CONPAQの機械にディスクを増設し、マスターディスクにWindows/NTをインストールし、スレーブディスクにRedHat Linux6.2をインストールしました。
CONPAQの純製のLANアダプターを1枚増設しています。
二枚のLANアダプターはLinuxで完治できました。
ネットワークの設定が終わり,ifconfigで確認して正しく設定されていることを確認しました。

pingを行うと以下のように時間がかかり困っています。
”#ping 192.168.1.1
ping 192.168.1.1(192.168.1.1) from 192.168.1.1:56(84)bytes of data
64 bytes from 192.168.1.1:icng-seq=0 ttl=255 time=0.1ms
64 bytes from 192.168.1.1:icng-seq=0 ttl=255 time=74000.2ms
64 bytes from 192.168.1.1:icng-seq=0 ttl=255 time=148000.2ms”

又、/etc/conf.modulesの設定は以下のような設定をしています
”alias eth0 eepro100
alias eth1 eepro100
alias parport_lowlevel parport_pc
alias scsi_hostadapter ncr53c8xx ”

又、ローカル接続でWindows機でのpingはTimeoutになりました。
大変長い質問になりましたがよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確かに、WindowsとLinuxで、NICを2枚ざししたときのNICの認識順序というか、つないだネットワークとNICの対応が変わる場合があるようですね。


私も、同じマシンで、Windos NTとLinuxを使ったら、ネットにつながらなくなって少し慌てた覚えがあります。

あと、eepro100ですが、Linuxで使用すると時々問題があるようなので、確認しておいたほうがよいと思います。

参考URL:http://www.turbolinux.co.jp/knowledge/public/303 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になり非常に助かりました。
今後ともよろしくお願い致します。
現在LinuxだけでWindowsNTは入れていません
回答をよく検討して調べてみたいと思います

お礼日時:2001/03/15 15:58

この状況ですと、格NICとeth0、eth1の関係付けが逆になっている可能性が考えられます。


#補足内容を確認する限り設定におかしな所は
#無いと思います。
eth0とeth1のケーブルを差し替えてPingを打ってみてください。

これで解決しなければ、Linux機には各NICにHUBだけ付けてみてPingを打ってみてください、それで通らないようならeepro100以外のNICを利用してみるのが手っ取り早いかも・・・
通るようなら、Linux機以外のIP設定を確認してみてください、192.168.1.1が他にいるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になり非常に助かりました。
今後ともよろしくお願い致します。

お礼日時:2001/03/08 12:01

eth0 のIPアドレスとサブネットマスク


eth1 のIPアドレスとサブネットマスク
#グローバルアドレスの場合は
#伏字を使ってください。

IPアドレス192.168.1.1は、どの機器なのか?
Win機のIPアドレスとサブネットマスク、ぶら下がっているのはeth0,1側?

この情報がないと単純には問題の切り分けが出来ないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
現在稼動している機械とは別に立ち上げています、ルーターの接続はまだ行っていません。

●eth0 のIPアドレス(教えられません)
    サブネットマスク(255.255.255.240)
    グローバルアドレスです

●eth1 のIPアドレス(192.168.1.1)
    サブネットマスク(255.255.255.0)
    ローカルアドレスです

●IPアドレス192.168.1.1は、サーバーのローカルアドレスです。

●Win機のIPアドレス(192.168.1.200)
   サブネットマスク(255.255.255.0)
   ぶら下がっているのはeth1

お礼日時:2001/03/07 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裾上げテープでブレザーの丈詰めってできますか?

息子の卒業式用に紺のブレザーを購入したのですが
どうも丈が長すぎるようです。
裾上げテープでブレザーの丈詰めは可能でしょうか?
ズボンと同じように裾上げテープをつけて
ピシッとなるようにアイロンをかければ大丈夫でしょうか?
よろしくお願いします。

また丈が長い割りには幅が狭いようなのですが
ダブルのボタンの位置を少し(2センチほど)ずらしたりしても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

卒業式だけ短くしたいなら、糸で縫いつけたほうが後で解くときに楽です。
裾上げテープだと接着剤が残ってしまいます。
どちらにしても、表地、裏地を重ねたまま折り曲げるので、ズボンのようにきちっとは出来ないと思います。
きれいに上げたいのでしたら、町のリフォーム屋さんに頼むのが一番いいです。
あとあと使うなら、糸でまつるか、お直しに出すのがいいと思いますよ。
ボタン位置に関してはずらすことも出来ると思います。

Qeth0を認識させる方法

Dellのpower edge 2400でredhat6.2をインストールしたら、
ipconfig・netstatを使ってもIPが見えません
どうやら、認識されていないようです。
dell用のドライバなどはすべてインストール済みです。

ifupをすれば認識できるのですが、
サーバマシンのためリモートからリブートをしたりすることが
予想されるので、解決方法を探しています。

linux/dellに詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

起動時に、eth0 を up できない原因として
考えられるのは、

[/etc/sysconfig/network]の中で
NETWORKING=yes

になっていないと起動時に eth を up しません.

また、
[/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0]の
中も関係ありそうですが、ifup で up できるので
あれば、これは関係ないかもしれません.

==

"linuxconf" というコマンドで、適当に
設定してみるとか.

Q裾上げテープを使った衣服のクリーニング失敗

裾上げテープを用いて裾を上げていた衣服を、クリーニングに出しました。
(シミ抜きもお願いしていました。クリーニング店は個人店ですが、自宅で作業するのではなく、工場に出しています。)

返ってきた衣服を見ると、「裾上げテープの糊が高温で回すので、衣服全体に溶け出してしまった。糊だとねぇ、縫わないと・・。」と言われ、黒い生地がかなり白くなっており、とても着られる物ではなくなってしまいました。
ショックを受けていたところ、クリーニング代金は「かわいそうだから」ということで、全額ではなく300円だけ返金されました。

クリーニングをお願いする際、テープで上げていたことを忘れていたので説明はしませんでした。
裾上げテープは100円ショップで買ったのですが、確認したところ商品に洗濯方法の注意書きはありませんでした。

インターネットで検索しても、自分で裾を上げるとき、縫い目が見えず手軽ということで裾上げテープが勧められている場合も多々あります。ですので、クリーニングに出す服は、裾上げテープを使ってはいけないということではないように思っていました。
また、裾上げテープを使った衣服のクリーニングトラブルについて書かれたページは見つかりませんでした。

前述が大変長くなってしまいましたが、下記をお伺いしたいです。
(1)クリーニングに出す衣服は裾上げテープを用いてはいけないのでしょうか。それとも裾上げテープを使っていることを伝えていればクリーニング方法が異なったのでしょうか。
(2)クリーニング方法は、「高温で回す」のが一般的なのでしょうか。クリーニング店を変えた方がよいのでしょうか。
(3)今回のケースでは当方が悪く、クリーニング店は代金を返さないのが当然なのでしょうか。

以上恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い致します。

裾上げテープを用いて裾を上げていた衣服を、クリーニングに出しました。
(シミ抜きもお願いしていました。クリーニング店は個人店ですが、自宅で作業するのではなく、工場に出しています。)

返ってきた衣服を見ると、「裾上げテープの糊が高温で回すので、衣服全体に溶け出してしまった。糊だとねぇ、縫わないと・・。」と言われ、黒い生地がかなり白くなっており、とても着られる物ではなくなってしまいました。
ショックを受けていたところ、クリーニング代金は「かわいそうだから」ということで、全額では...続きを読む

Aベストアンサー

(1)裾あげテープは熱で溶ける樹脂なので、使用を伝えていれば選択コースの変更を勧められた可能性はあります。

(2)染み抜きコースを指定したとのことで
そのお店が一般コースも高温でタンブラー乾燥なのかどうかはわかりかねます。

(3)どちらとも言いがたいですが、お店に任せた時点である程度仕方ないかもしれません。


それ以前にそもそも裾あげテープが接着不良だった可能性もあります。
見た目はくっついていても熱を加えると簡単にはがれるようではいけません。
溶けた糊(樹脂)が完全に繊維に染みとおった状態で冷やすのが正しい接着方法です。
経験がない方は温度と圧力にムラがあって甘いことがよくあります。

今回の事故は高温のタンブラー乾燥で溶け出した樹脂が仕上げのプレスで固着してしまった結果でしょう。
このあたりの経緯はあくまでも想像でしかありませんが・・・
そうなるともともとの原因は質問者さん側であったとも言えます。


100円ショップで買った物に洗濯表示がなかったのは、販売元のミスでしょう。
メーカーや販売店はわかりますか?
クロバーなどの有名メーカー品(下のリンク)ではドライクリーニング可となっています。
http://www.kenko.com/product/item/itm_6916179072.html

納得できなければお店との話し合いで解決するか、消費生活センターへ斡旋依頼する方法もあります。
そこでも、もともとの接着テープの製品の質や接着後の状態が争点になる可能性があります。
その点をまずセンターへ相談してみてはいかがでしょうか?
最寄のセンターは下で検索できます。
http://www.kokusen.go.jp/

お気に入りの洋服がダメになったショックは大きいと思いますが、
納得できる解決方法が見つかりますようお祈りしています。

(1)裾あげテープは熱で溶ける樹脂なので、使用を伝えていれば選択コースの変更を勧められた可能性はあります。

(2)染み抜きコースを指定したとのことで
そのお店が一般コースも高温でタンブラー乾燥なのかどうかはわかりかねます。

(3)どちらとも言いがたいですが、お店に任せた時点である程度仕方ないかもしれません。


それ以前にそもそも裾あげテープが接着不良だった可能性もあります。
見た目はくっついていても熱を加えると簡単にはがれるようではいけません。
溶けた糊(樹脂)が完全に繊維に染みとおっ...続きを読む

QNICからのkernel: eth0: Something Wicked happened! 2008.

TL6.1Jにてサーバーを運用しています。
サーバーには、DNS,Mail,Ftp,Sambaがあります。
そこで、タイトルのエラーが最近になって頻発しています。

また、kernel: ip_masq_ftp OUT: got PASV
もたまに出ます。eth0はLAN側です。
この原因と対処について経験があるかたお願いします。

マシンスペックは下記の通り

CPU:Pentium(3)550MHz
MB:AX6BCR VSPEC
RAM:SDRAM128M PC100
HDD:DPTA-372050
Video:Mill G200 8MB/AGP
NIC:LD10/100AL×2枚

Aベストアンサー

>NICの2枚挿しなのですが、出るのはLAN側のみで、WAN側に
>出たことはありません。これは、つまりLAN側に相当な負荷
>やパケットがあるために警告としているものなのでしょうか?

原因がわからないために,NICドライバのソースから原因を見つけるという話のつもりだったのですが,いまいち伝わらなかったようで…

実際に調べたので手順をちょいとまとめてみました。
(バージョンの違いにより行数が異なるかもしれません)

カーネルのソースが必要なので,インストールしていなければインストールCDからカーネルソースをインストール。

"2008"でgrepしても,有益な情報が得られなかったので,
"Something Wicked happened"で調べることにする。

$ grep -n "Something Wicked happened" /usr/src/linux/drivers/net/*
old_turip.c:2315: ……
via-rhine.c:1123: ……
yellowfin.c:1175: ……

jotarouさんのNICはvia-rhineなので,via-rhine.cに狙いを定める。

less,viなどで"/usr/src/linux/drivers/net/via-rhine.c"を1123行から見ると
1123: printk(KERN_ERR "%s: Something Wiched happend! %4.4x.\n",
1124: dev->name, intr_status);

"2008"はintr_statusの16進表示0x2008であることがわかる。

このファイルの頭からintr_statusで検索すると,297行目から

enum intr_status_bits{ ....
..., intrTxAbort=0x0008, ...
..., intrTxAbort=0x2000, ...
};

とあるので,0x2008はTxAbortの割り込みがLANカードから発生してる事がわかります。んで,ちょいとWebで調べると…

the VT86C100A data sheet says this TxAbort bit is set when
there are excessive collisions.

てのが,ありました。コリジョンが沸いてるみたいですね。

>NICの2枚挿しなのですが、出るのはLAN側のみで、WAN側に
>出たことはありません。これは、つまりLAN側に相当な負荷
>やパケットがあるために警告としているものなのでしょうか?

原因がわからないために,NICドライバのソースから原因を見つけるという話のつもりだったのですが,いまいち伝わらなかったようで…

実際に調べたので手順をちょいとまとめてみました。
(バージョンの違いにより行数が異なるかもしれません)

カーネルのソースが必要なので,インストールしていなければインストールCDから...続きを読む

Q先ほど作業着を付属の裾上げテープでいつものように裾上げしようとしたところ、 テープが全くくっつきませ

先ほど作業着を付属の裾上げテープでいつものように裾上げしようとしたところ、
テープが全くくっつきませんでした。(ノリは作業着に付着していました)
やり方間違ったかな?と思い説明書を読みましたが手順は合ってるし…
やっぱりなんか違うのかなー
わかる方いたら教えて下さい。
お願いします!

Aベストアンサー

熱圧着タイプの裾上げテープ

両面テープのように両面に熱接着糊が着いてるタイプと、折り返した生地の端で圧着する片面しか糊が着いていないタイプがありますよ

あと、温度が低いとか?

QDNSのTTLについて

会社のWebサーバーの回線がADSLに変更されることになり、
移行作業を進めています。

DNS(BIND9)の正引きファイルと逆引きファイルの設定で、
TTL(キャッシュ)の数値を指定しますが、ここの数値を小さくしたいと
思うのです。
現在は86400(秒、つまり1日)を指定しているのですが、
ここの数値を600(=10分)とした場合、何か不具合が起こる可能性が
あるのでしょうか?

また、TTLに指定する適切な数値というのはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと自信なしですが...。

インターネット上の各サーバがあなたのDNSを2回以上引いた場合に
1回目でキャッシュされた時間を超えていればまたあなたのDNSサーバに接続しにきます。
TTLを短くすることで、DNSの問い合わせが頻繁に発生することになるということです。
これによりDNS問い合わせによる回線負荷やサーバ負荷、そして相手サーバのレスポンスに影響が出てきます。
まぁこれはよっぽどのサイトを立ち上げない限りあまり関係ないかもしれませんが...。

それよりも、DNSを立ち上げたばかりの時は、サーバのアドレスやホスト名が頻繁に変更になったりするかもしれないので、
しばらくはTTLを短く(言われているとおり600秒など)にしてあげるのがいいかもしれませんね。
で落ち着いたら86400秒くらいにするということで。
ということで適切な数値というのはそれぞれの運用で変わってきますが、
86400秒が一般なのではないでしょうか?

ちなみに「ホストが存在しない」という情報のキャッシュ(ネガティブキャッシュ)は600秒固定だったと思うので、
新規にホストを追加するのにTTLを小さくする という必要はなかったはずです。
(前述しましたが、ホストの変更の際は事前にTTLを小さくしておいたほうがいいです)

ちょっと自信なしですが...。

インターネット上の各サーバがあなたのDNSを2回以上引いた場合に
1回目でキャッシュされた時間を超えていればまたあなたのDNSサーバに接続しにきます。
TTLを短くすることで、DNSの問い合わせが頻繁に発生することになるということです。
これによりDNS問い合わせによる回線負荷やサーバ負荷、そして相手サーバのレスポンスに影響が出てきます。
まぁこれはよっぽどのサイトを立ち上げない限りあまり関係ないかもしれませんが...。

それよりも、DNSを立ち上げたばかりの...続きを読む

Q裾上げテープ失敗

裾上げテープを使いアイロンで裾上げしたところ、大失敗。反対にアイロンがけをしてしまい、あわてて、はがしたところ、裾上げののりが、てかてかで、ズボンの表面に残ってしまいました。礼服なので、なんとかのりのてかてかを除こうしてますが、石けんと歯ブラシでもとれません。何かいい方法はありますか?

Aベストアンサー

裾上げテープの糊は、調べましたが「ナイロン系ポリアミド樹脂」を使っています。
これを溶かすには、「シンナー」のような有機溶剤が必要となります。
繊維によっては繊維が溶解したり、色が少し抜ける場合がありますので注意が必要です。(変色しても良いような所で試してからやること。)
また、礼服の生地は目が細かいので、生地の隙間に溶着した糊を取るには大変難しいと思いますが、少しずつ「ゴシゴシ」とこまめに手でもみながら、気長にやることだと思います。

Qeth0が表示されない

VineLinuxのデスクトップPCです。
LANアダプタはアイ・オー・データのET/TX-PCIを使用しております。

ネットワークに繋がらないのでとりあえず

>ifconfig -a

で、「lo」と「tap0」というのがでます。

>ifconfig

だけでは「lo」だけです。
etc/conf.modulesの内容を見てもeth0という表示がありません。
netcfgを使ってみてもloとtap0というものしかありませんでした。

正しくLANアダプタを認識して、eth0を表示さすにはどういう設定がいるのでしょうか?

情報不足なら補足します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カーネルがちゃんとNICを認識してますか?
dmesgコマンドで起動時のメッセージ、
lspciコマンドでPCIバスの状態やIRQなど確認してみてください。
NICを認識してなかったら、カーネルの再構築やNICのモジュールを
探してきて組み込む必要があるかも。

以下はIntel EtherExpress100の場合です。


# dmesg | less

eepro100.c:v1.09j-t 9/29/99 Donald Becker http://cesdis.gsfc.nasa.gov/linux/drivers/eepro100.html
eepro100.c: $Revision: 1.18 $ 1999/12/29 Modified by Andrey V. Savochkin <saw@msu.ru>
eth0: Intel PCI EtherExpress Pro100 at 0xdc079000, 00:90:27:70:75:DF, IRQ 10.
Receiver lock-up bug exists -- enabling work-around.
Board assembly 721383-006, Physical connectors present: RJ45
Primary interface chip i82555 PHY #1.
General self-test: passed.
Serial sub-system self-test: passed.
Internal registers self-test: passed.
ROM checksum self-test: passed (0x04f4518b).


# lspci -v

00:10.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82557 [Ethernet Pro 100] (rev 08)
Subsystem: Intel Corporation EtherExpress PRO/100+ Management Adapter
Flags: bus master, medium devsel, latency 32, IRQ 10
Memory at da100000 (32-bit, non-prefetchable)
I/O ports at ec00
Memory at da000000 (32-bit, non-prefetchable)
Capabilities: [dc] Power Management version 2

カーネルがちゃんとNICを認識してますか?
dmesgコマンドで起動時のメッセージ、
lspciコマンドでPCIバスの状態やIRQなど確認してみてください。
NICを認識してなかったら、カーネルの再構築やNICのモジュールを
探してきて組み込む必要があるかも。

以下はIntel EtherExpress100の場合です。


# dmesg | less

eepro100.c:v1.09j-t 9/29/99 Donald Becker http://cesdis.gsfc.nasa.gov/linux/drivers/eepro100.html
eepro100.c: $Revision: 1.18 $ 1999/12/29 Modified by Andrey V. Savochkin <sa...続きを読む

Q裾上げテープのかわりに塩化ビニルでアイロン掛けできますか?

裾上げテープの素材がポリエステル80%、ナイロン20%でできていることを知りました。裾上げテープとはズボンなどの裾上げの際、使ってアイロンで布地を接着するものです。

ところで塩化ビニルの買い物袋を代用できないでしょうか?布地に塩化ビニルの袋を切り取ったものをはさみ、アイロンを掛けるのです。

http://72.14.235.104/search?q=cache:nIBfloI5XE0J:page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w15509931+%E8%A3%BE%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%97%E3%80%80%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp

Aベストアンサー

裾上げテープに使われているのは特殊な低融点ナイロンです。
http://www.toray.co.jp/mf/products/material/16_intro.html
通常のナイロンの融点が200℃以上であるのに比べ、低融点ナイロンは110-120℃で融け、これが接着剤となります。
ポリ塩化ビニルの融点は180℃ですから、高温のアイロンならこの温度まで上げられるかもしれません。しかし、塩化ビニルの袋は、繊維ではなく、フィルムで、延伸処理されていますし、可塑剤なども入っているでしょうから、接着するのは不可能ではないにしても、困難でしょう。

Qaliasの設定

UNIX上で自分のローカルディレクトリ上で作業をしていて、長いコマンドをaliasで設定したいのですが、
.cshrcをコピー自分のローカルディレクトリに別ファイル名 .aaa などとコピーして書きかました。
この.aaaを有効とさせたい場合どうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

シェルは何をお使いでしょうか?
OSも何かわからないので、基本的なやり方を・・・。

csh,bash,tcsh なら
% source .aaa

sh,kshなら
% . .aaa

などでできるかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報