転職を考えていますが、この年だからこそできれば海に関わる仕事がしたいのですが、何かご存知の方はいらっしゃらにでしょうか?
私の年齢は36歳、船舶1級の免許は持っています。海に関しての知識の自信はとことんあります。できれば会社組織になっていて手取り30万位がよいのですが・・・。(贅沢ですが)陸を長期にわたって離れることは構いません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

京都府の漁業組合で求人を募集しています。


日本海での定置網漁。 此方(田舎)に移り住むのが条件ですが。
    • good
    • 3

船舶の一級というのは、小型船舶の一級操縦士ということでしょうか?


そうであれば、小型船のメンテナンスの他、マリンジェットの操縦などの他に、牽引船などの操縦もできます。大きな港などで、大きな船を押したり、引いたりして、誘導するお仕事です。どのような船に乗るのが希望なのか、どのような免許をお持ちなのか、分からないため、回答が難しいのですが・・・。参考までに
    • good
    • 0

漁業協同組合に問い合わせたらどうですか?


遠洋漁業ならキ-ワ-ド検索をした方が早いです。

マグロ漁とかカニ漁など、地区によってやはり違いますから
一番仕事を探すのに良いのは卸売市場とか漁業協同組合を
調べて見ましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海の生物にかかわりながら仕事がしたい

子供の進路についてですが、中学3年になる息子がいます。
海の生物を飼育、研究にかかわりながら仕事がしたい。
そのような企業等に就職するには、
どのような大学の?学部に進んだら良いのでしょうか?
また、大学以外にも進路はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

農学部学生です。
私も生き物が大好きで(陸・海かかわらず)関われる仕事をしたいと思い、現在の大学・学部にいます。
いろいろ就職考えてますが、生物にかかわりながらお仕事するというのはけっこう難しいです。

まず研究する仕事ということになると大学で助手・助教授・教授になることがひとつ方法ですがこれは狭き門です。大学院で博士号をとることが必要ですが、博士課程を卒業しても毎年1割程度の人しか助手になれません。教授になってしまえばけっこう好き勝手に研究できます。
こちらの道に関してですが、殺す覚悟が必要になることもあります。生態学なら大丈夫ですが生理学的な内容だと年間かなりの数を殺すことになったりします。

保護関係の施設や企業は日本ではかなり少ないです。挙げるとすれば主に水族館(私営)・動物園(大半が公営)ですがこれも募集が少なく、就職は難しいですよ。関連する大学に行っても特に有利ということはなかったりします。他にもウミガメやクジラ等の飼育施設はいくつかありますが就職状況は多分水族館と変わりないと思います。大学でても就職しにくいというか、動物園ではむしろ嫌われることもあるようです。この場合学校云々よりコネが一番強力みたいです。

一番就職等に関しリスクが少ないのは獣医だと思いますが、まず大学に入るのがとっても難しいです。センター試験は得点は8割以上必要です。大学入って卒業できればかなり高い確率で動物にさわりながら働けます。学校で学ぶ間にちょこちょこ動物を殺しますのでこちらも覚悟が必要です。
  
かなり現実的でないレベルで難しいですが、海外だと保護関係の活動に企業がお金を出してくれるところがあるようです。こちらは私もあまり調べてないので詳しくないですが、一応可能性としてこちらの道もなくはないです。

学部は水産学部、農学部、獣医学部、一部の理学部(顕微鏡レベルかそれより小さい単位の大きさでの研究が多いです)。
学科は水産(水産環境)学科やその他動物系の学科の一部ではウミガメやクジラ類を扱っていますし、ヒトデやホヤでよければ発生学ではよく使われていますよ。環境系の学科でも海草やってるところがあります。
学科はいろんな大学に点在しているので国立大学だけでも探すとかなりありますよ。教授職につきたいのであればやはりレベルの高いところ(有名大学)をお勧めします。

最後にお仕事ではないですが、ボランティアで保護に携わっていくことも可能ですよ。

農学部学生です。
私も生き物が大好きで(陸・海かかわらず)関われる仕事をしたいと思い、現在の大学・学部にいます。
いろいろ就職考えてますが、生物にかかわりながらお仕事するというのはけっこう難しいです。

まず研究する仕事ということになると大学で助手・助教授・教授になることがひとつ方法ですがこれは狭き門です。大学院で博士号をとることが必要ですが、博士課程を卒業しても毎年1割程度の人しか助手になれません。教授になってしまえばけっこう好き勝手に研究できます。
こちらの道に関してで...続きを読む

Q海の環境を保護・再生に関わる仕事

どうもはじめまして。
自分は将来海の環境保護に携わる仕事に就きたいと思っていますが、
一番はサンゴ礁の保護・再生についてですが、そういった仕事をしているところ
探してみると、色々疑問がでてきたので質問させてもらいました。

1.環境庁で働くには国家公務員試験に受かればいいのですか?

2.環境庁のほかにこういうことができる職場の探し方がわかりません。
 ネットで調べても就職までの道のりがわからなかったり、そもそも少なかったので。

3.専門知識を学ぶ以外にやるべきこと。

この三つについて知っていることがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>海の環境を保護・再生に関わる仕事

  ボランティアでなくて、生業とするなた、公務員でしょうね。

  今は、採用に厳しい時代です。米国の海洋関係の大學から国連などに進む道もあります。

  教師として、学校を通してすることも出来るでしょう。

  先ずは、英語の資料が読めるのは、最低限の能力です。インターネットの発達で、翻訳や検索など簡単ですので、プリントしてペンを持ってください。
 
  米国の学生は、本気で勉強しています。しかし、現場に来れる人材は少ないのです。

 幸い、日本の学生は、勉強より遊びが主体なので、ぬきんでることは易しいと思います。

 海洋工学・土木など修めて、工事する立場から配慮も出来るし、学芸員として博物館(動植物園など)を通して働く術もあります。


  JICAを通して直接、外国の高級役人として働くチャンスもあります。先ずは、学識経験者の一員を目指して、英語と関係教科の学習に励みましょう。

  きっとチャンスが傍を通り過ぎるとき、逃さずジャンプ出来ます。 (*^_^*)


人気Q&Aランキング