マンガでよめる痔のこと・薬のこと

現在(09年4月)、ガソリン+電力によるハイブリッドカー(乗用車)はトヨタからプリウス、ホンダからインサイトなどが発売されてますが、トヨタ、ホンダ以外の自動車メーカーによるハイブリッド車の発売予定はないのでしょうか?
また具体的な発売予定が決定してなくても、開発状況を教えていただけると有りがたいです。
軽やトラックなどにもハイブリッド車はありますが、今回は排気量1,000~2500ccのガソリン車に対応するような車格に限定させていただきます。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 ハイブリッドの場合、単に開発が成功したということでは生産できません。

従来の車と違うため、バッテリーなどの生産などのために、新たに工場設備を新設する必要があります。ですので、この部分の生産が追いつかない限り、量産ができないということが重要です。
 来年あたりには、日産あたりも本腰をいれて発売するでしょうから、3社での競合となると思います。

http://allabout.co.jp/auto/japanesecar/closeup/C …
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2008/_STORY …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
日産は追撃態勢を整えつつあるという状況のようですね。
リンクされたサイトがわかりやすかったです。

お礼日時:2009/04/23 22:52

すでに日本勢の話は出ているので省略します。


海外メーカーも5年前位~去年まで続いた原油高騰を受けてハイブリッドの開発を初めています。
欧米のメーカーから韓国・中国のメーカーまで幅広いメーカーが取り組んでいます。
ただトヨタ方式の複雑なシステムを開発しいるメーカーは見当たらず
ホンダ方式のような比較的シンプルなシステムを開発しているメーカーばかりのようです。
これはホンダ方式のような比較的シンプルで安価なシステムでも
トヨタ方式のような複雑なハイブリっとに比べ燃費で大きく劣ることはなく、
欧米のような高速巡航の多い環境ではホンダ方式のほうがシンプルで軽いことを生かして
燃費を伸ばせるとの判断だと思います。
また複雑なシステムを完成させるだけの時間とお金がないというのもあるようです。
開発の進み具合もメーカーにより様々であと数年以内に発売できそうなメーカーもあれば
まだほとんど開発が進んでおらずモーターショーのような場所で
アイドリングストップ機構を付けただけでハイブリッドと言っているメーカーもあります。

また、インサイトが低価格で発売されたことや最近の不況の影響で新型車のメーカー希望小売価格が
装備等の内容に比べ割安になってきています。
このため他のメーカーがハイブリッドに参入するのがますます難しくなってきています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
メーカーの体力差以上に、参入のタイミングを失った後発メーカーは厳しい状況なんですね。
先行したメーカーと提携するくらいしか、道はなくなりそうですね…。

お礼日時:2009/04/23 23:07

日本の自動車メーカーからのハイブリッドは、次に出るのは日産からですが、これはトヨタと技術提携してトヨタ式ハイブリッドを提供してもらう形になります。



ハイブリッド車は元々開発が難しいため、開発するメーカーの経営体力が必要になります。

トヨタのプリウスにしても、欧米が一目置くようになったのは2003年デビューの現行形からで、初代はハイブリッド技術の足固めをする為に赤字垂れ流しで出していたようなものです。
これにしても、トヨタという経営規模の大きいメーカーだからこそ赤字垂れ流しにも耐えられたので、小さなメーカーではこうはいきません。

また、後発メーカーは先発メーカーの特許に抵触しない形の技術を新たに開発しなければならないという足枷がありますから、こういった点でもハードルが高くなります。

昨今は、世界的不況のとばっちりで自動車販売も大幅に減少し、自動車メーカーの経営体力もかなり損耗していますので、(上記した理由もあって)今後独自技術における国内メーカーからのハイブリッドは、トヨタ、ホンダ、ダイハツ、日野、三菱(後者2社はトラック)以外からは出ないでしょうね。

ちなみに、数年前までスバル/富士重工がインサイトと似たシステム(エンジンとトランスミッションとの間にモーターを入れてアシストする)のパラレル型ハイブリッドを独自開発していて、2007年度限定発売という報道発表まで行われました。
搭載予定はレガシィとも噂されたのですが、その後のトヨタとの資本提携(実質的に傘下入り)という経営状況の変化で「当然の如く」お蔵入りになりました。

ただ、このスバル・ハイブリッドは手探り状態での開発でしたから(ゆえに限定発売の予定だった)、仮にトヨタ傘下入りという状況変化がなかったにしろ、スバルの経営体力の小ささから考えるとどこまで独自開発を貫けるか、素人目に見ても不安視できるような状況であったのも確かです。


欧米メーカーはこれまで、ハイブリッドはゴー・ストップの多い日本では有効かもしれないが高速巡航の多い欧米では不向き、ハイブリッドは燃料電池車等の次世代車までの繋ぎ、などと考えてハイブリッドには殆ど目を向けず、クリーンディーゼルや燃料電池車の開発に主眼を置いていました。

ところが、燃料電池車は開発が難しく市販化までには相当の時間がかかること、クリーンディーゼルといえど昨年のような原油高騰の煽りを受けるのは免れられないこと、技術的に改良された新型(現行形)のプリウスやシビック・ハイブリッドが高速時の燃費も改善したこと、などからようやく重い腰を上げて開発に取り掛かったといった次第なのです。
さすがに、後発で単独での開発は重荷である(経営破綻寸前のGMなどは特に)ので、ダイムラー+GM+BMW、ポルシェとVWといった「連合軍」で開発を進めているのですね。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/200 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
世界的なメーカーや国内メーカーの最近の動向が良くわかりました。
個人的にはマツダのハイブリッドを見てみたい気がしますが、
ホームページを見てもアイドリングストップ技術に力を入れているようですし、近いうちのハイブリッド車製品化は難しそうですね。

お礼日時:2009/04/23 23:01

米国では日産も発売する(している?)と思います。


トヨタからハイブリッドシステムを買う形で。
従っていずれ国内に出てくるかも知れません。

排気量は大きくなってしまいますが、BENZのS400はLi-ionバッテリ搭載のハイブリッド、BMW,ポルシェ,VWも今年か来年にはハイブリッド車を発売する筈です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
各社、遅れをとらないように焦ってるけど、具体的には、全然…って状況なんですね。

お礼日時:2009/04/22 20:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング