法的に「化粧品」でしょうか?製造販売で、摘発の対象にあたるのでしょうか?

A 回答 (1件)

動物用の化粧品については,所轄省庁が厚生労働省ではなく,農林水産省となります。

昭和55年3月31日改定の農水省令事項『動物用医薬品等取締規則』及び昭和47年12月7日47畜A第6047号畜産局長通達『動物用医薬品製造(輸入)承認申請の審査基準について』が運用の基本となっています。
また,薬事法の中の
『厚生労働大臣』は『農林水産大臣』に
『厚生労働大臣令』は『農林水産省令』に
『国民の生命及び健康』は『動物の生産又は健康の維持』に
『医療上』は『獣医療上』に
それぞれ読み替えて運用することとなっています。
そして、無許可・無承認製造或いは輸入については、摘発の対象となります。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/10 13:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬事法改定!?許認可が緩和で・・。化粧石鹸製造販売について。

悩んでいます。化粧石鹸販売の許認可のことです。いろいろ読んでもよくわからないのですが薬剤師の免許のないものが化粧石鹸を販売することはできませんか? よく温泉街のショップなどで、手作り化粧品を売っているのをみかけますが、そういった観光地では許認可がおりやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

化粧品と医薬部外品は製造と輸入が許認可制であり、販売は何等制限をうけるものではありません。もっとも、表示・広告違反などがある場合は薬事法違反として摘発対象となりますが‥。
手作り石鹸の販売は、摘発されていないだけでしょうネ。というのは、化粧品販売の面では問題がないのですが、無許可製造行為が薬事法違反となるからです。一般家庭で作られたものであると考えられますが、通常の家庭が化粧品製造業者の業態許可を持っているとは考えられませんからネ。少なくとも、重金属試験とヒ素試験をこなせるだけの設備、GMP適合の製造設備、原料・資材・製品保管庫、GMPのソフト管理、化粧品製造管理技術者の専任‥こういったことを実行できる家庭はないと思われますから。また、温泉街の土産物屋さんでも、無理でしょうからネ。

薬事法の大幅改定が4月1日に行われ、業態許可を持っている業者には非常に緩い制度に変えられます。基本的に品目承認制度はなくなり、販売名称の届け出だけで、多くのものを作ることが可能となります。
以上kawakawaでした

Q化粧品をOEM製造を委託できる会社で固形石鹸を作れる会社を教えてください。

化粧品をOEM製造を委託できる会社で固形石鹸を作れる会社を教えてください。

具体的に企業名ではなくてもかまいませんので、OEM製造を行っている会社の中から固形石鹸を作っている会社をどうやって見極めるかについてでもかまいません。

Aベストアンサー

固形石鹸を自社の設備でOEM製造できる会社は非常に少ないです。
おそらく全国でもせいぜい数十社程度だと思います。

さらに、固形石鹸にはその製法の違いで2種類存在します。
「機械練り石鹸」と「枠練り石鹸」です。
この違いについては、ここでは割愛するとして、この2種類を両方作れるOEMメーカーとなるとさらに少なくなります。

具体的な企業名を記載してしまうと、禁止事項になるかもしれませんので、「石鹸 OEM」というキーワードでネットで検索してみるのが良いいでしょう。

まず、固形石鹸を製造できる化粧品OEMメーカーがなぜ少ないかといいますと、製造設備が特殊だからです。
そのあたり、化粧品OEMメーカー各社のホームページに、石鹸の製法や設備について記載のある会社がOEM製造できる会社になると思います。

↓のサイトでも少ないですが石鹸製造会社が紹介されてますよ。
このサイトは化粧品OEMメーカーを紹介している情報サイトのようです。
http://www.coreda-bank.com

最後に、ひとつだけ注意点として、
固形石鹸のOEM製造は、一般的な化粧品のOEMに比べ、総じて発注ロットが大きいです。
一回の発注ロットが最低でも5,000個、通常で10,000個以上になるケースもあります。
中には、小ロット(1,000個程度)から対応してくれる会社もありますが、単価は高めになります。

固形石鹸を自社の設備でOEM製造できる会社は非常に少ないです。
おそらく全国でもせいぜい数十社程度だと思います。

さらに、固形石鹸にはその製法の違いで2種類存在します。
「機械練り石鹸」と「枠練り石鹸」です。
この違いについては、ここでは割愛するとして、この2種類を両方作れるOEMメーカーとなるとさらに少なくなります。

具体的な企業名を記載してしまうと、禁止事項になるかもしれませんので、「石鹸 OEM」というキーワードでネットで検索してみるのが良いいでしょう。

まず、固形石鹸を...続きを読む

Q化粧品販売店を開業するには!

私の妻は以前、化粧品のアドバイザーとして某化粧品会社に勤めていましたが、出産退社して 今に至ります。
その経験を生かして化粧品販売店を開業したいと言っているのですが、開業するにあたり許可や資格などはいるのでしょうか?
又、開業資金(不動産関係費は除く)や仕入れに対しどのくらいの利益がでるのでしょうか?どのようなリスクがあるかなど教えて頂けると助かります。
まったくの素人なのですみませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yamame1149さん こんばんは

 #2です。

 ドラックストアーでも化粧品店を併設しているショップも有りますが、多くのドラックストアーでは制度化品の化粧品は販売していません。確かに資生堂・カネボウと言うブランドの商品は扱っていますが、良く商品を見ていただければ解りますが、販売元資生堂とかカネボウとなっていません。例えばエフティー資生堂(商品で言えば「水分ヘアパック」等のシャンプーなど)やカネボウホームプロダクツ(商品で言えば「プロスタイル」等のムースなど)の子会社が作った製品がほとんどです。資生堂やカネボウと言っても、子会社では一般化粧品を作っているんです。そう言う一般化粧化粧品を、資生堂やカネボウと言うブランドイメージで売っているわけです。ですから、一般化粧品で有るがゆえに、幾等資生堂・カネボウと言うブランドでも仕入れ値が60%以下の事もあり、2割引き位の値段を付けても利が出る事になります。

 奥様の場合は、多分制度化品に分類される化粧品を売りたいんだろうと思います。制度化化粧品の場合は、医薬品とまでは行かなくても医薬品に近い様な効能効果がある成分が含まれています。従って間違って使ったら場合によったら・・・・と言う事だって0%では有りません。従ってほぼセルフサービスと言うドラックストアーが行なっている販売形態では販売が出来ないんです。例えば奥様の様な化粧品のしっかりした知識を持った方が販売し、買う側も奥様の様なしっかりした知識を持っている方に相談しての販売が鉄則になっています。ドラックストアーの場合は、人件費等の経費節減をする事で薄利多売のなかでもしっかりした利益を得ていますから、奥様の様なけ商品の商品知識を持った人を雇えないと言う部分はあります。つまり、ある意味では「ドラックストアーは眼中無い」的な考えでも大丈夫だと思いますよ。もちろん、シャンプーやムース等のヘアーケア商品に付いてはダブル部分も有りますから、全てが眼中なしと言うわけには行きませんけど。
 それとドラックストアーで販売している商品って全て安いのでしょうか???それは違うと思います。実際、私の薬局の方が安い商品もたくさんあります。一部例えば新聞折込している商品は、例えば私のお店の仕入れ値と同じ値段で販売している場合も有ります。それでも消費者は「ドラックストアーの方が値段が安い」と考えています。それはなぜでしょうか??それはドラックストアーの方が「安売り」としてのイメージ戦略しているからで、その戦略が上手なんです。そう言う意味も含めて(もちろん販売方法が「安売り」なら別ですが・・・)「ドラックストアーが眼中無い」で良いと思います。

 どんな業種でも資金力がある大手の方が、大量に仕入れる事が出来て安売りには向いています。大手が本気になって安売りしたら、街場の小さなお店は100%敵いません。そんな事消費者はほぼ100%知っています。ですから街場のお店の場合には、概ね値段では期待していません。期待しているサービスは、商品に対して等の知識です。化粧品店の場合は、商品に対しての知識と例えばどの色とどの色を組み合わせたら使う方の顔色からして華やか見見える等の美容的な知識です。私も化粧品を買う時に、お店の美容部員さんにメイクを直して頂くのですが、同じメーカーの同じ色の化粧品を使っただけでも見栄えが違っています。そう言うちょっとしたコツみたいな物を教わりたいと考えています。そう言う知識を街場のお店には求めているんです。つまり奥様の今まで培った知識を十分に生かしきれば、何とかなる可能性は高いと思いますよ。

 初めてやる商売ですから、色々不安な事は多いと思います。もちろん大手の攻勢で街場のお店は大変なのは確かです。奥様としっかり話し合って本当に開店するという方向になったら頑張ってみては如何でしょうか??大手には出来ないやり方・奥様の知識を生かす方法で頑張れば、大儲けは出来なくても何とか成り立つお店経営は可能だと思います。頑張って下さい。

 

 yamame1149さん こんばんは

 #2です。

 ドラックストアーでも化粧品店を併設しているショップも有りますが、多くのドラックストアーでは制度化品の化粧品は販売していません。確かに資生堂・カネボウと言うブランドの商品は扱っていますが、良く商品を見ていただければ解りますが、販売元資生堂とかカネボウとなっていません。例えばエフティー資生堂(商品で言えば「水分ヘアパック」等のシャンプーなど)やカネボウホームプロダクツ(商品で言えば「プロスタイル」等のムースなど)の子会社が作っ...続きを読む

Q化粧品の輸入販売業をはじめるには?

アメリカで製造されている石鹸を輸入し、日本国内で販売しようと思い、いろいろ知らべていましたが費用の見当が付きません。
計画では自宅を保管場所として、化学系の専門学校を卒業した私自身が技術責任者として申請するつもりです。(会社員ですが副職として計画中)
輸入経路でかかる費用はともかく、行政手続でかかる費用が一般的に幾ら位かかるものなのか経験者の方など詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

再登場です。
補足を拝見しました。
過去に輸入前例があるということですから,おそらくは全成分が制限なし,あるいは,ポジティブリストに該当するであろうとは思いますが。
2001年の規制緩和によって,配合禁止成分(ネガティブリスト)が入っていないことが確認できれば,販売名の登録(都道府県薬務課に届出)のみで済むようになっています。
いずれにせよ,輸入先製造所から取り寄せた配合成分表(成分名と配合率の一覧表)をチェックする必要があります。
以上kawakawaでした

Q個人事業で化粧品や衣料の輸入販売について

海外より化粧品や衣料を輸入し、販売することを考えています。

実は今すでに、EMSにて個人輸入をして、ヤフオクで販売していますが、
規模を拡大したいと思っています。
現状としては、おこずかい程度の収入で、税金も払っていません。
化粧品は24品目までという範囲で、その中で行っています。

今後はきちんとしたお仕事としての事業展開を考えています。
また、ゆくゆくは、実店舗を持っての販売も考えています。
その際、個人事業、または会社設立のような手続きをとる必要があると思うのですが、
全くの素人です。
輸入の際の関税や税務署などお役所の手続きなどもきちんとしておきたいです。

また、輸入元ですが、今は海外在住の友人に送ってもらっているのみですが、
現地の会社から送ってもらうことも考えています。
その際、こちらも「会社」である必要がありますか?

全くの、素人の質問でもしわけありません。
自分でも勉強していこうと思いますが、
手がかりさえつかめない状況です。
どなたか、あまり専門的ではなく、ヒントのようなアドヴァイスをいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

海外より化粧品や衣料を輸入し、販売することを考えています。

実は今すでに、EMSにて個人輸入をして、ヤフオクで販売していますが、
規模を拡大したいと思っています。
現状としては、おこずかい程度の収入で、税金も払っていません。
化粧品は24品目までという範囲で、その中で行っています。

今後はきちんとしたお仕事としての事業展開を考えています。
また、ゆくゆくは、実店舗を持っての販売も考えています。
その際、個人事業、または会社設立のような手続きをとる必要があると思うのですが、
全くの...続きを読む

Aベストアンサー

以下の「3.国内法による輸入規制品」これは知っていますか?
http://www.mipro.or.jp/import/qanda/basic/q01.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報