最近、身の回りに中学受験をする家族を見かけるようになり、上記の疑問が胸をよぎるようになりました。
首都圏在住です。

中学受験に関しては、御三家くらいになれば、確かに東大や旧帝大レベルの進学率は公立高校に比べれば飛躍的によいように思います。
しかし、三教科で受験できる私大受験に関して言えば、公立の進学校でも相当に健闘していますよね。数十人単位、最近は100人以上の数で早慶に合格する公立高校も出てきました(というか、復活してきたと言ったほうが正しいかも)。
翻って。御三家(やそれに準ずる学校)以外の私立の中高一貫で、これ以上の進学実績を出しているかと言えば、はっきり言ってノーです。
ところが、そのレベルの学校への受験でも公立高校への受験勉強とは比較にならないくらいのエネルギーを子供のみならず親も注ぎ入れないと合格できないですよね。
もっとストレートに言えば、中学偏差値は高校偏差値に換算すれば10くらい上、と言われる中、じゃぁ、中学受験で55くらいだった中高一貫の進学実績が偏差値65の公立高校ととんとんか、といえば、かなりの確率でノーですよね。しかも、公立より手厚い授業をしているのが売りにも関わらず!
これってなぜなんでしょう?というのが一つ目の疑問です。

もう一つの疑問は
ということは、進学実績以上のメリットが中高一貫にはあるのか?
という点です。
おそらく、安定した環境というのが回答かと思うのですが…。ただ、すさまじく荒れている中学は別として、授業がそれなりに成り立つ程度の公立中学なら、中学時代にいろいろなタイプの人がいる中で暮らした方が、実は人生経験としてはプラスになるのではないかと思ったりもするのですが。だって、長い人生、自分と同じような人の中だけで暮らせるわけは絶対ないですし、そういう時の自分なりの対処法を学習できますよね。
このあたり、受験をさせる親御さんはそのあたりはいかがお考えなのでしょうか。

中学受験の大変さを見るにつけ、どう考えても投資対効果が低い(経済面ではなく親や子供への心理的負担面)ような気がしてならない者からの疑問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こんにちは!



教育業界8年目のものです。
塾・家庭教師・予備校・学校と全4機関で
1000名以上の子どもたちの指導経験があります。

保護者様の立場からではなく、
・中学受験をサポートする立場から
・中学受験終了後に入学した生徒を指導する立場から
の意見として参考になれば幸いです。

中学受験をきっかけにそれ以来心理カウンセラーに
お世話になっているご家庭を指導した経験もあります。

>中学受験で55くらいだった中高一貫の進学実績が偏差値65の公立高校ととんとんか、といえば、かなりの確率でノーですよね。しかも、公立より手厚い授業をしているのが売りにも関わらず!
これってなぜなんでしょう?


公立より手厚い授業とはどんな授業のことなのかわからないのですが、
中高一貫校の特徴としてあげられることに、
・英語、数学などの授業時間数が公立に比べて多く設定されている…
ということがあります。

他の方の書き込みでもありましたが、
中学1年~高校2年までで高校3年間分を
学習し終えるのが一般的で、高校3年生からは、
入試対策のみになります。
(いわゆる公立高校卒の1浪目と同じ状況にします)。

進学校ともなると1回当たりの授業のペースも早いですが、
そもそもの授業時間が多くさらには深い内容まで突っ込んで
指導しますので、落ちこぼれる子もたくさんいます。
(私はそんな子を家庭教師として数十名指導してきました)

中高一貫の場合は、進度が公立よりもはやい分、
おちこぼれてからの期間が長く、フォローが遅くなると戻るのにも
かなりの時間を要しますので、神経質になることが多いかもしれません。

ある保護者様は、「結局、塾や家庭教師が必要になる」
とおっしゃっていました。私はこれは的を得ていると思います。


結局、私立のように授業数を多く設定すれば、
子どもたちがたくさん学習できるわけではありません。
1回1回の授業をおざなりにすれば、その時間は意味をなしませんので、
1つずつの授業を大切にする姿勢を教えることのほうが大切ではないでしょうか。

中学受験で成功したにもかかわらず、その6年後に飛躍につながっていないとすれば、あくまでも一般論ですが、多感な時代に中学受験のみを目的に小学校から勉強させているからなのかもしれません。

塾講師の立場から考えると、小学生のときに通う塾の先生らの目的は中学受験合格です。でも、保護者様にとっては子どもの教育のための一手段でしかありません。

子どもが塾が大好きで、塾講師の影響をモロに受けることになると、中学受験で合格することそのものが目的化してしまい、その後に多大な影響を受ける場面にたくさん遭遇しました。
(高校2年生になっても、中学受験のような解き方から脱することができなかったり、過去のそのときの栄光を忘れることができなかったり)


個人的な意見としては、中学受験はバクチのようなものだと思っています。
もともと中学受験の制度そのものが一般大衆向けに設計されたものではなく、早熟な子ども合けに創られているものなので、合わなければ無理に受験させないほうが、よいのではないか?と思っています。

ただ、中学受験の問題は大人でも難しくよく練られた問題も多いのが実情です。ですので、中学受験をしなくとも、中学受験の問題を学習することには意義があると思います。

理想としては、子どもと楽しく中学受験の問題に挑戦するなかで、子どもが受験したいと言い出したら受験させる…というのが子どもにとっては最良なのかな…と思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

プロの方のご登場、ありがとうございます。
やはり、ご家庭やお子さんによって「合う、合わない」がきっちりわかれるものが中学受験なんですねー。
「バクチ」とのご指摘に、深く納得です!
質問した甲斐がありました…。
ただ、私から見た場合、数学についてはご指摘の通りとは思うのですが、接している時間数と成績との相関が高い英語については、やはり私立の方がアドバンテージがあるのかなぁ、などとも思っています。
あと、理科や社会は中学受験の知識はそのまま生きますよね。小学校レベルと中高レベルでかなり思考の断絶があるのは数学のみの気はするんですが…。(あと、物理かな。)
ただ、このあたりの私立組のメリットも生かせる人とそうじゃない人で分かれそうですが…。

お礼日時:2009/04/22 12:23

こんにちは



私立中高一貫校に通わせる保護者です。
まあ大体意見は出尽くしてますが、ちょっと違う意見を。

その前に、
まず前提として、小学生に中学受験の勉強をさせることが、詰め込み教育であり、
負担であり、小学校時代の楽しみを奪うように思われているようですが
経験者の親からすると、ちょっとマスコミに踊らされてるかな?という気がします

No3の経験者の方も書かれていますが「親も子も楽しいんですよ」
受験勉強が楽しいって、たぶん親でもなければ想像できないと思いますが。
受験の後にぶっ倒れるというのは、本人から見ると全力疾走した後の爽快感です
対外的には「いやあ疲れちゃってさあ、もう二度とやりたくない」って言うと思いますけどね、内心は「あぁ~楽しかった!」です

また詰め込み教育を悪と考えられているようですが、
小学校時代の「徹底した詰め込みと計算と読み書きの演習は絶対すべき」ですよ
これについては100ます計算で有名な蔭山先生の著書をお読みください
ただし蔭山先生自身が中学受験推奨派ということではないです。

>進学実績以上のメリットが中高一貫にはあるのか?
1つはやはり部活ですね。
公立中で楽しかった部活も受験で分断され、高校に入ると必然的に
メンバー入れ替わります。これがメリットの場合もあるけど、いろいろ話を聞いても
中学時代の部活の方が面白かったことが多い。これは中学時代は雑多な人が居たからではなく、あの中学時代を共有するから面白いのではないかと思ってます。
その人間関係が高校まで5年6年続いた方がいいという判断をしてます

>中学時代にいろいろなタイプの人がいる中で暮らした方が、実は人生経験
>としてはプラスになるのではないかと思ったり
これは公立中派の方が必ずこの意見を言うのですが
特に首都圏では、ちょっと幻想です。つまり「中学受験を選択しない層」という違った
フィルターがかかってしまっているという現実があります。

また雑多なタイプでの経験が本当に人生経験にプラスになるか
個人的には疑問です。私も地方公立中出身ですからわかりますけど
学校の中でシンナー吸うやつがいたり、トイレにはコンドームが散乱し
卒業式はOBがバイクで乱入と言う感じの学校でしたが、
彼らとの接触が人生にプラスになっているとはとても思えません

ただし受験して地元の中学校に進学しないデメリットとして、
地元友達ができなくなるというのはあります。例えば成人式は行政単位で区切りますが
中高一貫の場合はいろいろな地域から集まりますので、地元の市が開催する成人式に
参加しても知ってる人居ないということが起こりえます。

他には、女の子の場合、成長が早いので、中学受験させるという考えもあります。
実際問題、小4ぐらいから受験勉強に取り掛かるわけですが
4~8月に生まれた女の子と1~3月に生まれた男の子では
同じ学年なのか?と思うほどの差があります。
この年代で成長早い女の子なら、どんどん吸収しますから、勉強楽しいんです

>中学偏差値は高校偏差値に換算すれば10くらい上、と言われる中
>中学受験で55くらいだった中高一貫の進学実績が
>偏差値65の公立高校ととんとんか、といえば、かなりの確率でノーですよね
これはどこの学校のどういうデータを比べているのか不明なので、
答えようがないです。できれば現役なのか浪人なのか、まで踏み込んで
調べてみてはいかがでしょう?
仮にとんとんならOKでいいんじゃないですか?

公立中公立高のメリットはコストが安いということぐらいだと思ってますけど。
世の中には子どもの教育にはコスト関係ない層はたくさん居ます。

長くなるのでこの辺で
    • good
    • 0
この回答へのお礼

GWで不在にしており、お礼が遅くなりました。すみません。
受験勉強が楽しい! これはまさに目から鱗でした。
確かにそういう人たちこそが受験を生き抜けるのであり、そして多くの場合、社会に出たときにも自分を生かせる素質なのでしょうね。
納得です。勉強、言われてみれば楽しかったです。(私は中学受験はしませんでしたが。)
公立中での人生経験については、他のネット情報などもいろいろ見てみましたが、おっしゃる通り、愛知などならいざ知らず首都圏ではもはや公立中は社会の縮図とはなり得ない状況ですね。中学受験フィルターというものがこれほど厚くなっているのか、とびっくりしました。首都圏(特に東京と、神奈川も?)では、中学受験をするかしないかというのは必ず通過しなくてはいけない課題となっているんですね。。。どういう選択をするにせよ、そのフィルターを通過後では、社会の縮図とはなり得ないでね。
自分のいた頃のように、ちょっと気の向いた人だけが受けるものと思っていた中学受験ですが、あまりの様変わりにびっくりでした。
ただ、私も公立出身なので回答者様と同じような経験(シンナーやトイレの恐怖など)をしてきていますが、大きな声では言えませんがそういう方々とどのように上手に距離を置くかいうのを肌で覚えられたという点では、よかったような気もしています。長い人生、ご近所付き合いや職場に来るお客さんなど、絶対にどこかでそういう人たちと接触する機会はあると思うので。
部活については、ちょっと羨ましいような気持ちです。それこそ公立の荒れまくった中学時代、部活には入っていたもの、楽しむ余裕などはなかったですから…。それだけでも中学受験の意義は感じられる気がします。
ご回答、ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/08 15:47

息子が小学四年生のときから受験を漠然と考え、今年息子を進学させました。


最初は漠然と・・・でしたが、後半戦は「絶対私立」でした。

もちろん理由があります。

私たちの住んでる地域は地方なのですが、公立教師の質も地域の親力も非常に良くなかったことが原因です。
先生が授業をしない。おかしいと思い学校に掛け合ってもうやむやにしようとする。しかるべき機関に諮って指導が入っていても、その機関の職員が毎日来るわけではないから先生はさらに授業をしない。責任をかぶるのは常に好調なので、本人はいい先生のつもり。
親は親でその先生が授業をしないことを知っていても問題にしない。
自分の子供が授業についていけなくても「卒業は出来て中学生にはなれるんだから」と平気で話す。

その結果どういう弊害がその先に起こるか。
基礎が出来ていない子供が中学に上がり勉強についていけなくなり不登校するならまだしも、授業中に私語が多くなる。そういう生徒が幾人も出てきて中学校の先生も授業が出来ない。
やる生徒はどうにかやるがやらない生徒が多い。
授業がまともに進行するならばやる子の疑問点も解決されるところがあるはずなの自習が多く、結局やる子達は塾に行く羽目になる。

まともな授業が行われ、さらに上を目指すために塾にいくのならわかります。
でも、まともに授業や学習が出来ない学校の補習をしに塾に行くのはなんか納得いかなくて・・・。

そういう状況に息子が置かれ彼自身が危機感を感じ私立中学に進学しました。させました。

お金を払ってまともに学習させてくれるならきちんと家庭と連携して教育していきたい。
そう思って入れました。

マスコミが受験受験と白熱する裏には実はそういう話もあります。
特に地方は地域によっては公立の教育がかなり悲惨なところも無きにしも非ずなのです・・・。

どうにもならないのなら我が子だけでも・・・。
そんな思いです。

長文失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かに、レベルの低下した公立からの避難というのは非常に大きな意義がありますね~。
>まともな授業が行われ、さらに上を目指すために塾にいくのならわかります。
>でも、まともに授業や学習が出来ない学校の補習をしに塾に行くのはなんか納得いかなくて・・・。

納税者として、お気持ち、よくわかります!
中学受験にはそういう側面もあるわけですね。少し納得しました!

お礼日時:2009/04/21 20:02

私は、とある私立の中高一貫校を卒業した者です。



私の母校では、
中1→中1と中2の前期の範囲
中2→中2の後期と中3の範囲
中3→高1の範囲
高1→高2の範囲
高2→高3の範囲
高3→問題集を使った、受験対策特別授業
という先取り学習になっていました。

私の母校では、
1年1組~5組と、1年A組~E組という2つのクラス分けがありました。
国語、理科、社会、音楽、技術、家庭、保健体育、美術、書写、
といった普段の授業は、1~5組のクラスで受けます。

しかし、英語や数学といった授業は、中間や期末の成績で、A~E組と分けられます。
A~E組というクラス分けは、試験の成績が出揃った時点で、
新しいクラス分けが廊下に貼り出されます。

英語や数学の時間は、1~5組まで全て共通で、
A組になった人は、1組で
B組になった人は、2組で授業を受ける
・・・という風に、1学年が学力別にシャッフルされ、
教科書や問題集は全員同じものを使い、
授業中に配られるプリントの問題は、学力に合うものを担当教師が準備する。
・・・といった授業になっていました。

私の学校は、付属大学がありました。
統一テストという推薦入試があり、このテストの点数で、どこの学部・学科へ行けるか決まりました。
私は、わずかに3点足りず、希望の学科への推薦がもらえませんでした。
それで、担任に「この成績なら、もっと下の学部か、付属短大や付属看護専門学校なら行けるがどうする」
と言われました。
私は、それを断り、行きたい付属の学科を一般受験しましたが、不合格となり、
結局、一般で受かった、付属とは全然関係のない大学へ進学しました。
ですから、付属大学へ必ず行けるという保障はありません。

私は、中2の時、いじめにあい、しばらく不登校していました。
中3に進級する時、クラス変えがあり、いじめのメンバーと別のクラスになったこともあり、
また学校に復帰しました。
しかし、高校を卒業するまで、以降4年間、そのメンバーが学校にいることには変わりありませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

経験者さんの貴重なご回答、ありがとうございます。
な、な、なんか大変な中高時代ですね(汗)。
毎回の成績でクラスが変わるとは…。のんびり中高一貫のイメージばかりではないんですね。
しかも大学に行かれない場合もあるとは…。
なんかこんなご意見伺うと、ますます「メリットはあまりないかも…」と思ってしまうんですが。
すごく勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/21 06:56

(1)中学受験は楽


私立中学受験がそんなに何かを犠牲にしていますかね・・・
中学受験では中堅程度の学校でも高校だと上位に来ていて「なんで?」と思います。依然として優秀な人で受験しない人がいる中学受験のうちに受けたほうが有利でしょう。


(2)人格形成期に受験が無い
小学校の人格形成期も重要ですが、多感な中学・高校で6年間受験がないというのもいい点です。



(3)授業のレベルがあう
私立中学は試験とその成績に応じて生徒が集められるので、自然とある程度に生徒のレベルが集まります。そうすると授業のレベルがその子ども達のレベルに合わせたものになります。
学力の高い子から低い子まで集まった公立中学では、真ん中の子はいいですが、どちらかに偏った子がかわいそうな事になります。学力の低い子にあわせて授業をすると高い子が悲劇。学力の高い子にあわせて授業をすると低い子が悲劇。


(4)内申がない
内申の無いところは非常に大きなメリットです。
中学生、高校生などはいろいろやりたいことが出てくるころです。部活にしろ遊びにしろ。そうすると毎日まじめにコツコツ勉強や宿題なんてやらない子が出てきます。特に男子であれば、遊びほうけたりする子も多いでしょう。そんな時に公立中学だと内申という足枷があって、そのような子の評価が低くなる罠があります。これがあるので、先生が内申を脅しかのように使うことがありますし、教師の言うことをおとなしく聞かないタイプの子が自信をなくしかねません。
一方、一般入試であれば大学受験には内申点などありませんから、そのような内申によって生徒が縛られません。

中学受験→大学受験と進めば、ちゃんと勉強さえしてできていれば、合理的理由のない課題のクリアや先生の言うことを聞くといった苦行が必要ありません。これは非常に大きなメリットです。



>授業がそれなりに成り立つ程度の公立中学なら、中学時代に
>いろいろなタイプの人がいる中で暮らした方が、実は人生経験
>としてはプラスになるのではないかと思ったりもするのですが

絶対的に当てはまるわけではありませんが、公立の方が枠が狭いのでは?
公立中学だと小学校の延長で地元の人ばかりです。
一方、私立に通えば地元が違う人たちがいろいろ集まります。東京の学校なら神奈川、埼玉、千葉からも人が集まります。バックグラウンドが違います。ご近所ゆえの交流が通用しません。ほとんど一から仲間や人間関係を構成して行く必要が有ります。またその関係を続けるにも家が近いわけではないので、学校やその周辺で関係をメンテナンスすることを学びます。(公立だと家が近所で親も知り合い同士だったりするので、あまりその意識が無くてもつながりが切れません。)
そして、通学があることで電車やバスに乗ることで社会の視野も広がります。通学でサラリーマンや大学生などにももまれます。駅の乗り換えや通学経路に新宿、渋谷、横浜があったりで社会を学びます。
いろんなことを経験するならそれこそ私立ではないでしょうか?

私も神奈川から東京の私立の学校に通いましたが、私立中学だからこそいろいろな人と知り合ったり、経験することができたように思います。
たぶん、地元の公立中学ではそのようなことを学ぶことはできなかったでしょう。学校と家の往復、少し塾へ、遊ぶ時も地元近辺でおしまい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

経験者からのご回答、ありがとうございます。
いろいろと勉強になります。

実は私は既に中学や高校をすごーく昔に感じる世代です。なので、自分たちの頃の感覚で中学受験を考えていたら……いまの中学受験はすごいみたいですよ。(あ、きっとご存知ですよね。)私は今やお子さんではなく親御さんの方の知り合いばかりですが、たいていのお知り合いが受験の後にぶっ倒れています。
夜遅くまでの塾、それからの宿題、お弁当作製など…。これらはすべて主体はお子さんなわけで、やっぱり小学生時代の睡眠不足や詰め込み勉強は、中学生のように体力が出てきてからとは全然違うと思うんです。(はっきり言って、公立進学高に入る方が楽に見えます。しかも、その後の進学実績は、高校で一時的に偏差値が上がるような私立よりそちらのほうが上の場合が多い。)
授業のレベルが合う、というのと、内申についてはおっしゃる通りですね。ただ、そういう意味でも、私立は粒がそろっているわけです。それって社会に出たときどうなのかなぁ…。「どんな人でも話せばわかる」と思い込んじゃう人、多いんじゃないかと…。
私がいろんなタイプ、と書いたのは地域性ではなく、どちらかというと脳みそ的な方だったんですが、おっしゃる通り、その分、公立では地域性は狭くてすんじゃうなぁ、と思いました(高校は広くなると思いますけど)。

私立を出られた方が、どういうところを評価しているのかわからなかったので、すごく勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/04/21 06:53

今年の東大合格者の出身高校で話題になったのは、高校からの入学者が多い中高一貫校(開成など)が軒並み合格者数を減らした(そしてほぼ中高一貫でやっている高校は増やした)ことです



これはゆとり教育の影響で中学から中高一貫校で勉強した子と中学は公立で勉強してきた子でかなりの差が開いているから… という説があります


つまり、進学実績だけでなく優れた教育を受けさせたいから(公立の中学ではまともな教育が受けられないのではないか)中高一貫に行かせるという親御さんが多いのではないでしょうか?

まあ、子供がいるわけでもないのであくまで推測ですが

あと、大学付属校なら大学まで苦労なしに行けるというメリットもあります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!
今春はそういう流れになっているんですね。
ただ、ではその中で東大合格者を確実にのばしている高校からのみの公立高校が結構あるのはなぜだろう、と思ってしまうのですが…。
大学附属のメリット、確かにそれはわかります!
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/20 08:34

全ての中学受験をする者の内訳


50% 「親の意思」で「強制的に」受験する
30% 「親の意思」で「ゆったり」受験する
15% 「子供の意思」で「死ぬ気で」受験する
5%   金持ちの道楽みたいなもの
公立校が楽だし自由だし楽しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーむ。。。意味深なデータです。
裏付けがあればもっと面白い気も…。
しかし結局、その「親の意思」というのは何なんでしょうね~。私は部外者ですが、中学受験をさせる親の気持ち、どうしても推測できないです。
公立高校、楽しそうですよね。特にナンバースクールの文化祭や体育祭。楽しけりゃいいのか、と言われれば沈黙ですが…。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/19 22:48

僕は中学受験経験者で、麻布高校に通う者です。


確かにあなたのおっしゃる通り、中学受験には親も子も大変な労力も時間も注ぎますし、私立に通うとなれば経済的負担も大きいとは思います。
しかし、中高一貫校のメリットは「何かに夢中になれる時間がある」ということです。公立中学校で、ある程度高いレベルの大学受験を考えていれば高校受験に大きな力を注がなければいけないのは必至。それに対し、中高一貫校は前倒し学習制度があるため、公立学校よりも一年早く同じ内容の勉強を終わらせています。つまり公立は中高一貫校にくらべ、中学3年間・高校3年間の間、勉強以外の何かに「夢中になれる時間」が少ないのです。
それは例えば部活だったり、友人関係だったり、興味のある勉強だったり、本、映画、留学、あるいは恋愛だったり。。所謂「青春」と呼ばれるものです。
社会の中の色々な種類の人間と出会うことも大切ですが、「何かに全力で夢中になれる時間」はこの中高時代しかありません!

小学生の時は大変でしたが楽しかったです。今思えば本当に麻布を受験して良かったと思っています。また僕はそうさせてくれた両親に感謝しています。

以上、参考にしていただければ光栄です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

No.2さんのおっしゃる部活が、さらに広がったような感じですね。
わかります!
ただ、その分、小学生時代の「夢見がちな子ども時代」を手放しているわけで、中学受験か高校受験か、というのはどこでこの空白期間を作れるか、というセレクトでもあるのかなぁ、という気がしてきました。
ご回答ありがとうございます。とても参考になりました。(麻布は御三家でも相当に楽しい学校と聞いたことがあります。他の二校もそれぞれに(意外と?)自由らしいですが、麻布は特にそういうタイプが多いと聞いています。素敵な6年間をお送りください)

お礼日時:2009/04/19 22:43

中学受験をして(させられて??)中高一貫校に入った者です。



中高一貫のメリットはやはり部活動を続けられる環境があるということではないでしょうか。
高校受験も大学受験もする人だと、中学の2年と少し、高校でも2年と少し。合わせて4年少々しか部活ができないのに対して、
多くの中高一貫校では中学3年間、高校の2年と少しの5年少々の間部活ができます。

たくさんの事を吸収する時期の一年の差は大きいですね。

あとは上下関係の幅も3年から6年に広がると、小さいうちから視野はそれだけ広がりますよね。


後は生徒一人に対する対応も、2年関わった学校と5年関わってきた学校では5年関わったほうが、絶対にその生徒にあった対応ができます。



後は親の自慢の種が出来るなどなど微妙なところは他の方も回答してくれると思うので、経験者談としてはこれくらいにしときます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど! 部活ですか!
公立で区切られても、やる気があればしっかりやれると思っていましたが、期間的には一貫の方が明確に長いですねー。
確かに、公立の中高では、教師との距離感はかなりありました。まぁ、それが合う合わないは、個人の資質によるのかもしれません。
親の自慢…、なるほど、そういう点もあるんですね。ならば、親も頑張れるわけですね(^^)。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/19 22:38

必要性を感ずる人が受験します。

意義を認めない人にまで強制するものではありません。

この回答への補足

その必要性とは何なんでしょう??
中学受験をされるすべての方の学区の中学が荒れまくっているわけではないと思うのですが…。

補足日時:2009/04/19 22:14
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学受験ママさん

中学受験ママとは、中学受験生をもつママさんのことです。
塾に勤めていますが、中学受験ママが理解できないのです。

私個人の考えとしては、良質の教育を受けることを目的とした中学受験はよいのでは?と思っています。

でも、中学受験ママとお話すると、中学受験させる目的がよくわからなくなるのです。

一家族だけ、「娘がやりたいことを後押しするだけ」と、肩の力が抜けたご両親とお話したことがあり、その人の姿勢には好感がもてましたが、その方以外は、私には目的が見えないのです。

模試の平均点数が悪くても実力にそぐわない学校を受験させる親御さんも多数見てきました。

中学受験ママは大学受験ママや高校受験ママともちがう感じがします。大学受験ママや高校受験ママは私にとってわかりやすいのですが・・・。

なんと言ったらいいかわかりませんが、どうしても中学受験ママの考えがわかりません。

中学受験経験者ママや塾関係者に聞きたいのですが、彼女たちはその後どういった考えになっていくのでしょうか?
なにか大切なことに気付いたりするのでしょうか?

塾関係者の方は中学受験ママに違和感みたいなものは感じませんか?こんなふうな疑問を抱くのは私だけでしょうか?

質問がまとまらず恐縮ですが、思う節書いて頂ければ幸いです。

中学受験ママとは、中学受験生をもつママさんのことです。
塾に勤めていますが、中学受験ママが理解できないのです。

私個人の考えとしては、良質の教育を受けることを目的とした中学受験はよいのでは?と思っています。

でも、中学受験ママとお話すると、中学受験させる目的がよくわからなくなるのです。

一家族だけ、「娘がやりたいことを後押しするだけ」と、肩の力が抜けたご両親とお話したことがあり、その人の姿勢には好感がもてましたが、その方以外は、私には目的が見えないのです。

模試の...続きを読む

Aベストアンサー

高3と中1の子供を持つ母です。

私自身も子供も中学受験をしたことがないのですが、甥の受験等の体験から分析した事を私なりに書いて見ます。

1.達成感
専業主婦になってしまうと、目標もない毎日です。そこで、中学受験という大きな目標に向かって、親子一緒に(まさに人馬一体)突き進む事は苦しい事でもありますが、合格すればこの上ない喜びではないでしょうか。
2.階層から落ちることの不安
子供に高い教育を施さないとあっという間に今いる階層から滑り落ちる危険があります。例えば勤務医と言えども、子供を医者にしなければいけないのです。お医者さんの奥さんから、お医者さんのお母さんにならないと自分の老後は安泰と言えないのです。
3.親のメンツ
特にお嬢さん学校などに娘を入れるタイプです。子供を入れて、親のメンツを保とうとするのですが、本当の良家の子女ではない場合、本人は辛い場合が多いようです。
4.親の楽
公立中学はトラブルがあるととにかく親が出ていかなくてはいけません。私立は生徒とその親はお客様。扱いが違うのでは?
大学進学も上に大学がない所などは、きめ細かく対応してくれるようです。
また、 中高一貫のところが多いので、一番大変な高校受験をしなくてすむ。

こんなところでしょうか。
あなたがお受験ママに違和感を抱くのは、子供に良い教育を施す為の中学受験はあくまでも手段でしかないのですが、多くのママは目的になってしまっていることです。人間必死になると、目的のためには手段を選ばないと言うことになりがちで、周りから見るとおかしく思えるのですが。

高3と中1の子供を持つ母です。

私自身も子供も中学受験をしたことがないのですが、甥の受験等の体験から分析した事を私なりに書いて見ます。

1.達成感
専業主婦になってしまうと、目標もない毎日です。そこで、中学受験という大きな目標に向かって、親子一緒に(まさに人馬一体)突き進む事は苦しい事でもありますが、合格すればこの上ない喜びではないでしょうか。
2.階層から落ちることの不安
子供に高い教育を施さないとあっという間に今いる階層から滑り落ちる危険があります。例えば勤務医と言え...続きを読む

Q中学受験なのですが、市進学院の模試、日能研の模試、首都圏模試の偏差値の違いは、それぞれどれくらいある

中学受験なのですが、市進学院の模試、日能研の模試、首都圏模試の偏差値の違いは、それぞれどれくらいあるのでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

市進学院の模試の偏差値はわかりませんが
日能研と首都圏模試の偏差値では首都圏模試の方が
値が高く出ます

例えば開成の80%合格ラインが日能研が72なら
首都圏模試は77といった具合です

こちらのサイトも良いのですが『インターエデュ』
という受験サイトで質問されると丁寧かつ確実に
情報が得られると思います(深入りは禁物ですが)

参考の一つになれば幸いです

QZ会と中学受験

首都圏で中学受験を考えています。

基本的には中学受験専門の塾を考えています。
他に、個別指導や家庭教師も、調査をしています。

Z会の通信教育は中学受験に対してはどうなのでしょうか?
大学受験では、Z会は通信教育界の最高峰ですよね。

Aベストアンサー

Z会の資料には、はっきりと中学受験対応になっていないと書いてあったと思います。以前お試しで教材をいただいたのですが、やはり教科書レベルという感じで分量も多くありません。私個人の感想では中学受験にはチョッと足りないかなという感じがします。

中学受験には学校で習う基礎・基本を使って解く応用問題を、短い時間で解くことが求められるます。そういう指導を小学生に通信教育でするのは難しいかもしれません。(?)

過去問題を見ると、学校のレベルでは出てこないヒッカケ問題や、ひねり問題が多いので、中学受験に強い塾や家庭教師などで、コツのようなものをしっかり教えてもらったほうが速いのではという感じがします。(時間をかけてじっくり取り組めば解ける問題も多いかもしれませんが、受験となるとスピードと正確さが求められますし、問題によっては「どうしてこんなこと聞くの?」というようなものもありますし・・・・)

でも独学で合格する人もいるのですから、学校レベルをZ会で習得し、プラスアルファーを他の教材等を用いて学習する方法もあるかもしれません。・・・・ただし、通常受験する子供たちは学校レベルの学習を、学校よりかなり早く終えて、難しい問題をやっていくので、毎月来るZ会ではどうかなと心配もありますが。

参考のページも下に書きます。

参考URL:http://www.mrsnet-jp.com/study/gakuryoku_up/200304/200304_1.html

Z会の資料には、はっきりと中学受験対応になっていないと書いてあったと思います。以前お試しで教材をいただいたのですが、やはり教科書レベルという感じで分量も多くありません。私個人の感想では中学受験にはチョッと足りないかなという感じがします。

中学受験には学校で習う基礎・基本を使って解く応用問題を、短い時間で解くことが求められるます。そういう指導を小学生に通信教育でするのは難しいかもしれません。(?)

過去問題を見ると、学校のレベルでは出てこないヒッカケ問題や、ひねり問題が多い...続きを読む

Q神奈川の中高一貫公立受験 親のやることは?

まだ小学2年生の娘ですが、中学は、私立でなく、中高一貫の公立を受験しようと考えてます。

それなりの対応の通塾。

親子共に情報収集。  ここまでは自分でもわかってます。

内申は重視されると思うのですが

娘はどのような振る舞い(?)活動などを学校ですればいいのか??

親の活動(なるべく学校に行くとかPTA役員とか??)はどうすればいいのか?

仕事をしているので、親が小学校に関わることがなかなかできないので、そういうのも内申に響くのかな?と疑問がありまして・・・

また、そのほか、まだ2年生ですが、必要なことありますか??

神奈川県の中高一貫を考えてます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 NO3の元塾講師です。

 前回の回答のお礼も踏まえて追記させていただきます。

 あなたご自身が国立出身ということですが、いくら「国公立」といっても中高に関して国立と公立(県立や都立)ではレベルが違いすぎます。やはり国立は国のものであり一貫校の公立とは別物であるとすべきです。地方も含めて(多くは国立大学教育学部付属)国立中高は歴史もあり、学校数がかなり少ないので優秀な生徒が多いのは確かですが、県立一貫校は前回も書いたように、今までの公立の教員がなったに過ぎず、環境はかなり違います。国立はその地域での「スーパートップ層」ですが、神奈川県内の一貫校では、中学受験においてライバル(格上)が多すぎるために一概に国立ほどとはいきません(横浜の人であれば女子御三家や桐光、国立など候補が多いです)。
 もちろん、地元の公立が悪すぎるのでという理由であれば、一貫校のメリットは大きいです。やはり、ガラの悪い人や、極めて出来の悪い人のために授業が遅かったりするデメリットは優秀な人間にとっては大きな痛手です。公立の先生としては、優秀な生徒が難関学校に合格することは無関心で、進路が決まらない(公立受験に落ちそうな生徒)のフォローにやっきです。そのため優秀な生徒が私立に流れている現状があり、一貫校ができた背景もあります。


 ちなみに、内申書に関しては、多くは高学年や6年生のもののみなどがあります。ただ、内申書というのは先生の主観がメインであり、多くは成績の変動が少ないです。つまり、それよりも前の時点でかなり成績が悪い生徒が急上昇することもなく、また逆に急落することも少ないです。そのため、早い学年からいい成績を取っておくのはいいことですし、色々と学校のことをしている親御さんのお子さんの成績を悪くしにくい(心理的に)というものはあります。(転任などで)先生が変わったとしても、先生同士で生徒の情報伝達はしているはずなので(一般企業でも異動などで顧客の情報を教えるのと同じです)、その時もいい情報として伝えられた方がいいに決まっています(まぁたいていはモンスターペアレントや手のかかる子供の情報共有でしょうが)。こうした対応をするために一生懸命になりすぎるのはいけませんが、そこそこやっておくことはお勧めです。

 ちなみに、一貫校は倍率が高く、私立などと違って「第一志望に落ちて第二志望」ということがしにくいです。私立メインで一貫校も併願というものであればいいですが、「落ちたら普通の公立(この考えの人が多いですが)」という考えですと、(倍率の関係からほとんどの受験生がこうなりますが)普通の公立の中学校に入学してもフラストレーションがたまります(母子ともに)。中高一貫校だけの受験で、塾に通わせるひとも多いですが、落ちた時のコスパも考えるともったいない気がします。塾としては、受験生が合格しようが不合格になろうが月謝は入ってくるので「とにかくした方がいい」とは言いますし、ニュースなどの風潮から受験生が増加しているのが昨今の事情です。
 また下の添付サイトは都内のものですが、これをみると普通の公立高校は東大に10%程度の実績がありますが、一貫校は5%程度です。もちろんこれだけで判断するのはいけませんが、一貫校の教育環境の良さというのが存在するのかは微妙です(もちろん、普通の公立トップ校は普通の中学生のトップ層であり、一貫校や私立にいけないという観点から、お金はあまりないがかなり優秀な生徒の集まり といえます)。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n174599

ご参考までに

 

 NO3の元塾講師です。

 前回の回答のお礼も踏まえて追記させていただきます。

 あなたご自身が国立出身ということですが、いくら「国公立」といっても中高に関して国立と公立(県立や都立)ではレベルが違いすぎます。やはり国立は国のものであり一貫校の公立とは別物であるとすべきです。地方も含めて(多くは国立大学教育学部付属)国立中高は歴史もあり、学校数がかなり少ないので優秀な生徒が多いのは確かですが、県立一貫校は前回も書いたように、今までの公立の教員がなったに過ぎず、環境はかなり違い...続きを読む

Q中学受験(算数)の教え方についてアドバイス下さい

こんにちは。塾講師や家庭教師で生計をたてている者です。
私自身は中学受験の経験はなく、公立高校→国立大学→国立大学院の理系です。
ぼちぼち実績も出てきだしたところで、何件か中学受験の家庭教師を打診されています。
試しに地域No2~3あたりの中学校の算数の入試問題を見てみましたが、まるでパズルのようで、解法へ至る思考プロセスが定義しづらいなと感じました。

それでも中学受験のプロと呼ばれるような先生方は、どのような難問にでも確実に対処されているのだと思いますが、私が感じた内容は、単にこのような問題に慣れていないせいでしょうか?
中学受験を経験したことの無い教師が中学受験生を指導するには、どのようなトレーニングを積めばよいでしょうか?
中学受験向けの先生方は、「ひらめき」ではなくご自身の経験に支えられた「何らかの解法プロセス」をお持ちなのでしょうか?

Aベストアンサー

塾講師、家庭教師経験者です。
中学受験の家庭教師は確かに難しいですね。
公式を使えば簡単に答えは出るような問題でも、
公式を使わせずに、いかにその答えにたどり着いたかを見る問題もあります。
例えば1+1=2ではなく、どうして1足す1は2になるかを
生まれて10年かそこらの子供にわかるように説明しなければならないのですから。
早くから受験勉強を始め、できる子は、向こうも問題慣れしていますのでいいのですが、
ボーダーのお子さんは結構苦労します。
あなたのように優秀な方なら余計に戸惑うかもしれません。
中学受験の問題は、やはり慣れだと思います。
あとは絵や図を多用し、子供に問題を可視化させるような工夫も必要です。
新幹線ではなく各駅停車に乗ったつもりで教えてあげて下さい。

Q千葉市の塾(中学受験)と中高一貫校

小学3年生の息子がいます。
小2から、進学塾に通っていましたが、今は、自宅で私が勉強を
教えています(塾の非常勤講師をしていました)

千葉市で、有名な中高一貫校はどこでしょうか?
そして、そこに入学実績の高い塾はどこでしょうか?

できれば、公立の中高一貫校が良いと思っていますが、無ければ
私立でも良いと思っています。

Aベストアンサー

千葉市ですと、公立は県立千葉中・高
私立ですと渋谷幕張
がどちらも千葉市内で有名な学校です。

合格実績の高い塾は千葉ですとSAPIX、日○研、四○大塚、早○田アカデミー、市○
入学実績は公表していないので分かりません。

渋谷幕張は千葉市内から通うというよりも、東京からの受験者がいます。

Q中学受験を目指す子にはどのような指導をしたらいいですか?

こんにちは。

家庭教師のアルバイトで中学受験を目指す小学4年生の子を教えることになったのですが、正直、私自身も私の周りの者も中学受験というものを経験したことが無く、どのようなことを指導すればよいのか皆目見当もつきません。

小学4年生だからまずは基礎をとのことですが、中学受験の基礎が何かすらわかりません。本屋で中学受験に関する書籍を立ち読みしてみましたが、小学4年生ではまず、何から取り組めばよいのでしょうか?受験経験者、または指導経験者のかたがいらっしゃいましたら教えてください。ちなみに指導教科は算数と国語です。

Aベストアンサー

娘2人が中学受験をしました。今下の子がピッカピッカの中学1年生です。一口に中学受験といっても学校によってかなりレベルが違います。でも「4年生だからまずは基礎を」ということですから、超難関校ではなさそうですね。それでも受験に必要なのは絶対的な勉強量です。中学受験の塾に行っている子は半年くらい学年の勉強を先行しています。うちも6年の夏までに6年の範囲は終えて、後半は過去問をときまくっていました。問題も普通の教科書に載っているものとはだいぶ違います。うちは四谷大塚の問題集を使っていましたが、説明も載っていて、わかりやすかったです。その他の有名な中学受験塾でも、ネットなどで簡単に問題集を注文できると思います。何から取り組んだらいいかわからないようでしたら、そういう問題集を購入してもらい、やらせてみるのが早道ではないでしょうか。また、本屋さんでも「中学受験」とうたった問題集を売っていますが、それは四谷の問題集と、塾独自の教材とは別に、補助教材として使っていました。
あとは国語も算数の文章題も、文を読みこなす力が必要ですし、作文のある学校も多いので、文章力をつける指導をしてあげてください。

娘2人が中学受験をしました。今下の子がピッカピッカの中学1年生です。一口に中学受験といっても学校によってかなりレベルが違います。でも「4年生だからまずは基礎を」ということですから、超難関校ではなさそうですね。それでも受験に必要なのは絶対的な勉強量です。中学受験の塾に行っている子は半年くらい学年の勉強を先行しています。うちも6年の夏までに6年の範囲は終えて、後半は過去問をときまくっていました。問題も普通の教科書に載っているものとはだいぶ違います。うちは四谷大塚の問題集を使っていま...続きを読む

Q滋賀県県立中学 (中高一貫)受験について

お世話になっております,現在小5 (4月から6年生)の息子の中学受験について考えております.
具体的には,滋賀県の県立中学 (中高一貫)のみを受けてみようと考えており,4月から通塾する予定です.私立は考えておりません,受かれば県中に進み,そうでなければ地元の公立に進みます.
また,県中は3つあるうちの上位2つのどちらかに行ければ良いかなと考えております.


これまで塾には行っておりませんが,通信教育は1年生から続けており (たまってしまう事もあるのですが)理科と読書が非常に好きです.

県中の問題を見たところテクニカルと言うよりも考え方を見るような問題が多いため,問題的には向いているのではと考えております.

ただし独学では厳しいため,塾に行こうと考えているのですが,県中対策コースを週1回行いそれを,マスターしていくコースと県中対策コースに加え,算数,国語 (これは次第を受ける人等受講するクラス)も勉強する週3回コースのどちらにするか迷っております.

6年生から通うので無理に詰め込んで消化不良になるよりも対策コースに絞って,分からないところは塾の自習室や親の協力でマスターする方が良いと思うのですが,皆さんのご意見はいかがでしょうか.

これまでの経験等も踏まえていただいても結構ですのでコメントよろしくおねがいします.

お世話になっております,現在小5 (4月から6年生)の息子の中学受験について考えております.
具体的には,滋賀県の県立中学 (中高一貫)のみを受けてみようと考えており,4月から通塾する予定です.私立は考えておりません,受かれば県中に進み,そうでなければ地元の公立に進みます.
また,県中は3つあるうちの上位2つのどちらかに行ければ良いかなと考えております.


これまで塾には行っておりませんが,通信教育は1年生から続けており (たまってしまう事もあるのですが)理科と読書が非常に好きです.

県中の...続きを読む

Aベストアンサー

難しいですね。

塾の考え方によりますが、精神的にいけそうなら週3は必要かと思います。
基本的に公立一本ですんなり合格を得る人はあまりいませんから。
そして概要と違い、公立一貫でもそれなりに学力を問うものとなっています。
だからなんだかんだ塾に2-5年私立との並行で受けてる人が受かります。
もちろん大して対策もせずすんなり受かる子もいますが、地頭がいい子が多いです。
増やしちゃうと減らせないものなので、最初は週1で頃合いを見て週3と言う手もあります(ただそれでは間に合わない可能性もあります)。

塾の先生との話し合い、子供の性格を見て選ぶのが1番いいかと思いますよ。
いま始めるなら「受かればいいな」ぐらいかもしれないので、それならここで出し切るよりも、週1ぐらいで「ゆるく」やるのも手です。
合格率は下がりますが、中高以降のことを考えるとそっちの方が良い可能性もあります
(11,2歳で一生懸命にやったけど全然だめだった、と言う挫折が将来の性格へのマイナスになることもあります)。
ですからその辺が難しいですね。

ただその辺のリスクを飲む勇気がないなら受けない方がいいです。
お金、時間もそれなりにかかりますしリスクもありますから。

難しいですね。

塾の考え方によりますが、精神的にいけそうなら週3は必要かと思います。
基本的に公立一本ですんなり合格を得る人はあまりいませんから。
そして概要と違い、公立一貫でもそれなりに学力を問うものとなっています。
だからなんだかんだ塾に2-5年私立との並行で受けてる人が受かります。
もちろん大して対策もせずすんなり受かる子もいますが、地頭がいい子が多いです。
増やしちゃうと減らせないものなので、最初は週1で頃合いを見て週3と言う手もあります(ただそれでは間に合わない可能性もあ...続きを読む

Q中学受験について

最近は中学受験にむけて塾に通っているお子さんが多いと聞きます。

(1)塾のほうが良いのでしょうか?家庭教師は駄目ですか?

(2)中学受験はどのように志望校?目標校?をきめるのでしょうか?

(3)塾や家庭教師はなにを基準に決めますか?(例えば評判が良いとか・・・)

一人っ子の娘がいます。小学3年生です。まだ本人は中学受験に興味はまったくありません。来年から中学受験にむけて塾に行ったほうが・・・と聞きました。アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

中学受験のお子さん指導経験のある元塾講師です。

 結論からいって
 (1)中学受験を自ら進んでやりたいと言うお子さんの場合
 (2)親が無理やりやらせる場合
 (3)なんとなく始めて受験する場合
 
 色々あります。興味がないお子さんでも一生懸命勉強する仲間を見て「受験勉強やりたい」というお子さんも勿論います。逆に勉強やだというお子さんもいますが、無理にさせることは私は反対です。
本人の意思がない場合、中学受験はほとんどが失敗し、仮にうまくいってもその後何らかの形(不登校など)で現れるからです。みんながやってるからという理由でやるのはおすすめしません。(お金もかかります)

 家の家計が大変でも「子供が一生懸命勉強している姿を見ると頑張ろうと思う」このようなスタンスなら家計が苦しくても乗り越えられますが、そうでないと無理です。(家計に余裕があっても無理です)

 ここからは受験する前提で書きます。
(1)塾・家庭教師に関してですが両方に長所があります。
 お子さんが競争意識が強いなら塾、一人でこつこつやるタイプなら家庭教師がおすすめです。
 塾というのは生徒全体の底上げやトップの子の合格を重要視します。そのため多少気の弱いお子さんな どはケアができない場合があります。ただ講師の立場で言うと「塾の友達」はお子さんが初めて持つ「ライバルであり戦友」という学校の友達とは違うものがあり私は好きです。この塾の友達は結構うるさいのが多いのでそれが肌に合うかどうかです。また塾によってもお子さんは結構違うのでご自身で見学に行かれるといいです。 
 家庭教師は生徒に最適なペースで授業をします。ただ料金が塾より高いのが普通です。また初めてのお子さんの場合、お母さんが不安になる場合もあるようです。塾にいると父母会などが多くそうしたものが家庭教師の場合すくなかったりない場合があります。

(2)志望校の決め方
  …わかりやすく例をあげると家を買うのと同じです。
  家の予算=受験ではお子さんの偏差値・学費
  敷地面積=通学圏内
  レイアウト=校風

 決め方に決まりはありません。同じ偏差値でも大学受験特化校か大学付属校かで全然違います。
「お子さんがどうなりたいか・お子さんにどうなってもらいたいか」でご判断下さい。
 (早稲田と慶應を両方受験されるお子さんがいますが医者志望であれば早稲田でなく巣鴨等のほうをおすすめしています)

(3)われわれは決まられる立場ですが親御さんから聞くのは
 「成績が伸びそう」
 「子供が気に入った」等が多いようです。
 ただお子さんや親御さんの考えに沿わないようであればお断りする場合もあります。これは高飛車な考えでなく両方(塾もご家庭も)が不幸にならないためです。
お子さんがたのしく通える塾か学べる家庭教師をお探しください。
ご参考までに。

中学受験のお子さん指導経験のある元塾講師です。

 結論からいって
 (1)中学受験を自ら進んでやりたいと言うお子さんの場合
 (2)親が無理やりやらせる場合
 (3)なんとなく始めて受験する場合
 
 色々あります。興味がないお子さんでも一生懸命勉強する仲間を見て「受験勉強やりたい」というお子さんも勿論います。逆に勉強やだというお子さんもいますが、無理にさせることは私は反対です。
本人の意思がない場合、中学受験はほとんどが失敗し、仮にうまくいってもその後何らかの形(不登校など)で現れるか...続きを読む

Q中学受験の塾代、中学受験塾の費用で教えて下さい。

中学受験される方は 小4から かなりの費用をかけていると伺います。
更に大半の方は 私立の中高一貫校に進学させるわけなので、そこでの私立費用
も高いと思います。
我が家は 小3(もうすぐ小4)の長男の下に 少し年の離れた次男がいて、
住宅ローン負担を抱えながら、余裕が有るほうでは無い生活です。
妻も パート収入を足しにしています。
そんな家計の中でしたので、私立中学受験は 気になりながらも本気では考えて
いませんでしたが、小3もほぼ終わる今頃、クラス(都内です)で多くの同級生が
中学受験塾に通い始めた という話になり、学校ではクラスで成績上位だと思う
と言っている息子が、中学受験に興味があると相談してきました。

私自体は 山梨県内の公立高校(進学校の部類)を出て、埼玉大学の卒業でして
息子の学力も私と同程度かなと薄々感じ、高校受験勝負かなと思っていましたが、
都内の進学校と言える都立高校の倍率は 私のような田舎と違って2~3倍超など、
落ちるリスクも十分あり、また息子の中学受験へのチャレンジ意欲を断念させるのも
親としてはどうか、という気になってきました。

私の経済力の不十分さが迷いの原因ですが、皆様に情報をお願いしたいのは、

①中学受験先で 大手塾の偏差値で55~60前後程度で、学費が比較的安い、
 特待制度(授業料の減額)制度があるなど、の私立中学はありますか?
②都内の公立の中高一貫校は問題が独特ですが、通塾での対策は有効ですか?
 また国立中学は 上位高校への内部進学の難易度はどうですか?
③塾費用を小4~6まで 全期間 通塾して払うことはせず、この年度までは
 こういう自宅学習で、いつからは 塾に行かせたなど、比較的塾代を抑えて、
 希望校に合格させた、などのノウハウは、ありますか?

以上の中で、特に①の特待制度、②、③に興味があります。

様々な方の受験経験、知識から 情報を頂けますでしょうか。

中学受験される方は 小4から かなりの費用をかけていると伺います。
更に大半の方は 私立の中高一貫校に進学させるわけなので、そこでの私立費用
も高いと思います。
我が家は 小3(もうすぐ小4)の長男の下に 少し年の離れた次男がいて、
住宅ローン負担を抱えながら、余裕が有るほうでは無い生活です。
妻も パート収入を足しにしています。
そんな家計の中でしたので、私立中学受験は 気になりながらも本気では考えて
いませんでしたが、小3もほぼ終わる今頃、クラス(都内です)で多くの同級生が
...続きを読む

Aベストアンサー

息子の受験経験から書きます。

①特待制度は お勧めできません。
 他の方の意見と同じで 相当 通常入学の偏差値が低い学校しか、合格可能性が無いからです。
そんな学校で、いい意味のプライドが保てて、学力を順調に伸ばす6年間にできるのでしょうか?
疑問に感じます。

②公立の中高一貫校の問題、対策は興味が持てるものでは ありませんでした。
 これで もし落ちたら、いわゆる中学で活用できる学力とは違って、受験を頑張った意味が残る
のかな?って。
学力問題を出してはダメ...全く ばかばかしい公立の建前の世界です。
国立中学なら、学芸大学付属がお勧めです。世田谷校は偏差値高いので、それ以外がお勧めです。
入学後も しっかりと勉強を続けて あるレベル以上の成績をキープし、受験勉強もすれば、
附属高校への内部進学も 可能性を上げることができます。

③日能研でも早稲田アカデミーでも、小5~小6夏過ぎ までが、最も通塾効果が出る時期です。
 その時期は ぜひ通塾をお勧めします。
 算数、国語は 塾のカリキュラムに 必死でついて行くしかないと思います。
 社会、理科も おおむね その通りですが、例えば塾の講義テキストと 授業の講義の理解だけで、
効率よく 暗記や 応用問題の解き方が身につくかというと、不十分なところがあります。
私は これを http://linkslist.org/jyuken-note.htm のまとめノート参考書で 補いました。
これは 相当 実践的な内容で、成績アップに貢献しました。
以上で、私は 塾代を 平均的な他の皆様に比べて 多分約半額に抑えることができました。

そして、小6夏過ぎ(9月)以降は 塾をやめ、月一の模試は受け、代わりに過去問学習に
シフトし、弱点を繰り返し復習し、
昨年ですが、日能研偏差値(R4)約55の国立中学に合格させることができました。

息子の受験経験から書きます。

①特待制度は お勧めできません。
 他の方の意見と同じで 相当 通常入学の偏差値が低い学校しか、合格可能性が無いからです。
そんな学校で、いい意味のプライドが保てて、学力を順調に伸ばす6年間にできるのでしょうか?
疑問に感じます。

②公立の中高一貫校の問題、対策は興味が持てるものでは ありませんでした。
 これで もし落ちたら、いわゆる中学で活用できる学力とは違って、受験を頑張った意味が残る
のかな?って。
学力問題を出してはダメ...全く ばかばかしい公...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報