今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

PAのスピーカーの接続について教えてください。
趣味で音楽活動をしていまして、最近PA機材を新しく買いました。
以前にも小さいPAを持っていたので、それらを活用してLIVEを行う予定です。
しかしながら、インピーダンス名殿に関してわからないことが多く質問させていただきます。
よろしくお願いします。

  パワードミキサー:BEHRINGER / PMP3000 Europower(450W×2、4Ω)
  スピーカー(1):BEHRINGER / P2520 EUROLIVE(4Ω)
  スピーカー(2):CLASSIC PRO / CSP12(8Ω)

これらの機材を所有しています。
この場合に、パワードミキサー → スピーカー(1) → スピーカー(2)と接続した場合、スピーカー(1)(2)ともに壊れる可能性はあるのでしょうか?
インピーダンスが合わないので、スピーカーに悪いと聞いたことがあるのですが。。。
あまりに素人的な質問ですみません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

PA機材のことをAVカテで聞くと、家庭用オーディオしか知らない人から安請け合いな知ったかぶり話が出やすいので、やばいんですけどね…



ズバリ言って、PMP3000では、P2520を1対2基しか鳴らせません。
どう繋いでもダメです。

単純理屈では、P2520とCSP12を「直列→合成抵抗12オーム」になるように繋げば安全とは言えますが、それは単なる「机上の空論」で、そんな繋ぎ方したら音量も音質も半減以下になります。だいいち、CSP12の方がめちゃくちゃダラダラで荒れ荒れな音になって、なんのために繋いでるのかわかんなくなります。素直にP2520だけ繋ぐ方が、音量音質とも遙かに上です。

じゃあ…と、CPS12とP2520を並列に繋いだら…理屈上の合成インピーダンスは2.6オームくらいで、家庭用機器しか知らない人なら「小音量なら大丈夫」などと知ったかぶりほざく所ですが、まぁ大抵はPMP3000のフェーダーをロクに上げないうちにパワー部のプロテクトが落ちて、音が出なくなります。プロテクトだけなら自動復帰しますが、回路中のヒューズが飛んだらメーカー送りです。

これは、実務上、インピーダンスがどうしたこうしたというレベルの問題ではないんですよ。

なので、どうしてもCSP12も使いたいなら、別途、CSP12用のパワーアンプを用意して、PMP3000から2種類の出力を出して、P2520とCSP12それぞれの系統に独立して出力信号を送ってやるのが一番良いです。
CSP12の方はグルーブラインで出したりモニター系統で出す等…です。メイン出力を単純に2分岐したら、CSP12とP2520ではかなり出音が違いますから、調整がしんどいですよ。

と、一応は素人PAとしてもアドバイスです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうですか、、、
素人なりに「こわれるなか。。こりゃ。。。」と予感していましたw
P2520があまりに中高音の抜けが悪すぎて、まったく使い物にならないので、CPS12で補おうと考えたのですが。。。
どちらにしても、Voモニターも何らかの措置(購入)しなくてはならないし、パワーアンプ(×2)を購入しようかと思います。
そもそも、パワードミキサーを買った時点で私たちにとってはOUTだったんです(^^;)
まぁ、そんなに大きなところでLIVEするわけでもないので、少しづつでも機材をそろえて、みんなが楽しくLIVEできる環境を整えていきたいと思います。
まことにありがとうございました。

お礼日時:2009/04/19 23:40

No.1です。

お礼をどうもですが…

うーん、
>P2520があまりに中高音の抜けが悪すぎて、まったく使い物にならないので、CPS12で補おうと考えたのですが。。。

確かにね、ベリのPシリーズは、低域がややボン付く割に高域がすっきりしませんので、ヌケ感は悪いんですけどね(あの値段ですからねぇ)(^^ゞ

ただ、特にP2520は、有る意味「サブウーハ内蔵スピーカ」的に捉えた方が良いです。その割に、まとめてしかコントロールできない難儀なスピーカだと(^^ゞ

これは、PAとしては邪道なアイデア提供ですが、私だったらミキサーを2段構えにして、ボーカルとリード系楽器だけをミキサー1にまとめてCSP12へ、ミキサー1の音とドラム/ベースの低音楽器系をPMP3000で受けて、低音迫力重視としてP2520をややサブウーハ的に位置づけでPMP3000から鳴らしますね。
もちろん、こういうやり方すると、P2520とCSP12の配置は悩み所ですが(^^ゞ
ただ、素人PAでは、本来は邪道技も良い所ですが、これっくらい割り切ってスピーカ単位で役割分担切り分けないと、逆に調整が難しいです。ま、プロの方ならこれ読んで「アホか」と思うでしょうが、自分の素人PA歴上は、もちろん問題も抱えながらも、この手でちょっとマシな音を出せたことは多いので。

あと、P2520単体でやる時は、PMP3000のグライコを以下に上手く調整するかですね。相手がP2520では、参考書のセオリーは通用しません。すっきりした音に近づけたがったら、むしろ低域(100~500Hzくらいか?)は、半ば「こんなに切ったら、何のための15インチツイン構成かわからんっ」ってくらい押さえた方が、結果的には良いかもしれません。ある程度思い切った、ちょっとセオリー外の使い方は試してみる…っていうよりは、このスピーカーでは試さざるを得ないかっ(^^ゞ という居直りも必要かもですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

以前に、別々にパワードミキサーを接続して音をそろえたことがありました(^^;)その時は、PMP3000のモニターアウトを利用したので、中高音だけをCSP12へ送ったわけじゃないので微妙ですが。。。
でも、やっぱり音を整えることは非常に難しく、気に入る音にはならなかったものの、「まぁ、こんなもんだろう」くらいの音にはなりました。
私自身がベースを弾いていることもあり、PMP3000の音は嫌いではないのですが、ボーカルやキーボードが非力になるので・・・
機材倉庫&練習場所からいつもLIVEしているところへの運搬や、機材に無駄な出費を抑えたいなどの理由から、「ミニバン1台にPA機材搭載」を目指して購入が必要なものをもう一度リストアップしてみます(^^)
その前に、何時間(何日?w)かかるかわかりませんが、PMP3000+P2520で低音から高音までけフラットに出るような仕様を研究してみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/20 10:45

はじめまして♪


回答#1の kenta58e2 様のおっしゃるとおりです。

スピーカにはほとんど悪影響は有りませんが、アンプと出て来る音色が壊れると思います。

スピーカーはどちらか一組を使ってください。
 はね返り等に利用する場合でも 音量調整等が必要でしょうから、パワーアンプ(又は単品のプリメインアンプ流用も可能かも)を用意してください。

スピーカーの音色で、違う種類を組み合わせ、それぞれの長所を引き出すのはなかなかムズカシイものです。 大抵はそれぞれの弱点が影響し合い、音が悪くなる事がほとんどですから。

2種類のスピーカーで、好みの音質の方をメインとし、メインのスピーカーでは十分に聞こえない範囲のカヴァー用としてもう片方のスピーカーを活用されたら良いと思います。

機材がムダになったり、壊してしまったんじゃなにもなりませんので、いろいろ検討して、良い方向へ行けるよう ガンバってください♪

追伸:#1様ご指摘のとおり、一般家庭の会話が出来る音量でしたら、両方のスピーカー接続で いきなり壊れる事はめったに無いと思います。あくまで自己責任ですが、十分に小音量なら実験は可能だと思いますよ。(広い部屋などでは、音量感を得るためかなりのパワーが出る場合もあり、十分に注意が必要です。オススメはいたしませんが、、、)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

音色が崩れてしまってはだめですよねぇ。。。
プレイしているのがHRがおおいので、小さい音でちまちまやってられない(?)野性的なことをやっていますので、今の機材だけではだめですね(^^;)
実はこの週末にもLIVEをやる予定なんです。
そこは小さなところなので、CSP12を利用してボーカルとキーボードを鳴らしてやろうと思ってるのですが。。。爆音大好きっ子が若干名いるので、、、
私もまだPAを触り始めて間もないので、皆様の知識と経験をいただきつつ、少しでも音職人の勉強をしていきたいと思います(^^)
まことにありがとうございました。

お礼日時:2009/04/20 10:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Q2種類のスピーカーを同時に鳴らす場合2。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2365874
に「2種類のスピーカーを同時に鳴らす場合。」という質問がありました。私もこの方と同様の構成を考えています。オーディオ構成は以下の通りです。
プリメインアンプ:DENON製PMA-390AE(A or B 4~16Ω、A+B 8~16Ω)
スピーカー:A…Bowers & Wilkins製705(8Ω)、B…ノーブランド(4Ω)
DVDプレーヤー:DENON製DVD-1910
それで前述の質問に対する回答によれば、A+Bを並列ににつないだ場合、(8Ω×4Ω)÷(8Ω+4Ω)=2.67Ωとなり、アンプの許容範囲外。よって直列につなぎ8Ω+4Ω=12Ωでアンプの許容範囲内でO.K.となる、とは思うのですが、ここで一つ質問。並列の計算式が正しいとすればどんなスピーカーを使ってもアンプの許容範囲外になりはしませんか?スピーカーって大抵4~8Ωの間ですよね?それでは一体何のためにアンプにAとBの端子があるか分からないような気がしませんか?普通に考えてスピーカーを4つつなぎたいならA、Bそれぞれに普通に+-をつなぐのが妥当というものでしょう?皆さんはこの問題についてどう思われますか?またはどのように対処されているのでしょうか?是非ご回答頂きたく思います。よろしくお願い申し上げます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2365874
に「2種類のスピーカーを同時に鳴らす場合。」という質問がありました。私もこの方と同様の構成を考えています。オーディオ構成は以下の通りです。
プリメインアンプ:DENON製PMA-390AE(A or B 4~16Ω、A+B 8~16Ω)
スピーカー:A…Bowers & Wilkins製705(8Ω)、B…ノーブランド(4Ω)
DVDプレーヤー:DENON製DVD-1910
それで前述の質問に対する回答によれば、A+Bを並列ににつないだ場合、(8Ω×4Ω)÷(8Ω+4Ω)=2.67Ωとなり、アンプの許容範囲外。よって直列につ...続きを読む

Aベストアンサー

2種類のスピーカーを同時に鳴らしても、音が悪くなりこそすれ、良くなることはありません。(そっちの音の方が気に入った!というのであれば、もうそれ以上なにも言う事はありませんが…)

そもそもAとBは同時に鳴らすために付いている端子ではなく、2種類のスピーカーをとっかえひっかえ切り替えて鳴らすのが本来的な目的なのですよね。同時に鳴らせてしまうのは、「昔からそうだったから」「まあ、同時に鳴らしてもいいけど」程度の意味合いしか実質無いんです。

それから、近年流行りのバイワイヤリングをするためには、同時に信号が導通しないと困ったことになります。そんなこんなでたまたま同時にオンが出来るようになっているだけ、と考えましょう。

なお、合成インピーダンス(交流抵抗)を直流抵抗扱いで計算することにもあまり意味はありません。上記2.67ohmというのもほとんど意味をなしていません。

もし仮に2.67オームだったとして、それを鳴らして即座にアンプが壊れるというものでもないです。(ミニコンポを除いて)アンプ終段はそんなに脆弱ではないし、よほど大音量でドカドカやらない限りは壊れません。しっかり作ってあるアンプならば過電流保護回路が先に働くでしょう。ただし想定されていない低インピーダンスをつなぐと音質劣化している可能性は高くなります。

2種類のスピーカーを同時に鳴らしても、音が悪くなりこそすれ、良くなることはありません。(そっちの音の方が気に入った!というのであれば、もうそれ以上なにも言う事はありませんが…)

そもそもAとBは同時に鳴らすために付いている端子ではなく、2種類のスピーカーをとっかえひっかえ切り替えて鳴らすのが本来的な目的なのですよね。同時に鳴らせてしまうのは、「昔からそうだったから」「まあ、同時に鳴らしてもいいけど」程度の意味合いしか実質無いんです。

それから、近年流行りのバイワイヤリングを...続きを読む

QPAでのエフェクターの接続形式について

こんばんは。
PAでのエフェクター接続形式についてです。
ほとんどが「理解できん!」というより「現物がなく、使ったこともないのでイメージできない」という話なので、質問というよりは確認的要素が大きくなりますが、ご了承ください。
現在接続形式のひとつとして以下の方法を把握しています。

ミキサー→AUXアウト(あるいはグループアウト)→エフェクター→チャンネルインプットへ(原音は0)

これについてですが、出力元のchと最後のチャンネルインプットは別チャンネルで、2ch使った方法だということでよろしいのでしょうか?
また、AUXアウトとグループアウトはどう違うのでしょうか?(もしかしたらDAWで言うところのBusかな?)
あと、原音は0とありますが、これの解釈がイマイチよくわかりません。
もっとも、エフェクトがかかった音とその前の音が同時に出たらまずいのはわかる(0にする理由はわかる)のですが、0にしたらAUXアウトに行く信号も0になるのではないかと思います。
AUXアウトに行く信号の大きさはフェーダーに依存しないということなのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

こんばんは。
PAでのエフェクター接続形式についてです。
ほとんどが「理解できん!」というより「現物がなく、使ったこともないのでイメージできない」という話なので、質問というよりは確認的要素が大きくなりますが、ご了承ください。
現在接続形式のひとつとして以下の方法を把握しています。

ミキサー→AUXアウト(あるいはグループアウト)→エフェクター→チャンネルインプットへ(原音は0)

これについてですが、出力元のchと最後のチャンネルインプットは別チャンネルで、2ch使った方法だというこ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
いつも説明がヘタで申し訳ないです(^^ゞ

PA実務の技術に関する書籍等はいろいろありますが、解説に使われる実機の題材が、ごく普通のアマチュアでは、まず触れる機会の無い機材である事が多いですから、読んだだけじゃピンと来ない場合が多いですね。

ミキサーなんかでは、ヘタな技術書よりメーカーのマニュアルの方がよっぽど役に立つこともあります。初心者には、YAMAHAのアマチュア向けミキサーのマニュアルなんかが、基本操作部は結構わかりやすいですよ。
例:http://www2.yamaha.co.jp/manual/pdf/pa/japan/mixers/MG16_4J.pdf

エフェクト関係は、個人的にはZOOMの製品のマニュアルが、操作体系としてはわかりやすいと思ってます。
例:
http://www.zoom.co.jp/archive/Japanese_Manual/J_RFX1100.pdf
http://www.zoom.co.jp/archive/Japanese_Manual/J_RFX2000.pdf

海外メーカー製品は、マニュアルだけ見れば、訳がなんか変で結果的にわかりにくい奴が多いんでねぇ(^^ゞ

アマチュアPA実務では、外部エフェクト機器側のエフェクトの選択や調整は、リハ時点でキメ打ちにしてしまい、本番中は外部エフェクト機器自体は一切触らないのが理想です。
よって、エフェクトの効きは、すべてミキサー側の「エフェクト機器への送り音量」と「エフェクト機器からの戻り音量」だけで調整することになります。
(もちろん、チャンネルインサートを使って個別チャンネルにエフェクトを掛ける場合と、MASTER OUTより後ろにエフェクトを置く場合は話は別です。)

対:外部エフェクト機器の送り/戻りをミキサー側で調整する際には、アマチュアPA実務では、
1)AUX SENDで送ってAUX RETEURNに戻す
2)AUX SENDで送って、空いたLINE INPUTチャンネルに戻す
3)GroupOUTで送って、空いたLINE INPUTチャンネルに戻す
の3つが(アマチュアユースのミキサーの機能面からも)基本形になると思いますが、それぞれ一長一短…というよりは、アマチュアでは手持ち機材の機能に合わせて選択せざるを得ないので、どれがベストかはケースバイケースです。

というのは、アマチュアユースの機器では、AUXはエフェクトよりも先にモニター用に回さなきゃならんとか、使用チャンネル数がミキサーのギリギリで、空いたLINE INPUTチャンネルなんか無いぞ(-.-)とか、GroupOUTとMASTERを切り離せないとか(GroupOUTはすべてMASTERに繋がっている仕様のミキサーとかもあるので)で、「こういうセットに組みたい」と思っても、やりたくてもできないことも多いですからね。

PREフェーダーは、メインフェーダーの手前から信号を分岐してAUXを送るという意味で、メインフェーダーの位置と関係なく送り音量をツマミで決められます。
POSTフェーダーは、メインフェーダーを通過した後の信号を分岐してAUXを送るという意味で、メインフェーダーを下げるとそれに比例してAUXの送り音量が下がります。メインフェーダーがゼロ音量ならAUXの送りもゼロになります。

PREフェーダーは、その性質からモニター用に使いたいケースが圧倒的に多いです。
そして、PREフェーダーから外部リバーブに信号を送ると、特に調整しなかったら、声を消そうとメインフェーダーを下げても、声のリバーブ音だけがスピーカから出っぱなし…ということになりがちです。
POSTフェーダーのAUXを使えば、メインフェーダーを下げればリバーブ音も下がりますので、メインフェーダーさえ下げれば確実に原音もエフェクト音も消えますから、リバーブエフェクトはPOSTを使うのがベストです。

GroupOUTも、アマチュアユースのミキサーならPOSTフェーダー動作が普通ですから、同じように使えますが、私はGroupOUTを使ったエフェクトワークは絶対にしない流儀です。現場で勘違いが発生しやすいので、キライなんです(^^ゞ

エフェクト音の戻しは、可能ならフェーダー操作できる空きのLINE INPUTチャンネルを使えるに超した事はありません。その方が一瞬でエフェクトOFF操作ができるという点では、No.2さんのおっしゃるとおりです。
でも、アマチュアユースのエフェクト内蔵ミキサーなどで、内蔵エフェクトを使う時は、結局はツマミ操作を強いられますから、そこは慣れですね。実際、空きチャンネル不足でフェーダーが使えない事も多いですから…
なので、私の流儀では、エフェクト戻りをフェーダー操作する事にはこだわりません。その代わり、外部エフェクト機器の方で、なるべく1ボタンでエフェクトOFFができる機材を用意して、不測の事態ではエフェクト機器の方を止めるという選択が取れるようにする方向性の流儀です。

これは私の個人的な持論なんですが、少なくともアマチュアPAでは、「どう音を作るか」よりも先に「いかに確実に音を出し」かつ「いかに確実に音を止めるか」という技術の方が重要だと思っています。

特に、この「いかに確実に音を止めるか」というのは
・いかにハウリングを防ぐか
・バンド入れ替え時の事故をいかに防ぐか(ケーブル抜き差し時のノイズなど)
・(曲の流れで)不要なチャンネルをいかに確実に落とすか
等という、すべて「PA側でどうすれば確実な手順を踏めるか」という、音そのものとは全く関係ない技術・手順なんですが、音の良し悪しより前に、そういうことが確実にできないとどうしようもない…ということなんですね。

こいつは、PAのハウツー本や機器のマニュアル見たって、なかなか体感できませんから、『身体で覚える』しかないんですけど(^^ゞ

そういう「裏方のさらに裏技」的な部分では、若干の経験話も持っていますので、また何かございましたらご質問下さい。

No.1です。
いつも説明がヘタで申し訳ないです(^^ゞ

PA実務の技術に関する書籍等はいろいろありますが、解説に使われる実機の題材が、ごく普通のアマチュアでは、まず触れる機会の無い機材である事が多いですから、読んだだけじゃピンと来ない場合が多いですね。

ミキサーなんかでは、ヘタな技術書よりメーカーのマニュアルの方がよっぽど役に立つこともあります。初心者には、YAMAHAのアマチュア向けミキサーのマニュアルなんかが、基本操作部は結構わかりやすいですよ。
例:http://www2.yamaha.co.j...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qスピーカーのパラレル接続について

音響関係にうといので、ぜひ教えて下さい(><)
BOSEの101MMというスピーカーを2台1組でパラレル接続したいと考えているのですが、具体的にはパラレル接続とはどのように接続すればよいのでしょうか?特殊なケーブル等は必要ですか?
また、DENONのプリメインアンプPMA-390AEに接続しても大丈夫でしょうか??
素人質問で申し訳ありませんが、力を貸して下さい!お願いします。

Aベストアンサー

BOSEの101MMですよね。これですよね。
http://www.bose.co.jp/jp_jp?url=/pro_sound/retail_stores/compact_speakers/101mm/101mm_spec.jsp

上によると、インピーダンス6Ωですよね。

アンプはDENONのPMA-390AEですよね。これですよね。
http://denon.jp/ownersmanual/pdf/pma390ae.pdf
この取説の8ページの注記では、スピーカ出力AとB同時使用の時の、各スピーカのインピーダンス指定は8~16Ωですよね?

まぁ、PMA-390AEは、結構しっかりした造りのプリメインアンプだったと思うので、室内のリスニング用途なら、101MMをスピーカ出力AとB使った4本繋ぎでも大丈夫かな? とは思いますが、101MMは取説の注記より低いインピーダンスなので、大音量で鳴らすのが前提だったら、ちょっと怖いですねぇ。
私だったら、怖がりなのでこのアンプで101MMの4台接続はしませんけどね(^^ゞ

というか、私は素人PAステージのモニター用で、101MMを結構大音量で鳴らすんですが、大音量時は見た目の割にパワーを食うスピーカなので、下手なパワーアンプだとアンプがダレてくるため、PA用の2Ω対応のアンプでも、よっぽど切羽詰まらない限りはパラレルにはしないです。パラレルにすると音も悪くなるし(アンプによるでしょうけど)。

えっ、さらに2台追加で6台ですか?(^^ゞ

うーんと、理屈だけなら

---101MM---101MM---アンプのA端子に
------101MM-----アンプのB端子に

とすれば、アンプから見た見かけのインピーダンスは4Ωになるので、鳴らすことはできると思うのですが、超単純な小理屈計算だと、アンプが100W目一杯出しても端子Aの101MMは1個当たり15Wちょい、端子B側の101MMは70W弱・・・と、超アンバランスな鳴り方になってしまうので、こんなんで質問者の方の用に足りるかどうか・・・と思いますね。

質問者の方にも事情があるんでしょうから、勝手な意見だとは思いますが、なんとかアンプをもう2台調達して、アンプ3台で101MMを6台鳴らす方が、音も効率もいいことはいいんですが・・・残り2台のアンプが、PMA-390AEの半分くらいの出力のショボいアンプだとしても、PMA-390AEに無理やり6台繋ぐことに比べれば、音量も音質も段違いに良くなるし、はるかに安全だと思います。

BOSEの101MMですよね。これですよね。
http://www.bose.co.jp/jp_jp?url=/pro_sound/retail_stores/compact_speakers/101mm/101mm_spec.jsp

上によると、インピーダンス6Ωですよね。

アンプはDENONのPMA-390AEですよね。これですよね。
http://denon.jp/ownersmanual/pdf/pma390ae.pdf
この取説の8ページの注記では、スピーカ出力AとB同時使用の時の、各スピーカのインピーダンス指定は8~16Ωですよね?

まぁ、PMA-390AEは、結構しっかりした造りのプリメインアンプだったと思うので、室内のリ...続きを読む

Qアンプとスピーカと消費電力について

野外ライブ用にアンプとスピーカを購入予定です。

野外ライブは、ステージで、歌をうったったり、よさこい踊りのパフォーマンスを予定しています。

30メートルまで十分な音が飛べばよいと考えています。



以前検討していたアンプ

BEHRINGER ( ベリンガー ) / PMP980S EUROPOWER
■パワード・ミキサー
■チャンネル数:10(マイク8、ステレオ2)
■ステレオ出力(ピーク)
8Ω:225W×2
4Ω:450W×2
■ブリッジ出力(ピーク)
8Ω:900W
■各チャンネルEQ:3バンド
■グラフィックEQ:7バンド
■ファンタム電源
■フィードバック検知機能搭載
■エフェクト:2系統
■エフェクト数:99種類
■寸法:46.0×31.5×22.0cm

では出力不足かと思い、少し頑張ってランクをあげてみました。

そこで、消費電力の問題がでましたので質問します。

購入予定のアンプは、

MACKIE ( マッキー ) / PPM1008

■タイプ:パワードミキサー
・4Ω800W+800Wのパワーを誇り、かなり大型のパッシブ・スピーカーをドライブすることができます。PPM1008専用に設計されたClass-Dアンプは、聴衆を圧倒するほどの音圧を提供し続けることができます。
・Fast Recovery回路は、 サウンドのひずみとピークでのラッチング現象を防止し、ピークに近いレベルで使ってもひずみのないミックスを提供します。
・スピーカーを保護するためのリミッターも内蔵。アタック/リリース・タイムは全帯域の音楽ソースを想定して調整されており、不快な音量の上下により、音楽を台無しにしてしまう心配はありません。
・驚くほど軽量で、とてつもなくパワフルです。最大出力で使っても、歪を生じることはありません。

■特徴
・48Vファンタム電源装備。
・2つのDIボックス機能を内蔵し、楽器を直接接続可能(5-6ch)
・外部エフェクター接続可能なインサート端子装備(1-6ch)
・ボーカルや楽器素材に存在感と迫力を与える、新開発のインライン・コンプレッサー搭載(1-4ch)
・Mackieの3-バンド・アクティブ・チャンネルEQ (MIDはスイーブ)
・MainsとMonitor出力に、メインのサウンドとモニターミックスを調整するためのデュアル7バンド・グラフィックEQを装備。
・MACKIE製のパッシヴスピーカーとマッチングさせるための、PASSIVE EQ装備。
・32-bitデジタルRMFX+プロセッサー内蔵

■仕様
・出力端子:スピコン、フォン
・モノラルチャンネル数:8(XLR、TRSフォン)
・スピーカー出力:800W×2(4Ω)
・EQ:3バンド
・AUX:2 (Mon + FX)
・デジタルエフェクト:32-bitデジタルRMFX搭載
・消費電力:680W
・寸法:314×490×290mm
・重量:11kg

です。

スピーカーは、

PEAVEY ( ピーヴィー ) / PV215 を2本

■SRスピーカー、1本
■許容入力:700W(プログラム)
■スピーカー:15"ウーハー×2、1.4" コンプレッションドライバー×1
■コネクター:フォン×2
■インピーダンス:4Ω
■感度:98dB
■最大SPL:123.5dB
■周波数特性(-3dB)58Hz~17kHz
■周波数特性(-10dB)40Hz~21kHz
■寸法:47W×123H×36Dcm
■重量:35.9kg

もしくは、

EV ( エレクトロボイス ) / ELX115 を2本

■SRスピーカー
■スピーカー:15インチウーハー(EVS-15K)x1、ツイーター(DH-1K)x1
■許容入力:800W(プログラム、1,600W(ピーク)
■インピーダンス:8Ω
■コネクター:スピコンx2
■寸法、重量:70.8H×43.2W×38.2Dcm、23kg

準備しようと思っています。

使用する発電機は、インバーター内蔵の2000W物を使用します。

この発電機で、十分な対応が可能でしょうか?

また、どちらのスピーカーが用途にあっているでしょうか?

素人ながら大変こまっております。

よろしくお願いいたします。

野外ライブ用にアンプとスピーカを購入予定です。

野外ライブは、ステージで、歌をうったったり、よさこい踊りのパフォーマンスを予定しています。

30メートルまで十分な音が飛べばよいと考えています。



以前検討していたアンプ

BEHRINGER ( ベリンガー ) / PMP980S EUROPOWER
■パワード・ミキサー
■チャンネル数:10(マイク8、ステレオ2)
■ステレオ出力(ピーク)
8Ω:225W×2
4Ω:450W×2
■ブリッジ出力(ピーク)
8Ω:900W
■各チャンネルEQ:3バンド
■グラフィックEQ:7バンド
■ファンタム電源
■...続きを読む

Aベストアンサー

インバーター発電機は、負荷を検出して発電量を調節しています。
その為、静音タイプでも不可が定格出力の四分の一を過ぎれば運転音(騒音)が急に大きくなるので、2000Wものなら500W以下で使いたいものですね。音を聴いてもらうのですから騒音は少ない方が望ましい。
また、消費電力のカタログ記載は平均値ですが、電力消費先はパワーアンプが独占する状態である為、平均値ではなくピーク値で考えておく必要があります。消費電力680Wだから大丈夫という考え方ではなく、800Wピーク出力時に電源効率80%ならピーク消費電力1000Wが2チャンネルで2000Wなので他に少しでも電力消費するものが接続されていればブレーカーが落ちる場合がある、と考えてください。
でも、ご相談のケースではなんとかブレーカーが落ちなくても済みそうです。が、四分の一負荷までの静音モードで運転できるように計画を立ててください。
となると、できるだけアンプの出力が少なくて済むように高能率(1Wで出せる音量が大きい)のスピーカーが望ましいという事になります。

『30メートルまで十分な音が飛べばよい』って、屋外で30mだと30dBも音量がダウンしますので、1mで120dBなら90dBになります。充分かどうかは主観ですが、90dBは人間が出せる精一杯の大声並みですので、120dBというのが一応の目安にできる音量ですね。(風さえ吹かなければ)
スピーカーの能率によって、それぞれ何ワットのアンプが必要かという事が計算できます。
ちなみに、EV ELX115で120dB出すには300W(95dB+25dB)、PEAVEY PV215で120dB出すには150W(98dB+22dB)必要です。

パワードミキサーを比べてみると、BEHRINGER とMACKIE では、4Ωで450W×2と800W×2で、約2倍のパワー(3dB)しか違いません。
たいした違いじゃないですね。お値段と消費電力はかなり違いますが。
っていうか、今製品マニュアルダウンロードして確認したらMACKIEの800Wはピーク値でRMSは4オームで500W×2じゃないですか、450Wと500W、これじゃ出力に違いは無いと見なして構いません。

ですので、MACKIE PPM1008とPEAVEY PV215 2本の組み合わせ価格で、BEHRINGER PMP980S EUROPOWERとEV TX1152 2本が買えるのではと思いますが、100dB(1W/1m)8ΩのEV TX1152ではどうですか?
これだとアンプが100W出力の時に120dBの音量になりますので、左右合わせて200Wで瞬間的な消費電力が倍の400Wだったとしても、2000W発電機の四分の一出力以内です。
MACKIEと同じくClass-Dアンプで電源効率の良いBEHRINGER PMP1680S EUROPOWERと組み合わせるのも良い選択だと思います。もっと予算があればMACKIEと組み合わせれば良いでしょう。
限られた予算内で、大音量時の明瞭度を考えるとEVを超えられる物は無いと思いますし、
重量も1品(たぶん発電機も)30Kgを超えずに、かなり快適な野外ライブができるのではないでしょうか?

ミキシングは、スライドフェーダーのほうが断然操作性が良いので、個人的にはPMP4000 EUROPOWERなどを使いたいところですが、ボックス型を選択される理由があるのかもしれませんので、参考までとし、無理強いはいたしません。

インバーター発電機は、負荷を検出して発電量を調節しています。
その為、静音タイプでも不可が定格出力の四分の一を過ぎれば運転音(騒音)が急に大きくなるので、2000Wものなら500W以下で使いたいものですね。音を聴いてもらうのですから騒音は少ない方が望ましい。
また、消費電力のカタログ記載は平均値ですが、電力消費先はパワーアンプが独占する状態である為、平均値ではなくピーク値で考えておく必要があります。消費電力680Wだから大丈夫という考え方ではなく、800Wピーク出力時に電源効率80%...続きを読む

Qミキサーからの出力(ステレオorモノラル)について

いつも丁寧なご回答をいただきありがとうございます。

野外ライブ用に、スピーカーとミキサーを購入予定です。

そこで、以下のパワーミキサーを購入するにあたって、購入するケーブルの種類や野外ライブでのモノラル設定を教えてください。

<購入するパワーミキサー>
BEHRINGER ( ベリンガー ) / PMP4000 EUROPOWER
■総入力数:16
■モノ/ステレオ入力 チャンネル:8/4
■ミックスバス SUB/MAIN:3
■マイクプリアンプ:8
■チャンネルEQ:3バンド
■チャンネルFX/AUXセンド:1/2
■FXプロセッサー(系統):1
■出力 PEAK (W):400+400(8Ω)、800+800(4Ω)
■消費電力 (W):1050
■外形寸法 幅×高×奥行 (mm):476×122×460
■重量 (kg):10.4


野外ライブでの使用となりますので、ステレオよりもモノラル出力の方が良いと聞いたことがあります。

その際に、ミキサーにどう接続すればよいのでしょうか?

背面にある、スピコンとスピーカーにあるスピコン端子を結べばよいとは思うのですが、それではステレオ出力になってしまうのでは…、と疑問に思い、今回質問しようと思いました。

こういった機器の使用は初めてですので、わからないことばかりですが、よろしくお願いいたします。

使用するスピーカーは、エレクトロボイス、TX1152を2本です。

いつも丁寧なご回答をいただきありがとうございます。

野外ライブ用に、スピーカーとミキサーを購入予定です。

そこで、以下のパワーミキサーを購入するにあたって、購入するケーブルの種類や野外ライブでのモノラル設定を教えてください。

<購入するパワーミキサー>
BEHRINGER ( ベリンガー ) / PMP4000 EUROPOWER
■総入力数:16
■モノ/ステレオ入力 チャンネル:8/4
■ミックスバス SUB/MAIN:3
■マイクプリアンプ:8
■チャンネルEQ:3バンド
■チャンネルFX/AUXセンド:1/2
■FXプロセッサー(系統):1
■出...続きを読む

Aベストアンサー

再び iBook-2001 です♪

補足を頂きありがとう御座います。
さて、補足に有りました、WalkManやMDからの接続ですが、モノラル入力端子が空いていたら、そちらへ接続、「5、6」「7、8」など。もし、空きがないならステレオ入力の「9/10」「11/12」等を利用します。

接続ケーブルですが、片方がステレオミニで、もう片方が標準フォン(TS)が2つ
私の場合は、この仕様で自作ケーブルが1本ありますが、他に入手し易い市販の、ステレオミニとRCAピンと言うケーブルに、RCAからTSフォンへの変換プラグを組み合わせています。
(もう一つ、奥の手も持っていますけれどね。苦笑)

あと、出力部のスイッチですが、クイックスタートマニュアルだけでは、どうも確証が持てないので、通常利用の一番上で利用された方が無難でしょう。
そのとき、上記のWalkManやMDの接続がステレオ端子を利用した場合は、スピーカーからステレオ環境で出されます。中間のMONOモードでは左右ミックスで出て行くと考えるよりも、Lチャンネルだけが再生される可能性も否定出来ないので、私なら使わない方向で考えますねぇ。
あと、下のブリッジモードはスピーカーの接続等も変わって来ますから、基本的には使わない方向で良いと思います。

(クラシックプロとかベリンガーのパワーアンプ製品で、ブリッジ接続利用をして、個人的にメリットを感じる程では無かったという、あくまでも個人的な感覚が作用しています。笑)

追伸:スピコンケーブルの正しい利用として、さすがJohn_Papa様。
私の場合は必要な部分だけスピコンで、他はケーブルを剥き出して、よじって、絶縁ビニールテープ巻き、を毎回行なっています。知り合いには「イベント屋と違って、お前は電気屋っぽいなぁ。」って言われますけれど、実際にスピーカー接続では電源用のケーブルを多用していたりします(爆笑)
もちろん、ケーブルを引っ張り、アンプかスピーカーが落下する位までは接続が外れない様な強度を持たせた繋ぎ方をしてますけれどね。(^o^汗


あとは、実用時に消費電力が大きいので、きちんと単独電源を得られるようにしておくのがベターです。過去のイベントで電源事情により苦労した事が有りますから、ご一考を。

再び iBook-2001 です♪

補足を頂きありがとう御座います。
さて、補足に有りました、WalkManやMDからの接続ですが、モノラル入力端子が空いていたら、そちらへ接続、「5、6」「7、8」など。もし、空きがないならステレオ入力の「9/10」「11/12」等を利用します。

接続ケーブルですが、片方がステレオミニで、もう片方が標準フォン(TS)が2つ
私の場合は、この仕様で自作ケーブルが1本ありますが、他に入手し易い市販の、ステレオミニとRCAピンと言うケーブルに、RCAからTSフォンへの変換プラグを組み合わせ...続きを読む

Q小規模会場でのDJ用PAシステムについて

DJ用のPAについての質問です。カフェなどでDJをやる時にはどんなPAシステムがふさわしいのでしょうか?ジャンルはロック・ポップス・ソウルなど、いわゆる“ダンスミュージック(ヒップホップやハウス)”ではありません。現在は家庭用のオーディオ(プリメインアンプ+スピーカー)を使用しています。音質的には不満無いのですが、一度アンプをトバしたことがあり(8Ωのスピーカーを2セット、A+Bで長時間・大音量で鳴らした為?)、専用のSRスピーカーを用意しようという考えに至りました。ただ心配なのが(私が無知なだけかも知れませんが)、クラブで「音がいい」と感じたことがあまりありません。クラブでプレイする際には、ミキシングコンソールもグライコもDJ側のミキサーも、EQはフラットにしてもこもった音で、上が抜けてきません。SRスピーカーでレコードを鳴らすことにはそもそも限界があるのでしょうか?どなたかご教授いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。

アンプはまだ生きているのですね。よかった。

音質的には現在のシステムで(スピーカーのユニット構成がわかりませんが)問題ないようですので、そのままご使用された方が良いでしょう。

今後の事やイベント時のバックアップの為に、新人研修の意味で(候補選択肢の)MACKIE SRM350を採用されることをお奨めいたします。
(低音域は物足りないですが、bakeriesさんの求めているベクトルには合っていると思います。)
これは普段は使わないか、またはエージング目的でうすく流しておく程度で良いでしょう。
(一緒に鳴らす事でどんな音質バランスになるか分かりませんので、実際の耳でご判断下さい。)

> JBL JRX115、あるいはべリンガーB1220 and べリンガーのA500
bakeriesさんのご指摘どうりの音になります。(製品の良し悪しは別として)
私としてはこれらのスピーカーをSRと名付けないでほしいと思っています。従来の『PAスピーカー』で通してほしいものです。

以上、ご参考まで

QPAスピーカー設置の高さについて

PAスピーカー設置の高さについて、お尋ねしたいのですが、フロントのスピーカーを、ブロック等を使って、なるべく高く上げたほうが良いのか?顔の高さがいいのか?どのくらいの高さが良いですか?お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪
 ( あれ? 何度め? っと 自分でツッこんでみましたぁ~)

アドバイスにすらなりませんが、、
 かなり 縦長のスペースで、跳ね返り用を 最後部の高所左右いっぱい離しにして メイン(愛用のラインアレイタイプ自作2本で横幅1.8mほど)をステージ足下に左右密着、上向き配置(ちょっとだけ客席へ傾けて) 天井からの反射音で 成功した事もありますよ♪

まぁ 私のメイン自作スピーカーが30cm×90cmの板を組み合わせたトールボーイタイプにユニット多数なので 重量バランスが極端に悪くて 高所に本来の縦置きは危険なためですけれどね(苦笑)

会場の状態によっては 反射音も活用しましょう♪

Qスピーカーケーブルの太さ

スピーカーケーブルというのは結構色々あるようで、太さも結構色々あるようですね。

例えば BELDN だと
8471 16AWG(1.31sq)
8474 14AWG(2.069sq)
8477 12AWG(3.29sq)
は基本的に太さが異なるだけで後は同じようですが・・・

正直な話、ケーブルの太さというのはどういった基準で選定すればいいんでしょうか?

太ければそれだけ抵抗が増えそうな気もしますが、その分電流が多く流れそうですし・・・・

太くなることによるメリットデメリットを教えてくれませんか?

特にデメリットがなければ一番太いものを購入しようかと思っています。

Aベストアンサー

ケーブルと音質の関係はそんなに簡単なものでは有りません。
音楽信号は電磁気学的に言えば歪波交流ですから、それなりの伝送路が必要です。特にスピーカーケーブルは20Hz~100kHzと非常に広帯域をカバーする伝送路であり、通信ケーブルでこの様に広帯域(対数グラフで5桁分)で使われるケーブルはありません。
下記URLに入門編とも言うべき解説がされていますので参考にされては如何でしょうか?
http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

太いケーブルの欠点;
高価。太いケーブルが良い音がすると考えるのは大きな間違え。
表皮効果が音声帯域の中で発現しますから、低音域と高音域とのバランスを上手く設計しないと崩れて、どちらかの帯域強調型となりやすい。

細いケーブルの欠点;
導体抵抗が大きくなるのでダンピングファクターが小さくなる。
ケーブル長が短い場合には問題がなく、太いケーブルより良い音が得られる可能性大。

参考URL:http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

ケーブルと音質の関係はそんなに簡単なものでは有りません。
音楽信号は電磁気学的に言えば歪波交流ですから、それなりの伝送路が必要です。特にスピーカーケーブルは20Hz~100kHzと非常に広帯域をカバーする伝送路であり、通信ケーブルでこの様に広帯域(対数グラフで5桁分)で使われるケーブルはありません。
下記URLに入門編とも言うべき解説がされていますので参考にされては如何でしょうか?
http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

太いケーブルの欠点;
高価。太いケー...続きを読む


人気Q&Aランキング