すみませんが、また真空装置についての質問です。

私の装置は、測定室、準備室、試料導入室の3つに分けられており、
測定室には、イオンポンプとチタンサブリメーションポンプ
準備室もイオンポンプとチタンサブリメーションポンプ、
試料導入室にはターボ分子ポンプとロータリーポンプがあります。

今回、準備室のイオンポンプの点検のために
イオンポンプを一時的に停止させようと思っています。
その場合、3つの方法を考えたのですがどの方法がよろしいのでしょうか?
もしその他に適切な方法があれば教えていただきたいのですが。。。

(1)系全体をventさせる。
(2)イオンポンプを停止させてしまうと準備室の真空度がかなり落ちてしまうので
準備室と試料導入室との間のバルブを開けて準備室をターボ分子ポンプとロータリーポンプで引く。
(こうすると2つのポンプに負担がかかって壊れそうなきがするのですが)
(3)測定室と準備室との間のバルブをあけて、測定室のイオンポンプで準備室も引く。

真空に関して素人なので、どうしたらいいのかわかりません。
適切なアドバイスをよろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

それぞれの部屋の中身が分からないと解答できない部分もあるのですが、一番シンプルな解答は、


◎測定室←→準備室←→資料導入室間、準備室←→イオンポンプ間、全てのバルブを閉じる。
点検の長さにもよりますが、半日程度ならある程度の真空は維持できるはずです。(少なくともventが可能な系であれは、問題無い程度の真空は維持できます。)
それとも中から、常に大量のガスが発生する状況にあるのでしょうか?(そんな系を引き続けている系というのも危険な気もしますが・・・)
もちろん、点検後の再開時には準備室の真空度に応じて、最初からチタンサブリメーションポンプへの引き口を開けるかどうかの判断をして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ丁寧なご回答をありがとうございました。
結局、システム全体をventすることになりました。
(イオンポンプの調子がよくないので。。。)
この装置には、イオンポンプは準備室の中にあり
それらを区切るバルブはないようです。

またこれからもこういった真空のことでお世話になると思いますが
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/03/09 16:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国語の上班について質問します。

中国語の上班について質問します。
因?病了、所以不去上班。ですが、上班は辞書で見ると(出勤する)という意味なので、
不去上班。だと、出勤するに行かない。で意味がおかしくなります。出勤しない。なら、不上班。です。
所以不去公司。会社に行かない。なら意味はわかりますが、
上班というのは、出勤というだけの意味で、
出勤する。と言う場合は、去上班。になるのですか?辞書が間違っているのか、不去上班。でも、不上班。でも、どちらでも正解なのか?分かる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

「上班」は職場で働くことです。
中国語の基本の辞典である「現代漢語詞典」にも
「決められた時間に職場で仕事をする(原文は中国語ですが日本語に直訳しました)」
と書いてあります。
「職場に行くために移動する」という意味はありません。

ですから、「不去上班。」も「不上班。」も言えます。
「不去上班。」の場合は職場には行きません。
「不上班。」の場合は、勤務はしないというだけで、ひょっとしたら職場には行くのかもしれませんし、行かないかもしれません。その点を明確にしたいならそのための表現を付け足さないといけません。

>出勤する。と言う場合は、去上班。になるのですか?

日本語の「出勤する」は本来は「職場に移動する」という意味だと思いますが、「職場に移動して勤務する」という意味でも使いますよね。

ですから、場面によって「去上班」と訳す場合と「上班」と訳す場合があります。
中国語で単に「上班」と言った場合でも、今職場にいない場合は職場に行かないと「上班」できないわけで、わざわざ「去」と言わなくても「去」のニュアンスを含む場合があります。

中国語に限らず、日本語と外国語の単語を一対一で対応させるのは難しいです。

「上班」は職場で働くことです。
中国語の基本の辞典である「現代漢語詞典」にも
「決められた時間に職場で仕事をする(原文は中国語ですが日本語に直訳しました)」
と書いてあります。
「職場に行くために移動する」という意味はありません。

ですから、「不去上班。」も「不上班。」も言えます。
「不去上班。」の場合は職場には行きません。
「不上班。」の場合は、勤務はしないというだけで、ひょっとしたら職場には行くのかもしれませんし、行かないかもしれません。その点を明確にしたいならそのための表...続きを読む

Q測定試料を使った放射能の測定

の実験の問題でわからない所があります。。

船底塗料、花崗岩、湯の花、カリ肥料、塩は放射能が出ているらしいです。

この中でも、一番多くの放射線が出ている物質はどれですか?放射能が大きい順に並び替えるとどうなりますか?

もし分からなければ、だいたいでもいいです。



※物理でなく理科総合の部類に入るかもしれません。

Aベストアンサー

カリ肥料>花崗岩>他の3品。

船底塗料はいろいろ種類がありそうです。

塩は食塩のことかな。「塩」というだけならカリ肥料も「塩」の一種ですし、食塩だとしても製法により放射能はいろいろでしょう。

湯の花は、温泉の不溶性成分が析出したものなので、産地により成分が異なり、放射能はいろいろでしょう。

ということで、上の3品については比較できません。

Q上班族の意味を教えて下さい

公司职员(会社員)

工薪族(サラリーマン)

上班族(?)

Aベストアンサー

「上班族」も「サラリーマン、会社員」のことですが、台湾起源らしいです。

「○○族」は、「公司职员」などの書面に記入する場合の身分を表わす語ではなく、ひとかたまりにして何かの対象にする場合の呼び名ですね。
自分や相手に対しても使いますが、職業欄には書きませんよね。

Qこの宇宙の真空が真の真空か偽の真空かわかるのはだいたい何年後くらいでしょうか?

この宇宙の真空が真の真空か偽の真空かわかるのはだいたい何年後くらいでしょうか?

Aベストアンサー

真空の相転移の話ですね。(補足のリンクから)
相転移前の真空を『偽の真空』、相転移後の真空を『真の真空』と呼ぶようです。

つまり、次の真空の相転移があれば、今の真空は『偽の真空』となりますが、無いなら『真の真空』となります。次の相転移があるかどうかの判定は、おそらく永久にできないでしょう。

真空の相転移は、宇宙の最初にインフレーションを起こした源と考えられています。それから138億年くらい、宇宙は安定しているように見えます。なので、次の真空の相転移などは無いだろう、というのが多くの人の考えだろうと思います。

ではなぜ、次の~という話があるのかというと、素粒子などの世代が3であり、これが過去2回の真空の相転移に拠るものだろうと考えるからだと思います。2度あることは~の諺ではありませんが、3度目があるかもしれない(否定できない)、という考えになるのだと思います。

Q一時停止はどこで

交差点手前に横断歩道があり、そこに一時停止線と一時停止の標識がある交差点での出来事ですが、停止線で一時停止し、安全確認をした後、交差点に徐行で進入し左折した所で左方向で待機していたおまわりさんに一時停止をしていなかったと注意を受けました。おまわりさんの位置からは一時停止線は死角で見通せる位置ではなく、交差点進入時に停止しなかったのを見て停止していないと判断された様です。この場所は変則交差点で、右方向の見通しは良いですが左側は建物が死角となり見通しは悪くなっています。停止した事を告げると、一時停止箇所と交差点進入時にもう一度停止する必要があると注意を受けました。停止線は歩道の手前にのみで歩道の先には停止線はありません。おまわりさんの言う様に、2度停止しなければならないのでしょうか?(注意のみで切符は切られませんでした)どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

交差点での停止位置についてですが
1 停止線があれば停止線の直前
2 停止線がなければ交差点の直前(横断歩道や自転車横断帯があればその直前)
となっています。

>2度停止しなければならないのでしょうか?
2度停止しなくても、違反にはなりません。
2度停止しなければならない場所はありませんが、2度停止する場合はあります。

>交差点手前に横断歩道があり、そこに一時停止線と一時停止の標識がある交差点
ここの交差点の場所を見てみないと分からないのですが、
横断歩道が交差点に入るのか入らないかで変わります。

A 横断歩道が交差点に入る場合(横断歩道の停止線に「止まれ」の標示がある場合を含む)
今回の行動で間違いありませんよ。もちろん、優先車が接近していたら停止する場合がありますね。

B 横断歩道が交差点に入らない場合
この場合の停止線は横断歩行者が渡っているまたは渡ろうとしている場合に停止線の直前で停止します。さらに、交差点の直前でもう一度、一時停止します。
横断歩行者がいない場合は、交差点の直前で停止します。

法令的には2度停止はありませんが、場所によっては2度停止した方が安全な交差点が数多くあります。
私の場合は、事故を起こさないためにも2段階の停止も心がけています。

こんにちは

交差点での停止位置についてですが
1 停止線があれば停止線の直前
2 停止線がなければ交差点の直前(横断歩道や自転車横断帯があればその直前)
となっています。

>2度停止しなければならないのでしょうか?
2度停止しなくても、違反にはなりません。
2度停止しなければならない場所はありませんが、2度停止する場合はあります。

>交差点手前に横断歩道があり、そこに一時停止線と一時停止の標識がある交差点
ここの交差点の場所を見てみないと分からないのですが、
横断歩...続きを読む

Q摩擦力測定の実験において、試料を上手く引っ張る方法について、困っています

私は摩擦力を測定する実験を行っています。目的として、「摩擦力はみかけの接触面積に依存しない」という法則を証明するためです。その内容は、「ガラス基板上で、試料(材質はゴムです)にバネを接続し引っ張り、摩擦力を測定する」というモノです。
試料を引っ張る際に、どうしても後部が浮いてしまいます。そうすると、上記の法則にある「見かけの接触面積」が不確実であり、証明が困難になってしまいます。
そこで、お聞きしたい内容は「試料全面を基盤に接触させながら引っ張る(後部の浮きを無くす)方法」です。
何か良い知恵がありましたら、ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

koolkoolさん、こんにちは。

> そこで、お聞きしたい内容は「試料全面を基盤に接触させながら引っ張る(後部の浮きを無くす)方法」です。

横から見た図を紙に書いてみると、重力(重心に作用点を書く)、摩擦力と垂直抗力(二つとも接触面の中心に作用点を書く)、バネによる力(バネが試料に取り付けられているところに作用点を書く)、ということになりますね。

そうすると面に垂直方向の力は大体同じ直線上の矢印になり、つりあうのですが、面に平行な方向の摩擦力とバネによる力は矢印のある直線がずれていますね。そうすると、これは物体に対して回転の力のモーメント(*下に補足)があるということになってしまいます。これが試料を引っ張る際に後部が浮く理由です。

[方法1]
これを解決する最も簡単な方法は、バネの取り付けられている位置を、出来るだけ接触面に近い低い位置にすることだと思います。そうすれば、バネによる力のモーメント(*)が小さくなりますので、試料は回転しにくくなります。

[方法2]
出来るだけそうしても、まだ回転してしまう場合には、試料を出来るだけ薄く広くし(試料の高さを低くし)、試料のバネ側の前縁と重心の距離を広げるようにします。そうすれば、試料の回転を妨げる方向に働く重力の力のモーメント(*)が大きくなりますので、試料は回転しにくくなります。接触面積が小さいデータがほしいときには、試料をバネに平行な方向に縦長にすれば両立できます。

[方法2]をもう少し詳しく説明します。まず後部が浮くときに、試料の前縁が支点となり回転するので、重心に作用点を書いた重力は、この回転を妨げる方向に働いていることがわかります(ぜひ図を描いてみてください)。接地しているときには重力は接地面からの垂直抗力と打ち消しあっているのですが、後部が浮いた瞬間に垂直抗力はなくなります。重力の力のモーメント(*)は、支点と作用点の距離が大きいほど大きくなります(テコの原理みたいなもの)。従って、支点(前縁)と重心の距離が大きければ試料はより安定にガラス基盤に接触した状態になります。

この二つの方法で大体大丈夫だと思いますが、いかがでしょうか。

*「力のモーメント」とは、大きさのある物体に力を加えるとき、どのぐらいその力が有効かをあらわす量です。作用点が支点から遠くにある力のほうが、小さい力で物体を効率よく回転させることができます。逆に作用点と支点が近いと物体は回転しにくくなります。これはテコの原理を思い出していただけるとわかると思います。式で書くと、
 (力のモーメント)=(力の回転方向の成分)×(支点からの距離)
となります。[方法1]は、回転させる力(バネの力)について、支点からの距離を小さくさせるためであり、[方法2]は、回転を妨げる力(重力)について、支点からの距離を大きくさせるためです。

koolkoolさん、こんにちは。

> そこで、お聞きしたい内容は「試料全面を基盤に接触させながら引っ張る(後部の浮きを無くす)方法」です。

横から見た図を紙に書いてみると、重力(重心に作用点を書く)、摩擦力と垂直抗力(二つとも接触面の中心に作用点を書く)、バネによる力(バネが試料に取り付けられているところに作用点を書く)、ということになりますね。

そうすると面に垂直方向の力は大体同じ直線上の矢印になり、つりあうのですが、面に平行な方向の摩擦力とバネによる力は矢印のある直線が...続きを読む

Q電車の停止位置について

停止位置、10
停止位置、12
停止位置、共通
停止位置、併合

これの意味がわかりません。どういう意味ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

私が良く利用する線区は、普通列車だけでも4両・6両・8両・10両・12両の編成パターンがあります。
ホームへの階段やエレベーター、改札の位置にもよりますが、さすがに4両編成と12両編成の先頭車両が同じ位置に停車するわけにもいかないですよね。

というわけでご質問の内容は、列車が何両編成によって停止位置目標を分けていることに由来するものです。

停止位置目標が12だと12両編成以下の列車、10だと10両編成以下の列車、4だと4両編成以下の列車の先頭車両をその位置に合わせて停めるようにします。

また共通位置は、最も編成数が長い列車に対しての停止位置目標である場合や、編成両数に関係無く停車位置を固定さたい場合に設置されるものです。

併合についても、既に回答が出ている通りですね。

参考URL:http://kobe.cool.ne.jp/tarumi/T0531_01.html

関西地区のJR線の事例が中心ですが、このURLも参考になります。

Qロータリーポンプの注意点??

真空装置を扱っていて、チャンバー内が低真空状態だったのですが、もっと真空にしたくてロータリーを機動し荒引きしようとしたんですが何か液体が流れる音がしてきました。
チャンバー内が低真空でロータリーを機動したらロータリー内の油が逆流したりなんてするんですか??
回答待ってます!!

また、ロータリーを扱う上での注意点などあればよろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

特にポンプに詳しいわけはありませんが・・・
質問文から判断すると、いったんロータリーポンプで引きチャンバーが低圧状態にあったときに一旦ロータリーポンプを停止し、その後再び起動したと言うことでしょうか?
低圧に引いた状態で、オイル式のロータリーポンプを止めるとオイルはチャンバー内にゆっくりとですが流れ込みます。ロータリーポンプを止めるときは、チャンバーを密閉した後、ポンプの吸気側を大気圧に戻しておくのが普通だと思います。
チャンバーにオイルが流れ込んだり、蒸気が入ったりすれば、以後真空に引こうとしてもチャンバー内にオイルの蒸気が発生するのでうまく引けなくなるのでは?

Q一時停止の停止位置について

一時停止の標識がある交差点で横断歩道がある場合は、横断者がいる場合は横断歩道の手前(停止線がある時はその手前)で一時停止しなければならないと思うのですが、横断者がいないことが明かな場合はどこで停止すればよいのでしょうか?
横断歩道の手前(停止線がある時はその手前)で一時停止して、それからもう一度交差点の手前で停止する、ということになるのでしょうか?
すいませんがどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょびっと訂正
>横断者がいる場合は横断歩道の手前(停止線がある時はその手前)
>で一時停止しなければならない
正しくは、一時停止して歩行者の横断を妨げてはならない(歩行者優先)
歩行者がいない場合は、停止線(一時停止の方)で停止して・・・・ですね。
最初に質問文を読んだ時に、"車~一時停止~横断歩道~交差点"の順番なのかと思いました。
"車~横断歩道~一時停止~交差点"の順の場合ですよね。
ならば歩行者がいない場合は、停止線(一時停止の方)で停止して・・・・で良いと思います。

Q試料の抵抗率の測定法

ある試料に4端子法で4つの端子を取付けた時、
その試料の抵抗率ρを測定したいと思っています。

幅a、長さb、厚さdと電気抵抗Rの関係はR=ρb/(ad)ですよね?
測定している試料は、側面ではなく表面に端子をつけているので
この場合はこの式はそのまま利用できないような気がします。
この場合の抵抗率はどうやって求めたらいいのでしょうか?

4端子だと4つ端子があるので、電流端子間の距離をbをしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

> 試料表面の抵抗率を測定したい場合...

試料が一様でなくて,表面付近だけ電気伝導がある(あるいは電気伝導率が大きい)
など場合ですか.

bは電圧端子間の距離,aは試料の幅ですね.
余り電圧端子と電流端子が近いと,電流分布がきれいになっていないところで
電圧を測りますから誤差が出る可能性があります.

厚さのd,これは難物です.
絶縁体の表面に薄膜が蒸着してあって,他の測定でd薄膜の厚さがわかっているなら
その厚さがdでよいでしょう.
でも,一般には表面だけでなくて内部も電気伝導はありますね.
そうすると,電気抵抗の違うものが並列に入っているのと同じ状況ですから,
単に電気抵抗測定だけからは表面分と内部分は分離できません.
こういうときによく使われるのは,sheet resistance R□=R×(a/b) です.
R□は単位長さ×単位長さの正方形の試料の電気抵抗です.
もちろん,厚さに依存します.
R□はRと同じΩ単位ですが,普通の抵抗と区別するため
Ω/□ や Ω/sq などと表すことが普通です(sq は square の略).

物質によってρが決まっていて,
R=ρb/(ad)で電気抵抗が決まるというのは,
ある程度バルクな(体積が大きいということ)試料の話です.
薄膜のようなものでは,厚さによって薄膜の構造が異なることや,
表面散乱が重要になるなどの理由により,
物質を決めればρが決まるということにはなりません.
もし,厚さdがわかっているとして,Rから見かけ上のρを求めると,
ρは厚さdに強く依存することになります.
d→0で見かけのρはゼロに,
d→∞で見かけのρはバルクのρの値に,
それぞれ近づきます.

> 試料表面の抵抗率を測定したい場合...

試料が一様でなくて,表面付近だけ電気伝導がある(あるいは電気伝導率が大きい)
など場合ですか.

bは電圧端子間の距離,aは試料の幅ですね.
余り電圧端子と電流端子が近いと,電流分布がきれいになっていないところで
電圧を測りますから誤差が出る可能性があります.

厚さのd,これは難物です.
絶縁体の表面に薄膜が蒸着してあって,他の測定でd薄膜の厚さがわかっているなら
その厚さがdでよいでしょう.
でも,一般には表面だけでなくて内部も電...続きを読む


人気Q&Aランキング