プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

FENDERのギターを持っています。
SKBハードケースというのが純正で付いてたのですが、
ギタースタンドとかに置くのではなく
弾き終わればそのハードケースに入れています。

ケースの上蓋というか、
パチンと止めるまで完全に収納するわけではなく、
弾き終わればただそこにいれてパカッと軽く閉めてるだけです。
(蓋は軽く浮いてる状態になる)

この様な状態で
ハードケースにいれて保管するのはよくないのでしょうか?
やはりギターはギタースタンドなり立てて置いておくのがよろしいのでしょうか?

ハードケースに入れると
夏など暑いので温度が~などの問題もありますが
それより
このような状態でギターを寝かせて置く事についてです。

たとえハードケースに入れる場合でも
今の様にギターを平たくねかせて置く
より
ヘッドが上にくるよう立てて置くとか、
ケース取っ手が上にくる様な(弾いて持ってるような状態?)
にした方が良いでしょうか?
それとも
やはりどういう状況であれ、
あまりハードケースに入れて置いておくのは
良くないでしょうか?

A 回答 (2件)

ども。



ギターの保管や手入れについては、諸説があり
 これもまた聞く人によっては回答が違うと思います。

私もイロイロな人に聞いたり、自分で試したりして
 得た結論としては・・・

 1)長期間使用しない場合
   ・ハードケースに湿度調整剤を入れて、「立てた状態」で
    保管する
 2)毎日弾く場合
   ・直射日光の当たらない風通しの良い冷暗所でハング式
    のスタンドで吊るしておく

ことが良いと思います。
 

「ハードケース保管の長所」
 ・ハードケースであれ、スタンドであれ、
  「ギターの保管は直射日光の当たらない冷暗所」
  が大前提です。
  この環境下であれば「温度変化」については
  どちらも変わりはありません。

  ただ、「湿度」だけは保管環境に大きく影響します。
  スタンド保管は環境影響をモロに受けるので脆弱です。
  ハードケース内に湿度調整剤を入れておけば、より理想的な
  湿度環境で保管できます。
  ・・・日中ずっと加湿器が炊ける家ならば良いのですが。。。

 ・ギターは「ボディに重量が掛かる保管」が一番良いとされ、
  ネックにギターの重量が掛かることを嫌います。
  スタンドに入れて、ギターケースを立てることで
  ネックへの負担が無くなり、保管としては良い方向へ作用します。
   通常のスタンドは「ネック」へ立てかけることになり、
   ギターの重量をネックが受けてしまうことになります。
  ヘッドハングタイプのスタンド(ギターヘッドで吊ってあるタイプ)
   はネックに曲げの力が働かず、ボディの重量がネックの軸方向へ
   掛かる為、ネックが曲がり難いとされています。
  
「ハードケースに保管しない方が良い場合」
 ・ラッカー塗装の新品ギターは塗料が完全に乾燥するまでに
  半年程度の時間が掛かる場合があります(保管等により変動)
  新品ラッカー塗装ギターを長期間ハードケースに保管すると
  揮発しきれていない塗料が残り塗装面が可塑化してしまう事が
  あるので、新品ギターは出来るだけ冷暗所で保管する方が良い
  でしょう。

ソフトケースやギグバックはともかく、湿度調整剤の入った
 ハードケースは保管する為の場所に良いとされる意見/事例も
 多数存在します。
 塗装の完全乾燥の終わったギターは湿度調整剤を入れて
 ネックに負担が掛かり難い姿勢で保管すれば
 塗装もネックも保護できる状況が作れることも
 覚えておいた方が良いかもしれません。

こういった御話は各種意見が多数存在するので
 広く意見を取り入れて、自分なりの保管方法を構築すると
 良いと思います。

参考までに。
   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長期間使用しない場合ハードケースに湿度調整剤を入れて、「立てた状態」で保管する
これは私もメーカーの説明等でも聞いた事がありますね。
温度の問題も指摘されて入れない方が良いと言う方もいますが、
やはり使用環境によって正解は変わるみたいですね。

自分は他のギターはスタンド(ネックで支えるのではなくボディで支えるスタンド)に立ててあるのですが 
今回質問のギターも、
もしギターはスタンド、でもハードケースも空で立てて同様に部屋に置くのならば、ある意味2台分ギターを置くスペースが必要になるのと、
また置く所がないのでギターの隣にハードケースを立てておくとこれが倒れてきそうでかなり危険な感じがしました。今までの下が丸く膨らんだハードケースではなく長方形の形のハードケースというのもあるので。
それで
横に倒して むしろ蓋はあけて そこにギターを置いていた状態です。

ギターはラッカーではないので、その点は大丈夫だろうと思ってはいたのですが #1の方がおっしゃられるのは やはりいずれの場合もハードケースに入れない方が良いとの事です。。
やはりこのような状態でもハードケースで横にねかせておく事自体もネックに悪影響なのでしょうか、、?
立ててスタンドに置ければ良いのですが、、、とりあえずハードケースの置き場をまず確保して考えてみます。。

お礼日時:2009/04/20 05:36

ハードケースは保管庫ではなく、運搬用とお考え下さい。



ギターは、木製であることから、お使いの環境影響を受けます。ですから、常時ケースから出してスタンドやフックに掛けておいて、使用環境に慣らすのが最適なのです。

使用の都度ケースに収納してしまうと、温度や湿度が極端に変化することがあり、当然ながらネックへの影響がでてきます。またラッカーモデルの場合は塗装面の劣化も当然ながら早く出るおそれがあります。

ハードケースに収納した時に、ヘッドが上か下か、横か縦かというのは投げたり倒したりしなければほとんど問題になりませんが、むしろ問題なのは常時ハードケースに収納するということです。またケースのフタをしっかり閉じなければ、不意にケースに触れた時にギターが飛び出す、転倒する、ボディに傷つける原因となりますので避けたいものです。

ギター保管室に小さいお子様が出入りする、ギターのことを全く知らない人が多数出入りするような環境なら仕方ありませんが、ギターを大切にするあまり、今のような保管の仕方ならば、改善した方がいいと思います。ケースはあくまで運搬時にギターを保護するためのツールとお考え下さい。ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考意見ありがとうございます。

ハードケースはべたっと寝かせてあるので余程、蹴り上げるとかしないと
中からギターが飛び出すと事はないと思います。
不意に触れたときの転倒はむしろギタースタンドの方がかなり大きい様に感じますね。
部屋が狭いため、あるとき実際レスポールを思いっきり転倒させて
ネック折れは免れましたが痛い思いをしました。。

床に横に寝かせてあるので、転倒はないが踏まれるとかの確率もありますが、まぁ今回の質問は、このように寝かせてハードケースの蓋は閉めずに入れておく場合のギターへの影響を知りたかったので、この辺の問題は余談として

ハードケースは蓋は閉めていない、
ただそこにギターを入れて寝かせた状態で
蓋は閉めずにすぐ取り出せる状態がほとんどなのですが
いずれにしても
このような状態であれ
ハードケースに入れない方が良いという事ですね?

各メーカーでも入れた方が良いとかいろいろ違う意見が書かれてますので
なかなか難しいですね。。

お礼日時:2009/04/20 05:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング