに囲われて優雅な生活を送ります。そこで起きる小さな事件や日本人との遭遇で彼女が少しずつ動き出すというストーリーです。タイのねっとりとした湿気がこちらまで伝わるような感じがして、結構重たい感じがします。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18652244

 良かったら参考にして下さいm(__)m。

 こんにちは。今読み始めたばかりなのですが、小池真理子さんの「恋」はいかがでしょう?時代は1970年代で、学生だった主人公と大学教授のとその妻の三角関係(主人公⇔教授以外でも主人公⇔教授の妻もアリ)というドロドロとした話です。時代もみかたして結構重いです。直木賞受賞作ですので読み応えはあると思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31058195
 人間関係が主で少し恋愛も入っているもので三浦綾子さんの「泥流地帯」「続泥流地帯」はいかがでしょう。表紙からして重~い感じです(^...続きを読む

Q名コンビが探偵役の推理小説(できればシリーズもの)を教えてください

こんばんは。
タイトル通り、名コンビが探偵役の推理小説を探しています。
(頭が切れる探偵と、ワトソン的な助手といった組み合わせ)
面白ければ続けて読みたいので、できればシリーズものがいいのですが、そうでなくてもかまいません。
事件のタイプは問いません。
(大掛かりなトリックものでも、日常の些細な謎を解くようなものでも)
どちらかというと、謎を解くまでの間のコンビのやりとりが面白いものが好きです。

例えば、
有栖川有栖さんの火村英生とアリス
島田荘司さんの御手洗潔と石岡和己
作者失念・・・猫何とか先輩?とか
※他にもあったと思うのですが、思い出せません・・・。

好きな作家は
乃南アサさん
若竹七海さん
宮部みゆきさん(時代小説は読まないのですが)

綾辻行人さん、霧舎巧さん、赤川次郎さんなんかも以前読んでいました。

ちなみに、京極夏彦さんのシリーズはちょっと・・・です。
(読むと面白いのですが、本が厚すぎてなかなか読む気になれず・・・)
あと篠田真由美さんの建築探偵系もちょっと苦手です・・・。
(探偵が美形だという描写が多すぎた印象が・・・。)

よろしくお願いします。

こんばんは。
タイトル通り、名コンビが探偵役の推理小説を探しています。
(頭が切れる探偵と、ワトソン的な助手といった組み合わせ)
面白ければ続けて読みたいので、できればシリーズものがいいのですが、そうでなくてもかまいません。
事件のタイプは問いません。
(大掛かりなトリックものでも、日常の些細な謎を解くようなものでも)
どちらかというと、謎を解くまでの間のコンビのやりとりが面白いものが好きです。

例えば、
有栖川有栖さんの火村英生とアリス
島田荘司さんの御手洗潔と石岡和己
...続きを読む

Aベストアンサー

北村薫さんの作品はいかがでしょうか?
どれもおもしろいですが、名コンビで言えば
『覆面作家は二人いる』シリーズ
『空飛ぶ馬』など「円紫さんと私シリーズ」
『冬のオペラ』
『街の灯』

本当にどれもオススメです。
上に挙げられた作家がお好きなら、絶対にお気に召すはずです!!
是非どうぞ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報