ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

先日、ニュースを見ていたら追加経済対策で15兆円という金額が
提示されており、その財源を国債でまかなおうとしていました。
それだけの額の国債が発行された場合、国債市場への影響などが
あるのでしょうか?

素人的にはこれだけ大量の国債を発行しても買い手が付かずに国債
価格が下落していくように思えますし。。。

お詳しい方からの回答 お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>(2)質問


>理論上では(1)の国債は71万4000円で売られて7%利回りとなり

計算違いです。アッハハハ。下記で説明します。

>(1)項目
>債券トレーダは政策金利が上昇すると売り、金利を下げると買いとなり利回りを含めて利益を得るのです。

分りやすくする為に1年物国債です。
(1)100万円、利率5% 単純に償還日を迎えると元本合わせて105万円なります。
日銀が政策金利を上げたとします。
(2)100万円、利率7% 償還時に107万円です。

債券トレーダーは、利率の高い国債を買いたいですよね?
有効に資金を活用するのであれば利回りの低い5%の国債を売って7%の国債を買うのです。

さて、5%の国債は売られますが、元本が下落すると元本と利率を含めた「利回り」は、7%に収束する価格になります。
元本100万円、利率5%が、売られて下落しても満期を迎えれば元本と利子で105万円になります。元本がいくら下落したら利回りが7%になるかというと
1.05/1.07=98万1308円(下落した価格)になり、償還時1,050,000-981,308円=68,692円(利子を含めた配当)になります。
(前回 0.05/0.07と計算して間違いました。)

68,692円/981,308円=0.07%の利回りとなり、新たに発行された7%の利率の国債と同等の利回りとなり過去に発行された国債と新規国債の利回りに収束するのです。
これは簡素化してますが、実際は国債の満期期間の残存年や、(2)国債は買われたりしますので
利回りを下げてしまいます。(額面100万を上回る)
利子と元本を含めた利回りを下がりますので、売り買い交差の中で7%利回り近くことになります。
投資信託を買うのであれば金利が上昇すれば下落すると説明するのはこの理屈からです。

(1)の国債は過去に発行したものですので国債残高は大きいですよね、
(2)は、新規に発行された国債ですので量は少ないですが、現在の政策金利に誘導されたものですから、大きく振られることはありません。(1)は既存分の国債ですので大量です。それが売られてしまうので金利上昇時は売り、金利が下落時買いとなるわけです。
債券トレーダーは、日銀の政策決定会合を読み今後の金利予想をしているのです。
インフレになると物価上昇を抑える為に日銀は利上げします。そうするとトレーダーは債券売りを仕掛けるのです。景気減速すれば利下げしますので買うのです。

10年物国債の「利回り」を金融機関は目安にして貸出金利を決めてますので住宅ローン金利が上下するのも国債の利回りが参考になります。

さて、債券市場は市場原理そのものです。政府が大量に発行すると市場で消化しなければ下落してしまい利回りが上昇してしまいます。政府が借金(国債)を多くすると金利上昇させる景気を冷やし税収が伸びません、そもそも国債は税収が足りないから発行するのですから発行が困難になってしまいます。景気対策は政府の財政と日銀の金融緩和の両刀でやっているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追加のご回答ありがとう御座います。
詳細かつ分かりやすいご説明に感謝致します。

お礼日時:2009/04/20 09:47

補足説明。



資産価格が下落している時に、国債、債券は資産価値が
目減りしにくい資産です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追加のご回答、ありがとう御座います。
なるぼど、補足説明に感謝致します。

お礼日時:2009/04/20 08:16

国債発行は年々増え続けてます。

国債は先物、現物、レポを含め日々売買されてたり貸借されてます。市場での売買が価格を決定していますが、国債売出し時のクーポン(利子)は、金融当局の政策金利に影響します。http://money.infobank.co.jp/contents/Z300037.htm (参照)

政策金利が0.1%で、現在の10年物国債の利回りは1.3%でスプレットは1.2%です。このスプレットが国債の価格変動を表していますが、上記のように政策金利に睨み、国債需給を睨み、他の金融商品を睨み、売買しているのですから銀行の債券トレーダは政策金利が上昇すると売り、金利を下げると買いとなり利回りを含めて利益を得るのです。株式が上昇すれば景気が良くなる強いては金利が上昇すると思われて債券売り株式買いとなったり、或いはリスク後退、リスク資産の株式買い、債券売り。その逆もあるわけです。毎年、新規国債を30兆円、借換債が60兆円、今回新たに景気対策として15兆円を市場で調達するのですから、需給上では下落するでしょうが、あなたが心配するような元本割れは個人向け国債はありません。購入して満期まで保有すれば元本割れもなく利子分を受け取ることができます。

国債の償還は短期の2、5年から長期の10、30年とあります。過去の発行した額面の利子も高いものも低いものもバラバラです。売買することで一つの利回りに収束するのです。

日本の需要不足が20兆円から30兆円と言われてますが、民需を補うための景気対策として真水が15兆円、財投を含め50兆円と言われてます。
先に述べたように毎年100兆円近く市場から調達してます。需給上では一時的に売られて下落し、利回り上昇となりますがこの圧力が継続的に続くものとなると日本国が疑われた時です。この時は元本割れしますが大変な危機が起こった時(デフォルト)です。
銀行は、ゼロ金利解除し政策金利を上げた時に損失をだしましたが、債券を途中で売買すると
例えば (1)額面100万円 利子5%の国債を保有して、(2)新たに7%利子の国債が売り出されれば利子5%の国債は売られて7%国債を買うのです。
理論上では(1)の国債は71万4000円で売られて7%利回りとなり(2)の利回りに収束します。実際、政策金利の変動は0.1から0.25の範囲で動きますのでここまで下落することはありません。ここで政策金利が上昇すれば売られる理屈が分ります。逆に下がると買われて高くなるのです。

今後の政策金利ののりしろは0.1%しかないのですから下げる余地がありません。下げる余地がなくて大量の国債発行はある意味では危険なんです。しかし、現状は世界各国 債券もバブル化しているのが現状ですから、何かのショックで金融不安が再燃しかねませんが経済が安定していると目に付きにくいものです。従って従来どおり国債発行は無難に消化されると思います。財務省も売れる商品をあの手この手で考えてます。利息がインフレに連動するものなど買い手が買いやすいよう工夫してます。

単純に価格下落は発行時(売出し時)に起こりますが、債券価格は日々変動してますので、あなたがどの時点の価格を質問しているのか分りませんが、買い手が現れないようなことはありません。金融市場の8割は債券市場なのです。それだけバケツが大きいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に詳しいご説明に感謝致します。

経済素人なので勘違いした理解をしていましたら失礼します。上記記述
の中で2点程 内容の確認をしたい部分がありますので、もし
よろしければ、再度ご回答をお願いします。

(1)項目
>債券トレーダは政策金利が上昇すると売り、金利を下げると買いとな り利回りを含めて利益を得るのです。

 とありますが、この意味する所は
>(1)額面100万円 利子5%の国債を保有して、(2)新たに7%利子の国債が売り出されれば利子5%の国債は売られて7%国債を買うのです。
 上記の記述内容を意味しているのでしょうか?
 小生の中で金利と利子を同じ意味で解釈してしまっているのですが
 間違った理解でしょうか?

(2)質問
>理論上では(1)の国債は71万4000円で売られて7%利回りとなり

と記述がありますが、単純に計算して
 利子5%国債
     1,000,000円×0.05=50,000円/年
 
 利子7%国債
     714,000円×0.07=49,980円/年

 利子分は5%国債とそれを売買して得た利子7%国債のそれと同じ
金額になるのですが、
 100万円の国債が71万4千円に目減りしているように思うのですが
何か損をした感じに思えます。小生 なにか大きな勘違いをして
いるのでしょうか?

お礼日時:2009/04/15 10:47

好景気や多少の不景気程度の状況下で、国が大量の国債発行をしたとしたら、国債は大暴落するなどの大混乱が起こるでしょう。



しかし巨大なバブルが破裂すると話は別です。大多数の企業や金融機関がなんらかの傷を負いいつどこが倒産するのか戦々恐々とし、市場が疑心暗鬼で覆い尽くされているような状況となると、民間の間ではお金が流れず、それどころかこれまでの借金も返済に走り、事業も縮小するような行動があちらこちらで起り、更に資産価格が下落をし、更に借金返済や事業縮小を行うという、最悪の悪循環が始まります。

そのような状況下の場合、国家が低い金利で資金調達をし、多くの国債発行とそれにより公共事業などを行う事は、市場に非常に好ましく喜ばれる事となります。金融機関にとってはリスクが低く安定した投資先として重宝され、公共事業は市場に仕事を増やす事に繋がり、またこれらにより税収の落ち込みにも歯止めが効き、好循環への布石となります。

上記はあくまで市場崩壊を防ぎ市場を下支えするものです。長期的には市場自身での活性化が必要です。
単純化するなら民間需要の回復の軌道に合わせて、国債発行や公共事業を減らして行くことが重要という事です。安易な緊縮財政などは市場を破壊し税収も更に減る事になり、市場崩壊させるような事があれば国家財政は比にならがいぐらい大変な事態になってしまう事でしょう。

バブル崩壊後、日本はかつて橋本内閣などが拙速な緊縮財政政策をとった事で、せっかく活況を取り戻しはじめた市場に緊縮財政で冷や水を浴びせ、景気を失速させる自体を招きました。
あのような失敗を繰り返さぬように、政策金利などが通常の平時の水準に戻るまでは、国の財政出動による市場の下支えは続ける必要があるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明によるご回答 ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/15 10:20

我々は一連の金融収縮で悲観的な結果を想定しがちであるが、


評論家的な考え方で物事を見るのではなく、立ち位置の異なる、
投資家サイドから考えてみると、

100年に一度の危機。まあ、一生のうちで1回あるかないかの
金融危機と表現していますが、株式や不動産などの資産価格が
下落している時に、投資家はいかに資産を減らさないかが問題と
なる。

投資家が危惧するのは、先進国ではインフレリスクよりも、デフレ
へのリスクを警戒している。だから、デフレに強い投資となると、
債権への投資となります。

デフレは貨幣価値を高め、資産価値を下げます。だから、債券への
投資の注目度が上昇します。

国債の増発で、瞬間は価格の下落(利回りの上昇)が起こる。でも、
しばらくすると、元の価格に戻るはず。数年の間に国債利回りが
1パーセントを割ることも想定しておく必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
経済素人なので理解に苦しむ部分があるのですが、もしよろしければ
ご回答願います。

>デフレは貨幣価値を高め、資産価値を下げます。だから、債券への
投資の注目度が上昇します。

 この内容で債権は資産の一部とは考えないものなのでしょうか?

お礼日時:2009/04/15 10:18

詳しくないです。



実際、買い手は少ないでしょう。
強引なやり方。
日銀に大量発行。
郵貯の買取。

銀行も体力はないが、強引に買わせる。
個人投資家が買うか疑問です。

また、それだけ、買い手がいるか疑問です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/15 10:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング