遺伝子やDNAを自分と別のモノのようにいう人がいますが、体中の細胞の中にあるんだからDNA自体が自分自身だと思うんです。だから「"DNA"に支配される」とかいうのはおかしいのでは…?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「自分」の定義が、shisojiisanさんとドーキンスでは違うんでしょうね。


「遺伝子」の定義も、学問の分野で違うので、注意が必要だと思います。ドーキンスのような動物行動学者の言う「遺伝子」と生物学で言う「遺伝子」とは、かなり違うものです。
動物行動学者は「子供を可愛がる遺伝子」とか、行動と遺伝子を直接結び付けて考えますが、生物学者に言わせれば「遺伝子と行動なんて結び付けて考えることはできない」ことです。
shisojiisanさんはどちらかと言えば生物学者の言う「遺伝子」を前提に、動物行動学者の言う「遺伝子」を攻撃しているんではないですか?
    • good
    • 0

zerochanさんの言うように哲学の問題だと思うので、自分の好きなように考えればいいと思います。


僕はリチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」を読んで、面白かったし、納得したので、「生物は遺伝子の乗り物」だと思っています。
    • good
    • 0

 本末的な問題だと思うのですが。


 つまり、
1)DNA=自分自身(shisojiisanさんの考え方)
2)DNA→自分 :DNAで自分の体が構築された。DNAは自分の根源である。(利己的遺伝子の考え方)
3)自分というものの中にDNAは含まれる。(masa1000rxさんの意見だと思う)
 に、分類される。
まあ、3)の考えが一般的です。遺伝的な要素により、自分が形成されるのは身体的特徴や性格などを含めて約50%、あとの50%は後天的に経験・学習などによって獲得されたものと考えます。
 遺伝子操作などで条件は変わってますが、ヒトは大脳皮質が他の生物よりもずっと発達しています。この脳によって支配されている部分があります。脳の本体はもちろんDNAの設計図に従ってつくられたものですが、脳細胞(ニューロン)の結合(シナプス)は経験・学習などにより形成されます。これにより、感情・思考・創造などができる「自我」が存在するのですから。   
     
    • good
    • 0

 DNAに支配されている部分とされていない部分があると思います。



 コンピュータにたとえましょうか。

 DNAはハードウェア部分の設計図に相当します。すなわち、ハードウェア製品である体は、設計図であるDNAにそって作られています。この意味では「支配」されているといえます。設計図を書き換えない限りは変更することは不可能です。もう少しいって、ファームウェアに相当する本能のあたりもDNA支配でしょう。

 しかしソフトウェアに相当する、思考とか意識とかいうものには設計図はありません。よってDNAには支配されていません。後から学習という形でインストールしてやる必要があります。もちろんハードウェアの限界を超すことは不可能ですが、その範囲内においてはソフトウェアの選択は自由です。

 こんなので、いかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいだだきどうもありがとうございました。
とてもわかりやすい説明なんですが、僕が聞きたかったこととは少しずれているように思います。
質問内容がわかりにくくてどうもすいませんでした。zerochanさんのところに少しだけ補足を加えておいたのでよかったら見てください。

お礼日時:2001/03/08 22:26

まあ、自分の”意志”に関わりなく、DNAが自分を支配していると感じるからでしょう。


DNAに然るべき障害があれば、自分の意志に関わりなく、病気になってしまうわけですから・・
    • good
    • 0

shisojiisannの考え方でも決して間違えではないと思いますよ。

DNAに支配されるという考え方は,以前話題になった‘利己的な遺伝子’という有名な学者さん(リチャードドーキンス)が書かれた本でひろまったものだと思います。彼の主張によるとDNA自身を生き物のように捉え,例えばとても優秀なボスざるがいてそのボスざるが多くのメスと結婚したくさんの子孫を残したなら,そのボスざるのDNAはたくさん生き残ることのなるのです。一方弱いさるのDNAは全く生き残らず絶えてしますわけです。ですから私たちの日頃の行動もDNA自身が生き残るために,DNAがそうさせているんだという考え方です。DNAは大昔からそのようにして戦い続け,優秀な生物を生き残らせてきたとでもいうのでしょうか。
考えてみたら恐ろしい話ですが,当時はかなりの話題になりもちろん賛成意見や反対意見など様々だされました。ここまでくると哲学みたいなもので,どれが正しいということはないと思いますよ。
もし興味があれば彼の本を読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少し前(といっても一年位前)に‘利己的な遺伝子’読みました。
それで今回のような疑問をいだいたんですよ。
この本を読み終えて、はじめはすごく衝撃を受けました。

彼は、生物をDNAと乗り物とに分けて、'自分自身'は乗り物であるという前提で話をすすめています。僕はそこがおかしいんじゃないかと思ったんです。
自分の体を真っ二つに切断したときにどっちが自分かと聞かれたらどっちも自分ですよね。それと同じでDNAと乗り物に分けたとしてもどっちも自分なんです。

だから、「自分がDNAに支配される」というのは、「自分が自分に支配される」又は「DNAがDNAに支配される」と言い換えられ、結局はあたりまえのことなんです。自分が自分を支配するなんて。

zerochanさんのおっしゃる通りコレは哲学の領域ですよね。そうなるとココで問いかけるのは場違いでしたね。どこかの掲示板に乗せるべきでした。

お返事どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/08 22:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない? 人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続

【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?


人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続けているのでしょうか?

年を取ると正しい遺伝子情報がコピーされなくてちょっとずつズレてコピーされるので人体は劣化していくということですか?

けど赤ちゃんのときに既に障害を持って産まれてくる子供がいるってことは人間の赤ん坊は産まれたときには既に完璧な遺伝子情報で産まれてくるわけでないってことですよね?

産まれた段階で既に遺伝子情報がいっぱい壊れている子供と結構完璧な遺伝子情報を持った子供がいる。

で徐々に大人になるに連れて遺伝子情報がコピーミスでシワが出てくる?

人間は年を取るとシワはみな出るのでシワは遺伝子情報のコピーミスの長年の蓄積ではなく、最初から人間の遺伝子情報に年を取ると皮膚にシワが出来るようにプログラムされていると考える方が自然だと思う。

もし遺伝子情報が完璧な状態で産まれてきた子供は年を取っても劣化が最初から遺伝子情報が壊れて正常でない子供より遅れるはずだから。

質問:

皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?

Aベストアンサー

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を犯す前は、老化するようになっていなかったし、それが医学的にも一番説明がつきます。

その罪を犯した時から、おそらく遺伝子が傷付き、老化するという遺伝子が子々孫々まで受け継がれているのです。

だから、遺伝子情報が劣化するのは、人が生まれる時であり、
アダムから生れた時代の人達のコピーは、まだアダムに近く、先々の後の世代になればなるほど、コピーが劣化しています。

生れてから死ぬまでに、その人の遺伝子が劣化するのでは無いはずです。詳しくないですが、確かそう。

生れた時から持っている、劣化した遺伝子によって、人は老化が進み、老化に伴って、皮膚が劣化するんだと思います。

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を...続きを読む

Q遺伝子とDNAの違い、遺伝子の数え方

・DNAとは物質のことで、ヌクレオチドの鎖から成り、二重螺旋になっている。
・遺伝子とは、DNAの鎖が持っている「遺伝情報」のこと。
・DNAの鎖の中で遺伝情報を持っているのは一部だけである。
ということだと理解しているですが、間違いないでしょうか?

一方、ヒトの遺伝子は約3万個であると言われますが、これはどのように数えているのでしょうか?
ヌクレオチドやコドンでしたら数えられるのはわかるのですが、遺伝情報の個数とは?遺伝子の個数とは何を意味するのか、教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

理解されている内容はそれで良いのではないかと思います。

遺伝子の数え方についてですが、遺伝子とは「意味のある塩基配列」のことです。
例えば1000塩基対のDNA鎖の中に「意味のある塩基配列」が2個あれば、その中に遺伝子は2個含まれていることになります。
ヒトには約31億塩基対あるらしいですが、その中に「意味のある塩基配列」が約3万個あるということとなります。

Q生物の質問です。 遺伝子組換えの操作で、 一般に真核生物のDNAをそのまま大腸菌のDNAに組み込んで

生物の質問です。

遺伝子組換えの操作で、
一般に真核生物のDNAをそのまま大腸菌のDNAに組み込んでも、目的とするタンパク質は生産させることができません。(真核生物のDNAはイントロンをもつが、大腸菌ではスプライシングが起こらないため)

これは理解できるのですが、では一体、遺伝子組み換えの際にどのようなDNAを使っているのでしょうか?

分かる方教えてください。

Aベストアンサー

そのような場合、cDNAを用いています。cDNAはmRNAを逆転写して作られます。
また、真核生物の遺伝子の中にはイントロンを持たない場合もあります。

Q細胞図を見ると、DNAはよく表示されてますが、RNAは見かけません! RNAは細胞内のどの場所にある

細胞図を見ると、DNAはよく表示されてますが、RNAは見かけません!
RNAは細胞内のどの場所にあるのですか?

Aベストアンサー

おおざっぱにいえば「いろんなところ」にあります.

例えば mRNA は核 DNA をもとに合成され, そこにリボソームがついて蛋白質が作られていき, 最終的に不要になれば分解されます. そしてリボソームで蛋白質を作るためにはアミノ酸をもってくる tRNA が必要. さらにはリボソーム自身が rRNA を持っています.

QDNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラ

DNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラーゼの違いがわからなくて困ってます。
調べていると両者とも同じものじゃないかと思えてきましたが、アミラーゼとアミレイスのように同じ綴りで発音が違うわけではなさそうです。

誰かご存知の方がいらっしゃいましたら助けてください!

Aベストアンサー

「ご存知の方」じゃないけど, ちょっと調べた限りでは同じもの.
どちらも EC3.2.2 のグループ.

参考URL:http://science.jrank.org/pages/29019/%28DNA%29-glycosylase-or-DNA-glycosidase.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報