昔、週刊モーニング誌で連載していた「国民クイズ」。
途中で本自体を読めなくなり、途中までしか話がわかりません。
コミックスをさがそうにも、古本屋にほとんど見当たらず
オークションはバカ高いので手が出ません。

で、結末はどうなったのでしょうか?
コミックス2巻までは読んだので、そこから先を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「国民クイズ」は結構ブックオフチェーンとかでよく見かけますけどねぇ…。


それも「100円均一」のコーナーで(笑)

で、私も記憶がうろ覚えですが、確かその後は

佐渡島共和国の潜水艦が「国民クイズ」の問題を入手
→同国の特攻回答者が「国民クイズ」番組中に、事前に回答を入手していたことをそれとなく匂わせる行動を取る
→番組は混乱し1週間放送休止
→放送再開初日に、K井K一の手引きで佐渡島共和国軍がクーデターを決行
→しかし民衆の「国民クイズ」続行を望む声が圧倒的に強くクーデターは失敗
→逆に諸外国でクーデター→「国民クイズ」体制への移行が進んでしまう
→K井K一は「本格派」の連中と一緒にシベリアで強制労働の刑に処せられる
→佐渡島共和国がK井K一救出に駆けつける

というところで終わってたはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えー?ワタシの行動範囲にはほとんどないです~
マンガ喫茶にも無いし。

そうですか、クーデターには失敗したのですか。
世界中国民クイズ体制に移行していくのですな。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/07 23:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアッと驚く結末の日本の推理小説、作家を教えてください。

こんにちは。
私は推理小説、特に「驚愕の結末」や「大どんでん返し」
「読者が書き手にまんまと騙される」といったものが大好きです。

いろいろ読みましたが、そういったジャンルでは、
綾辻行人さんの館シリーズが一番好きです。
昔では小泉喜美子さんの「弁護側の証人」もよかったです。
ちなみに、折原一さんのはちょっと叙述が複雑すぎて、
かえってインパクトが薄いかなと思いました。

皆様オススメの、アッと驚く結末の日本の推理小説、
作家を教えてください。
(社会的弱者や貧しい人を扱った暗くて悲しい話以外で
お願いします。)

Aベストアンサー

文庫本の帯にも「驚愕の結末」「大どんでん返し」とかかれているのでご存知かもしれませんが、貫井徳郎さんの「慟哭」。
「どんでん返し」を十分に念頭において、注意深く呼んでいったので納得のいく結末ではありましたが、十分楽しめました。彼の他の長編作品もそれぞれ少しずつパターンを替えた「どんでん返し」を味わえました。

Q小学館の漫画週刊誌『少年サンデー』に連載されていた漫画がコミックにされ

小学館の漫画週刊誌『少年サンデー』に連載されていた漫画がコミックにされた最初の作品は何でしょうか。またその発売は何年でしょうか。

Aベストアンサー

既に回答が挙がっておりますが、補足させていただきます。
「スリル博士」の(1)は昭和34年11月に出版されております。翌月(2)が出版され、(3)も予告されましたが連載終了で出版されませんでした。(その結果、最終話が収録されていません)
本の大きさはA5型で堅表紙にジャケット装でした。版元は、あかしや書房との事です。
http://www.phoenix.to/59/59-16.html

質問者のコミックと云うのが単に単行本化された事を指すのか、それとも所謂新書判あるいはB6判で刊行されたものを指すのかがはっきりせないので、このようの回答になります。(何れにせよ小学館の出版書誌の詳細は今俄に判りませんが・・・)

少年サンデーは、後に「伊賀の影丸」を雑誌型式で(別冊)出版しております。これはB5型(本誌と同じ大きさ)、その後新書判でも小学館から出版されたのですが、途中迄しか出版されず続きは秋田書店から出版されると云う奇妙の事態になっています(その後、小学館刊行分も秋田書店から改めて出し直されています)

ご参考にならば幸甚です。

Q先月で、終了した、NHKのひよっこを見て、どんな気持ちになりましたか?

先月で、終了した、NHKのひよっこを見て、どんな気持ちになりましたか?

Aベストアンサー

ほんわか、あったかい気持ちになりました。
久しぶりに朝の連続ドラマ小説を見ました。(あさが来た、以来かな。)

例にもれず、「ひよっこロス」になってますね。(^_^;)

Q少年週刊誌の各誌の特色について

少年週刊誌(ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン)についてそれぞれ違いがあれば教えてください。
たとえば
・読者層(年齢や男女比等)
・テーマ(○○がもしジャンプに連載されていたら結末はこう変わっただろう・・・等の論を聞くことがありますが、各誌が得意のパターン等があるのでしょうか?)
などについて知りたいのですが、その他何でもいいので各誌の特色を教えてください。

また、ジャンプでは人気順に掲載され、後ろのほうに掲載されたら連載終了間近と言われてるようですが、他の週刊誌はそうではないのでしょうか?すべての雑誌がそのような方針をとっているとばかり思っていたのですが、この件に関してもわかれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

皆さんの回答が的をえていると思うので、自分は最近の四大誌についての特色を述べたいと思います。

ジャンプ・・・「ジャンプ理念」というのがあって、「友情、努力、勝利」なんですが、最近はそれを無視した作品も増えています。
ターゲットをやおい好きの女子にも向けているようで、巷ではジャンプ系キャラの男×男ネタ同人誌が良く見られます。
とはいえ四大週刊漫画誌の中では、一番対象年齢が低い、(小学生達がたくさん読んでいる)と思われます。
あいかわらず、打ち切り→新連載攻勢!→打ち切り、の展開が激しいです。

マガジン・・・昔は中高生を対象としたヤンキー漫画が多かったのですが、今では面影しか残っていません。
対象はジャンプに比べ、高めの年齢になりますので、格闘物とかも設定が複雑になっています。
毎週誰かが休載しているので、雑誌の容量よりも大目の作品を抱えています。
料理漫画が多いですが笑いの種にしかならない作品ばかりです。
他誌からの作家の引き抜きも盛んなようです。

サンデー・・・対象年齢は低いはずなのですが、今も昔も玄人好みの漫画、つまり少し地味な作品が多いです。とはいえ今はたくさんの作品がアニメ化されていますので、子ども達の人気も高いのかと思いきや、それはアニメの人気であって、サンデー自体の人気ではないような気がします。
作品のジャンルも多岐にわたっています。
それと、一度サンデーで人気が出た作家さんは、またサンデーで描くことが多いように感じます。またそれら作家さんの作品で持っている印象すらあります。

チャンピオン・・・まず女の子は狙いにしていない。濃すぎる漫画誌です。中学生のファンを狙ったのか、ちょっとエッチな作品を出してみたらもっと大きなお兄さん達から人気が出てしまったり、カードゲームがはやっているからと、そういう漫画を掲載するのに元エロ漫画描きを引っ張ってきたらまたまた小学生は全然釣れず。といった、勘違い感が多分にある雑誌です。

と、述べたものの、やはり下の方もおっしゃられているように、自分の目で見るのが一番だと思います。

皆さんの回答が的をえていると思うので、自分は最近の四大誌についての特色を述べたいと思います。

ジャンプ・・・「ジャンプ理念」というのがあって、「友情、努力、勝利」なんですが、最近はそれを無視した作品も増えています。
ターゲットをやおい好きの女子にも向けているようで、巷ではジャンプ系キャラの男×男ネタ同人誌が良く見られます。
とはいえ四大週刊漫画誌の中では、一番対象年齢が低い、(小学生達がたくさん読んでいる)と思われます。
あいかわらず、打ち切り→新連載攻勢!→打ち切り、の展...続きを読む

QBLEACHテレ東今月21日の死神図鑑(ネタバレ注意)

テレビ東京2月21日放送のBLEACHの
死神図鑑ゴールデンの録画を失敗してしまいました。
ご覧になった方、内容を詳しく教えてください。
本編の方は無事録画出来ていますので結構です。
(これからご覧になる方は、回答はネタばれになるので
ご注意ください。)

Aベストアンサー

No.1の人と同じ意見です。
 ちょっとセリフを詳しくしますと。
花太郎:「特技は霊圧を消せることです。」
     不可のスタンプが履歴書に押される。
 
    次の会社
花太郎:「みんなに名前を覚えやすいってよく言われます。」
     また不可のスタンプが押される。
    
    次の会社
花太郎:「この会社はどんな・・・」
     続きを言う前にまたまた不可のスタンプが押される・・・
そしてコンビニの前で花太郎が倒れます。そして店員に「おや?」といわれます。

 ちなみに履歴書に書いてあったことはたったの1行(なんて書いてあったかは覚えてないけど・・・)写真も死神の衣装のままでした。
 
参考になりましたか?

Q少年誌、青年誌で連載されて完結しているラブコメ漫画をおしえて

ラブコメ漫画にはまりました。ラブコメ漫画を知ってる方教えてください。実はこの質問を考えたときに、ラブコメ漫画って人気が偏っていて、タイトルを上げようとすると意外に少ないことに気づいたので、この質問をしてみました。条件は以下の通りです。
・少年、青年誌で連載されたもの。(少女漫画はパス)
・完結しているもの。(ラブコメはラストが重要だから)
・単行本が最低5巻くらい出てるもの(それ以下だとつまりは早期打ちきりってことだから読んでもつまらないので)
・大御所作家ものは除外(高橋留美子、あだち充、桂正和、赤松健、原秀則、星里もちる、浦沢直樹)(すでに私を含めて多くの人が知ってるから検索かければすぐわかるので)
以上です。条件がかなり厳しいと思うのですが、これをクリアできる、ラブコメ漫画が好きな方の出現を期待しています。

Aベストアンサー

「四年生(全一巻)」「五年生(全五巻)」木尾士目(講談社)
一応続編の全六巻。
げんしけんの前に書いていた妙に生々しいラブコメ。
何度か書いているから、ご存知でしたらすみません。

違うかもしれないけど
「狂四郎2030」徳弘正也(集英社)
ラブコメとして分類して良いのかわからないけど、広義ではラブコメだと思うので書いておきます。

古いけど
「きまぐれオレンジ★ロード」まつもと泉(集英社)

どうでしょうか?

Qワンピース ネタバレ

ワンピース ネタバレ
ワンピースのエースは助かるんですか?
それとも死ぬのでしょうか?
とても気になりますので教えてください。

Aベストアンサー

残念ながら、死にます。
ちなみに白髭もです。 

Q週刊誌や月間誌等で掲載されているエロイ漫画ってありますか?

週刊誌や月間誌等で掲載されているエロイ漫画ってありますか?
ふたりエッチ以外で知っていましたら教えてください

Aベストアンサー

ヤングマガジン「暴走処女」
ヤングジャンプ「デリバリーシンデレラ」
ヤングガンガン「同棲レシピ」「カノジョは官能小説家」
ヤングアニマル「オレたま」「ナナとカオル」
ヤングチャンピオン「色即ぜねれいしょん」
ビジネスジャンプ「マンキツ」

Q思い出せない…金田一少年【ねたばれ注意】

こないだから思い出せなくてひっかかってます;;
【以下ねたばれ表記】








「金田一少年の事件簿」で、
“消費税3%の左利き用のはさみ”
が出てくるのって何て言う事件でしたっけ。





【ねたばれ表記おしまい】



最近きちんと読みたくなって文庫版で集めてるのですが、↑の話を一番ちゃんと読み返したかったのに事件名を忘れちゃいました(笑)。

Aベストアンサー

「雪夜叉伝説殺人事件」だったような。
確か7000円以上もする値札が付いていた左利き用はさみが高いな、と思った記憶があります

Q昔、週刊少年ジャンプで短期連載

昔、週刊少年ジャンプで打ち切りにあったのか短期連載だったのか知りませんが2~3話しか読めなかったマンガがあります。
連載時期は17~18年位前だと思います。

典型的なRPG的な世界観で主人公が圧倒的な強さを誇ります。
・悪党に襲われていた人物に「呪われた剣」を処分してくれと頼まれるがその人物は息絶えて死ぬ間際「あんた良いやつだな」と言う。
・知り合いの鍛冶屋の親父に剣の破壊を頼むがヒビ一つ入らない。
・鍛冶屋の親父に「この剣使っちまえば?」と言われるが死んだ者の頼みだと断る。
・何らかの事情で世間知らずのお嬢さんと旅することになる。
・剣を狙う悪党共に取り囲まれるが威風堂々と「この剣欲しけりゃ奪ってみろ」と誘う。

多分ですが人気あった作家だとは思うんですが何故すぐに連載終わってしまったのか分かりません。
何かご存知の方おられましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、松根英明の「ファイヤースノーの風」ではないかと思います。1993年の半ばに連載されて速攻打ち切りになった作品で、当時流行していたファンタジーRPG風の設定&作画でした。当然ながら、この作品の単行本は1巻で完結です。作画はなかなかよかったのですが、登場人物や世界設定の魅力が発揮される前に読者から見放されてしまったような感じでした。

漫画の連載はこれ1本のみで、ほかに読み切りで掲載された作品が2~3本あるみたいです。なお、検索するとわかりますが、この方は「杉根英朋」という名前でも作品を出しているみたいです。最近は漫画家として活動をしていないのか、詳しい情報が出てこないのですが、作画のタッチが似ているのでたぶん同一人物だと思います。


人気Q&Aランキング