今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

最近木の枝の皮をきれいに剥いたオブジェをよくみかけます。皮は簡単にむけるのですか?何かの液に浸けてツルンと剥けるとか?
それともコツコツと気長に手で剥くのですか?
教えてください。

A 回答 (1件)

生木の時は比較的簡単に綺麗に剥けます。


特に水分がこれからの時期は剥がれやすくなります。
一旦乾いてしまうと、木と皮の間の水分が無くなり剥がれなくなりますので、水に長時間つけておくと少しは剥がしやすくなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速やってみます。

お礼日時:2009/04/15 07:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q杉・桧の枝の皮むきの方法

来訪者の手土産用に箸置きを作りたいと思いつき、桧・杉の小枝で作成にかかったところ、皮がうまく剥けません。鑿で少しづつ削ってはみましたがマダラになったりで、最後サンディングしましたが納得がいきません。丸太など皮をうまく剥いだとき薄茶色のしつとりすべすべした木肌を求めるところです。
簡単に剥がせる方法はないでしょうか?
素材は桧・杉の枝で直径1.5cm程度です。伐採して山に半年ほど放置したものです。

Aベストアンサー

神社等の補修で使う桧や杉は、切り倒す前に皮をはぐのですよね。
湿度がないと剥けないので、遅くとも切り倒してから2~3日以内に皮を剥かなければならず、
その後は機械を使わねばならないので、昔と同じ製法で再建する事ができなくなるからだそうです。
だから冬の乾燥時も再建はできない為、神社や寺の再建には時間がかかるのだとか。

杉だか桧だか素材は忘れましたが、子供とマイ箸を作る区民教室に参加した時、
濡らしたガーゼにくるまれた木から皮をはぎ、干す、、までが1日目、
1週間後くらいに、干した木を小刀で削ってヤスリをかける、、の全2工程で完成しました。

木は蒸し器のような鍋から配られて、熱いので気をつけてください。と言われた事を覚えています。
長い時間をかけて水に浸すと、柔らかくはなりますが曲がってしまうそうで、
それで濡らしたガーゼにくるんで、蒸し器で短い時間蒸していたのかも知れないと思い返して回答させていただきました。

Q丸太の皮をうまくむきたい

よく乾いた丸太の切り株が、家にあり、それを加工して作品を作りたいのですが、床の間に使う柱ほどピカピカしなくても良いのですが、どうやったらきれいに皮がむけて、また、磨き方はどうすればよろしいですか?

Aベストアンサー

根が有り地面に残っているのが切り株で、切り株の上にかつて存在した物が丸太です。
丸太の切り株とはこれいかに?

多分、丸太の輪切りと思われ・・・?

以前TVで、杉の丸太の皮むきに川の砂を使って水研ぎする様子を見たことがあります。
それも真冬で素手で。

URLに詳しく紹介されています。参考までに。
かなり工数が掛かるみたいですよ。

家で加工するなら、カンナかノミで荒削りして、スポンジ状のヤスリで磨くとか。

参考URL:http://www.ma.mctv.ne.jp/~meimoku/index.htm

Q木材 乾燥方法

庭にある梅と柊、キンモクセイの木を庭師さんに剪定して頂いた際に、太めの枝をいただきました。直径4~5センチくらいの枝です。

これで数珠を作ろうと思っています。
その際、中に虫がいたりしないか心配です。また、乾燥方法が知りたいです。

また、切った木を材として使うには他に何をしなければいけないのか教えてください。

Aベストアンサー

自然乾燥でそのサイズなら樹皮を剥いておいても3~5か月はかかる。
数珠玉のように1cm程度のサイズで使うなら、必要サイズの2~3割増しでカットして風通しの良い日陰に吊るして乾燥させれば、1~2ケ月ほどで使えるでしょう。



強制乾燥するならレンジ。
ただ水分と共に油分も失われるため、使い込むうちのツヤってのが自然乾燥に比べると出にくいかもしれません。


1)500W以下の低出力電子レンジで10秒を1単位としてで加熱。シュウシュウ音がし始めたら加熱ストップです。
2)風通しのいいところに放置して冷ます(強制風冷却は無用)。

1~2繰り返し。2分近くレンジかけても温まるだけでシュウシュウという音がしなくなったら乾燥十分。重さは伐採直後の7~8割ほどに減っているでしょう。金木犀だとヤニは殆どないですが沸騰した樹液が飛散するため、キッチンペーパーなどで包んで紙の上に置いて行う方がレンジを汚さず済みます。


~~~
試したことはないですが、真空タッパーなど用いても面白いかもしれませんね。気圧が低い方が低温で水分が抜けますから。

Q生木の丸太でイスを作りたいです。直径60cmです。

スイス在住です。レバノンスギの生木の丸太を切ったもの、直径60センチ、高さ60センチをもらいました。1月の始めに伐ったばかりのものです。とても重いので、現在屋根つきの風通しの良いテラスにおいたままです。

屋外のテラスで使う、イス、またはテーブルとして使いたいのですが、そのためには、どのような処理をしたら良いでしょうか。

皮はむくべきでしょうか。皮もきれいなので、できれば残すことも考えたいのですが。毎年、春の初めに、果樹などの木に虫の卵を窒息させる油をスプレーしますが、それをこの丸太の幹にかけておけば、同じように虫は防ぐことができるでしょうか。

乾燥によるひび割れを防ぐために、透明な接着剤を切り口に塗るのはどうでしょうか。防腐剤なども使ったほうが良いのでしょうか。ニスなどは乾燥したあとに塗るのでしょうか。

なにぶん丸太が重いのと(多分7・80キロはあります)、道具も私もアマチュアなので、あらかじめ切り口を私の力で入れるのは難しいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

木彫りをやっています。
ヒノキ、クスノキなどを丸太で保存、乾燥させています。

まず、丸太は横に置いて乾燥させます。
縦に置くと切り口から腐って来ます。

乾燥は日影の風通しのよい場所で、排水のいい場所を選びます。
角材などを下にかませて、地面に接しないように置きます。

樹皮はそのままにしておけば傷防止になります。
塗装や薬剤散布は何もしません。自然のままです。
直径60センチ、長さ60センチなら3年置いても芯は生です。
重量は3~5割ほど軽くなります。

不自然なひび割れがいやなら、背割を入れておくことです。
木目方向に切り目を入れておけば、そこにひび割れが集中します。

移動はドラム缶を動かす要領で、ゴロゴロと転がせば簡単です。
足を踏まないように注意してください。

Q丸太の処理方法

工事現場から丸太をもらいました。最近切られた木のようですが木の種類とかは分かりません。
丸太椅子にするような大きさにカットされていますので、皮を剥いでそのまま丸太椅子にしようかと思っています。防腐塗料とか塗る前に乾燥させなければならないのでしょうか。それとも塗料をすぐ塗ったほうが良いのでしょうか?大きさは直径30cm高さ40cm位です。
また、お勧めの処理方法があれば、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

まだ湿っているのであれば、乾燥させないと、塗料を塗ってもすぐに剥げてきますよ。
丸太のように髄がある木材は、乾燥するにつれて縮んでいく際にひび割れが生じます。
乾燥方法としては、急激な乾燥をさける為に、あまりあつくならない場所、多少湿り気のある場所、
直接日光の当たらない場所で乾燥させましょう。多少は大きな割れを防げるかもしれません。
表面が乾いてもしばらくおいておくと、中の水も抜けるのでなお良いです。

その際は、湿っている状態のうちに皮を剥いでおいた方が、虫などが付かないと思います。

Q丸太の輪切りを上手に乾燥させたい。

最近丸太を頂きました。 伐ったばかりの物です。 2種類ありまして、 推定ですが椿とコブシです。 長さは900ぐらいで直径は200
~300ぐらいです。 後々輪切りにして鍋敷やら花台やらと思ってるんですが、できればひび割れさせたくないんです。  ヤフオクなんか見てますと業者の方が出品されてるものでもかなり割れてますので難しいものだとは思いますがアドバイスなどあればお願いいたします。
因みに以前ヤフオクで桑の輪切り ひび無しを購入したんですが、出品者様は「上手く乾燥できました」とコメントがありました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

木彫りをしていますので、丸太はよく手に入れて乾燥させています。
わたしの場合は、末口と元口が分かる場合は、元口を下にして
立てて乾燥させます。
分かりにくい場合は水平にして乾燥させています。
これは、末口を下にしてしまうと、木の色が変わってしまうからです。

木の下には適当な角材を置いて床面から離します。
場所はほぼ日陰の風通しの良い場所です。

木彫りには半年から1年くらいの乾燥で大丈夫ですが、
デザインによって、大きく切り込むような部位には乾燥ひび割れが
発生することもあります。
(木目方向に長くL型に切り込んだ部分など。)

薄く輪切りにするのなら、1年以上置くほうがいいと思います。
また、輪切りにした後も日陰で風通しの良い場所に置いて、
乾燥させた方がひび割れが入りにくいと思います。

Q小枝についた虫の処理

初めまして。どうぞ宜しくお願い致します。

小枝を使って雑貨製作しようと思い、ホームセンターでクヌギなどの枝を選んでいましたら、
窪み?のようなトコロから小さい虫が出て来るのを見てしまい…(゜Д゜ ))))
情けない話ですが本当にゾっとしてしまい、本日は購入を諦めて帰って来てしまいました(;ω;) …。

やはり、木材として加工?されていない小枝は、どこでどう購入しても、虫が付いているのは仕方ないのでしょうか?
また、そういった物を購入した場合、消毒?と言いますか、虫が湧いてこないように駆除してから使用する為には、どういったことを自身で行えば良いでしょうか?

日曜大工やクラフト等で、ご経験のある方がいらっしゃいましたら、
どうぞご指南の程よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

どのような害虫なのか分かりませんが、樹木に付く害虫のほとんどは、
樹木が生きているから生息するんですね。今回見られた害虫も、樹木が
生きているから生息していた訳で、枯れていたら出て来なかったはずで
す。あなたの地域ではクヌギの小枝を売っているんですか。僕らの地域
では苗木は売っていますが、小枝だけを売ってはいませんね、

小枝を使って雑貨制作をするなら、当然ですが小枝は良く乾燥していな
いと使えませんよね。小枝を入手したら、風通しの良い明るい日陰の所
に吊るし、十分に乾燥するまで待ちます。そうすれば枯れた小枝では生
きられないので、害虫の方から去っていくはずです。
雑貨制作をする時に、小枝の樹皮は必要でしょうか。必要が無いなら方
法はあります。黒いビニール袋に小枝を入れて、口を固く縛って太陽光
が当たる場所に放置します。天気の良い日なら1日もあれば完了です。
終われば袋から出し、完全に乾くまで風通しの良い明るい日陰で乾燥を
します。袋の内部で高温処理するため、内部の水分が逃げないため樹皮
が剥がれてしまう事があります。樹皮が必要無いなら試されて、必要が
あるなら先に書いた方法で試されて下さい。

どのような害虫なのか分かりませんが、樹木に付く害虫のほとんどは、
樹木が生きているから生息するんですね。今回見られた害虫も、樹木が
生きているから生息していた訳で、枯れていたら出て来なかったはずで
す。あなたの地域ではクヌギの小枝を売っているんですか。僕らの地域
では苗木は売っていますが、小枝だけを売ってはいませんね、

小枝を使って雑貨制作をするなら、当然ですが小枝は良く乾燥していな
いと使えませんよね。小枝を入手したら、風通しの良い明るい日陰の所
に吊るし、十分に乾燥するまで...続きを読む

Q木の表面を艶のある仕上げにするには

木の根に近い部分の流木を拾ってきました。何の木かは不明です。これを、ピカピカしたツヤのある表面に仕上げて、玄関に置きたいと思い加工したいのです。
全体を洗い、色は、茶色というよりは、灰色っぽい色をしていました。サンドペーパーでひたすら磨き、茶色っぽくなってきました。ここから、ツヤツヤした仕上げにしたいのですが、何か薬品(ワックスかニス)を塗るのでしょうが、どういう加工方法をしたら良いのかわかりません。
ご教授お願いいたします。あまり、お金をかけられないので、安く、出来る方法と、電動工具もないので、手作業でできる方法があればうれしいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

流木って、何とも言えぬ味わいがありますよネ。自然が生み出す
造形美は、本当に心に沁みます。

材料・道具も含め、なるべく安価にとのご要望ですので、その
線に沿って考えてみました。

見た目のツヤツヤ感を優先でしたら、他の回答者様と同様クリヤー
ラッカーがお勧めです。できれば刷毛塗りを3~4回程度行った後、
最後にスプレーを施すときれいに仕上がります。

だだ刷毛塗りの場合はラッカーシンナー等の溶剤が必要ですので
(刷毛は百円商品で十分です)、お手軽に済ませる場合はスプレー
のみでもよろしいかと思います。

近年、スプレーラッカーのお値段はかなりお安くなっております。
コスト的にも、一応お勧めです。

なお、刷毛塗り・スプレーともに、
薄塗り→よく乾燥→軽くペーパー掛け→削りかすの除去→次の塗装
という形で進めれば、より一層きれいに仕上がります(ペーパーは
240、320、400位の番手です)。

他方、触感におけるツヤツヤ感をお求めでしたら、ウッドオイルと
いう塗料がお勧めです。

こちらは最初に二回ほど刷毛でたっぷり塗りこみ、その後
オイル塗布→半乾きの状態で耐水ペーパー掛け→ウエスでふき取り
を繰り返す形です。これを何度か行いますと、クリヤーラッカーの
光沢とは対照的な、とても落ち着きのある、しっとりとした艶が
得られます。

木材に油を浸み込ませる形ですので、完全乾燥にはかなりの時間が
必要ですが、ほぼ納得のいく仕上がりに達したら、あとは三日に
一度くらい乾拭きを繰り返します。

当方は主に軍手をはめてゴシゴシしておりますが、古くなった綿の
衣類や靴下でも十分です。これをしばらく続けますと、そのうち木肌
表面がツヤツヤ&さらりとした感触に変わります。

ウッドオイル自体は外国製の高い物もありますが、国産品も安価で
優秀です。ホームセンターの塗料コーナーにたいてい置いてあります
ので、一度是非ともご確認下さい。

長くなって申し訳ないのですが最後に一つ、ラッカー塗装の場合は
換気に十分お気を付け下さい。またオイル塗りの場合は、作業に使用
したウエス類は必ず水を含ませて廃棄して下さい。オイルの容器等に
も注意書きがありますので、そちらもご確認お願い致します。

こんにちは。

流木って、何とも言えぬ味わいがありますよネ。自然が生み出す
造形美は、本当に心に沁みます。

材料・道具も含め、なるべく安価にとのご要望ですので、その
線に沿って考えてみました。

見た目のツヤツヤ感を優先でしたら、他の回答者様と同様クリヤー
ラッカーがお勧めです。できれば刷毛塗りを3~4回程度行った後、
最後にスプレーを施すときれいに仕上がります。

だだ刷毛塗りの場合はラッカーシンナー等の溶剤が必要ですので
(刷毛は百円商品で十分です)、お手軽に済ませる場合はスプレ...続きを読む

Q竹の曲げかた

この前アーチェリーのボウを作ると無茶な質問をした者です。

リムの部分を竹で作ることにしました。
竹を曲げるときに直接火に当ててもよいのでしょうか?
あるサイトには直接当てるとかいてありました。
それでは燃えてしまうとおもうのですが…
よく曲がる方法を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 竹は木ほど速くはありませんが、水を吸います。表皮方向より、筋に沿って切った方向、つまり節目からですね。

 乾燥するほど曲げにくくなります。だから、竹ひごとして模型飛行機に使われた細い竹の棒は湿させることをせずに、熱で曲げました。熱だと、戻らない曲がりになりやすいことは注意点です。

 まず、竹素材に充分に水を含ませることが大事です。そうせねば、無理に曲げると折れます。見た目に折れなくても弾力が無くなります。

 もし充分湿らせて、それでも曲げにくければ、水の沸騰温度以下の温度を短時間に絞って加えてください。長時間はいけません。曲がったなりになってしまいます。できれば加熱はやらないほうがいいくらいです。竹は、自然の生育で、高熱で曲がることを前提に育っていませんから。

 それでも竹に全面的に加熱する様子をご覧になったかもしれません。あれは、曲げる為ではないです。油を抜くためです(竹簡で文字を書くために重要だったりします)。その油が竹が水を吸いにくい理由の一つです。

 一本の竹で充分な厚みは得られないはずです。そういう手作りおもちゃはあり、おもちゃの威力しかありません。それはそうです。竹の繊維がバネの力であって、竹は丸いのです。丸い前提で強いのですから、それを失えば強さは失われます。その上での、加工技術になります。

 和弓は縦に切断して、角材のようにして、並列に並べて強度を得ます。それをしっかり接着、さらに釘打ちして、、両サイドに添え木をします(添え木の意味は私では分かりません)。

 さらに前面に平らにした竹を接着、釘固定します(こういったところに、竹でも足りない強度が感じられます)。

 本格的には、そんな感じです(うろ覚えなので、正確な工程は違っているはずです)。

 こういう弓の縦方向に強度が欲しい時は、近い材質としては、塩ビパイプがあります(これはこれで、接着剤が難しいですが)。パイプでないなら強度は得られませんので、そこも注意点になります。

 試行錯誤で試してみてください。

 竹は木ほど速くはありませんが、水を吸います。表皮方向より、筋に沿って切った方向、つまり節目からですね。

 乾燥するほど曲げにくくなります。だから、竹ひごとして模型飛行機に使われた細い竹の棒は湿させることをせずに、熱で曲げました。熱だと、戻らない曲がりになりやすいことは注意点です。

 まず、竹素材に充分に水を含ませることが大事です。そうせねば、無理に曲げると折れます。見た目に折れなくても弾力が無くなります。

 もし充分湿らせて、それでも曲げにくければ、水の沸騰温度以下の温...続きを読む

Q世界や日本での堅い木材

リフォーム番組を見ていたら、日本建築は木材を多く使っているな~という事から何ですが、
世界や日本で堅い木材って何でしょう?
単純に考えたら樫の木なんかは名前からして堅そうなんですが(笑)
世界だと幅が広すぎるかと思いましたので、日本だけでもOKなのでご存じの方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、しまふくろうさん。
私一応大工です。

樫より硬いのは、国産なら、紫檀・黒檀でしょうね。花台によく使われています。
そりゃもう、勘弁してくれっていうくらい、硬いですよ。

輸入だと、マホガニーですね。高級家具の材料で、木理も緻密で綺麗ですよ。

このように堅い木は、大抵密度も高くて、1.0グラム毎立方センチを軽く越えるものもあります。従って、木でありながら水に沈むんですね。だから、このような木を総称して”沈木”というそうですよ。。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング