養老保険の満期のお知らせが来ました。

証書には月々48600円の10年で保険金額は5700000円と書いてあります。
まだ受け取っていないのですが、月々の金額×10年×12ヶ月だと5832000円となり元本割れしているという事でしょうか?

養老保険が良く分からないのですが、減った13万と10年分の利息で
10年分の保険金だったということになるのですかな?

この場合元本われしているから税金はかからないのでしょうか?
確定申告の必要は??

ちなみに私は普通の会社員で10年前は居ませんでしたが今は専業主婦の奥さんが居ます。
質問が多くなってしまいましたが分かる範囲で教えていただけますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

保険が満期になった場合の金額には、税金がかかる場合があります。

こちらのページ内にその状況別にまとめられていますので参考になるでしょう。

AllAboutマネー 養老保険の満期金と税金
https://allabout.co.jp/gm/gc/44436/

A 回答 (10件)

「契約者 = 満期保険金受取人」であることを前提にお答えします。



この場合の「所得」は「一時所得」になります。

総収入金額(満期保険金+配当金) - その収入を得るために支出した金額(払込保険料総額) - 特別控除額(年間最高50万円)=一時所得の金額 となり、一時所得の金額の1/2に相当する額 が課税対象 となります。

lasichi様の質問内容からは「配当金」の額はわかりません。
「満期のお知らせ」に「満期保険金+配当金」の金額が記載されていると思いますので、それをもとに計算していただければ大丈夫です。

計算例です。

満期保険金   = 5,700,000円
配当金      =   632,000円
満期時総受取額 = 6,332,000円
払込保険料総額 = 5,832,000円(48,600×120)

この場合、満期時総受取額 - 払込保険料総額 = 500,000円
となるため、今回の満期保険金受け取り以外に一時所得が平成21年中になければ、特別控除額(年間最高50万円)を引くと

一時所得 = 0(ゼロ)!
となるため、今回の満期保険金受取による確定申告は「不要」となります。

上記よりも配当金が多ければ確定申告が必要になります。


もし「契約者 = 満期保険金受取人」でない場合は贈与税がかかりますので、充分ご注意ください。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

書き忘れてすみません。「契約者 = 満期保険金受取人」です。

また証書を見てみたのですが配当金というのは特に記載されていません。
保険金額5700000円とは書かれていますが。。
まだ元本割れしているかどうかわからないということですかね?

気になるのは普通養老保険はあとふるプランと書かれていますが、普通の養老保険と違うのでしょうか?

お礼日時:2009/04/14 17:07

払込総額と満期金でプラス50万以上あれば、税金がかかるので確定申告をする必要があると思います。

今回の場合は元本割れということなので、特に必要ないと思われます。
    • good
    • 1

専門家紹介

専門家プロファイル_宮里恵

職業:ファイナンシャルプランナー

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

詳しくはこちら

専門家

養老保険として支払った保険料より、満期金などで受け取れる保険金が多い場合は税金がかかることがあります。

元本割れしている場合には税金はかかりませんので、確定申告をする必要はありません。確定申告が必要か気になる場合は、実際いくらの保険料を支払い、いくら受け取れるのか、再度保険会社に確認しておくといいですね。
    • good
    • 0

専門家紹介

専門家プロファイル_杉浦詔子

職業:ファイナンシャルプランナー

「働く人たちの夢をかたちにする」会社員とそのご家族等へのキャリアプラン(生活)とライフプラン(家計)の相談と講義、執筆を行っています。女性のキャリアと家族や恋愛等コミュニケーションに関する相談、FP等資格取得支援にも力を入れています。

詳しくはこちら

専門家

No.2 です。


補足します。

「生命保険契約等の一時金の支払調書」は、所得税法施行令第183条第2項に規定する一時金で1回に支払うべき金額が100万円以下である場合には、提出不要とされています(所得税法施行規則第86条第2項第2号)。

上記に基づき、満期時の一時所得の場合、1回の支払い金額が100万円を超える場合には保険会社は支払調書を税務署へ提出します(100万円以下の場合には提出しません)。
この書式は先程の回答に添付しました。「既払込保険料等」の欄があるのを確認いただけると思います。

但し、保険会社によっては、1回の支払い金額が100万円を超えていても払込保険料と同額以下の場合(プラスになっていない場合)は、支払調書を税務署へ提出しない場合があるようです。
http://www.orix.co.jp/ins/direct/toiawase/yo_zei …

なお、5年満期の一時払養老保険などは、差益分の20%が源泉徴収されることで課税関係が終了するため、金額にかかわらず確定申告は不要です。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

遅くなりましたが本日郵便局に行って来ました。
結論から言いますと、配当金は郵便局に行って支払い請求するまで分からないそうです。
なのでお知らせに書いてなかったみたいです。

で、肝心の配当金はなんと11600円!!!
はぁ?って思いましたが。。
結局支払い金額580万ちょっとに対して払い戻し金は571万って事で
完全に元本われです。。
なので確定申告も不要かなっていう事になりました。
それにしても配当金って少なすぎ。いまから10年前だと申し込んだ時期が悪かったんですかね。。

でも疑問は解決しましたので回答いただいた皆様本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/04/16 15:32

No.2 です。



保険会社は満期保険金を支払後、税務署に「支払調書」を提出します。
これには、満期時受取金額のほか必要経費(払い込み保険料)が記載されているはずです。

もし疑問があれば、直接、保険会社(今回は郵便局)に問い合わせてみてください。
「養老保険が満期になりました。確定申告する」の回答画像7
    • good
    • 7

NO5です。


一時所得は、総合課税です。読み直して気付きました。すいません。申告分離課税ではありません。
あとは回答の通りです

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1903.htm
    • good
    • 0

保険金の一時所得は、申告分離課税です。


給与所得者の場合、給与所得以外の収入が20万円以上ある場合には、確定申告する必要があります。
保険会社は、税務署に満期保険金を支払った通知を行います。
その時、必要経費(払い込み保険料等)の通知はしません。
当然、貴方さまに570万円の一時所得があったものとして、税金の計算を行います。
確定申告で申告さえすれば、回答者1さんの計算通りなので、きっと課税にはなりませんが、申告しなかった場合、不利益を被ります。
確定申告はしてください。
    • good
    • 3

No.2 です。


すみません。書き忘れました。

>普通養老保険はあとふるプランと書かれていますが、普通の養老保険と違うのでしょうか?

生命保険会社は自社の生命保険に独自の「愛称」をつけて販売しています。
lasichi様の加入された養老保険の「愛称」が「はあとふるプラン」だった、ということです。特に意味があるわけではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度も回答を頂きありがとうございます。

再度見てみましたが、郵便局から送られてきた通知には配当金の記述は見当たりませんでした。
満期を迎えたのではんこと保険証などをもって郵便局に来て下さいと書いてあるだけです。。
もちろん無配当ともかいてありません。
満期は今年の4月1日ですので契約したのはちょうど10年前になります。

とりあえず5700000円以外にもらえる可能性もあるのですね。
明日早速郵便局に行って来ようと思います。

お礼日時:2009/04/14 20:02

No.2 です。



保険証券に記載されている「満期保険金額」は保険会社の運用成績に関係なく必ず支払う、と約束している金額です。

配当金は、契約後、保険会社の運用成績次第で多額になることもあれば少額とか0(ゼロ)になってしまうこともあります。
これはあらかじめ約束している金額ではありませんから、保険証券には記載されません。

そのため
>「満期のお知らせ」に「満期保険金+配当金」の金額が記載されていると思いますので、それをもとに計算していただければ大丈夫です。

と回答した次第です。満期時の近くにならないと配当金額が確定しないのです。

但し、最近は契約当初から「無配当」として契約する保険も多くなっていますので、この場合には保険証券上にも「無配当」の文字が入っていると思いますし、「満期のお知らせ」上の支払金額合計 = 満期保険金額 となっているはずです。

もし「無配当」でしたら完全に元本割れですので、確定申告は「不要」となります。
    • good
    • 1

参考になりますでしょうか。

。。。
http://okwave.jp/qa4577704.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今回自分のケースは元本割れしているのかなと思っておりますので
税金は発生しない可能性が高いですね。

お礼日時:2009/04/14 17:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q養老保険満期の確定申告について

お世話になります。

先日養老保険が満期になり、調べてみたところ確定申告を行わなければならないようなのですがいままで確定申告を行ったことがなくどのように行えばよいかわかっていないので皆様のお知恵をお借りしたいと思っています。

まず
・いつまでに
・どこに
・何を持って
行けばよいのでしょうか?

補足
私は普通のサラリーマンです。サラリーマンとしての給与以外に所得はありません。
満期になった保険以外に生命保険にも別途加入しています。
扶養はありません。

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

素人の爺です。

養老保険の満期・・・お金の組み合わせ。

支払われるお金・・・満期金+配当金でしたら。
利益は「一時所得」になります。
「満期金+配当金」-「支払った保険料」=利益

「利益-50万」の2分の一(50%)が一時所得・・・収入とみなされ給与所得と一緒に課税対象になります。
満期受け取り時には課税されません。

申告は自己申告になります。(確定申告・・・12月までの受け取りは翌年の2月~?確定申告が近くの税務署始まります。「保険金満期支払い通知書」「会社から頂く、平成24年度源泉徴収表」「印鑑」「取引銀行の口座番号」が必要です。
他の確定申告と合算し、マイナスの場合徴収となります。
また「他の一時所得と合算」もできます。(終身保険、年金保険を解約して-になった場合)

申告はあくまで自己申告ですが保険会社から支払い通知は税務署に通知されます。
以前は多少のオバーでしたら税務署は「お咎めなし」でした。
今はチョットわかりません。

なお配当金がある場合(節税対策なら)満期前(前年度までに)に配当金を20万未満ずつ引き出します。
配当金のみの引き出しは「雑所得」になりますので20万までは他の雑所得がなければ非課税となります。
(生命保険の控除にはこの場合、該当の保険は配当があり金額によって控除できないので、他に生命保険に加入していたらその保険で申請します)

また養老保険の保険会社に「満期保険金据え置き制度」があり、当面お金を使うあてがない場合はその制度を利用します。一番有利な保険会社で「0.4%」です。ご自分の保険会社に確認してください。
利益金は雑所得なので年20万まで非課税です。いつでも好きなだけ引き出せますので「銀行の定期預金」にするより便利です。

素人の爺です。

養老保険の満期・・・お金の組み合わせ。

支払われるお金・・・満期金+配当金でしたら。
利益は「一時所得」になります。
「満期金+配当金」-「支払った保険料」=利益

「利益-50万」の2分の一(50%)が一時所得・・・収入とみなされ給与所得と一緒に課税対象になります。
満期受け取り時には課税されません。

申告は自己申告になります。(確定申告・・・12月までの受け取りは翌年の2月~?確定申告が近くの税務署始まります。「保険金満期支払い通知書」「会社から頂く、平成24...続きを読む

Q専業主婦です。簡保の満期金の確定申告は必要でしょうか?

こんにちは。専業主婦なのですが、私名義の簡保の満期保険金額150万円が去年支払われたのですが、確定申告が必要なのでしょうか?未払利益配当金等が8,296円で差引支払保険金額等が1,508,296円、既払保険料等が1,352,583円でした。教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生命保険の満期保険金については「一時所得」となりますが、次のように計算されます。

受け取った保険金の総額から既に払い込んだ保険料を差し引き、更に一時所得の特別控除50万円を差し引いた金額です。課税の対象になるのは、この金額を更に1/2にした金額です。

ご質問の場合は、一時所得が発生しませんから申告の必要が有りません。

なお、所得が38万円以下ですから、夫の配偶者控除の対象にもなります。
又、配偶者特別控除は33万円になります。

Qかんぽの満期の確定申告について教えて下さい。

個人事業主です。

昨年、養老保険が満期になりました。
差引支払保険金額が1,100,000円。
既払込保険料等が1,550,000円です。

払った額の方が多いので、確定申告は必要ないと思われますが、
確定申告書Bの第2表の「一時所得に関する事項」の欄に記入が必要でしょうか?
「支払金額等のお知らせ」のハガキも添付の必要がありますか?

どなたか教えて下さると助かります。

Aベストアンサー

保険金の満期は契約者、受取人で税金の種類が違います。(所得税の一時所得又は雑所得、贈与税)

満期の場合、受取金額が50万を超える場合、税務署に通知が行くので、(<払った額の方が多いので、確定申告は必要ないと思われ>にかかわらず)受取額及び必要経費を申告するのでは?(支払金額等のお知らせ)


>「支払金額等のお知らせ」のハガキも添付の必要がありますか?

その文面に添付とかの記載は?
確定申告で金額記入の際に必要ですし、差引支払保険金額や既払込保険料等に間違いがないかをその「お知らせ」で(税務署側でも)確認しやすい(受取金額が50万を超える場合、税務署に通知が行っていますが添付した方が簡単)

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755.htm

Q養老保険の満期金と配当について

H2年に掛け始めた全期間払込15年満期10倍型特別養老保険が来年早々に満期となります。単純に毎月の掛け金×15年すると満期金が払い込んだ額より少ないことに気がつきました。貯蓄代わりのお得な保険ということで掛けていたのにがっかりしています。郵便局に問い合わせても配当金については電話ではお答え出来ませんと言われてしまいました。大体でも良いので配当金はどのようにして計算すればよいのか教えてください。

Aベストアンサー

配当金については個々の契約ごとに違います。個人情報なので電話では教えてもらえませんが、郵便局の窓口または外務員を自宅に呼べば教えてもらえますよ。

QJA養老生命共済の解約か満期返戻金か

JA養老生命共済の解約か満期返戻金か
 昭和58年に契約した上記生命保険(30年満期、満期共済金額100万円、死亡共済1500万円、災害給付特約500万円、災害死亡割増特約1500万円、入院費用保障特約5000円)は掛金15万1300円で、掛金は割戻金相殺で初めの頃は半額位、最近は割戻金が余り無く入金は12~13万円くらいです。かつて盛んに解約して新共済に転換を勧められましたが、利率がいいから解約すべきではないと同級生のJA職員からの助言で払い続けています。
 昨年四月の積立金127万1000円、今年四月のそれは123万9000円でした。積立金が解約返礼金と思い、今後減額されるなら解約しようと思ったのですが、今年も28回目を入金しました。
 後2回振り込めば満期なのですが、このまま満期まで入金するほうが得なのか、解約したほうがよいのか教えてください。また、満期となったらどれ位の満期返戻金があるのかもお教えください。

Aベストアンサー

元JA職員です。
満期共済金100万円、死亡共済金1500万円というのは、いわゆる「15型」と呼ばれるもので、死亡共済金が満期共済金の15倍になるタイプです。
はっきり憶えていませんが、他に、1型、2型、3型、5型、10型があったと記憶しています。
型の数字が小さいほど補償は少ないですが、利率が良くなります。

15型は最も利率の悪いタイプです。というか、支払った掛け金の何分の一かしか戻ってきません。
もともと死亡保障に重点を置いたタイプですので・・・。
裏話になってしまいますが、ノルマを達成するためには、この15型をいかにたくさん売るかにかかっていました。(ノルマは補償額で課せられます。)

>利率がいいから解約すべきではないと同級生のJA職員からの助言で払い続けています。
利率がいいのは3型までで、5型以上は満期共済金よりも掛け金のほうが多くなります。

>昨年四月の積立金127万1000円、今年四月のそれは123万9000円でした。
これは本当なのでしょうか?
もし、正確な解約返戻金を知りたいのでしたら、JAに電話して「今解約したらいくら返ってきますか?」と聞いてください。機械ですぐに出ます。
聞きにくければ、「共済でいくらまで借りられますか?(共済担保貸付)」と聞いても、大体の数字は把握できます。
共済で借りられる上限は、解約返戻金の90%までだったと思いますので、逆算すれば解約返戻金が出ます。

元JA職員です。
満期共済金100万円、死亡共済金1500万円というのは、いわゆる「15型」と呼ばれるもので、死亡共済金が満期共済金の15倍になるタイプです。
はっきり憶えていませんが、他に、1型、2型、3型、5型、10型があったと記憶しています。
型の数字が小さいほど補償は少ないですが、利率が良くなります。

15型は最も利率の悪いタイプです。というか、支払った掛け金の何分の一かしか戻ってきません。
もともと死亡保障に重点を置いたタイプですので・・・。
裏話になってしまいますが、ノルマを達成するた...続きを読む

Q実質親が支払っていた養老保険の満期

よろしくお願いします。

似た質問はあったのですが、ちょっと異なるところがあるので質問させていただきます。

親が契約者、受取人ともに私名義でゆうちょの養老保険をかけていました。ずいぶん前でしたので親も忘れていたそうですが、このたび満期となり、500万くらいが支払われます。

多分、当初は私に財産を残す意味でかけていたようですが、親が入院したり引っ越したりして現金が必要になったというので、そっくり返そうと思います(あぶく銭ですから)。

実質的に親が払っていて私が受け取ると贈与税がかかるようですが、上記の場合は、親が私に贈与したことに対し贈与税が、私が親に贈与したことに対し贈与税がかかることになるのでしょうか。

贈与税は高いといいます、対策しておきたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
先の回答での焦点は「保険料の負担者」を誰だとみなすか?ですね。

「保険料の負担者」=「契約者」・・・ 掛け金の支払い責任者は「契約者」ですから 掛け金の贈与を受けて、保険金を支払ったという主張な訳です。 というわけで、契約者がguinetさんであれば、毎年掛け金分の贈与を受けていたと考えて、先の回答になってくるわけです。

これが、契約者が親御さんで被保険者・受取人がguinetさんであれば、残念ながら書類上は 完全に贈与ですね。

真実は、「名義貸し」なので、税務署に「名義貸し」の事実を了解して頂くのが、一番「正しい」解決方法です。
その意味では#1さんのおっしゃるとおりなのですが、どうやって「名義貸し」を納得して頂くか?なのですよね。
税務相談室に電話をかけて、契約書の時の筆跡等で、guinetさんが関わっていなかった事が証明できれば良いのか?等を電話で問い合わせ、名義貸しと認めて頂けそうであれば、担当者のお名前を控えておくとスムーズです。 来年の確定申告時に、親御さんが一時所得として申告をすることになり、その時に「名義貸し」の説明が必要になるわけですので、その時に、○○さんにご指導を受けたと伝えるとスムーズになるわけです。

なお、保険会社に(実際の負担については何も言わないで)今回の満期金に関しての税金関係の申告はどのようにしたら良いですか?と尋ねてみるのも一つの方法です。
契約者・(被保険者~今は関係ないですが)・満期受取人 の 関係を整理して返答を下さると思います。 

(満期金についての支払いの書類が保険会社から税務署に必ず送られ、その内容にに応じた納税がなされているかどうか?というチェックが税務署でなされます。 ただし、名義貸しに関しては保険会社は関与しません。)

#2です。
先の回答での焦点は「保険料の負担者」を誰だとみなすか?ですね。

「保険料の負担者」=「契約者」・・・ 掛け金の支払い責任者は「契約者」ですから 掛け金の贈与を受けて、保険金を支払ったという主張な訳です。 というわけで、契約者がguinetさんであれば、毎年掛け金分の贈与を受けていたと考えて、先の回答になってくるわけです。

これが、契約者が親御さんで被保険者・受取人がguinetさんであれば、残念ながら書類上は 完全に贈与ですね。

真実は、「名義貸し」なので、税務署に...続きを読む

Q簡保の特別養老保険が満期になった場合の確定申告

いつもお世話になっております。
2012年11月に簡保の特別養老保険(保険期間20年)が満期になり、
満期保険金約126万円を受け取りました。
かんぽ生命からの通知によると、払込保険料総額は約158万です。

保険の内容は、
主契約=特別養老保険(5倍型)
特約=第一種疾病障害特約
それぞれの月額保険料はうろ覚えです。
合計月額保険料は6660円です。

確定申告では、満期保険金は一時所得になるので、計算式は
一時所得の金額=総収入金額ーその収入を得るために支出した金額―特別控除50万
になると知ったのですが、そこで質問です。

「その収入を得るために支出した金額」は、「主契約」のみの払込保険料総額になるのでしょうか?
それとも
「主契約」と「特約」を合計した払込保険料総額になるのでしょうか?
もし「主契約」の払込保険料総額で計算すべきなら、
かんぽに問い合わせないとわかりません・・・。

また、2012年1月~9月までの保険料払込証明書を受け取っていますが、
これは満期保険金を受け取っていても生命保険料控除として申告してよいのでしょうか?

なお、当方は専業主婦です。
情報に不備がありましたら補足します。
よろしくお願いします。

いつもお世話になっております。
2012年11月に簡保の特別養老保険(保険期間20年)が満期になり、
満期保険金約126万円を受け取りました。
かんぽ生命からの通知によると、払込保険料総額は約158万です。

保険の内容は、
主契約=特別養老保険(5倍型)
特約=第一種疾病障害特約
それぞれの月額保険料はうろ覚えです。
合計月額保険料は6660円です。

確定申告では、満期保険金は一時所得になるので、計算式は
一時所得の金額=総収入金額ーその収入を得るために支出した金額―特別控除50万...続きを読む

Aベストアンサー

追加
>2012年の10月まではパートで働いていました

仮に月8万としても(1~10月)80万(103万未満)の給与所得者ですから、給与以外に20万を超える一時所得があれば、市県民税があがるとしても確定申告要と思います。
ちなみに、給与所得+定期年金23万(必要経費18万、実質所得たった5万)でも確定申告したことがあります。(市県民税が上がりましたね)
なお、手元にある家族の「年金額等のお知らせ」(かんぽ)には「支払い金額」「必要経費」と記載されていますが・・・

>生命保険料控除として申告してよいのでしょうか

2012年の10月までのパートの給与では、給与の基礎控除後、税金が0で、社会保険控除+生命保険料控除などする必要がないのでは?(それとも10%程度所得税が引かれていましたか?)

Q簡保の満期保険金いつもらえますか

8月7日で満期になる簡易保険があります。この保険金、翌日の8月8日に郵便局にいけばすぐにもらえるものですか。ちょっと、これをアテにしているものですから。できれば郵政公社の方教えてください。

Aベストアンサー

満期の翌日にはもらえるはずですが
8月8日は日曜日なので9日になります。
証券、証券、本人確認資料を持っていけばいいでしょう。

以前はその前に郵便局の外務の人が
自宅に来て満期日の翌日には口座に振り込む
手続をしてくださいました。

直接問い合わせをされるほうがいいと思います。
高額の満期金だと郵便局にも都合があるでしょうから。

Q一時所得(保険の満期)の確定申告の添付書類

一時払1000万円の養老保険が、10年後に1100万円になって受け取った場合(他に保険満期無し、確定申告するものも他に無い前提)、
一時所得の確定申告が必要ですが、保険会社発行の支払明細書などの添付は必須じゃないですよね?

Aベストアンサー

>保険会社発行の支払明細書などの添付は必須じゃないですよね…

はい、確定申告に添付が義務づけられているのは給与の源泉徴収票や医療費控除の領収証などごく限られたものだけで、満期保険金の申告には何も必要ありません。

とはいえ、申告内容に疑義が見つかったりすると、あとになって見せろといわれる可能性を否定できませんので、きちんと保管しておくことは必要です。

Q一時所得金の税金はいくら?

この7月より就職しました。
8月に、400万円の一時所得が入りますが、いつ、どのように税金の申告をしたらいいのでしょうか?
また、支払う税金はいくらくらいになるのでしょうか?
ちなみに、月額給与は、月税込み30万程度となります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

◇一時所得の課税標準
・所得税法の「一時所得」に当たるのでしたら,「課税標準」は,

 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

となります。

・不謹慎な例かもしれませんが,分かりやすい例で,競馬で万馬券が当たったとしますと…

 馬券代 100円
 払戻金 100万円 の場合

 100万円-100円-50万円=49万9,900円
について所得税が課税されます。

◇総合課税
・給与所得と一時所得(源泉分離課税されるものは除きます。)は総合課税されますから,合算して確定申告することになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm

◇サラリーマンで確定申告が必要な方
・サラリーマンで,主たる給与所得以外に20万円以上の収入がある場合は,確定申告が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

◇所得税
・所得税は「課税標準」に応じて税率が違います。その方にどのような控除があるかによって,「課税標準」が変わりますので,それが分からないと正確な税率がわかりません。
 一応税率は,下記のサイトのとおりです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

-----------------
 以上から,ご質問についてですが,

>8月に、400万円の一時所得が入りますが、いつ、どのように税金の申告をしたらいいのでしょうか?

・来年の確定申告時期に,確定申告をしてください。
 なお,源泉分離課税される一時所得でしたら,すでに納税していますので申告の必要はないです。

>また、支払う税金はいくらくらいになるのでしょうか?
ちなみに、月額給与は、月税込み30万程度となります。

・賞与の有無が分かりませんので,以下,それは省略して年収で360万円としてシュミレーションして見ます。

-----------------------
 給与所得については,
 360万円-給与所得控除65万円-基礎控除38万円-その他控除(?)=課税標準…(a)

 一時所得については,
 400万円-収入を得るために支出した金額-50万円=課税標準…(b)

 合計して,
 [(a)+(b)-控除額]×税率=所得税

となります。
 税率は「20%」ぐらいでしょうか,多分…
--------------------------

 こんにちは。

◇一時所得の課税標準
・所得税法の「一時所得」に当たるのでしたら,「課税標準」は,

 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

となります。

・不謹慎な例かもしれませんが,分かりやすい例で,競馬で万馬券が当たったとしますと…

 馬券代 100円
 払戻金 100万円 の場合

 100万円-100円-50万円=49万9,900円
について所得税が課税されます。

◇総合課税
・給与所得と一時所得(源泉分離課税されるものは除きます。)は総...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報