19世紀半ばに行われていたアジアとの貿易について教えてください。

何でもいいです。いろいろなことを聞いて見たいのでお願いします。

A 回答 (1件)

現時点ではどれだけの情報が揃っていますか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q19世紀イギリス貿易構造について教えて下さい。

19世紀イギリスの貿易構造についてなんですが、教えていただきたいのです。
レポートを作らなくてはいけなくて、いまいち分からず困っているのです。知っていれば教えてください。

Aベストアンサー

>あっでもネットでもあるのかなぁ
ネットはわからないです。図書館に出かけて.社会(300)のあたりの本を眺めて(著者の経歴は原則として書いてあるはず).生まれたところがイギリスで.時期が合っていれば.大体書いてあるはずです。

Q保護貿易と自由貿易について。保護貿易はなぜ悪いのですか?

TPPなどで日本は自由貿易を進めています。
アメリカでも、トランプ候補など保護貿易を主張する人もあらわれてきて
自由貿易と保護貿易のどちらがいいか議論があるようにおもいます。

個人的には、発展途上国が経済成長している時期は自由貿易がよいと思いますが、
経済成長して安定期に入ると保護貿易の方がいいようにおもいます。
要するに国の発展度合いで使い分けるのがいいように思います。

保護貿易は悪であるというような論調を見かけますが、なぜいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

保護貿易は悪であるというような論調を見かけますが、
なぜいけないのでしょうか?
   ↑
国内的に言えば、供給側は儲かりますが
消費者が損します。
そして、GDPの大部分は消費です。
つまりGDPの成長に悪影響が出る、という
ことになります。
つまり、既得権益者を保護することになり
国家全体としては貧しくなります。

国際的に言えば、貿易が不活発になり、世界
各国が貧しくなります。
また、保護貿易の結果、戦争になる場合も
あります。
第二次大戦がそれでした。

Qアジアの貿易について

当方、日本とアジアとの貿易について調べています。

私はこれから日本がアジアとの貿易をする上で、ここ数年で大幅に経済が伸びてきている、インドや中国との貿易関係は日本にとってとても重要な問題になってくると思っています。


日本とアジア諸国との貿易について詳しく書かれているサイトや、みなさんの考えを教えて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

ジェトロの世界貿易マトリックス
(http://www.jetro.go.jp/biz/world/international/stats/ )
によると、
1980年には日本の輸出の25%が東アジア向け、
1990年には日本の輸出の29%が東アジア向け、
2000年には日本の輸出の40%が東アジア向け、
2006年には日本の輸出の46%が東アジア向けということ。
中国だけではなく東南アジアやアジアNIEs(韓国・台湾・香港・シンガポール)向けも大きい規模があり、
これらの国に輸出されたものが中国に輸出されたり、
中国に輸出したものが東アジア自身や世界中に輸出されるため、
貿易構造はより多くの国を交える複雑なものになってきています。

重要性は大きくなった分議論も様々で、短くまとめるのは難しくなります。
とりあえず経済産業省の通商白書等を見れば、グラフ等のデータはたくさんでてきます。
外交としては、関税等の貿易障壁を撤廃する自由貿易協定(FTA)の締結が、
東南アジアに対して進められてきました。インドとも交渉中、
将来的には中国とも締結される可能性があります。

経済産業省 通商白書
http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/index_tuhaku.html

外務省 日本のFTA戦略
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/fta/policy.html

ジェトロ「平成19年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査 - 国内外での事業展開、中国におけるビジネス展開、自由貿易協定、アジアのビジネス環境、排出権ビジネスへの取り組み(2008年3月)」
http://www.jetro.go.jp/jpn/reports/05001509

REITI(経済産業研究所)
http://www.rieti.go.jp/jp/data/index.html
で、貿易、東アジア、国際分業、FTAなどのキーワードで検索しても、
それなりの分量が出てきます。

ジェトロの世界貿易マトリックス
(http://www.jetro.go.jp/biz/world/international/stats/ )
によると、
1980年には日本の輸出の25%が東アジア向け、
1990年には日本の輸出の29%が東アジア向け、
2000年には日本の輸出の40%が東アジア向け、
2006年には日本の輸出の46%が東アジア向けということ。
中国だけではなく東南アジアやアジアNIEs(韓国・台湾・香港・シンガポール)向けも大きい規模があり、
これらの国に輸出されたものが中国に輸出されたり、
中国に輸出したものが東アジア自身や世界中に輸出...続きを読む

Q貿易の自由化によるアジアの国々の発展

国際貿易の自由化を取り入れることによって、アジアの国々は経済的に発展したと言われています。独立した民族国家の数は1946年に74カ国あったのが、1995年には192カ国にも増えています。なぜそのような比較的小さな国々が国際貿易において発展することができたのでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

国際貿易の自由化とは、つまり、アメリカの市場に参加できるかと言うことである。
これは、同様な経済レベルからテイクオフできたアジアNIESとできなかった南米国家を比較するとわかりやすい。
アジアNIESが行ったのは、輸出産業育成であり、南米国家が行ったのは、輸入代替産業育成であった。アメリカに輸出する製品を作ることに傾注したアジアが成功し、海外から輸入して産品を国内で作ろうとした南米は失敗したということです。
アメリカ市場を侵食して、その結果としてアメリカから自国市場の自由化を求められるというのが順番です。なにも最初からノーガードで自国市場を自由化したわけではない。
これの先行事例が日本となります。

また、小さな国の成功というときには二パターンあります。
香港・シンガポールなどの中継貿易型、これは自国市場の自由化を早めに行っています。人口1000万以下
韓国や台湾は、自国市場のガードをかなりしていました。人口1000万~3000万程度。
以上のアジアNIESといわれているやつで
この次には、人口5000万以上 タイ、ベトナム、インドネシア、その後に人口が巨大な 中国 インドが来るという構造です。

自由化以外の理由
小さな国ほど治安がよろしいと言うことがあります。
開発独裁によって、政治的自由を制限することで経済的発展を図ると言うことです。典型例が台湾、韓国、シンガポール、マレーシア。大きな国家ほど、ゲリラが隠れやすくなり、治安が悪くなる。治安が悪くなると外資が来ないという構造になります。

国際貿易の自由化とは、つまり、アメリカの市場に参加できるかと言うことである。
これは、同様な経済レベルからテイクオフできたアジアNIESとできなかった南米国家を比較するとわかりやすい。
アジアNIESが行ったのは、輸出産業育成であり、南米国家が行ったのは、輸入代替産業育成であった。アメリカに輸出する製品を作ることに傾注したアジアが成功し、海外から輸入して産品を国内で作ろうとした南米は失敗したということです。
アメリカ市場を侵食して、その結果としてアメリカから自国市場の自由化を求め...続きを読む

Q19世紀のアメリカの貨幣価値

1900年頃のアメリカで200万ドルというのは、今の日本のレートで換算するといくらぐらいになるのでしょうか。大体でいいので、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

その頃の世界経済は,金本位制でしたね.
日本は,1円を0.75gの金と兌換できました.
アメリカは,1ドル1.5gの金と兌換できました.

そうすると,1ドルは2円ということですね.
金地金相場は現在高値となっていて,だいたい1g,1800円です.売値は1700円後半ですが,1800円とします.

200万ドルは,400万円ですから,
金は,400万×0.75g=300万g
よって,300万g×1800円=54億円.

金の購買力平価での算出ではの話です.
昔の1円といまじゃ,,,という一般物価の上昇で計算すると,また違う値がでるんでしょうね.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報