最新閲覧日:

昨年末に支払が翌年となる仕入金額を買掛金として計上しました。

商品は発注した6台のうち、2台は2000年内に受領し、残り4台は2001年という
こととなってまして、4台は実際にはまだ受け取っていません。

ところが事情により4台の分は不要となりキャンセルとしました。
しはらったのは受領した2台の代金だけです。

このときの仕訳けをどのようにすればいのかわかりません。
詳しい方がいましたら教えて下さい。

A 回答 (2件)

まず、6台発注した段階で仕入れとして計上したのは間違いです。


会計制度では、発注しただけでは仕訳をしません。実際に品物が動いた時点で仕訳をするのが原則です。

2000年度に 2台受け取った時に、

  仕入  2台分   買掛金  2台分
これが正しい仕訳です。

すでに、仕訳されてしまっていますが、これは前年に遡って訂正する必要があります。

最初の仕訳を 
  買掛金  *****    仕入  *****    
で、取り消して、新たに上記の2台分の仕訳をして下さい。

支払っときは、ご存知と思いますが
 買掛金  ****    現金 *****
と、なります。

不明な点は補足してください。


 
    • good
    • 0

「仕入戻り高」で「買掛金」を相殺すれば良いんではないでしょうか。



期をまたいでも特に仕訳の変更は必要はありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ