「お鳥見女房シリーズ」(諸田玲子・新潮社)を最新刊まで読んで珠世さんの素晴らしさにうっとり中です。日常生活を描いた時代もので他におすすめはないでしょうか?
・戦い、政争などが主目的ではなく、日常生活を描いたもの。あまり地位が高くない人が望ましい。
・エロティックな場面がない。軽い恋愛はいいですが、愛憎、となると×。
・不思議要素がない。(今回の目的とは違うので)
・女性が主人公のほうが望ましい。
 諸田玲子さんの他の作品や、御宿かわせみ、山本一力さんはぴんときませんでした。
 宮部みゆきさんの時代もの、宇江佐真理さん、米村圭伍さんはチェック済みなので、他の作者を紹介してもらえるとうれしいです。
 ライトノベルの時代ものは押さえてあるので、一般向けか児童向けのものでお願いします。

A 回答 (1件)

作家というより作品でお勧めです。


どちらも時代小説で町人ものです。

『実さえ花さえ』朝井まかて著 講談社

『待ってる 橘屋草紙』あさのあつこ著 講談社

参考URL:http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b …

この回答への補足

ちなみに、図書館利用者なので古い本でもOKです。

補足日時:2009/04/15 09:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
あさのあつこさんが町人ものを書かれていたとは知りませんでした!
どちらもチェックさせていただきます!

お礼日時:2009/04/15 09:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芥川の地獄変をエロティックだと思うのは、おかしい?

中学生で地獄変を読み、よく判らないまま、凄まじい衝動を感じました。
数年後に性行為を体験し、当時の衝動の意味が理解出来ました。
ちなみに、私は女性です。(恥!)

でも、作品中、何処にも性的な場面はありませんよねえ。。。
一カ所、殿がちょっかい出しているのを、暗に描いてはいますが。

エロティックだと思う方、はその理由、
思われない方、もそうは思わない旨、回答頂けないでしょうか?

やっぱり、性行為って、軽く「生と死の狭間の体験」なのかなあ、
それが、燃え盛る牛車(と良秀の娘)と重なるのかなあ、と考えております。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題を整理しましょう。どこに視点、重点を置いているか、そこに錯覚があるように思われます。作品全体に置くのか(きわめて良識的)、良秀の心情にそのものに思いを致すのか。質問者の文章を拝見して、作品より、絵師・良秀に力点があると思われたので、サドを持ち出したのです。
 私は前回の投稿で「ある事件」と書きましたが、常識ということを基準にすれば、まさしくおぞましい事件ではありました。ところが、仮にXさんとしましょう。そのXさんがおぞましい行為の途中に「射精」したと言われています。
 事件は作品、Xさんの心情はまた別。お名前は忘れましたが、質問者が「エロチック」といったのは、まさしくXさんそのものに言い及びたかったんだ、と私は理解しています。教条主義は、死すべし!

Q誉田哲也処女作内で姫川玲子は殺害された設定ですが

誉田哲也処女作の「ダークサイドエンジェル紅鈴 妖の華」を読みました。
姫川シリーズの監察医国奥定之助・井岡が登場しますが、第2章秘密(P99)に一課10係主任警部補姫川玲子が顔が真後ろに向くぐらい捻じ曲げられて殺されて迷宮入りになっているという設定で井岡はその解決のために変死体事件にかかわっていくようですが・・・。
「ブルーマーダー」は図書館予約中でまだ読んでいないのですが、時系列も理解できずどう受け取ったらよいのでしょうか。最新版の「妖の華」は内容が変更されているのでしょうか・・?

Aベストアンサー

はじめまして。

オリジナル版は読んでいませんが、文春文庫版は読みました。
構成は第一章から第七章、そして終章で、
各章にはサブタイトルはつけられていません。

文春文庫版の「妖しの華」には、「姫川玲子」は登場しません。
ただし、「須田刑事」という28歳の長身の女性が登場します。
また、彼女は井岡からセクハラ被害を受けていました。
彼女も「惨殺」されるわけ(第五章)ですが、
オリジナル版では「姫川玲子」だったかもしれませんね。
そして井岡が吸血鬼の事件に興味を持ったのは、
この女性刑事の死に因するものではありません。

ちなみに文春文庫版には、「ストロベリーナイト」の登場人物が、
もう一人、登場します。
それは、純子の兄、辰巳圭一です。
単行本「感染遊戯」の中の一話「推定有罪」で
勝俣がその行く末を語っていますが、
まさに「妖しの華」のシーンに一致します。
そして「妖しの華」「推定有罪」ともに、
辰巳圭一の行く末は「3年前」の出来事として語られています。
ん? ということは……
井岡は姫川と入れ替わりに、捜査一課に配属されたことになるようです。

Q歴史・時代小説で探しているものがあります。

宜しく御願い致します。

歴史・時代小説で探しているものがあります。

大分前(数年単位)の新聞読書欄で紹介されていたものです。

新聞は、朝日、読売、毎日のいずれかだったと思います。
(自宅外で読んだ新聞なので、記憶が定かではありません)


紹介文に書かれていた事で記憶に残っているのは、

・主人公(武家の長男)は、昼行燈というか朴念仁というか、兎に角周囲からは呆れられた存在
・嘲笑を受けても、主人公は意に介さない
・藩内が、跡目相続か御家騒動で紛糾する
・二つの勢力(○○派と△△派)があり、どちらに付くかで皆が右往左往している
・主人公の弟も、仲間内と話し合うが、果たしてどちらに付くべきか決めかねている
・弟は、「この様な時に、その様に落ち着いていられる兄上が、いっそ羨ましい」といった主旨の事を告げる
・しかし、いよいよ事態が切迫した時、主人公が取った行動は・・・(これは明かされていなかった)

上記の様な感じです。


御心当たりのある方は、著作名と著者名を是非とも御教え下さい。


宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

和田竜さんの『のぼうの城』ではないでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/のぼうの城

主人公はでくの坊からとったのぼう様と呼ばれ
お家は秀吉軍との戦か降伏かで揺れ
ひそかに降伏の決断がされていたのだが・・・

というお話です。

この秋、映画が公開予定でしたが、水攻めのシーンがあることから東日本大震災の被害者に配慮して公開が延期されました。

Q生徒会長の一存、二心、三振、日常について

先日「生徒会長の日常」という本を購入したのですが、出だしを読むと何かおかしいと思ったので質問させていただきます。よくわからないのですが、生徒会長のシリーズは一存、二心、三振、日常などがありますがどの順番で読めばいいのでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

葵せきなさんの「生徒会の一存」シリーズですかね?
Wikipediaで確認したところ、「一存」「二心」「三振」「日常」の順で刊行されていますので、その順番で読めばいいのではないでしょうか。

ちなみに「日常」は番外編のようなものらしいです。

Q東野圭吾さんを凌ぐ作家さん

小さい頃は推理小説が好きで江戸川乱歩(子供版)やシャーロックホームズなんか読んでました。それからしばらくは本から遠ざかってたんですが、通勤が長くなってなんか文庫読もうと思って、赤川次郎(前に読んだことがあって)宮部みゆき(面白いと言われたので)あと東野圭吾の3冊買って読んでみました。
そしたら東野圭吾が断トツに面白くて、しかも原作者を知らないで昔観た映画やドラマで面白かったのが、原作:東野圭吾と知って、どんどんハマっていき全部読んでしまいました、そして通勤で読む本が無くなってしまいました。
うまく伝わらないかもしれませんが、例えばマジックって死角になることろに種明かしがあるんだけど、マジシャンに誘導されて、そこばっかり見てるから騙されたりしますよね?東野さんの本は、そんな風に東野さんに誘導されて、自分の”読み”をイイ意味で騙されていました。
そんなスバラシイ作家さんは他に居ますか?ジャンルはミステリーや推理で、お勧めの作家さん教えて下さい。
ちなみに宮部さんは、サブリミナル効果の話だったんですが、あんまり好きな話ではなかったです。特命リサーチみたいな話はあまり好きではないみたいです・・・

小さい頃は推理小説が好きで江戸川乱歩(子供版)やシャーロックホームズなんか読んでました。それからしばらくは本から遠ざかってたんですが、通勤が長くなってなんか文庫読もうと思って、赤川次郎(前に読んだことがあって)宮部みゆき(面白いと言われたので)あと東野圭吾の3冊買って読んでみました。
そしたら東野圭吾が断トツに面白くて、しかも原作者を知らないで昔観た映画やドラマで面白かったのが、原作:東野圭吾と知って、どんどんハマっていき全部読んでしまいました、そして通勤で読む本が無くなっ...続きを読む

Aベストアンサー

以下あたりは参考になるでしょうか。
二誌共にノミネートされるようなら、面白さ、間違いないでしょう。
ちなみに、「告白」(湊かなえ 著)のオチには、たまげました。
http://www.geocities.jp/hiro0720summer/konomisu/konomisu.html#TOP1


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報