小説とかマンガで、こんな話のものがあれば教えてください。

美人だったり魅力的だったりする女性が、やりたいことやってる的な・・
なんだか元気でるんですよね。

蝶々さんのエッセイも好きで、たまに読みます。
松本清張の黒革の手帳もおもしろかったです。
一番最近読んでおもしろかったのは彩田麻由さんの「囲われ日記」。
ちょっと趣旨はちがいますが「おそめ」という銀座の女性を描いたノンフィクションも興味深くて一気に読みました。

よろしくおねがいします。マンガだったら巻数が少ないものがいいです★

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

胡桃沢耕史「OL博徒」「新OL博徒」


お嬢様銀行OLが刺青して、暴力団の跡取りになる話

ライトノベルですが
あすか正太「総理大臣 のえる!」
悪魔と契約して総理大臣になった少女が起こす事件の話
夏緑「ぷいぷい」
召喚されたランプの魔人の娘が召喚主に命令する話、マンガもあります
高瀬彼方「女王様の紅い翼」
海賊に所属する女パイロットがやりたい放題する話
樋口明雄「ハイスクール重機動作戦」
女子高生がテロリスト相手に機関銃を撃ちまくる話
    • good
    • 0

Heaven?(佐々木倫子 )が面白いです。


コミックで全6巻。

松本清張とは真逆の作風かもしれませんが、
おもしろいです。
はまります。
好きなフレンチが好きなときに食べたいから、
フレンチレストランを”墓地”(霊園です!)の真ん中に開業しちゃう女性オーナー。
周りをとりまくスタッフも秀逸。ドラマにしたら面白かろうなぁ。
    • good
    • 0

働きマン/安野モヨコ ~4巻



連載中の漫画です。
雑誌編集者の女性が主人公。
仕事に生きて、悩んで、考えて、がんばって。
格言多いです。
    • good
    • 0

『XXXHolic』(描:CLAMP)


既刊14巻、連載中です。自分自身は読んだことがないのですが…「相手の願いを叶える代わりに同等の対価を貰う」ということを生業にしている、美人で謎めいた空気をもつ魔女が主人公のお話。謎めいてはいるものの、その性格はワガママ・気まぐれで結構やりたい放題やっているようですよ。
    • good
    • 0

「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」角井陽一/庄司卓


「主任がゆく!」たかの宗美
「いおの様ファナティクス」藤枝雅
    • good
    • 0

>美人だったり魅力的だったりする女性が、やりたいことやってる的な・・



と言えば、『薬師寺涼子の怪奇事件簿』ですね。

小説はノベル版 8巻
   文庫版  6巻
漫画は11巻
アニメにもなった。
(DVDだと4巻)

【アニメのHP】
http://www.starchild.co.jp/special/yakushijiryou …

【wikipedia】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E5%B8%AB% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおもしろい内容のエッセイのおすすめ

 日本語を勉強中の中国人です。読後、おもしろいなぁ、なるほどのような感じがするエッセイを薦めていただけないでしょうか。青空文庫で読める夏目漱石、森鴎外のような年代の作家の作品ではなく、著作権がまだ切れていない現代(現在?)日本人作家の作品が希望です。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

吉村昭著『わたしの流儀』など。
池澤夏樹著『読書癖』など。
丸谷才一著『双六で東海道』『ロンドンで本を読む』『挨拶はたいへんだ』など。
椎名誠著『わしらは怪しい探険隊』『ロシアにおけるニタリノフの便座について』『蚊學の書』など。
妹尾河童著『河童が覗いたヨーロッパ』『河童が覗いた仕事場』など。
泡坂妻夫著『トリック交響曲』『江戸の奇術』『家紋の話』。
海老沢泰久著『プロ野球が殺される』。
石原慎太郎著『我が人生の時の人』。
奥田英朗著『延長戦に入りました』。
池波正太郎著『男の作法』。
三浦哲郎著『おらんだ帽子』など。
幸田文著『番茶菓子』『崩れ』など。
北杜夫のどくとるマンボウ・シリーズ。
澁澤龍彦著『世界悪女物語』『毒薬の手帖』など。

Q蝶々さん。

こんにちは。「銀座小悪魔日記」や「小悪魔な女になる方法」などの著者である蝶々さんという方は何歳なんでしょうか?とても気になります。知っている方、よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

本人のサイトがあった。

http://chocho.main.jp/

年齢に関しては出てないみたいだが,直接聞いてみては?

参考URL:http://chocho.main.jp/

Q感謝をすれば病気が治るといった趣旨が書かれている本について

 みなさん、こんにちは。
 私の両親が、以前新聞の広告で見た本を探しています。

 タイトルなどはわからず、感謝の心を持ち続けると病気が治る
といったことが書かれている本だそうです。

 メモしておけばよかったのですが、誤って新聞を処分してしまったとのこと。他に手がかりがなく困っています。もしなにかご存知の方がいらっしゃれば、教えて頂けるとありがたいです。
 お手数ですがよろしくお願いします。

 
 

Aベストアンサー

どこかで読んだんですが、製薬会社が新薬のテストをするとき、薬じゃないもの(例えば小麦粉を入れたカプセル)を飲ませた場合との比較をする。それで、偽薬グループと比べて新薬グループにかなりの改善効果が認められると薬としての承認を受けるらしい。
 逆に言えば、偽薬の場合でも「薬と信じる」(=「プラス思考を持つ」)なら病気は改善することもあるというのが人間の体らしい。
 
 不治の病なら、「感謝の気持ちを持ち続けると病気が治る」と思った方が患者は救われる場合があると思うのですが、上記の理由程度と考えた方がいいと思います。
 「感謝の気持ちを持ち続けると病気が治る」なんて言っている人は世の中にたくさんあるので、どれかを探すのは簡単です。しかし、両親は「これは私が見たのとは違う」と言うかもしれない。その場合は、「これがそうなんだよ」とか「これが評判いいらしい」と言えば納得するのでは。
 

Q向田邦子さんの“字のない手紙”というエッセイは...

轡田隆史さんの“「考える力」をつける本2”という本を読んでいて、向田邦子さんの“字のない手紙”というエッセイが紹介されていました。
全文を読みたいのですが、ネットで探してもわからず、どうやら本の題名ではないような気がします。ご存知の方がいたら教えてください。

ちなみにHPで「向田邦子 字のない手紙」で検索をしたら、上記、轡田隆史さんの本の一部がのっていました。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~nna/kanngaeruchikara2.htm

Aベストアンサー

#1で回答したものです。

すみませんやはり勘違いしていたようですm(_ _)m
「眠る盃」という本に載ってるみたいですね。
そしてタイトルは#2さんのご指摘どおり「字のない葉書」だと思います。

自分が昔買ったのが「夜中の薔薇」と「眠る盃」だったので混同していたようですm(_ _)m

参考URL:http://jissen.opac.jp/mukoda/detail.asp?LINK_ID=PUBB&BOOK_ID=3

Q昔読んだ本ができたらもう一度読みたいです!

中学のときシリーズで読んだと思うのですが、ニューヨークやシカゴといった都市全体が宇宙を旅していて、主人公は確かニューヨークの市長で、最後に降り立った惑星で、「人類の住むところが地球なのです。」といったような記憶があります。ハヤカワ文庫だったのですが、暇ができたのでもう一度読みたいなと思っています。

Aベストアンサー

 今晩は。何日か前にサンリオの文庫版に関する質問が有って、ここにも自分を含めて少なくとも3人はSF読みがいることが判りました。その時に回答していた人はかなり読んでいますね。そちらに1日遅れで回答しようとしたら、既に締め切られていたので私は参加できませんでした。
 さて、質問の作品は、ジェイムズ・ブリッシュの宇宙都市シリーズですね。これは全部で4作から成っていますが、第1部「宇宙零年」は舞台が木星で、ここではまだニュー・ヨークは出て来ない筈です(いやぁ、私も読んだのはもう20年も前のことなんで・・・恐縮)。次からは最終巻までニュー・ヨークが出てきますが、今度は果たしてそのどれに質問の文章が有るのやら・・・(^^;
 シリーズの中では第3部「地球人よ、故郷に還れ」が最も有名ですが、私としては第1部が一番良かったですね。尚、第2部は「星屑のかなたへ」、第4部は「時の凱歌」で、質問に有る通り早川書房の出版です。SF史上の傑作の一つですからまさか絶版ということはないでしょう。それでは。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報