確定申告についてわからないことがあったのでほかの質問と回答を見ていましたら株を売却して申告分離課税を選択しても30万円以下の売却なら申告しなくても大丈夫だということを知りました。わたしは細々と株の売買を楽しんでいますのでたとえ儲かっても売却は20万円以下です。ということは私の場合は常に申告分離課税を選択して税金を払わないというのが一番得だということになると思うのですが本当にそうなのでしょうか?
何か認識の間違いがありましたらそれについてもご指摘いただいたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>株を売却して申告分離課税を選択しても30万円以下の>売却なら申告しなくても大丈夫だということを知りまし


>た。
これは、誤解されています。

一回の売却金額が30万円以下の場合、証券会社から支払調書という資料が税務署に出ないだけであって、その売却で利益が出たら申告は必要です。
上記の、資料が出ないというのは原則であって、場合によっては提出される時もあります。
それで、発覚した場合は脱税となってしまいます。

年間の売買の中で、利益と損失がある場合は、差引で計算します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ