これからの季節に親子でハイキング! >>

こんにちわ。僕は今高校二年生ですが、大学へ行ったら法律の勉強をして将来は弁護士になりたいと考えています。弁護士と言えば僕の中では裁判などで活躍するイメージが強いのですが、裁判のほかに弁護士にはどのような仕事があるのか知りたいので、弁護士の種類(顧問弁護士、渉外弁護士など)とその仕事内容をできるだけ詳しく教えていただけませんか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

弁護士は、


1.実際に「事件」が起こって対処する場合:(1)調停(裁判になる前)や裁判で、相手方と争う(2)警察で、被疑者(捕まった人)と会って、話をする(3)サラ金の被害者から依頼を受けて、サラ金会社へ手紙を送ったり、担当者と話し合う、自己破産の免責の申請書を作成・提出、など。
2.トラブル防止:(1)契約書を事前にチェックして、トラブルにならないようにする(2)その他、会社が何か事業を始めるときに、法的な問題がないか、アドバイスする。
2が顧問弁護士的な仕事です。月何十万円かもらって、相談を受けたりします。
種類は、良く知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~…。1の方はなんとなく知っていましたが、2の方は知りませんでした。まとめるとトラブル防止・発生後の対処みたいな感じなんですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/08 18:06

#1です。


「種類」というのが何をさすか、ということがありますが、
資格としては、区別はありません。
(学校の教員免許で、高校の「理科」教員免許はありますが、生物を教えるか地学を教えるか、という区別はありません。そのレベルだとおもいます。)
司法試験に区別はないので、合格してから弁護士になるか、裁判官になるか、検事になるか、本人次第です。(ただ、弁護士は自分で開業できるけれど、検事や裁判官は採用されないとなれない)

顧問弁護士の場合、団体から「顧問料」を定額受け取っているので、日常の相談などはその範囲でやってくれますが、
実際に裁判が起こった場合は、所定の裁判費用をしはらいます。

他人の住民票を閲覧するのに、弁護士だと本人の同意なしに手続きできます。

推理小説作家といえば、
「赤かぶ検事」で有名な、
和久峻三さんがいますね。彼も弁護士作家です。
(設定では、オヤジさんが検事、娘が弁護士、息子が判事。3人が同じ法廷で顔合わせというのは、私の読んだ限りではないのですが、ひょっとしてあるのかも)

#1で書きましたが、資産家の遺産などで、あとあとトラブルをおこさないために、弁護士立会いで遺言書を作成して、執行について管理してもらう、なんてこともあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~。弁護士の仕事っていろいろあるんですねぇ…。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/08 18:00

推理小説家の中島博行さんの作品をいくつか読んでみるというのはどうでしょうか?


この人は確か現役の弁護士さんだったと思います。
司法戦争という作品では自動車PL巨額訴訟などがテーマになっているので、渉外弁護士などが暗躍する内容だと思います。
ちょっとふざけたアドバイスみたいに思われるかもしれませんが、結構まじめに回答しました。
私は推理小説ばっかり読んでいるうちに、かなり法律に興味を持ちましたので、その逆も有りだと思っています。

おまけに、服部真澄さんの「鷲の驕り」というのも特許をめぐる日米の企業間の争いを扱った内容で、結構おもしろかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へぇ~…弁護士資格を持っておいて違う職業につくなんてのもありなんですね…なんかもったいないような気もしますが…(笑)。
御紹介いただいた本、機会を見つけて読んでみようと思います。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/08 18:02

裁判にも民事と刑事があります。

TVでかっこいいのは刑事ですね。
いちばんのしごとは「裁判にしないですむための仕事」といえるかもしれません。
何かおこって裁判沙汰になるより、裁判沙汰になるような、法に触れるようなことをさせないこと。
(消防署のしごとも「消火作業」より「火事をださないこと」のしごとが大きい。

さいきん、けっこう家庭問題があるそうです。
離婚や遺産などで家族内トラブルが増えている反映ですね。
市町村などで法律相談をしていますが、弁護士会から派遣で弁護士さんが来られます。

法律自体の問題に弁護士会からアピールすることも多いようです。
さいきんであれば、有事法制だとか通信傍受法など。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性弁護士と結婚・恋愛(長文で失礼します)

タイトル通りの質問です。彼女達はどんな男性を好み、どんな恋愛をして、結婚するのでしょうか?やはり、自分よりステータス・学歴が上の男性以外受け付けないのでしょうか?
 私は以前から「賢い女性」に憧れており、結婚もその様な女性とするするのが理想です(苦笑)。その中でもハイステータス・高学歴の象徴といえばやはり弁護士だと思い、女性弁護士に最も興味があります。その様な経緯で、今回の質問に至りました。また、自分のように、弁護士になれるほど優秀でもなく、ステータスも無い男が、女性弁護士(ハイステータス・高学歴の女性)の心を射止めるコツがあれば、それも是非教えて頂きたいです。
 また、男性弁護士についても、お聞きしたいです。当然彼らもモテモテで、バッジをつけているだけで女性が寄ってきそうなイメージがありますが、弁護士は忙しく(知人の父親が弁護士で午前3時帰りとか)、あまり女性と知り合ったり、恋愛したりする機会に恵まれない気がします。彼らはどのようにして、どんな職種の女性と知り合い、結婚するのでしょうか?彼らの恋愛・結婚事情について教えて下さい。
 以上、愚問だということは百も承知ですが、弁護士の方・関係者の方、宜しくお願いいたしますm(_)m。

タイトル通りの質問です。彼女達はどんな男性を好み、どんな恋愛をして、結婚するのでしょうか?やはり、自分よりステータス・学歴が上の男性以外受け付けないのでしょうか?
 私は以前から「賢い女性」に憧れており、結婚もその様な女性とするするのが理想です(苦笑)。その中でもハイステータス・高学歴の象徴といえばやはり弁護士だと思い、女性弁護士に最も興味があります。その様な経緯で、今回の質問に至りました。また、自分のように、弁護士になれるほど優秀でもなく、ステータスも無い男が、女性弁護...続きを読む

Aベストアンサー

へ~。質問者さんはその人の人間性じゃなく職業で彼女を決めるんか~。
世の中にはいろんな人がいるもんだね。
弁護士や医者じゃなきゃイヤっていう女と変わらん感じがするけど。

弁護士って仕事を始めたら忙しくて彼女や彼氏を作ってるヒマないよ。
たいていは大学時代の恋人か、あとは自分の事務所の事務員さんとか…かな。
若い弁護士は資格を取ってすぐに自分の事務所を持つことって少ないから、まずは他の弁護士の事務所で働くんだけど、その雇い主の弁護士の子供とかね。

>弁護士になれるほど優秀でもなく、ステータスも無い男が、女性弁護士(ハイステータス・高学歴の女性)の心を射止めるコツ

ありまへん。はっきり言うけど。
質問者さんが、学は無いけど人が聞いて惚れるような特技がある!…とかいうのなら可能性ありかな。
例えば、スポーツか何かが出来てそれがプロ級の腕前だ、もしくはプロである…とか、
自分で事業を起こして、それが成功してる…とか、
芸能人ですごく人気がある…とか。
とにかく、凡人ではダメなのよ。

女ってね、尊敬出来る男がいいんよね。
高学歴に限らず…よ。
質問者さんは何か自信を持って人に言えることってある?
あるんだったらいいんじゃない? 望みを持っても。

くりかえし言うけど、弁護士の卵も弁護士も忙しくてデートしてるヒマないよ。
一緒に学校へ行って勉強する立場だったら会話も弾むしいいだろうけど。(もち、勉強上の会話ね。雑談なんてしないよ)
私の友人が弁護士と結婚したけど、旦那さんは朝早くから夜遅くまで仕事で、
夜11時頃帰ってきてからは次の日の下調べで、資料に目を通したり新聞読んだりで、会話が持てないって悲しんでたね。
まぁ、彼女の旦那さんは特別に仕事が多くて大変な人なんだけど。

夢を持つのは自由だし、結構なことじゃないですか。
がんばってアタックしてみてね。

へ~。質問者さんはその人の人間性じゃなく職業で彼女を決めるんか~。
世の中にはいろんな人がいるもんだね。
弁護士や医者じゃなきゃイヤっていう女と変わらん感じがするけど。

弁護士って仕事を始めたら忙しくて彼女や彼氏を作ってるヒマないよ。
たいていは大学時代の恋人か、あとは自分の事務所の事務員さんとか…かな。
若い弁護士は資格を取ってすぐに自分の事務所を持つことって少ないから、まずは他の弁護士の事務所で働くんだけど、その雇い主の弁護士の子供とかね。

>弁護士になれるほど優秀...続きを読む

Qなぜ裁判官や検察官になることを避け、弁護士になる傾向があるのでしょうか?

公務員としては最高の待遇なはずですが・・・。

理由をお教えください。

Aベストアンサー

 既に回答にあるとおり,裁判官や検察官になるには,上位の成績でなければなりません。裁判官も検察官も公務員ですから定員があります。定員を超えて採用することができませんので,自ずと成績上位の者から採用されることになります。司法修習生のうち1割程度しか,裁判官又は検察官になれません。9割の者は弁護士にならざるを得ないのです。
 無論,成績上位の者でも弁護士を志望する方もいらっしゃいます。
 民事法を専攻した人が検察官を志望することは少ないので,裁判官志望よりも若干成績が悪くても採用されることがありますが,裁判官志望者はかなり上位成績でなければ採用されません。
 無論,成績上位の者でも弁護士を志望する方もいらっしゃいます。
 他の方の回答にあるとおり,裁判官も検察官も全国あちこちに転勤しなければならないので,これを嫌って弁護士を志望される方も居ます。


人気Q&Aランキング