ちょっと変わったマニアな作品が集結

漢文をやっているのですが、全く分かりません。
返り点は理解できるのですが、漢字を見てもさっぱりです。
辞書で調べれば解決するのでしょうか?
自分は電子辞書はもってないので、紙の辞書で漢文用の辞書というのはあるのでしょうか?

教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

江戸時代の寺子屋ではないですから、辞書なしで漢文を学ぶというのは、非現実的なことに思えます。


また、漢文学習に電子辞書を用いるというのも現実問題として疑問があります。
やはり、「紙の辞書」に勝る(優る)ものはないでしょう。
返り点は理解できるというのはりっぱなことだと思います。それほどの人が、辞書なしで漢文を理解しようとしているなんて、勿体ない限りです。
私は漢文の学習などする必要のない社会人ですが、それでも、国語辞典だけでは不十分で、漢和辞典を繙くことも、(しょっちゅうではありませんが)あります。
きちんとした漢和辞典を持っていれば、学校を出てからも、何十年にもわたって友となってくれます。持っていて損はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分自身が電子辞書を用いようと思っているのではなく、他の人は持っているので、それを持っていないことを前提で回答していただきたかったので電子辞書を文の中に入れました。

漢和辞典で大丈夫みたいなので、今日買ってきます。
ありがとうございました^^

お礼日時:2009/04/27 15:27

辞書は高校生または大学受験レベルでしたら不要です。

大学生でも、国文の人間でしかも古文選択者のごく一部が辞書を引く程度です。
利用するなら大漢和と決まっていますが、殆ど必要ありません。

返り点などが理解できたら、置き字や況や~をや、などの決まった言い回しなどをきちんと覚えましょう。対句表現などが、試験では穴埋めで登場します。
おそらく、意味がわからないのは文法表現の理解が不十分だからではないでしょうか?
返り点が理解できるとのことですが、きちんと読み下せていますか?読み下せれば古文と殆ど一緒なので、よほど理解に苦しむような固有名詞のほかはわかると思いますし、そういう問題しか出題されないはずです。ちなみに、上位レベルの大学であっても、漢文・古文ではきちんと注として難語の意味は書かれています。

理解の手順としては、何よりもきちんと書き下せるか、です。これは漢文を専門にする人間でも手こずりやすいところで、昔の偉い漢文学者の読み下しがまったく意味が通らず、原文を見たら読み下しを間違っていた、なんてこともざらでした。なので、漢字の意味が、といった些末な問題よりは、読み下しをきちんとできているのかに重点を置いてみてください。

漢文法については、駿台文庫などから文法書がでています。それで十分でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
文法理解はもちろんのこと、その単語の読み方や意味までも授業で聞かれるので、やはり辞書が必要なのです。

お礼日時:2009/04/27 15:24

漢字の辞書は必須ですが、御質問者がどのレベルかが失礼ながら解りません。

高等学校レベルですと、坊間にある漢和辞典で間に合います。
それで間に合わない、或いは漢籍に関係のない事柄が多く煩わしいと云う場合は、山本書店の「支那文を読む為の 漢字典」(元は文求堂)が良いでしょう。小型本の割には定価がはり、しかも一般書店では見掛けませんが反切までのっています。
http://www.kenbunshuppan.com/book/bun/bungaku2.h …
(すこし下の方です)
もう少し大きなものが御希望ならば、管野道明の「字源」が良いでしょう。(最近まで角川書店から出ていました)
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd …
更に、詳しい事を知りたければ、所謂諸橋大漢和による事になりますが、価格と量の点から、図書館等で利用されるのが良いかと思います。
http://www.taishukan.co.jp/kanji/daikanwa.html

その他の辞書については煩雑になるので省略いたします。(中華書局の辞典など)

御参考にならば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分は高校生です
なので漢和辞典でいいみたいですね。

お礼日時:2009/04/27 15:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢文と漢和辞典の使い方について

漢文で、「群臣の言を為す(ぐんしんのげんをなす)」という表現が出てきて、それで、意味がわからないまま、読んでいて、結局わからずじまいだったのですが、解答を見たところ、「家臣たちの言葉を捏造する」と訳していました。それで、「為」という字に「捏造する」という意味があると思い、「為」という漢字を漢和辞典でひいたところ、ありませんでした。ちなみに、引いた漢和辞典は、学研の「漢字源」という辞典(電子辞書)なのです。そして、この表現は、文章中でかなり重要で、これがわからず、内容が全然読み取れませんでした。こういう場合ってどうすればよいのでしょうか。また、このように、漢文の訳から推測できる漢字の意味が漢和辞典に載っていないということがよくあるのですが、どうすればいいのでしょうか。注釈もついてなかったのですが。。。ちなみに、「言を為す」は、センター対策の問題集で出てきました。

Aベストアンサー

今次、中文学習益々多き中で漢文の研鑽されるを見て幾分心が晴れました。
漢文の「読み」に就いて数々の辞書が出ていますが、字源・辞書の著者の解説は
先賢者数々に当たり編纂される中。学研の「漢字源」も良書ですが、
私は数十年来、
角川書店の「新字源」を信頼度NO1と感じます。此の字源には「為」の理解度も著者が古文を善く研究して信頼できます。
「助字解説」「同訓異義」で帰納できるでしょう。当然、釈大典の文語解・詩語解から転出されています。
中国古文の文体の研究するに当たり専門書も多くありますが。
専門家でない限り此ら2書で解明できます。

Q日本史Aと日本史Bの違いについて教えてください。

こんにちは、疑問なのですがセンター試験の日本史Aと日本史Bとはどのような違いがあるのでしょうか?
ちょっと気になって調べてみたのですが、ほとんど日本史Bの事しか載っていませんでした。

二つの教科の違いや、選択時の有利不利などを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古代史からスタートするので日本史Aの教科書より内容的に若干難しい内容も取り扱います。

 したがって、単位数の違いにより、日本史Aと日本史Bの教科書を使い分けていることです。主に、日本史Aは、職業科の学校で使われています。

 農業高校・商業高校・工業高校など普通科以外の学校で日本史Aの教科書を採択しているケースが多いです。普通科の高校でも日本史Aで近現代をやって、日本史Bで古代から江戸まで勉強して、受験するときは日本史Bで受験するというケースも見られます。

 つまり、日本史Aでは、教科書の構成上、近現代史がメインになりますが、日本史Bでは、古代史からスタートして現代史まで扱うという幅広内容になるということになります。そういうことから、日本史Aで勉強したいようで、勉強していないところ古代史~江戸時代の内容に関しては自力で勉強することが求められます。

 【大学受験での日本史選択】
(1)センター+私大(日本史で受験)する場合
 →「日本史B」を選択
(2)センターのみの場合(日本史A・B両方選択可で2次試験で日本史を必要としない学部学科を受験の場合)
 →「日本史A」を選択(学習時間が少なくてすむ)

 ※私大受験を考えていて、日本史で受験を考えているのであれば「日本史B」を選択するのが無難です。リクルートの進学サイトのURLを載せておくので受験科目の選択に参考にして見てください。

 何らかの参考にならば幸いです♪

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古...続きを読む

Q「長たらしむ」の訳し方を教えてください。

「長たらしむ」の訳し方を教えてください。

「たら」と「しむ」は、完了の助動詞と使役尊敬の助動詞だということはわかったのですが、
そうすると、上の「長」は?
「たら」は連用形に接続すると覚えけど、これは未然形。下にある「しむ」は未然形に接続するからなんだろうけど、長は名詞?
どうやって考えればいいですか?
それから、「しむ」は尊敬で訳せばいいですか?
使役と尊敬の区別方法がわかりません。
教えてください

Aベストアンサー

方向違いならごめんなさい。
これは、
「虎の威を借る狐」<戦国策>ですね。

「長たらしむ」は「ちょうたらしむ」と読み、
「長」は名詞、首領・かしらなどの意。
「たら」は、断定の助動詞「たり」の未然形、資格を表す。
「しむ」は、使役の助動詞「しむ」の終止形。

「天帝使我長百獸。」は使役の構文です。


(天帝は、私を百獣の)長(首領)にした。


人気Q&Aランキング