ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

今日 大家の水道管が破裂したらしく、工事することになりました。
工事する際に もしかしたら 「冷房が弱くなるかも知れない」と言われました。
電話ではすぐ終わりような 様子でしたが 一日無駄になりました。
そして実際工事をしてみたら やはり エアコンが 動かなくなりました。 工事中には 一度風力の確認をしていたらしいです。

どう考えても工事が原因で動かなくなったのに、
エアコンが古く もう部品が無い と言われ修理が出来ないと言われました。 

メーカーで裏を取りましたが、エアコンの部品は2007年で部品供給が終わっており、後は在庫部品があれば対応が出来ると言う事でした。

おかしいので文句を言うと 大家の夫だと名乗るおじさんがやって来て、エアコンが古いから工事との因果関係は無いと言われました。
(そのおじさんにははじめて会いました。最初誰だか分かりませんでした。)

それは筋が通ってないと抗議すると、後日メーカーを呼んで、調べて工事に関係あるかをはっきりさせてから 回答すると言うことだった。

電気工事関係の資格はあるのか 聞くと 持っていると回答されたので、今度ははっきり、名刺と資格を見せてもらうことにします。

この様な場合はどうしたら良いのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般に水冷式はビルの空調などに使う業務用に多いので確認ですが、問題になっているのは電気で動く普通の家庭用エアコンですよね?それなら水道工事で影響が出るということはあり得ません。

にもかかわらず「冷房が弱くなるかもしれない」と向こうからわざわざ言ってきたということは、水道管の破裂または工事で誤ってエアコンの室外機に害を加えてしまったということを自ら認めているに等しいと思えるのですが・・・。

考えられるのは、(1)水道管が破裂した際、あるいは工事の際吹き出した水がエアコンの室外機に激しくかかり、内部の基板などの部品が濡れてしまい故障した。(2)工事の都合上、室外機を動かす必要が生じ、知識がないままにエアコンの配管を外してガスを大気に放出してしまった。あるいは無理に動かそうとしてエアコンの冷媒配管の接続部分に無理がかかりガス漏れを起こさせてしまった・・・というところでしょうか。個人的には(2)の可能性が高いと思います。水道工事に限らず、外壁の塗装工事などでも同様のことがよく起きています。

まずはメーカーのサービスを呼んで何が原因で動かないのかをはっきりさせてもらうのが先決です。もちろん偶発的に工事と同時期に故障が出るということもないわけではありません。しかし、それならなぜ専門家でもない水道業者が始めに「冷房が弱くなるかもしれない」と言えたのかという疑問がわいて来ます。やはり工事で何かのミスがあったのではないでしょうか。
    • good
    • 0

水冷式のクーラーで水が不足すると能力が低下します更に不足すると高圧リレーが作動して運転が停止します


だからクーラーが故障することは考えられません
高圧リレーはガスの温度が下がると自動復帰します
高圧リレーが故障していたら自動復帰できないかもしれません
水道工事が原因で故障したのではなくすでに故障していたところに水不足で自動停止した
水不足で自動停止まではよかったが復帰機能が故障していたので運転が再開できない
こういうことだと思います
    • good
    • 0

簡単なことだ。

エアコンを元に戻してもらうまで、家賃を供託所に供託すればいいだけの話。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり 供託しかないですかね。

家族で相談した際には 供託 という意見もでました。

お礼日時:2009/04/19 20:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング