ギ酸はフェーリング反応をしない理由を教えてください。

A 回答 (4件)

また、ホルムアルデヒドを酸化させると蟻酸、


さらに蟻酸を酸化させると二酸化炭素と水が発生するはずです。
    • good
    • 1

蟻酸は、銀鏡反応は示しますが、フェーリング反応は


示しません。

それは、塩基性溶液中では蟻酸は蟻酸イオンとして
存在します。しかし、それまで酒石酸イオンとのキレート錯体
を形成していた銅((2))イオンが、蟻酸イオンとより
安定なキレート錯体を形成したことにより、
反応しにくくなったことが主な原因のようです。
    • good
    • 1

少し回答に誤りがあったので補足しておきます。

あわせて
蟻酸はフェーリング反応をします。
フェーリング反応のことは以下のページを参考にしてください。
まあそのページを見ればよくわかるとは思いますが…
HCOOHは分子構造内にアルデヒド基を持つから還元性を持ちます。還元性を持つということは、酸化されやすい(これはアルデヒド基に共通の性質)のですが、HCOOHが酸化された構造はHO-CO-OHになるのかどうかは良くわかりません。
以上ですが参考になりましたでしょうか?

参考URL:http://www.topworld.ne.jp/tw/famille/etude/chemi …
    • good
    • 0

蟻酸はHCOOHという構造のため、還元された構造のHCOH(ホルムアルデヒド)になってもすぐまた蟻酸の状態に戻ってしまうのではなかったでしたっけ?


エネルギー的に蟻酸のほうが安定だから、反応が進まない。基本的にアルデヒドは酸化されやすい(酸化した状態が安定)ものです。
 フェーリング反応はフェーリング液を酸化する酸化還元反応から成り立っていたと思います。まあ、詳しいことは専門家の回答を待ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。うわさで錯体を作るようなことを耳にしました。ほんとうでしょうか?

お礼日時:2001/03/07 16:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qn-ヘキサンのnって何を意味してる?

題名のまんまです。
n-ヘキサンのnって何を意味してるんですか?
ヘキサンだけでもいいような気がしたですけど・・・教えてください。
ちなみにLewis構造式は分かってます。

Aベストアンサー

英語で書くと normal
日本語での読みは、ノルマル
このての化合物に接頭辞として使った場合の意味は、
「直鎖状の」

「ヘキサン」だけだと、直鎖状以外のヘキサンと区別がつかないので、場合によっては不十分です。

参考URLは、WWW上の英英辞典のnormalのページ。

参考URL:http://www.m-w.com/cgi-bin/dictionary?book=Dictionary&va=normal&x=14&y=14

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Qフェーリング液の実験

アセトアルデヒドにフェーリング液を加えて加熱し、
CH3CHO+Cu+NaOH+H2O→CH3COONa+Cu2O↓+4H
となるような実験を行った。

結果、赤色沈殿(Cu2Oだと考えられる)が生じ、濁った緑色溶液となった。この緑色は何が生成して呈するものなのでしょうか。

回答よろしくお願いします。このテーマに関連する本などを教えていただけるだけでも助かります。

Aベストアンサー

わたくしにも経験があります。

青い溶液の中に赤い沈殿が生じた場合と明らかに異なる色です。「不透明」な緑色~黄色です。どちらかというと試験管の底に黄色がたまるという感じです。Cu2Oの赤い沈殿が出たとき、溶液の青は銅イオンが減少した分薄い目の「透明感」のあるものになっています。
記憶が怪しいですがホルマリンでやったは赤い沈殿、ブドウ糖の場合は黄色だったと思います。

加熱時間、溶液の量によって変化した様にも思います。元々フェーリング液は酒石酸塩を使っています。AB液を混ぜたときには錯体を生じて深青色になっているのですから錯体の可能性は何時もあります。反応によって生じたもの、未反応のもの、部分的に反応したもの等いろんなものとの錯体が考えられます。

不透明ですから不溶性の錯体を作っていると考えられますが正体はよくわかりません。どなたか詳しい方お願いします。

Qアセチレンの燃焼・・・

こんばんは。学校のレポートでどうしても不可解な部分があるのでヒントを教えてください。
アセチレンを燃焼させる実験をしました。
アセチレンと空気は理論上2:25で過不足なく反応します。
アセチレンと空気の比が
2:25
1:3.4
1:1.7
すべてアセチレン

の4本の試験管を用意し、それぞれ燃焼させたところ、上二つはすすが一切出なかったのに対して
した二つはすすが発生し、1:1.7のほうがより多くのすすが発生しました。
すすが出たり理由はアセチレンが空気に対して多かったので不完全燃焼が起きたからだと考えましたが、
なぜアセチレンの量が少ない1:1.7のほうがたくさんすすがでたのかいくら考えても分かりません。
また、不完全燃焼したほうは炎が長い間残っていましたがこれは少しずつしか入ってこない外の空気と反応しているからでしょうか?
ヒントでもいいのでどなたか教えてください。

Aベストアンサー

#1です。少し補足です。

自身は現場作業者のため、実務を主体にコメントします。

ガス溶接業務の場合、
・アセチレンボンベからの出力圧力 0.3kg/平方cm
・酸素ボンベの出力圧力 3kg/平方cm

のため、アセチレン:酸素=1:10と回答しましたが、それぞれに弁の開閉を調整しながら火炎を調整する点、空気中にも酸素があるため、これに空気中の酸素が加わっての燃焼になるので、厳密には1:10ではないと思います。(訂正します)

アセチレンの取扱として、
1)液化アセチレンは不安定で爆発しやすい性質であるので、溶解アセチレンとして保管すること。
2)酸素がなくても分解爆発する恐れのあること。
3)無臭であるが、ガス漏れに気付きやすいように腐臭剤を入れてあること。
等があります。

実務主体で化学的な面は載っていませんが、職業能力開発センター等の指定期間で活用されている「ガス溶接技能講習」のテキストもリンクを貼っておきます。

参考URL:http://kanpo.net/item/4288.html

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング