6年の息子が今月の6日から放課後だけ学校へ行って勉強しています。
私が車で送って行って1時間後ぐらいに迎えに行きます。
もし、放課後だけ登校して普通に行けたという人がいらっしゃれば教えていただけないでしょうか。辛口でもかまいませんので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お子さんの状況・背景がわからないので経験談を。



私が担任していた児童(6年男子)はとても真面目でクラスでも信頼され、いじめなどは全くない子でしたが、ある日から朝起きられなくなり登校できなくなりました。保護者の方も心配し、病院に行くなどしましたが、原因はわからないままでした。
夕方になると活動できるとのことなので、わたしと保健室や教室で1~2時間ほど勉強をしながらいろいろ話をする日々が4ヶ月ほどあったと思います。
結局徐々に午後の教室(来ても眠そうでしたが)、午前・・・と教室に行けるようになり、みんなと一緒に卒業式もできました。お医者さんには無理に学校に行かなくてもいいと言われたそうですが、わたしは学校との接点をなくしたくなかったので、放課後だけでもつながっていてよかったなと思っています。
大変だとは思いますが、学校の先生とよく話をされてあせらず対応していけばよいと思います。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。もうすぐ家庭訪問なので担任の先生と相談しながら対応していこうと思います。

お礼日時:2009/04/24 15:45

強いお子さんなんですね。



私自身やはり小学校高学年と中2のころから高校時代と繰り返し登校が辛くてできなかったことがあります。
お子さんと違って、6時限のうち1,2時間は保健室に行って逃げてしまってはいました。
が、これが全く登校せず家に引きこもっていたらその後順調に学校に行くこともできなかったと思います。

放課後ではあっても勉強からは逃げないつもりでいらっしゃるようなので、応援体制が先生、家族とできているのならそんなに心配はいらないと思います。共感してくれなくても、理解に務めてくれる人がいるのなら少しずつでも頑張れる。
私の経験です。

母親になった今、上の息子が時々幼稚園に行きたくない日がありますが
その気持ちに寄り添える経験があって良かったと感じています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。今できることをしていこうと思います。

お礼日時:2009/04/18 10:51

個人的な経験を言わせてもらえば


その行為はまったくもってナンセンスです。(強調)
私もいじめを受けそのような状況になりかけましたが
友人の一言で気づきました。
「お前がヒッキー(不登校)になっても誰も気にやしねえよ。
学校に来い。そんで第一志望受かって周りのバカ見下してやれ」
私はその言葉の通り全てを実行し今では平和に暮らしてます。
放課後に登校といっても周りの人たちから見れば来てないのと
同じです。
そんな生活をいつまでもしていれば学力は下がり、対人恐怖症が
さらに劇症化すると思われます。
息子さんを縄で縛ってでも学校に行かせるぐらいではないと
改善は(ほとんど)見込めません。
↓の息子さんのように職に就いたというのは珍しく(いい意味で)
たいていの不登校生徒はただ通信制や定時制に通うというのが
オチです。
小学校は「義務教育」ですので親は子供を学校に行かせる義務が
あります。
よく「無理して学校なんか行かなくていい」という奴がいますが
そういう奴ほど高学歴だったりします。
あと個人的な見解ですが不登校の生徒にはそもそも対人関係と
いった点で一般人と比較すると見劣りします。(あくまで私観)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。なるべく早めに行けるように
していこうと思います。
無理やり連れて行ったこともあるのですが、風呂場にこもったり、掘りごたつにこもったり効果はなく、親のほうが疲れてしまいました。

お礼日時:2009/04/13 16:44

息子さん、偉いですね。


とても頑張って「今の自分にできる事」を実行なさってるんですね。

うちの息子は、小学校では4年から6年まで3年間、ほぼ登校できませんでした。中学に上がって、「心機一転がんばろう」と思ったのに、やはり続けられなくて、1.2年は自治体の支援学級、3年では会議室登校でしたが、不登校生のサポートが厚い希望の高校に入り、かなり頑張って登校しました。
料理が好きな息子は調理師専門学校に1年間「皆勤」で通い、この春就職し、今日も仕事を頑張っています。

まずは、現在の息子さんの「がんばり」をしっかりとサポートしてあげてください。何故教室に入れないのかと言う事は、あえて解明しなくても大丈夫です。というより、何かいろんな気持ちはあるでしょうが、息子さん自身、言葉で説明するのはとても難しい事だと思います。

こんな言い方は変かも知れないし、そのような立場の方々に失礼になるかも知れないですが、あえて言わせてください。
世の中には、病気や事故で障害があって学校に行けない人もいる。でも、障害がある人には、世の中は「そうだよね」って「ゆるして」いる部分がある。「障害」はある意味「個性」だと言う意見が最近多く聞かれている。「不登校」だって「個性」じゃないかな?感受性が豊かで、無頓着な「こども」でいる事が辛いっていう「個性」。だったら「学校に行きたくても行けない」って、おんなじ条件でしょう?

不登校の子どももその家族も、「学校に行く」方がいいし、「行きたい」とも思っているんです。だから「行けない」事が辛いし、恥だと思ったりする。でも、病気や障害だとしたら?休んでも怒らないですよね。

普通に行けるようになる事も目標の一つとして親子で頑張る事もいいと思います。でも「普通」ってなんなのか、あなたのお子さんはどんな個性を持っているのか、お時間があるときにゆっくり考えてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。少しずつ普通に行けるように応援していこうと思います。

お礼日時:2009/04/15 12:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は6年生です。6月の末、鎌倉に修学旅行に行くのですが、       

私は6年生です。6月の末、鎌倉に修学旅行に行くのですが、       
どこを見たらよいでしょうか。
・鎌倉大仏
・銭洗弁天
などが思い浮かぶのですが、それ以外に「ここは見といたほうがいい!」というところがあったら教えてください。

Aベストアンサー

私が勧めるのは次の場所です。
1.長谷寺
屋内にある観音様は素晴らしいです。荘厳な感じがして、必見だと思いますよ。
2.杉本寺
鎌倉最古のお寺です。ここは地味な場所ですが、鎌倉の歴史を感じるお寺だと思います。
古い階段(現在は登れませんが)は当時の雰囲気そのままです。
3.江ノ電
現在ある鉄道の中で最古の鉄道です。
車両は新しくなっていますが、鎌倉の海を見ながら走るのは、いいですよ。
鎌倉から江の島まで乗るなら、混んでいても海が見える車両の左側に座るのを勧めます。
4.明月院
6月なら有名なあじさいが咲いていると思います。
アジサイがないとただの寺なので、咲いているかどうか確認してから行った方がいいです。
5.段葛
鎌倉から鶴岡八幡宮に行く、道の真中にある歩行者専用の道で、昔の道そのままです。
鎌倉側の道幅と八幡宮側の道幅が違います。
これは敵が鎌倉方面から攻めてきたときに、実際の距離より長く見せるためです。
こんなことを知って、歩くと面白いと思いますよ。
本当に道幅は全然違いますから。
駅は鎌倉ではなく、北鎌倉が一番近いです。
以上が私が勧められる場所です。
鎌倉旅行楽しんでくださいね。

私が勧めるのは次の場所です。
1.長谷寺
屋内にある観音様は素晴らしいです。荘厳な感じがして、必見だと思いますよ。
2.杉本寺
鎌倉最古のお寺です。ここは地味な場所ですが、鎌倉の歴史を感じるお寺だと思います。
古い階段(現在は登れませんが)は当時の雰囲気そのままです。
3.江ノ電
現在ある鉄道の中で最古の鉄道です。
車両は新しくなっていますが、鎌倉の海を見ながら走るのは、いいですよ。
鎌倉から江の島まで乗るなら、混んでいても海が見える車両の左側に座るのを勧めます。
4.明月院
6月な...続きを読む

Q迎えに行くべきだったでしょうか?

先日小学3年の息子が合宿に行ってきました。
が、何と初日に怪我をして期間中安静(練習禁止)にしていなければいけなくなってしまいました。
病院に連れて行ってもらっている間に、監督から「息子さんが怪我をしてしまいまして、見学に来られるのなら、練習できないので迎えに来られませんか?」と電話をいただきました。
息子は、恥ずかしながら学校の支度でさえ当日にやるくらいなのですが、合宿については1週間前から自分で支度をし始めて、当日も朝早く起きてきて張り切っていたので、
監督には「本人の意思を尊重したい」と伝えました。
翌日、こちらから監督に電話をしたら、「とりあえずみんなと明るくやっていて、練習中もみんなに声をかけてやっています。ただ帰ったら地元の病院に連れて行きなさいと(現地の)病院から言われているので、前日見学に来られるか、(近くで一泊する予定でしたので)もしくは最終日に迎えに来られてそのまま病院に行かれたらどうですか?」と言われました。(本人の意思はその時は未確認でした。)
翌日見学に行くとギブスをはめていて練習には参加していませんでしたが、本人は「最後までみんなと居たい」と言っていましたが、
監督には「本人は最後まで一緒に居たいと言っていますし、病院もみんなと帰ってからでも間に合うのを確認しました。ただ着替えなど監督コーチに迷惑をかけているようなら連れて帰りますが。」と話しました。

監督は「迷惑はかかっていないです。」と言われたのでそのまま残して帰りました。

帰ってから息子に聞いたらコーチに着替えは手伝ってもらっていたと話していたので、申し訳なかったなぁと感じています。
もう過ぎてしまった事とは言え、バス到着時には監督はじめ各コーチにはお礼を言って回ったのですが、改めて謝罪?をした方がいいでしょうか?
またやはり連れて帰るべきだったでしょうか?

怪我の事より、本人があれだけ張り切って出かけて行ったので、私は息子の意思を尊重したいと考えて残しましたが、どうも引っかかっています。
皆さんなら、どうされましたか?また今後どうされますか?
ご意見をお聞かせください。

先日小学3年の息子が合宿に行ってきました。
が、何と初日に怪我をして期間中安静(練習禁止)にしていなければいけなくなってしまいました。
病院に連れて行ってもらっている間に、監督から「息子さんが怪我をしてしまいまして、見学に来られるのなら、練習できないので迎えに来られませんか?」と電話をいただきました。
息子は、恥ずかしながら学校の支度でさえ当日にやるくらいなのですが、合宿については1週間前から自分で支度をし始めて、当日も朝早く起きてきて張り切っていたので、
監督には「本人の意...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言えば、迎えに行った方が良かった(迎えに行くべきだった)のだろうと思います。

ギブスをはめる、ということであれば着替えだけではなく日常の生活の様々な場面(入浴・トイレ・食事・布団の上げ下ろしなど)で手伝いが必要だったでしょう。

合宿というのは、集団生活の場であり、同時に自立訓練の場(自分のことは自分でする)としてのねらいもあったはずです。それが難しいからこそ、監督さんはお電話をされたのだと思います。直裁的な言い方では無かったのでしょうけれど、電話の意味は明確です。

質問者さんは「息子の意思を尊重したいと考え」たとのことですが、小学校3年生の息子さんの「意志」とは何でしょうか? ある程度判断ができる年齢・大人ならば、自分の置かれた状況や周囲への負担などを視野に入れて、合理的に考えを決めることができます。自分の「思い」だけで決めてはいけないのだ、という判断です。

けれども、小学校3年生が、めったにない友達と一緒に過ごせる機会を前にして、そうした判断ができたとは思えません。つまり、この場合は単なる「わがまま」なのです。

だからこそ、大人が客観的に判断をする必要があるのです。それをしないで、「息子の意思を尊重したいと考え」るなら、保護者はそもそも必要ありません。子どもの気持ちは気持ちとして、それとは別に周囲への配慮や対応を考えるのが、この場合の大人(保護者)の大事な、そして唯一の役割だったのではないでしょうか。

もちろん監督さんは大人ですから、「迷惑ですか?」と尋ねられて「はい、迷惑です」とは答えないでしょう。ケガについての責任も感じておられるでしょうから。けれども、普通に考えて運動チームの練習を見た上で、朝起きてから夜寝るまでのたくさんの子どもの生活を、少人数の大人で管理することがどれだけ大変かはお分かりになるでしょう。その上で、別行動・補助が必要な子どもの世話をする・・・。

繰り返しますが、子どもにはそうした状況を読み取ることができないからこそ、保護者というものが存在するのです。考えてみると、かつての大人(両親)は、こうした「憎まれ役」を平然とこなしていたのですよね。子どもが泣こうがわめこうが、断固として連れて帰って「ケガしたお前が悪い」と説教をしたのでしょう。「子どもの意志を尊重」というのは美しい言葉ですが、実はしばしば大人としての責任を放擲する言い訳でしかありません。

ただ、まぁ、過ぎてしまったことは仕方ありません。「どうも引っかかって」ということですから、おそらく質問者さんも「何か、ちょっと違ったかな」という思いで、でも、上手く考えられないから質問されていらっしゃるのでしょう。それはご立派な態度だと思います。

帰宅時のお礼もきちんとされているようですから、今回のことはそれで良いのではないかと思います。できれば、改めて関係者にお礼を言い、今後は保護者としての対応をきちんとされれば、それで済む程度の話かな、と思います。

結論から言えば、迎えに行った方が良かった(迎えに行くべきだった)のだろうと思います。

ギブスをはめる、ということであれば着替えだけではなく日常の生活の様々な場面(入浴・トイレ・食事・布団の上げ下ろしなど)で手伝いが必要だったでしょう。

合宿というのは、集団生活の場であり、同時に自立訓練の場(自分のことは自分でする)としてのねらいもあったはずです。それが難しいからこそ、監督さんはお電話をされたのだと思います。直裁的な言い方では無かったのでしょうけれど、電話の意味は明確で...続きを読む

Q小学6年で、登校班での事です。

私は、今小6で、学校へ行く班の班長をしています。
今までは楽しく班長として活動してきましたが、
夏休みが終わってからもともと少し問題児気味な
1年生の男の子が、同じ6年生の元気な子A子に体当たりをしてきました。
(1~2回ではなく数えきれないほどです。)
1学期もそのA子に体当たり等をしていて
その子のカバンについていたストラップを
壊したくらいです。
それが夏休みが過ぎてさらに酷くなりました。

A子は限界で、並び順を変える事になりました。
するとこうなります↓
(もともとの並び順)
            班長
       5年女子    1年男子
       ~~~(一部省略)~~~
        A子      2年男子
    問題児気味1年     2年男子
(今回変えた並び順)
            班長
    問題児気味1年    5年女子


となります。
しかし、私は腕の形ががいえん?と言う形で、
主治医から「腕を骨折しやすい」と言われています。
その証拠に2回腕を左右骨折して、
1回目の左腕骨折の時、手術をしました(成功しました)。
なので、両親が「問題児気味1年と離れて」
と言いますが、
きちんと最後までやり遂げたいんです。
この問題は連休中に解決しないといけないので、
御回答宜しくお願いいたします。
長々とすみません。

私は、今小6で、学校へ行く班の班長をしています。
今までは楽しく班長として活動してきましたが、
夏休みが終わってからもともと少し問題児気味な
1年生の男の子が、同じ6年生の元気な子A子に体当たりをしてきました。
(1~2回ではなく数えきれないほどです。)
1学期もそのA子に体当たり等をしていて
その子のカバンについていたストラップを
壊したくらいです。
それが夏休みが過ぎてさらに酷くなりました。

A子は限界で、並び順を変える事になりました。
するとこうなります↓
(もともと...続きを読む

Aベストアンサー

がんばりやさんですね。

班長の役割をやり遂げたい、との意向なので、
リーダーというマネージメントのお仕事をやり遂げる、という切り口で、アドバイスしたいと思います。

まず、そのチームの目的は何ですか?

登校すること。全員が安全に登校すること、ですね。

つまり、あなたの役割(お仕事)は、
「登校時の安全確保」なのですね。

そして、今、ご自分が統率すべきチームには、
この目的の妨げとなる問題があるのですよね?
それが、暴君の問題行動、なのですよね?

では、どうしたら、暴君の問題行動を防げますか?
または、万一、暴君が問題行動を起こした場合でも安全を確保する手段というのは、どんなことでしょうか?
それを考えてみてください

リーダーの役割、リーダーが考えるべきは、
目的達成の障壁となっている事柄をどのように取り除き解決し、
チームに目的を達成させるか、ということですから

そのような視点で考えなおしてみたときに、
A子が嫌だというから自分が替わりに・・・だとかいう当座の対処?というのが、チームの目的達成の解決策にはなっていない、ということがよくわかるかと思います

ましてや、これまでその暴君に対応していたA子よりも腕っ節の弱い(怪我のリスクが高まる)メンバー(この場合あなた)をそのポジションに再配置する、という手段をとっていますよね これはチームのフォーメーションとしてあきらかな誤りであることがわかると思います

少なくとも、A子以外に、A子よりも言葉も腕っ節も強いメンバーを当てましょう

チーム内でそのような調整が不能ならば、
本当の管理監督責任を持つ暴君の親に伝えたり、学校の担任に伝えるなどし、「チーム全体の登校時の安全を確保する」ための障壁となっている暴君の問題行動抑止対策を、彼らに講じてもらうように、リーダーであるあなたがきちんと事実を伝達して促しましょう

また、
リーダーのあなたがどの程度の権限をお持ちなのかわかりませんが、
暴君の問題行動が、チーム全体を危険にさらすようであれば、
担任や親御様に(担任から親御様宛て)に、
「暴君の問題行動で他の生徒さんが危険な目にあっており、私たち生徒同士では防ぎきれないため、申し訳ないのですが親御様がご同行頂けますか?もしもご同行頂けない場合は、指示に従って頂けない暴君のご参列をお断りせざるをえません」、と言ってしまってもかまわないかと思いますよ

何度も申し上げますが、
チームリーダー(班長)の役割は、
チームの目的を達成させること、ですから
あなたも含めたチームメンバーが「安全に登校するにはどうしたらよいか」・・それを考えましょう

がんばりやさんですね。

班長の役割をやり遂げたい、との意向なので、
リーダーというマネージメントのお仕事をやり遂げる、という切り口で、アドバイスしたいと思います。

まず、そのチームの目的は何ですか?

登校すること。全員が安全に登校すること、ですね。

つまり、あなたの役割(お仕事)は、
「登校時の安全確保」なのですね。

そして、今、ご自分が統率すべきチームには、
この目的の妨げとなる問題があるのですよね?
それが、暴君の問題行動、なのですよね?

では、どうしたら...続きを読む

Q小学1年生の娘が不安が強く母子登校(集団登校に一緒に付き添って)をして

小学1年生の娘が不安が強く母子登校(集団登校に一緒に付き添って)をしています。元々新しい場所に慣れるのに時間がかかる娘で、ある程度は覚悟をしていましたが、学校に行った後での不安がたくさんあるようで母子登校にも関わらず泣いての登校で、私から離れられず先生に無理やり連れて行ってもらってる状態です。

日中は皆となんら変わりなく過ごしていて、クラスにも新しいお友達ができた、楽しかったと言って帰ってくるのですが、とにかく登校時だけ朝から大変な毎日です。

朝起きて出発する10分前まではいつも通りに過ごしているのに、急に気になることを聞き始めます。(例:体操服はどこに置くの?今日は何時に帰るの?音楽は何をするの?集団下校はどこに集まるの?)みたいな私に聞いてもわからない事や自分でもすでに知っている事を聞いてくる感じで、わかる範囲で答えても登校している間同じことを繰り返し聞いてきます。下駄箱で園からの友達から誘われても、上級生のお姉さんが声をかけてくれても私から離れようとしません。このまま母子登校を続けて大丈夫なんでしょうか?娘の不安が軽くなるために親として何ができるでしょうか?

小学1年生の娘が不安が強く母子登校(集団登校に一緒に付き添って)をしています。元々新しい場所に慣れるのに時間がかかる娘で、ある程度は覚悟をしていましたが、学校に行った後での不安がたくさんあるようで母子登校にも関わらず泣いての登校で、私から離れられず先生に無理やり連れて行ってもらってる状態です。

日中は皆となんら変わりなく過ごしていて、クラスにも新しいお友達ができた、楽しかったと言って帰ってくるのですが、とにかく登校時だけ朝から大変な毎日です。

朝起きて出発する10分前まではいつ...続きを読む

Aベストアンサー

毎朝御苦労さまです。

お母さんと一緒に学校に来ていて、大丈夫だと思います。

でも、少しずつ、本当に一日一歩、1年かけてゆっくり…という程度でいいので、
お子さんと目標を話しあうと良いと思います。

たとえば、
「4月中は、靴箱まで一緒に行く」
「5月からは、正門まで行く」
…など。
できたら、お子さん自身が、「いつから」「どこまで」
の両方とも決められるといいです。
お母さんからの提案だと、十分に気持ちの準備ができておらず、
時期や場所が近付くと不安な気持が強くなるかもしれませんから。

時期や場所は、自分が無理だと感じたら、変更しても良いことにし、
気楽な気持ちで、「やってみようかな」という前向きな気持ちにさせると良いと思います。

話しあうのは、
学校へ行く直前の不安な気持ちのときではなく、
気持ちが落ち着いているとき、例えば夜とか休日とかがいいと思います。

学校までの地図を一緒に見ながら(手書きで書きながら、ここには何があったっけ?等、
お子さんと一緒に書いてもいいですね)、話し合ったらいかがでしょうか。

話し合いを拒否したり、泣いたりするようなら、無理強いせず、
少し様子を見て、またの機会にした方がいいかもしれませんね。

小学校の1年生だと特に、ゴールデンウィーク明けに、またぐずるかもしれません。
やっと慣れ始めてきたのに、また逆もどり…とがっくりする親御さんもいます。
よくあることです。
1年生なら、毎年、何人もの子が、朝、登校時にぐずぐず言っているものです。
家でぐずっているのをなだめてすかして行かせているだけで、見えないから、余計に「他の子はみんな元気なのに…」と思いがちですが、
お子さんが学校に入ってしまえば元気なのと同様、家ではぐずっていても、登校班に入ればそこから元気になってしまう子もいるのです。
朝の不安感があるのは、お子さんだけじゃありませんよ。大丈夫。

質問が多かったり、不安を訴えてきたりしたときは、お忙しいでしょうけれど、
できるだけ受け止めてほしいなと思います。

以前、ある講演でこんなことを講師の先生が言っていました。
「子どもは、愛されていると十分に感じると、安心して、外の世界に興味を持ち始めるのです」

たくさん抱っこして、たくさんお話して、たくさん一緒に歩いてください。
少しずつ、自分なりの目標をもつように仕向けながら。

そして、別れ際は、さっと別れることです。
お母さんが不安な顔をしたり、悲しそうな顔をすると、お子さんはもっと不安になります。
お子さんが決めた場所まできたら、にっこり笑って、「いってらっしゃい!」と
元気に見送ることです。
走って戻ってきたら車にぶつかってしまうかも…というような場所だとまずいですが、
そうでない場所なら、さっと踵を返して、立ち去ると良いそうです。
(後で影から見ているのはいいですよ)

朝、「いやだ~」とぐずる子は、何人も見てきました。
けれど、3年生になっても4年生になっても、お母さんと一緒でないと学校に来られない、という子は、ごくごくわずかです。
多くの子は、低学年のうちに、そういう時期…赤ちゃんの頃に戻ったかのように、お母さんにべったり甘えてみたい時期を卒業していきます。

毎朝御苦労さまです。

お母さんと一緒に学校に来ていて、大丈夫だと思います。

でも、少しずつ、本当に一日一歩、1年かけてゆっくり…という程度でいいので、
お子さんと目標を話しあうと良いと思います。

たとえば、
「4月中は、靴箱まで一緒に行く」
「5月からは、正門まで行く」
…など。
できたら、お子さん自身が、「いつから」「どこまで」
の両方とも決められるといいです。
お母さんからの提案だと、十分に気持ちの準備ができておらず、
時期や場所が近付くと不安な気持が強くなるかもしれませんから...続きを読む

Q放課後活動の責任

学校のクラス活動の準備のため、放課後残って活動していたこどもがふざけあいの中でけがをしました。学校の教師はいっしょにいない状況です。どの程度、学校に責任を求めることができますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学校の生活で起こった事なら、学校に責任があります。事故が起こったときの救済のために保険も掛けています。国と保護者の折半です。ここから、治療費などが出ます。たとえ子どもの過失が大きくてもです。手続きは、普通、保護者が申し出なくても、事故があったことをわかっていれば担当の先生がしてくださると思います。子どものすることですから互いに連絡をとりあって(通常、先に学校側から)何があったか理解し合うことがよいと思います。それができれば、それ以上の責任追究は必要ないと考えます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報