プロが教えるわが家の防犯対策術!

自営業で今仕事の予定がゼロです。仕事がゼロでは即無収入で、たちまち色んな支払いが出来ず電気、ガス、電話は止められてしまい、生活に大変な支障が生じます。絶対それは避けたいので良い対策は?

妻はパートに出て働いているのですが、仕事のない私は非常に惨めです。怖いのは妻に愛想付かされて出て行かれる事での一家離散です。絶対それは避けたいのです。得意先に「仕事ありませんか?」と電話したいのですが、前にも何度も催促してますので言いにくいのです。住宅リフォーム関連の業種なのでこの大不況で仕事量が大激減して襖貼ろうなどと言う客も激減していて、もう別な業種に変えたいくらいですが、50台での再就職はほぼ100%不可能ですのでどうしたらいいでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ホームページなどを作って、販促活動をされてみてはどうでしょう。


あと、個人のお客さんももっと対象に入れていったほうがいいかもしれません。

以前、自宅の裏の家が屋根の葺き替えをやっていたとき、その業者さんが、突然うちにやってきて、
「裏の家の修理をしている者ですが、おたくの屋根の状況もかなり悪い。早急にリフォームした方がいい」と、わざわざうちの屋根のポラロイド写真までつけて、営業にやってきました。

裏の家の屋根からうちの屋根もよく見えたそうです・・・。確かにボロボロでした。

その業者さんにお願いして、あちこち修理してもらいました。
その積極的な営業姿勢に感心しました。ひょっとしたら業界では当たり前のことかもしれませんが。

一度リフォームなどお願いした業者さんには、何か発生したときに、またお願いすることが多いですからね。(もちろん技術がOKな業者さんに限りますが)
うちも十年以上ごしで、同じ業者さんに建て増しやリフォームなどお願いしています。(業者さんというか個人の大工さん・・?)

個人のお客さん相手は効率は悪いかもしれませんが、仕事がないという現状でしたら、そこからでも拾ってゆくのがいいと思います。
    • good
    • 3

はじめまして、リフォーム関連と言うところが気になりますが


壁紙を貼るのか、美装屋かな・・襖貼りですか・・
例えば、「網戸張ります(張り替えます)」
と言うチラシを撒いてみるのも手段の1つでは?

お店を「開店休業」には出来ないのでしょうか?
ご主人が、夜間の警備員のバイトや、荷物の仕分けのバイトなど
出来ないものでしょうか?

「待ち」の商売では、難しいと思いますので、「1歩外に出てみる」
のも手段と思います。
    • good
    • 4

不動産で事務やってます。

リフォームのN社の営業なんかも経験したことあります。

>得意先に「仕事ありませんか?」と電話したいのですが

個人相手の営業はなさっていらっしゃいますか?電話帳だけではもったいないです。個人のお客様は「お得」「職人と直接取引」を本当は求めています。リフォーム業者に頼むと高くつくのを知っています。営業マンの経費込みなのも知っていますから。でも直接職人さんをどう頼んで良いか分からないのでリフォーム業者に仕方なく頼んでいるのです。

まず歩いていける&自転車でいける範囲から自作チラシを手撒き投函。チラシは業者に作らせてはいけません。朴訥な職人と家族が作った雰囲気がいいです。手描きでもいいです。近所であることをアピールします。

値段ですが、作業後その場で現金にて代金をいただく場合の値段と、後日集金・振込の場合の値段に差(その場で払いたくなるような差)をつけましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご投稿ありがとうございました。
ご提案のチラシ撒きは昔やったことがあり、2000枚撒いて
実際仕事になったのは、僅か4件でした。確立から行くと
500件撒いて1件仕事になれば上出来なようです。
でも、個人は全く継続性がないのでどうしても「業者」から
の依頼に頼らざるを得ないのですよ。

お礼日時:2009/04/13 08:23

>自分の出来る範囲以外の事まで言われ、そこまでは出来ないので


結局受注出来ませんでした

質問者さんの業界は門外漢なのでわかりませんが、例えばまとめて引き受けて自分の守備範囲以外は質問者さんが依頼主となって別の専門家に発注するという方法は取れなかったのでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご投稿ありがとうございました。

そう言われてみれば今頃になって出来ない工事をして貰える心当たりの業者を思い出しました。
又同じ様な依頼があったら、今度こそしっかりした見積もりを出します。

お礼日時:2009/04/12 22:06

私もなりふりかまっていられない状況なので、本業ではないが本業で得た二次的な技能と機材を活かして少しでも売り上げにしています


待っているだけでは、今までとは要因が異なる今回の不況は乗り越えられません
不況とは言っても安・近・短の旅行は大流行みたいですし、インサイトやプリウスなどの低価格ハイブリッド車の新車はものすごい量の受注があるようです
みんな出費を控えているだけでお金は持ってます
まだチャンスは残っていると思いますよ

お互い頑張りましょう
    • good
    • 2

別の業種に変えたとしても、その業種を長年やってる同業他社(他者)に太刀打ちできるかどうかは、専門職の質問者さんならわかっているでしょう


そのリスクも踏まえて今の業種に見切りをつけるか、踏ん張るか、私も自営ではありませんが個人事業の専門職なので人事とは思えません

まずは今の技術と機材・資材を活かしてできる仕事を考えてみては?
単価が安くてもせめて日銭になれば何もしていないよりはマシでしょう

得意先も顧客からの依頼がないと仕事がないので振りたくても振れない状況なのでは?
それよりも自営で小規模である点を活かせば、中規模以上の同業では引き受けられないような案件も見出せると思います

自転車操業はどこも同じなので、切り詰められる固定費はギリギリまで切り詰め、融資は最後の手段に取っておいた方が無難です
上手く仕事が発注されても軍資金がなければ動けませんよね、前払いしてくれるのなら別ですが
軍資金のための借金は返すあてがあるのでまぁ上手く使えばいいのですが、固定費のために借金するといずれかならず自滅します
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
仕事が入れば材料代は翌月払いなので心配はありませんが、
問題は何時注文があるかだけです。
昨日営業した不動産屋さんから依頼された
物件の見積もりに行ったのですが、
自分の出来る範囲以外の事まで言われ、そこまでは出来ないので
結局受注出来ませんでした。段々商売も難しくなります。

お礼日時:2009/04/12 21:25

アルバイトやパートはどうでしょう?


派遣社員など

収入がないのであれば少なからず収入を得る方向で
建設的に対処されてはどうでしょう。
行政機関の福祉に金銭的援助を相談してみてはどうでしょう

パート、アルバイト、派遣から正社員になる人は多いです。
また仕事がない今だからこそ、自己を磨く事にサボった時間を
取り戻してみてはどうでしょう?

行動しない限り、事態は進展しないと思います。

今回の件を忘れないよう、日々勉強されてみてはどうでしょう

きつい事を言いますが手はないと思います。
また貯金は1円でも毎月始めるべきです。きっと身を助ける事でしょう
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご忠告ありがとうございました。

一定年齢になると加入出来る「シルバー人材センター」への
参加を考えてます。微々たる収入ですが何もしないゼロ円
よりはマシですので。

貯金など全く出来る状況ではありません。

お礼日時:2009/04/12 21:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自営業に疲れ果てました・・・

私は30代後半の男性ですが30代半ば辺りから自営業をしてきました。

職種はネット販売の仕事です。

ここ半年前から価格競争の波に飲み込まれ以前より売り上げがかなり落ち込んでしまいました。

毎日毎日お金のやりくりに頭を悩まし朝目が覚めるとまず思い浮かぶのがお金の事です。

それまではそれなりに売り上げもあり特に問題もなかったのですが売り上げが落ち込むと

一気にその反動が跳ね返ってきました。

最近では再度サラリーマンに戻ることを考えております。

冷静に考えてこのままの状態を続けていても正直厳しいかなというのが現状です。

副業レベルでする分にはそれなりに儲けもあるのでいいのですが本業でしていくとなると収入面

でどうしても厳しい面がありまだ独身なのでいいですがこんな状況では結婚はまず難しいと思います。

サラリーマン時代はやれ休日が少ないだの給料が少ないだの色々と愚痴をこぼしていましたが

今のこのプレッシャーを考えると雇われて毎日決まったお金が入ってくることがどれほど幸せ

なことだったのかと身にしみて感じます。

正直、友人達にもあまりこういう相談もしたくありませんので毎日一人悩んでおります。

再起を計るにしてもその為にはまずお金が必要なので、とりあえず今はサラリーマンに戻り

いったん生活を安定させてからと考えております。

従業員がいないので責任は自分一人だけで負えばいいので幸いですが、従業員をかかえている

経営者というのはとてつもないプレッシャーを日々負っているのだと今になってよくわかりました。

そこで客観的なご意見をお聞きしたいのですが根本的に私のような考え方は経営者として向いていないのでしょうか?

私は30代後半の男性ですが30代半ば辺りから自営業をしてきました。

職種はネット販売の仕事です。

ここ半年前から価格競争の波に飲み込まれ以前より売り上げがかなり落ち込んでしまいました。

毎日毎日お金のやりくりに頭を悩まし朝目が覚めるとまず思い浮かぶのがお金の事です。

それまではそれなりに売り上げもあり特に問題もなかったのですが売り上げが落ち込むと

一気にその反動が跳ね返ってきました。

最近では再度サラリーマンに戻ることを考えております。

冷静に考えてこのままの状態を続けて...続きを読む

Aベストアンサー

>根本的に私のような考え方は経営者として向いていないのでしょうか?

向いていないですね。

これで経営者の苦労がわかったでしょうから、
これからは経営者が従業員に多少を無理難題と
思われる苦労を押し付けようが、
ブラック企業だろうが、
従業員に毎月定期的に給料を渡しているだけで、
たいしたものだと思えることでしょう。

こういう感性は、サラリーマンでは中間管理職向きです。

小さい会社の経営者には、
・とにかく突き進むブルドーザーのような突進力
・なんでも自分の都合のいいように解釈する厚かましさ
・批判や非難に耐える神経の図太さ

のある人が性格としては向いています。
能力や知識はまた別ですよ。。

Q一年目の自営業者です

一年目の自営業者です
暇なときなにしていますか 今月 仕事があったりなかったりでホントひまです 
忙しいときは休みなしで廻りから心配されるくらいめちゃハードなんですが そのギャップにとまどっています 

Aベストアンサー

やはり3年は我慢でしょうね。
3年も経てば、データーからも閑忙の緩急がつくようになります。

経験上から、良くないのは暇だからと言って
いろんな仕事を増やすと、本当に忙しい時に辛くなります。

やる時はやるで持たない仕事は、必ず行き詰まりますから
ある程度、データーを集める時期と割り切る事も必要だと思います。

ちなみに、わたしは暇な時は、楽器練習に没頭してます。

Q自営業の夫を支えていますがやりきれないです。

自営業の夫の仕事を手伝っています。
年々忙しさも増してきて、
数年前から経理を担っています。
家計の収入源なので、手伝うことは仕方ないと思っていましたが、
妻が経理をすることで
未回収の売掛金なども分を何度も確認しても
放置だったり、
こちらのお願いは「忙しい」で放置されますが、
自分のお願いは「今すぐ」ばかりです。
私は会社にデスクがないので、
自宅のリビングで経理をしていますが、
子供たちが学校から帰ってくると、
仕事をしながら家のことをしています。
時々は夜中などにも仕事をしています。
会社では聞けないので、昼休みや家に帰ってきたときなど、
経理のことを聞くと、
仕事が終わって帰ってきている夫は
「今やめて。やすませて」と言います。
しかし、仕事中に聞くと、「忙しいから後にして」と言われます。
自己中心的で、
それでも支えていましたが、
今回、ある引き落としがあったのですが、
私のミスで、数万円不足で引き落としができませんでした。
初めてのことでしたが、
通知には、半月後に再引き落としがあるので、
残高を確認してくださいとあったので、
入金しておきました。
引き落とし業者に確認したら、再引き落としまで引き落としは早められないと
言われたのですが
そのミスを、夫は「信用問題だ!」と立腹しています。
私自身は再引き落としのために入金したし、
それを早めることはできないので、どうしようもないのですが、
あまりに責めるので、
それなら何年も放置している売掛金未回収(200万ほど)は
いつ回収するのか。
残高がなければそもそも支払いができないのだから
未回収を回収することを何度もお願いしているのを
なぜしないのかと伝えると、
「それとこれは関係ない!こっちは今の仕事で忙しいんだ!」
と逆切れしました。
私自身、一生懸命支えて、経理をしていましたが、
たった一度の引き落としミスで責め立てる夫に
経理やめたいと伝えましたが、
無視されました。
ちなみに、夫の義両親と同居なので、
本家なので、親戚の集まりも当然手伝っています。
自分の手伝いをするのは当然でも、
私がお願いすることはせず、
家のことや子供の子ともすべて私任せで、
どんな決め事も私が家のことは行っています。
ようするにお坊ちゃまで、私に甘えています。
ですが、もう嫌気がさしたので、
離婚したいと申し出ました。
もう疲れています。
今年飼った犬も、私には懐き信頼しきっていますが、
夫のことは吠えてあまり懐いていません。
犬も懐かない、心の冷たい人間なんだなと思うのです。
それでも、夫を支えていくのは当然でしょうか。
私はわがままなのでしょうか。

自営業の夫の仕事を手伝っています。
年々忙しさも増してきて、
数年前から経理を担っています。
家計の収入源なので、手伝うことは仕方ないと思っていましたが、
妻が経理をすることで
未回収の売掛金なども分を何度も確認しても
放置だったり、
こちらのお願いは「忙しい」で放置されますが、
自分のお願いは「今すぐ」ばかりです。
私は会社にデスクがないので、
自宅のリビングで経理をしていますが、
子供たちが学校から帰ってくると、
仕事をしながら家のことをしています。
時々は夜中などにも仕事をしてい...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ち、すごく分かります。

ただ、離婚は早まらない方がいいとおもいます。
離婚すると、本当に子供たちが可哀想です。

わたしは離婚したので、それを間近で見ていてツラくて仕方ありません。

もう、離婚されるおつもりなら、同居を解消して別世帯で出直してみてはいかがでしょうか?

同居のストレス、会社のストレス、家事・育児のストレス・・・
全て同じ場所で起きることで、旦那さんもあなたも疲れ切ってしまっているのではないかとおもいます。

わたしも、夫が自営で同居していましたので、離婚前はボロボロでした。

夫の方から離婚したいと言われた方ですが、わたしも同意したのには“疲れ”があったからだとおもいます。
ただ、やはり本当に離婚となると想像していたより心労がありますし、子供たちへの気持ちも想像以上のものでした。

今は、“同居からは抜け出せない”とか“経理をしなくてはいけない”とか、固定観念があられるとおもいます。

でも、離婚してすべてなくす思いをするなら、離婚前にひとつでも肩の荷を下ろしてみられたら、何かかわるかもしれません。

わたしも、こんなことなら同居していなくてはいけないという固定観念を捨てて、元夫ときちんと“自分たちの家族”を作っておけばよかったとおもいました。

同居を解消して、あなたの毎日の気遣いを減らすとか、経理を何時から何時までと区切って、それ以外はしませんとハッキリ伝えるとか、できる限りのことをやってみられてからでも、離婚は遅くないんじゃないでしょうか?

我慢ではなく工夫をされてみてください。

あなたが少しでも楽になって、あなたがあなたらしくいられる環境を作ることを工夫してみられえください。
家を出て、案外うまくいっちゃったとか、何かを変えることで何であんなに縛られてたんだろうっておもうかもしれません。

とにかく、離婚は早まらないで欲しいです。

お気持ち、すごく分かります。

ただ、離婚は早まらない方がいいとおもいます。
離婚すると、本当に子供たちが可哀想です。

わたしは離婚したので、それを間近で見ていてツラくて仕方ありません。

もう、離婚されるおつもりなら、同居を解消して別世帯で出直してみてはいかがでしょうか?

同居のストレス、会社のストレス、家事・育児のストレス・・・
全て同じ場所で起きることで、旦那さんもあなたも疲れ切ってしまっているのではないかとおもいます。

わたしも、夫が自営で同居していましたので、離婚前は...続きを読む

Q自営業。収入がなく、税金等の支払いが困難です。

主人が、車関係の自営業(青色申告者)をしております。
自営業といっても、社員を雇っているわけではなく、1人でやっています。
昨年は売り上げが1100万ほどありました。実際は、ここから経費など引かれますので、所得はその半分くらいです。

しかし、この不況で、今月の収入はなんと0。
落差があまりにも大きく、頭を抱えています。
去年の収入が良かったため、税金や健康保険などはしっかり取られており、
健康保険が毎月68000円。(毎月と書きましたが、引き落としのない月がふた月ほどあり)
市県民税が3ヶ月ごとに15万円位。
これがかなり痛い出費です。

税金と健康保険だけでもこんなに取られるのに、生活費どうしよう・・・という状況です。
貯金は150万ほどしかありませんので、切り崩すにしても限界があります。

主人もわたしも、パートに出ていますが、それでも、生活費を稼ぐのにやっと・・・いえ、やっとどころか、生活費すら足りません。

どうしたらいいでしょうか?
何かいい方法はありませんか?

主人とは散々話し合っていますが、この仕事をできたら続けたい。俺も悩んでいる。との答えで、かれこれ2~3ヶ月経ちます。

主人が、車関係の自営業(青色申告者)をしております。
自営業といっても、社員を雇っているわけではなく、1人でやっています。
昨年は売り上げが1100万ほどありました。実際は、ここから経費など引かれますので、所得はその半分くらいです。

しかし、この不況で、今月の収入はなんと0。
落差があまりにも大きく、頭を抱えています。
去年の収入が良かったため、税金や健康保険などはしっかり取られており、
健康保険が毎月68000円。(毎月と書きましたが、引き落としのない月がふた月ほどあり)
市県...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、他の方が書かれている文章を読まさせていただきますと
自営業がサラリーマンに比べて有利だとか色々書かれておられますが
そのまま信じちゃいますと大変なご不幸ですので、あえて書かせていただきます。

まず政府管掌国民健康保険だと思いますので、その場合には市役所の健康保険窓口に行きご相談されると減額される場合が多多ございます。
※しかし支払済みもしくは支払期日到来分につきましては対象外ですので、できるだけお早めにご相談に行かれることをお勧めします。

市町村民税も、大幅な収入減となった場合には、市民税課でご相談されれますと、こちらも減額される可能性がございます。
(こちらは可能性です、実際に減額された方もおられますし、されなかった方もおられます。

次に、根拠ですが、
政府管掌国民保険の場合には、まず前年度の収入に応じて保健料が算出されていることはご存知かと思います、
この考え方としては、前年度の収入と同じぐらいの収入が今年度もあるだろう・・・ って考えられているからです、言うならば継続性の法則ってことですね、
しかし、前年度の収入に対し今年度が低い場合には、市役所の健康保険課に申し出されれば、(収入減額分)再計算されて保険料を改定してくれます、
これは、先に書かせていただきました、『継続性の法則』によって算出された保険料ですのでご本人の申し出があれば見直しすることになっています。
→サラリーマンの場合には、毎年基準付付4から6月の給料額を算定基礎として保険料を改定していますし、また算定基礎時より2ポイント以上の上下があった場合には逐次改定される仕組みとなっています、

つまり、サラリーマンは給料額が変更になった場合には自動的に保険料も変るのに対して、自営業は自己申告しないと改定してくれません。
このことだけでも決して自営業はサラリーマンより有利だとは言えませんね、逆にかなり不利だと言えます。

次に税金のことですが、
市町村民税及び都道府県民税は前年度の所得によって翌年度の税金額が決定されることとなっています。(決定です)
ですので、この場合には健康保険料とは違い、翌年収入があろうがなかろうが支払義務は変りません。
ところが、極端に収入減(例えば失業とか事業の失敗など多額の借金を抱えてしまった場合)などに救済策がございます。
実はこれはかなり難しいです、
サラリーマンの場合ですと、解雇とか失業認定などの公的な証明がありますが、自営業の場合にはご自分で証明しなければいけません。
(これに対してもかなり自営業は不利ですよね)
人によっては市役所に家計簿を持って行き説明さえた方もおられます。
つまりは、収入が大幅に減少したことを客観的に説明する資料が必用です、またそれにより生活に困窮していることが条件となります。
ですので、市町村民税につきましては、一度ご検討された上で市役所にご相談に行かれたほうが懸命かと思います。

私は、会社で経理・労務などを20年程して来ました、現在は独立して事業を行っています。
経験として、正直自営業のほうがサラリーマンと比べ有利な部分は見つかりません、比較すると却って不利なことが多いです。

どうも、他の方が書かれている文章を読まさせていただきますと
自営業がサラリーマンに比べて有利だとか色々書かれておられますが
そのまま信じちゃいますと大変なご不幸ですので、あえて書かせていただきます。

まず政府管掌国民健康保険だと思いますので、その場合には市役所の健康保険窓口に行きご相談されると減額される場合が多多ございます。
※しかし支払済みもしくは支払期日到来分につきましては対象外ですので、できるだけお早めにご相談に行かれることをお勧めします。

市町村民税も、大幅な収...続きを読む

Q自営業の人は老後、国民年金だけで生活できているのですか?

46歳独身です、今年から独立して国民年金に加入しました。

でも国民年金ってもらえる額が少なすぎて不安で仕方ないです。

自営業の人は老後、国民年金だけで本当に生活できているのでしょうか?

ずっと自営業だった人はもらえる年金は月6万円ぐらいなんですよね?

≪自営業の人は持ち家だし、定年がないから年金は少なくても大丈夫≫だって聞いた事ありますが、それでも80歳代、90歳代になっても働くのは難しいだろうし、月6万円程度ではきついのではないですか?

他の方の似たような質問で、≪貯金すればいい≫とか≪生命保険会社の個人年金に加入すればいい≫とか≪国民年金基金に加入すればいい≫とか見ました。

でもそれって限界がありますよね?

私は貯金は2千万円ぐらいあります。

生命保険会社の個人年金に26歳の時に月1万円加入しました。
60歳まで合計400万円ぐらい払い込んで、61歳から月10万円ぐらいが7年間で戻ってくる(合計800万円ぐらい)予定です。

国民年金基金は4口で月3万5千円ぐらい(国民年金と合わせると月5万円ぐらい)払っていますが、それでも戻ってくる額は月2万5千円程度増えるぐらいです。
高いけど不安なので支払っています。
それでやっと年金支給予定額は15万3千円ぐらいです。
86歳以上生きないと元がとれません・・・。

貯金も生命保険の個人年金も20年ぐらいすれば、なくなってしまう可能性が高いですよね?

100歳以上も生きた場合、国民年金だけではとても無理だと思います。

国民年金だけの人ってどうしているのですか?

生活保護に切り替えたりしているのですか?

46歳独身です、今年から独立して国民年金に加入しました。

でも国民年金ってもらえる額が少なすぎて不安で仕方ないです。

自営業の人は老後、国民年金だけで本当に生活できているのでしょうか?

ずっと自営業だった人はもらえる年金は月6万円ぐらいなんですよね?

≪自営業の人は持ち家だし、定年がないから年金は少なくても大丈夫≫だって聞いた事ありますが、それでも80歳代、90歳代になっても働くのは難しいだろうし、月6万円程度ではきついのではないですか?

他の方の似たような質問で...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問者様の想定している状況とは異なりますが、私の両親(共に昭和7年生まれ。そして3年前に相次いで死亡。)は企業で働いておりましたが「国民年金」でした。

預金もほとんどありませんでしたが、周りの環境が幸いしてか、老齢基礎年金だけで生活[父は介護施設に入所=年金で介護費用が賄うことができた]しておりましたね。

どんな生活環境かと言えば・・・もしかするとご質問者様には信じられない状況かもしれませんが
・冷房機器は扇風機。
  ⇒それも呼吸が辛くなるので余程でない限り使わず、窓から自然の風を取り入れて団扇を使っている。
・暖房機器は「石油ストーブ1台+コタツ」と「電気毛布」
・パソコンは使った事が無い。
  ⇒歩かないと寝たきりになるから、1キロ先のスーパーまで日用品を買いに行く。「欲しいモノを買う」ではなく「有るモノで間に合わせる」タイプ。
  ⇒趣味は有るが、コンピューターを使用しない。
・電話は固定電話のみで、余程でなければ電話を掛けることは無い。
  ⇒地元で生まれ育ったので、ほとんどの友人・親戚は近くにいる
・冷蔵庫はあるが、電子レンジやオーブンは買ったことすらない。
・電気炊飯器はあるが、ガスコンロでご飯を炊くこともある。
・お風呂はあるが、シャワーは長らく無かった。
  ⇒使っていた風呂釜が壊れて、相談したガス屋さんが「今はガス給湯システムの方が安く買えますよ」と言ったので、両親が死ぬ1年ほど前にシャワーが付いた。
・晩酌(湯上りのビール類も含む)やタバコはやらない
  ⇒父は年金を貰う頃には体を壊していて、酒・たばこ禁止
  ⇒母は元から飲まない
・自動車やオートバイは廃車していた
  ⇒体力の問題等から利用する頻度が激減したので、維持費を支払いメリットが無い。
・電気の契約アンペアーは15A
・家は父の勤め先が届け出をせずに建てたバラック[築50年超]。
  ⇒母方の伯父がコネを利用して建築確認の届出をしてくれたが、完了の印は無い。
  ⇒相続するために専門家を通して色々な手続きをしたら、市役所が調査に来た。
  ⇒増築部分が見つかってしまい、固定資産税は年額6千円

> 国民年金基金は4口で月3万5千円ぐらい(国民年金と合わせると月5万円ぐらい)払っていますが、それでも戻ってくる額は月2万5千円程度増えるぐらいです。
> 高いけど不安なので支払っています。
> それでやっと年金支給予定額は15万3千円ぐらいです。
今、私(おひとり様。50歳代)は実家で生活していますが、サラリーマン生活を維持するための費用[スーツ、靴、鞄、同僚等との飲み代やプレゼント、歓送迎会の割り当て金]を除くと、『10万円程度』ですよ。
 食費6万円+光熱費と新聞購読料1万円+趣味用のお小遣い[書籍、日帰りのハイキング等]2万円+固定資産税や町会費などの年単位での出費+予備費


> 私は貯金は2千万円ぐらいあります
『(自分たちの望むレベルでの生活を)夫婦二人で20年間送るのに必要な費用は1億円』【ある団体が昔行ったアンケート調査の結果】というデータがあります。
勿論、住んでいる場所の生活環境や望む生活レベルによって金額はブレますし、単純に「おひとり様だったら40年間で1億円」とはなりません。
また、いつ死ぬのかは誰にもわかりません。

ですが、話を進めるために「95歳で死ぬから、65歳からの30年間で9000万円が必要」と仮定しましょう。
 1億円÷40年×30年×地域等格差割増1.2=9000万円

するとご質問者様の収入合計は、下の計算が正しければ6,580万円
 ・現在の貯蓄額:2,000万円
 ・生保の個人年金:総額800万円 
 ・国民年金[65歳から35年分]:2,730万円
  780,100円[平成27年度]×35年≒2730万円
 ・国民年金基金:1,050万円
   ◆加入している型が不明なのでA型を4口◆
   1口目:月額1万円×12×35年=420万円
   2口目以降:月額5千円×3口×12×35年=630万円
  http://www.npfa.or.jp/system/type_benefit.html

よって、2,420万円が不足いたします。

この不足額[ギャップ]をどのようにして埋めるか?
 ・財テクで預貯金を増やす
 ・生活レベルを落とす
 ・人生設計自体考え直す[結婚する。その頃は超高齢社会だから、働き続ける。]

偉そうに書いている私も老後の生活費は枯渇しそうなので、「『体が続く限り短時間労働で働く』で、どうにか生き続けることができるかな~」と考えていますが、ご質問者様どうなされますか?

ご質問者様の想定している状況とは異なりますが、私の両親(共に昭和7年生まれ。そして3年前に相次いで死亡。)は企業で働いておりましたが「国民年金」でした。

預金もほとんどありませんでしたが、周りの環境が幸いしてか、老齢基礎年金だけで生活[父は介護施設に入所=年金で介護費用が賄うことができた]しておりましたね。

どんな生活環境かと言えば・・・もしかするとご質問者様には信じられない状況かもしれませんが
・冷房機器は扇風機。
  ⇒それも呼吸が辛くなるので余程でない限り使わず、窓から自然の...続きを読む

Q赤字の個人事業主ですが、日々の生活費はどうしたら・・・

こんばんは。どなたか教えて下さい。
赤字の個人事業主です。青色申告をしていますが、赤字なので給料をもらったことがありません。妻を専従者として申告していますが、給料をはらったこともありません。日々の生活は、今までの預金を崩して何とか生活しています。
以下について教えて下さい。
1〉生活費は事業主借り?貸し?で経費に組み込んではいけないのでしょうか?
2)事業主借と事業主貸の違いが分からないので教えて下さい。
3)預金から出している生活費を事業主借?貸?で帳簿につけても良いのでしょうか?
初歩的なことで申し訳ありませんがもうすぐ確定申告の時期が来ますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

再びお答えします。

 少し誤解があるようですが、事業主貸・借 勘定は、費用勘定ではありません(負債項目です)。ですから、損益計算書には記載できませんし、儲けの増減(所得の増減)には関係しません。

 つまり、どれほどの大金を事業主借の中から生活費として出していても
(=自分の預金を崩して生活しても)所得は「売上-仕入-費用 =所得」
という計算で算出しますので、事業主借・貸は全く関係しないのです。

ちなみに、事業主貸・借勘定は、貸借対照表に記入します。

それから、繰返しになりますが、「生活費」は、費用にすることは出来ません(当然、損益計算書には記入することは出来ません)。よく誤解される点なので注意が
必要です。

Q自営業を辞めたいです

自分の考えが甘いのかどうか、ご意見をお願い致します。

私の考えは、自営業を辞めて、夫婦共稼ぎになって生活していきたいと思っています。

30代の夫と小学生子供3人、義両親で暮らしています。義両親が30年ほど前に始めた飲食店を、後を継ぐ形で10年前から同居し、今は私達夫婦で営んでいます。
人口3000人足らずの小さい田舎町で、昨年の年間売上は昨年は一千万弱でした。
年々売上は減少していて、ここ数年、店の預金残高は減る一方で残り数十万です。
住民税、所得税非課税、国民年金全額免除、国保2割軽減です。
ほとんど毎月赤字です。昨年の夏から夫が深夜のバイトを始め、バイト代でなんとかやりくりしてきました。
ですが、貯蓄もできず、このままでは子供達の教育費が足りないのは明らかです。

夫は、10年間一緒に仕事をしてきましたが、仕事に熱心ではなく金銭的な事にも興味が無く、一家の主というよりは、いまだに「息子」のような感じです。朝は起きるのが遅く、やる気がないのかと何度も喧嘩になり、離婚も考えるほどです。
私が、怒ると反省し少しの間は真面目になりますが、いつのまにか忘れて元通りです。それを何度も繰り返しています。お金を儲けようとか、豊かな生活を送りたいとか向上心は無く、商売には全く向いてない性格だと思います。

昨年の秋に10年前の店舗改装費用のローンが終り、今は返済が何もありません。私の中では、今が事業を辞めるときではないかと思います。
このまま、事業を継続しても回復は見込めないと思います。借金を背負う前に辞めたいのです。
昨年の夏に、この事を話し合い、子供達の将来を考え、この春にはこの家を出て店を辞める約束でいましたが、今になって夫は考えが変わったようです。もう少しやってみたいと。
その間、夫はバイトには行っていましたが、遊びにも夢中で午前様の事が多く朝寝坊し、バイト代を遊びに使ってしまっていて、約束が違うと大喧嘩になりました。バイトは、朝起きられないと私に責められるからと、先月で辞めてしまいました。

義両親とも話し合いましたが、「運転資金を出すから、商売を本気になってやれ」「売上はやり方によってはドンドン伸びる」「子供達にかかるお金は援助するから」「この不景気に、商売辞めても仕事があるはずがない」「2人で働いても無理だ、甘い」との意見でした。

私は、赤字の店を続けるよりは、共働きの方が、厳しくても堅実な生活が送れるのではないかと思います。

このまま、店を続けるのがいいのか、辞めて共働きになるのがいいのか、旦那を当てにせず離婚して一人で子供を育てていこうか、本当に悩んでいます。

アドバイスをお願い致します。

自分の考えが甘いのかどうか、ご意見をお願い致します。

私の考えは、自営業を辞めて、夫婦共稼ぎになって生活していきたいと思っています。

30代の夫と小学生子供3人、義両親で暮らしています。義両親が30年ほど前に始めた飲食店を、後を継ぐ形で10年前から同居し、今は私達夫婦で営んでいます。
人口3000人足らずの小さい田舎町で、昨年の年間売上は昨年は一千万弱でした。
年々売上は減少していて、ここ数年、店の預金残高は減る一方で残り数十万です。
住民税、所得税非課税、国民年金全...続きを読む

Aベストアンサー

hikari98さんこんにちは。
まず、わたしが質問を読んでいて感じた事なのですが・・・。
hikari98さんはお店の状態とご主人の自覚とどちらが家族の生活を支えていくのに根本的な問題があるとお考えでしょうか?

お店の売上げがあがらない根本的な問題は国内外の景気が悪化している為でしょうか?それともご主人のご商売に対する姿勢や家族を支えようという自覚のどちらだとお感じになっておられますか?

私がお話ししたいのは、今の生活を安定させる為に障害となっている問題の、本質を良く見極められる必要があるかもしれませんと言う事です。

つまり、お店の売上げが上がらない原因が国内外の経済状況にあるのなら、義理のご両親のおっしゃる通り「創意と工夫」で乗り越えるべきかもしれません。あるいはご夫婦で就職を探すのも悪くないかもしれません。
しかし逆にご主人の家族に対する責任感や、厳しい現実に対する自覚に問題がある場合はどうでしょうか?

結論から申し上げると、今話し合うべきは義理のご両親ではなく、ご主人ではないかと思います。

おそらく「もう少しやってみたい」と言うご主人の言葉が指しているのは、義理のご両親の言う「本気」ではなく、「これから新しい事をしなければならない」煩わしさと家族への責任の重圧から逃れたい為ではないでしょうか。なぜなら、とりあえずお店を開けていれば(義理のご両親が心血注いだお店だけに)援助が期待出来るからです。

現在のあなたのギリギリの舵取りを思うと、さぞ苦しい事でしょう。
しかし、文章を読んでいる限りご主人の甘えが目に見えるようです。
まだ、この状況に対する自覚が足りない様に思えて仕方が有りません。
あなたやご両親に何もかも任せて対処しなければならない現実から逃避してる様にすら感じるのです。
ですから、もっとも大切なのはご主人の覚悟ではないでしょうか?ただ、離婚はお勧め出来ません。あらゆる自体を考慮しても一人で子供の将来を抱えて生活を支える事は困難です。生活のみを考えるので精一杯になり、心も体も疲労すれば子供の将来など消え失せてしまうでしょう。

義理のご両親の気持ちは痛いほど感じます。心血注いだお店が閉まるのを目にしなければならないのですから。その気持ちに対する配慮は必要だと思います。しかし今を生きるあなたの考え方は間違っていません。借金が終わった今が新しいスタートを切るチャンスである事も正しい判断かと思います。この期に及んでご主人が子供である事から成長できないなら、あなたには「飴とむち」でご主人を操縦するしたたかさが求められるでしょう。お店をとるか共働きをとるか、決めるのはあなた自身しかないでしょう。なぜならそのどちらにも困難は有るのです。自営であれば現状打開とお給料の増減は自分の器量次第。就職は決まったお給料が期待出来ますが、自分ではコントロール出来ない昇給のジレンマと何時やってくるかわからない解雇のプレッシャーに耐えなければなりません。

hikari98さんの奮闘ぶりが目に浮かびます。
しかし、くじけずあきらめないあなたならならきっと乗り越えられると思います。その気迫が明日を切り開くカギにきっとなるはずです。

hikari98さんこんにちは。
まず、わたしが質問を読んでいて感じた事なのですが・・・。
hikari98さんはお店の状態とご主人の自覚とどちらが家族の生活を支えていくのに根本的な問題があるとお考えでしょうか?

お店の売上げがあがらない根本的な問題は国内外の景気が悪化している為でしょうか?それともご主人のご商売に対する姿勢や家族を支えようという自覚のどちらだとお感じになっておられますか?

私がお話ししたいのは、今の生活を安定させる為に障害となっている問題の、本質を良く見極められる必...続きを読む

Q個人事業主がアルバイトした場合

私は個人事業主としてお店を経営しているのですがあまり収入がなく来月あたりからアルバイトをしようと思っているのですがこの場合税金の面で何か問題が起こるのでしょうか? まだ税金のことについてまったく勉強を怠っていたので良くわかりません。
どうか税金の面でプラスになるお話を教えてもらえないでしょうか? 
あと個人事業主の立場から一番わかりやすい税金の勉強ができる書籍やら情報は何が良いのでしょうか?
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

個人事業で自分も同じ事がありました。

基本的に、アルバイトと個人事業の収入は別計算でやりましょう。
たとえ税金が引かれていなくてもアルバイトは「給与収入」として扱い、個人事業は「事業収入」と分けて確定申告しなければなりません。
ただし、アルバイトが「給与」として支払われなければ話は別ですが。
また、アルバイトの給与収入には給与所得控除が適用されますので、別で計算した方が税金はお得です。

アルバイト先には自分が個人事業主であり、自分で確定申告をする(年末調整は不要)事を告げ「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は提出しないのが良いとでしょう。
この申告書を提出しないと、どんな少額の給与でも所得税が源泉徴収されますが、確定申告の際に事業収入と合算し、それによって決定した納税額よりバイト給与の源泉徴収額が多ければ還付、少なければ差額を納税するだけで良いです。
逆に提出すると、月々の源泉徴収は少なくなりますが、事業収入と合算して確定申告する際に実際の納税額と源泉徴収額の差が大きくなる可能性がありますので、後で納税する所得税が多くなる場合があります。

個人事業主向けの書籍はいろいろとありますが、自分が手にとって分かりやすいものを1冊は読んでおくと良いかと思います。
インターネットも沢山経理関連のサイトがありますので、幾つか挙げておきます。
イージー経理 http://www.ezkeiri.com/index.html
All About http://allabout.co.jp/career/
みんなの.com http://minna-no.com/
経理初心者おたすけ帳 http://www.otasuke.ne.jp/
国税庁タックスアンサー http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

個人事業で自分も同じ事がありました。

基本的に、アルバイトと個人事業の収入は別計算でやりましょう。
たとえ税金が引かれていなくてもアルバイトは「給与収入」として扱い、個人事業は「事業収入」と分けて確定申告しなければなりません。
ただし、アルバイトが「給与」として支払われなければ話は別ですが。
また、アルバイトの給与収入には給与所得控除が適用されますので、別で計算した方が税金はお得です。

アルバイト先には自分が個人事業主であり、自分で確定申告をする(年末調整は不要)事を...続きを読む

Q働かない夫、どのくらい我慢できますか?

昨年5月に結婚し、夫がすぐ仕事をやめ、以来無職の状態が続いています。
最初びっくりしましたが、今は、私の神経が麻痺してきたのか、自分で解らなくなってきました。
友達に相談したら、「それはちょっと考えられない、私ならすぐ離婚する」親戚は
何を考えているのだと怒っています。
私も最初は腹が立って仕方なかったのですが、最近、解らなくなってきました。
一般的にこういう場合、どんな対応をしますか?
どれくらい我慢できますか?
私は自営業をしていますが、収入は多くなく、私の(再婚です)子供がいます。
夫はお金は全くありませんが、その分家事をするわけでもありません。
私にお小遣いをせびるわけではなく、自分が食べたいもの(酒のつまみなど)は自分で買ってきています。
当面のお金は妹にお金を借りている(私が保証人)ので賄っていると思う。
夫は56歳です。
もはや私の感覚は普通ではなくなっているので、普通の方のご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
失礼ながら、ちょっと笑ってしまいました^^;
慣れってこわいですね~。
私も気をつけます。

私なら・・・我慢なんてしません。
下のサイトの
”・悪意をもって家庭を放棄した時
・・・夫婦の扶助義務違反です。健康なのに働かない場合も問題になります。”を理由に、離婚を主張します。

質問者様は旦那さんに対して、愛情があるのでしょうか?愛も大事ですが、お金も大事です。冷静な判断をなさってください。

Q自営業。精神的にも売上的にもボロボロです・・・。

自分は20代後半の男です。

自営業で両親と共にアパレル業をしております。
今年で何とか無事12年目を迎えることが出来ました!

うちのお店は当時、日本で初めての直営店で有名でした。
でも今では日本のあちこちに姉妹店がOPENし、もうどこでも購入できる状態です。
大袈裟に言えば、ユニクロみたいな状態です・・。

ここ2~3年はお客さんも劇的に減り、売上もギリギリの状態です…。
今まで利益は少ないですが、赤字には何とかなりませんでした。
でも先月ついに赤字になってしまいました・・・・・・。

1週間、お客様の御来店が数名・・売り上げ0円の時も頻繁にあります。
ただ救いは、自分達の土地なので家賃等はありません。

もう精神的にも売り上げ的にもボロボロの状態です・・・。
両親とも毎日相談し、「もうお店を閉めようか・・」とゆう話も出ています。

ですが自分は次の仕事のあてもありません・・。
12年も頑張ってきた店を閉めるのにも凄い抵抗があります。

お店を閉めるか?まだ何とかして続けるべきか?
本当に毎日悩んでいます・・。

是非、アドバイス・意見何でも結構なので宜しくお願いします・・・。

自分は20代後半の男です。

自営業で両親と共にアパレル業をしております。
今年で何とか無事12年目を迎えることが出来ました!

うちのお店は当時、日本で初めての直営店で有名でした。
でも今では日本のあちこちに姉妹店がOPENし、もうどこでも購入できる状態です。
大袈裟に言えば、ユニクロみたいな状態です・・。

ここ2~3年はお客さんも劇的に減り、売上もギリギリの状態です…。
今まで利益は少ないですが、赤字には何とかなりませんでした。
でも先月ついに赤字になってしまいました・・・・・・。
...続きを読む

Aベストアンサー

30代既婚者男です。

一度赤字に転じたくらいで、やめてしまうのは早すぎますよ。
あなたはまだ、何も努力していない段階ですよ。
諦めるにはまだ時期尚早です。
とことんやってみてそれでもダメな時は、潔く退けばいいのです。
創業12年のお店を守ることがあなたの使命ではありませんよ。
あなたには、あなたにしか出来ない経営の仕方があるはずです。
お父さんにはお父さんのやり方でやってきて今があります。
これはお父さんの経営手腕が無いということでは無く、今の時代に
合わなくなっているだけだと思うのです。
そこで若いあなたの感性が必要なのです。これまでの価値観や
やり方を全て手放してみてください。
あなたがやりたい事をやればいいのです。あなたにとって
今の仕事の喜びって何ですか?
お店が大きくなることですか?収入が増えることですか?
それとも買ってくれるお客さんの笑顔ですか?
商売というのは、与えてこそ伸びていきます。自己保身に
走ったり、商売根性丸出しでは、伸びません。あなたのお店が
元気になれるには多くのお客さんあってのことですよね。
だったら、その大切なお客さんの為に何ができるかを考えれば
いいのではありませんか?
他がやっているから、うちもやってきようとか、他がこのやり方
で繁盛しているから、うちもやってみようでは無くて、
うちのお客さんは、こうしたら喜んでくれるという思考でやって
みてはいかがでしょうか?
ビジネスとはいえ、一つの社会貢献だという志は必要です。
お店の商品の配置、店内の掃除、お客様がくつろいでもらえる
ような場所はあるか、お客様が喜ぶサービスはあるのか、
宣伝のしかた、ホームページの見直し、ネット販売や仕入先の見直し、
今のお客様の望むものは何かなど、考えるべきことはたくさん
ありますよ。
前例が無いからやらないのでは無く、前例が無いからこそ挑戦
するという姿勢で挑んでみてください。
いいですか、お客さんが来ないというのには、来ないなりの
理由があるのです。
店の経営者としての視点ではなく、一個人の消費者として
今一度ご自分のお店を見直してみてください。
今がチャンスです。これを乗り越えればこれまで以上の利益を
上げて、あなたもお客さんも幸せになれます。
もう少し踏ん張ってみてください。あなたなら必ず乗り越え
られますよ。

30代既婚者男です。

一度赤字に転じたくらいで、やめてしまうのは早すぎますよ。
あなたはまだ、何も努力していない段階ですよ。
諦めるにはまだ時期尚早です。
とことんやってみてそれでもダメな時は、潔く退けばいいのです。
創業12年のお店を守ることがあなたの使命ではありませんよ。
あなたには、あなたにしか出来ない経営の仕方があるはずです。
お父さんにはお父さんのやり方でやってきて今があります。
これはお父さんの経営手腕が無いということでは無く、今の時代に
合わなくなっているだけだと思...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング