人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

以下の質問文においても誤った理解をしている可能性があります。その点につきましてはどうかご容赦頂きたく存じます。又、その誤って理解している点についてもご指摘頂ければ幸いです。
----------------------------[以下質問文]------------------------
 理論的に電磁波(光)の波長が物体の粒径よりも小さければ捕捉する(見る)ことが可能だったと思います。そこで疑問なのですが、
 大気エアロゾル粒子は太陽光を吸収、散乱する作用があり、普通のカメラには写らない(可視光画像では撮影できない)という旨の記述を読んだ覚えがあるのですが、もし、エアロゾル粒子の粒径の方が可視光の波長より大きい場合は普通のカメラに写る(可視光画像で撮影できる)可能性はあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

エアロゾルの大きさの範囲は大きいので、大きいものは可視光での撮影は可能です。

ただ、ふつうは、光学顕微鏡ごしの撮影になりますね。
リンクでは、花粉、アスベスト粒子なども例にあがっており、これらは大きいので光学顕微鏡で観察可能ですよ。

参考URL:http://www.jaast.jp/hanashi/

この回答への補足

まずは、前回の回答、ありがとうございました。
そこでまた、疑問が生じましたので、お手数ですが、回答の程、宜しくお願い致します。
 大気エアロゾルの粒子の粒径が可視光波長よりも大きい場合、光学顕微鏡越しであれば、可視光での撮影は可能とのことですが、顕微鏡を介さずに、普通のカメラ(可視光で撮るカメラ)の画像に大気エアロゾル粒子を写すことは可能でしょうか。(大気エアロゾル粒子が可視光で撮るカメラの画像に写ることはある得るのでしょうか。)

補足日時:2009/04/14 20:48
    • good
    • 0

うーん、普通のカメラで撮った例は知りませんけど、


花粉だったら、マクロで撮影可能かもしれませんね・・・
やっぱ無理かしら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ参考になりました。
本当にありがとうございました

お礼日時:2009/04/16 19:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング