現在、フッ素系のポリマー(重油状、液体)を使っています。三フッ化一塩化エチレンポリマーの構造をもつダイフロイル(ダイキン(株))というものです。ところがフッ素系ポリマーは相溶性が悪く、他の溶媒や石油系製品に溶けません。重量%で10%ぐらいが限界です。
 ご存知であれば、フッ素系のポリマーで液体のもので相溶性が良いもの、または石油製品に溶解するものまたはフッ素系ポリマーぐらいの安定性があるものがありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

失礼しました。

ポリエーテル変性シリコーンオイルのことです。舌足らずになってしまいました。石鹸や場合によっては化粧品(乳化材として使用?)などに入っていると聞いたことがあります。
フッ素系のポリマーの場合、疎水、疎油の性質から塗膜化した場合、溶媒が揮発する過程で自由界面にブリードする傾向が強くなります。この場合、ポリマー中の特に疎水基疎油基が特に表面に向く形で配向しているものと思われます。
これは界面活性剤系のポリマーを添加した場合の共通の性質です。
    • good
    • 0

経験的には、シリコーン系のポリマーの方が石油製品に溶解するようです。

ただ、潤滑性がフッ素系より悪いために、添加量を増やさないと効果が出ないことが多いです。また、シャンプーなどに使用されているポリエーテル系の界面活性剤などが利用できればコスト的には大変有利です。
フッ素系ポリマーを10%wt以上入れたいということで、相当の潤滑性を出したいという事と思われますのでシリコーン系はきついでしょうか?
他にもリン酸エステル界面活性剤など、中和型の『比較的』安定なものもあるようです。
いずれも、web上でキーワード検索して探してみてください。

この回答への補足

回答ありがとうございます。ポリエーテル系の界面活性剤はフッ素系ポリマーを溶解させるのに利用できるということでしょうか?それとも単独でそれなりの潤滑性を持つということでしょうか?
フッ素樹脂の潤滑油の機構とは何でしょう?やはり安定な潤滑膜を形成することが、効果が高い要因なのでしょうか?

補足日時:2001/03/09 11:41
    • good
    • 0

二酸化炭素が有効です。

ただし圧力をかける装置が必要ですが。超臨界流体をキーワードで引けばいろいろ参考になるところにいけるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ただ、フッ素ポリマーを潤滑油として用いるため、なかなかそういう状態のまま、というわけにはいかないので・・・一度溶解しても通常の状態に戻ったときに、どのような状態でいるかが問題なところがあるのです。
もし、そのような状況においても何か別の方法で溶かすことができましたら教えてください。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/07 18:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化合物の同義語について

こんにちは。製薬企業の特許関係の仕事をしています。
仕事上、多量の文献を調査するのですが、その際同義語も含めて調査する必要があります。この、同義語を調べるのに苦労しています。
同義語を調べるのに便利な本、又はWEBページはありますでしょうか?
どなたか知っていたら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらで引いてみたら,うまくいくかもしれません.
http://homepage1.nifty.com/k_funa/aiueo2.html

他にも,便利な情報がこちらに出ています.
http://www.chem-station.com/
http://chemnews.cambridgesoft.com/index.cfm?language=j

Qポリマーの相溶性について

異種(もしくは同種)のプラスチック(例えば、PC同士、PCとPMMA等)を、熱や超音波で溶着させる場合、均一に溶着できるかできないか、もしくは不完全では有るが溶着できる等が一目でわかるような表が載っているサイト、もしくは本がありましたら、教えて下さい。できれば、一般的な樹脂で、数が多ければ多いほど良いです。自分もいろいろと探してみたのですが、納得できるものが見つからないのでお願い致します。

Aベストアンサー

技術の森というサイトに投稿されたらいかがでしょうか?

Qロッケン・ベーレン・アウスレーゼと貴腐ワイントは同義語ですか?

ドイツ・ワインの分類/等級の説明で、しばしば「トロッケン・ベーレン・アウスレーゼ(貴腐ワイン)」の如く、両者が同義語であると受け取れる解説を見かけますが、両者は厳密な定義上も100%同義語なのでしょうか?
若しも何らかの差異があるならば、違いを解説戴ければ幸いです。

Aベストアンサー

「称号付き上級ワイン」と訳される最上級クラスは、次の6つです。
肩書きはブドウの糖度で決まります。

「トロッケンベーレンアウスレーゼ」は、「貴腐菌がついて干しブドウ状になったブドウ粒から造る最高級の極甘口ワイン」と一般的に解されますが、意味は、「乾いた果粒を選り摘んだ」ということで、必ずしも貴腐ワインということではありません。
たいていのブドウ品種は、貴腐化なくして高糖度にはできないと言われていますが、ごく限られた品種では、貴腐によらずして比較的容易に高糖度に達することができます。
トロッケンというのは、干からびている、という意味です。
但し、単に“トロッケン”と表示されているものは、「辛口」という意味なので注意が必要です。


「アイスヴァイン」は、樹の上で完熟し、凍りついたブドウから造る甘口ワイン。

「ベーレンアウスレーゼ」は、過熟したブドウ粒から造る極甘口ワインですが、貴腐ブドウもブレンドされます。

「アウスレーゼ」は、よく熟したブドウ房から造るワイン。

「シュペトレーゼ」は、通常よりも7日以上遅摘みのブドウから造るワイン。

「カビネット」は、普通のブドウから造るワインで、最も辛口&低アルコール。

「称号付き上級ワイン」と訳される最上級クラスは、次の6つです。
肩書きはブドウの糖度で決まります。

「トロッケンベーレンアウスレーゼ」は、「貴腐菌がついて干しブドウ状になったブドウ粒から造る最高級の極甘口ワイン」と一般的に解されますが、意味は、「乾いた果粒を選り摘んだ」ということで、必ずしも貴腐ワインということではありません。
たいていのブドウ品種は、貴腐化なくして高糖度にはできないと言われていますが、ごく限られた品種では、貴腐によらずして比較的容易に高糖度に達すること...続きを読む

Q理想溶液の相溶について。

理想溶液はなぜ全ての組成と温度において1相に相溶するのですか?混合Gibbs自由エネルギーΔGが負になり、自発的に混ざる、というところまでしか分からず困っています。お願いします。

Aベストアンサー

そうですね。混合の自由エネルギーが負になるということだけでは、一相になる説明になっていませんね。すいません。

「混合の自由エネルギーが極小値を一つだけしか持たないから」というのが正しい説明ですね。

理想溶液の混合の自由エネルギーを組成で微分して極小値がいくつ現れるかを考えてみてください。

Qhappen to meetの同義語

happen to meetの同義語

こんにちは。

run to, run into, take to, come forが選択肢としてあります。

happen to meetは偶然会う、出くわすみたいな意味なのですが、上記の中で同義語はどれでしょうか?

力を貸して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

run to
http://eow.alc.co.jp/run+to/UTF-8/?ref=sa

run into
http://eow.alc.co.jp/run+into/UTF-8/

take to
http://eow.alc.co.jp/take+to/UTF-8/

come for
http://eow.alc.co.jp/come+for/UTF-8/

さあ、一体どれでしょうか?

Qハロゲン化アルキルと水の相溶性

ハロゲン化アルキルはなぜ水に溶けにくいのでしょうか。
ハロゲンは電子吸引だし、アルキルは電子供与ですよね・・・。

どなたかご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

溶解度の説明は単純なものではありません。
完全に説明できるものではなくある程度どまりです。

たとえば、-OH は、芳香族置換反応で、アルキルよりもはるかに強い
電子供与性です。エタノールやヒドロキノンのように、水に溶けやすく
なる性質があります。あなたの質問文とは、違いますね。
電子供与・吸引の極端な例のイオン性物質でも、すべて水に溶けるわけ
ではありません。塩化銀や硫酸バリウムなどほとんど溶けません。

ハロゲン化アルキルは、TLC などクロマトをやっているとわかりますが、
極性がかなり弱い部類です。一般的に有機物で
炭化水素<ハロゲン化物<エーテル<エステル<ケトン<アルコール
炭素数が同程度なら、右に行くほど極性が大きく、水溶性もほぼ同様。

なお、CH4, CH3Cl, CH2Cl2, CHCl3, CCl4 の比較では、真ん中が極性が
大きく、水への溶解度も大きいのは当たり前です。
CCl4 では C-Cl の極性ベクトルは、対称で打ち消されます。つまり、
C-Cl と残り3個の C-Cl のベクトルは逆向きにつりあうため同等です。
つまり、CH3Cl と CHCl3 は、分子レベルでほぼ同じ極性で、重さあたり
の溶解度は、変わらないレベルといっていいでしょう。
で、CH2Cl2 が極性の合成ベクトルは最も大きいのですが、もちろん倍に
ならず、計算では1個の C-Cl の 1.15 倍程度です。
ハロゲンの場合、たくさんついたからといって、まわりの他の分子から
見て、極性は大して大きくなるわけではないのです。

酢酸とトリフルオロ酢酸を比べた場合、酸としては後者が強くなりますが、
水への溶解度は、両方よく解けますが、後者は限界があります。

ジエチルエーテルとテトラヒドロフランを比べた場合、ほぼ同じ分子量の
エーテルでも、後者は、水と自由に混和します。

溶解度の説明は単純なものではありません。
完全に説明できるものではなくある程度どまりです。

たとえば、-OH は、芳香族置換反応で、アルキルよりもはるかに強い
電子供与性です。エタノールやヒドロキノンのように、水に溶けやすく
なる性質があります。あなたの質問文とは、違いますね。
電子供与・吸引の極端な例のイオン性物質でも、すべて水に溶けるわけ
ではありません。塩化銀や硫酸バリウムなどほとんど溶けません。

ハロゲン化アルキルは、TLC などクロマトをやっているとわかりますが、
...続きを読む

Q思惑 動作 行動 感情 形式 の同義語か対義語

この5つの言葉のうち
同義語、もしくは対義語になる言葉は
行動と形式(対義語)になるのでしょうか。
分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

#1の者です。
私は
反対の意味を持つ語=対義語
同じ意味を持つ語=同義語
のつもりでお答えしたのですが、


>「形式に囚われず、行動しろ」

この文の場合、形式=きまりごと、型。という意味になりますよね。で、「形式に囚われず」とは、行動する際の条件として使われていますね。
とすると「行動」は形式の反対の意味にはなり得ません。例えば「遊ばず、勉強しろ」という文ならば、「遊ぶ」と「勉強する」が反対の意味でしょうけど、前の文ではそのような関係ではないでしょう?

よって、もし私に『「思惑 動作 行動 感情 形式」このうち同義語か反対語の関係にある二語を指摘せよ』と出題されたとしたら、「正解なし」と解答します。

試験に出題されたということですが、どのような試験かは存じませんが、あまりお気になさらなくてもいいのではないでしょうか?どのような結果になるにせよ、過ぎたことよりもその先でどう対処するか、が大切だと思いますよ(偉そうですが)。

Qフッ素系材料と、シリコーン系材料の使用禁止・・・

カテ違いかも知れません。申し訳ありません。
プラスチック成形会社の品質保証部門にて勤務しているものです。

顧客より、
・フッ素系材料(F元素を含む)
・(シロキサン系を含む)シリコーン系材料(Si元素を含む)
の使用禁止指示が来ましたが、その背景がよく分かりません。
PFOS/PFOAだけでなく、「F元素」を禁止する点、
また、Si元素とF元素の含まれるものを両方使用禁止、というのはどういった背景が考えられるのでしょうか?

顧客へ確認しましたが、
「法規制云々では無く、エンドユーザー側で発塵のおそれがあるものがないか一斉調査を行っているため」との回答しか得られませんでした。

何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
お教え願います。

Aベストアンサー

フッ素樹脂については、↓これとか、(リンク先も)
http://www.kcn.ne.jp/~gauss/env/pan.html
これなど、↓
http://www.jc-press.com/news/200411/04111502.htm
過熱時の問題のようですね。
シリコーン、ケイ素樹脂の方は特にニュースは無いみたいですが、「発塵」の処が気になりますね。

Q英語で日本語の「同義語」はなんといいますか?

英語で日本語の「同義語」はなんといいますか?

Aベストアンサー

synonymです。
http://www.synonym.com/synonyms/

Q液体ー蒸気の相境界

Vm(g)=RT/pを使って、通常沸点における水のdT/dpを求めよ。
水の標準蒸発エンタルピーは40.7kJ/mol,標準エントロピーは109.1J/k・mol
っていう問題ですが、全く手がつけられません。
どうやって解いたらよろしいでしょうか?お願い致します。

Aベストアンサー

■大事なこと
一生のうちで高々3回しか使わない式を使って計算するときには、面倒がらずに、単位をつけて計算したほうが絶対にいいです。単純な計算ミスをする確率が確実に減ります(経験談:ちなみに3回の内訳は、習ったとき、テストの前の晩、テストのとき)。

■本題
T=ΔH/ΔS=(40.7kJ/mol)/(109.1J/(K・mol))=(40700/109.1)K=373K
373Kは100℃です。水はふつうは100度で沸騰します。

dT/dP={8.314J/(K・mol) * (373K)^2}÷{40700J/mol * 101325Pa}
 =2.804・・*10^-4 K/Pa=0.0280K/hPa
計算途中では、単位なしでもかまわない(少なくとも間違いではない)のですけど、計算結果に単位がないと間違いになります。この問題ではdT/dP=2.80*10^-4 K/Pa という答えでもちろんいいのですけど、次の検算の便宜のために、K/hPaの単位に直しました。

■検算
私もよく計算間違いをするので、検算をしてみます。

「富士山頂 沸点 気圧」でネット検索したら、富士山頂の気圧は平均で638hPaくらいで、水の沸点は87~88℃になるとのことです。
上で求めたdT/dPを使って、富士山頂の気圧638hPaから、富士山頂での水の沸点を求めてみると
 ΔP=638hPa-1013hPa=-375hPa
 ΔT=(dT/dP)*ΔP=0.0280K/hPa*(-375hPa)=-11K
より水の沸点は89℃になります。

ぴったり一致している訳ではないですけど、まあこんなものでしょう。

■大事なこと
一生のうちで高々3回しか使わない式を使って計算するときには、面倒がらずに、単位をつけて計算したほうが絶対にいいです。単純な計算ミスをする確率が確実に減ります(経験談:ちなみに3回の内訳は、習ったとき、テストの前の晩、テストのとき)。

■本題
T=ΔH/ΔS=(40.7kJ/mol)/(109.1J/(K・mol))=(40700/109.1)K=373K
373Kは100℃です。水はふつうは100度で沸騰します。

dT/dP={8.314J/(K・mol) * (373K)^2}÷{40700J/mol * 101325Pa}
 =2.804・・*10^-4 K/Pa=0.0280K/hPa
計算途中では...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報