会社の健康診断で
尿ケトン体陽性、要精密検査、と診断されたのですが
いったい何が悪いと陽性になるものなんでしょうか?

ちなみにわたしは25歳女性、持病は貧血です。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

非常に単純化して答えると、細胞が空腹を感じて、自分のエネルギーを消費しています。

その消費したカスがケトン体と思ってください。貧血があるようですので、無理なダイエットされた結果でしょうか?きちんとした指導のもとにダイエットする必要があります。深読みし過ぎ?
    • good
    • 6

ケント体に関しては、皆さんがお書きのことでおわかりになられたかとおもいますので、質問とはまったく関係がないのですが、25歳女性、持病貧血とお書きの点で少し気になりましたので、余計な書き込みかとも考えましたがもし皆さんのご意見を参考にして精密検査をおうけになられるのでしたら、合わせて婦人科の受診をされてみてはどうかと・・・・・


持病の貧血がなにによるものかは、書かれておられませんでしたので逆に不安がらせることかもとも思ったのですが、ここ最近、女性の子宮内膜症の方とてもふえておられます。貧血の原因がその病気からおこっていることもあるんです。生理不順、腰痛、整理痛、といった症状は、いまのところありませんか?なんで、こんなことを書くかというとわたしも何気に訪れた、子宮ガン検診で卵巣嚢腫をみつけていただき、早めに処置をしていただいたことがあったんです。これといった自覚症状もなかったもので・・・・女性が婦人科に足を運ばれること抵抗あるかとはおもいますが、今回の件で病院で精密検査をおうけになられるのでしたら、是非!こちらの検査も受けておいてください。
    • good
    • 0

尿ケトン体は、人間の主なエネルギー源であるブドウ糖利用が低下して、代わりに脂肪酸の代謝が亢進した状態で陽性になります。


 陽性になる原因として、病気で食事の摂取量が減っている時とか、絶食とか飢餓状態になっているとき、場合によっては運動をしただけでも陽性になることがあります。病的な状態としては、糖尿病が有名です。糖尿病が重症になると、ケトアシドーシスという状態になり命の危険もあります。その他、種々の原因で見られます。
 尿ケトン体が陽性というだけでは、なかなか何病と言えませんし、病気ではないかも知れません。ご心配なら健診のコメントのように、一度精密検査を受けられたほうがよろしいと思いますが。
    • good
    • 5

絶食が続いても陽性になりますよ。

すぐ糖尿病に結びつけるのは間違いです。
健診の時は絶食を指示されますので人によって場合によっては陽性になることもあります。

あまり心配しないで健診医の指示に従いましょう。
    • good
    • 1

 ケトン体とは、ブドウ糖の代わりに脂肪が分解するとき生じる“廃棄物”です。

本来はブドウ糖がエネルギーになれば問題ないのですが、インスリンが不足すると、脂肪をエネルギーにせざるをえなくなり、ケトン体が生じるわけです。つまり、血液中にケトン体があらわれることは、インスリンが不足していることのあらわれともいえるのです。
 ケトン体が血液中にたまると、尿に排出されるので、尿を調べればケトン体の有無がわかります。尿の中にケトン体が検出された場合を、「尿ケトン体陽性」といいます。
 尿ケトン体の有無は、糖尿病の状態や進み具合、血糖コントロールの善し悪しを判定するのに役立ちます。たとえば血糖値が同じ200mg/dlであっても、ケトン体が陽性である場合のほうが、より体内のインスリンが欠乏していて重症であると判断できるのです。

このように、尿ケトン体は、インスリンが不足すると検出されるので、インスリン療法を続けている患者さん、中でもインスリン依存型の患者さんにとってはたいせつな検査データです。特にカゼをひいたり、熱があるときには必ず測定しなければなりません。
 最近では、尿ケトン体の有無を、ケトスティックスという試験紙を使った尿検査で、かなり簡単に測定することが可能になりました。患者さんが自分で調べることができます。

尿ケトン体の検査は、正常値は、陰性(-)です。
試験紙による検査は、アセト酢酸に最も鋭敏で、アセトンの感度はアセト酢酸の1/10~1/20、β-ヒドロキシ酪酸には反応しません。
アセト酢酸は容易にアセトンに変化し、アセトンは揮発しやすいため、放置尿では次第に失われていってしまいます。また、アセト酢酸は細菌のエネルギー源として使われてしまうと陰性となってしまい正確な結果がでませんので、検査は新鮮な尿で行うことが大切です。

ケトン体の尿中への排泄は少なく、ヒトでは1日に40~50mgで、そのほとんどがアセト酢酸です。
しかし、私達の身体は、エネルギー源である糖質が消費されて不足すると、脂肪酸からエネルギーを得ようとします。この時、組織での処理能力以上のケトン体が生産されて過剰になり、血中及び尿中への排泄が増加します。この状態をケトーシスといい、ケトン体は酸性のため、血液は酸性となっています。
糖尿病によるインスリン分泌障害で組織内のブドウ糖利用が低下した時や、飢餓状態の時に見られ、症状が進行するとケトアシドーシスと呼ばれる症状を引き起こし、嘔気や嘔吐、昏睡がみられます。
また、過激なダイエットや精神的ストレス、アルコール依存症、妊娠している時には陽性となることがあります。

尿ケトン体陽性をきたす病態・疾患をまとめました。
◎長期絶食
◎ストレス、感染、発熱、運動、外傷
◎糖尿病
◎甲状腺機能亢進症、末端肥大症、クッシング症候群
◎激しい嘔吐、下痢
◎薬物中毒

以上、参考にして下さい。
    • good
    • 2

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「糖尿病性ケトアシドーシス」
更に、
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(尿中ケトン)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(血清ケトン)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(糖尿病)

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 2

 ケトン体というのはアセト酢酸という脂肪体のことです。

これは、糖尿病のとき、インシュリンが不足して、糖代謝が障害され、血糖が高くなりますが、このときに同時に脂肪組織では、中性脂肪が分解されます。分解された中性脂肪は、遊離脂肪酸となって血液中に入り肝臓で分解されますが、インシュリンが不足していますと脂肪酸はアセト酢酸という物質に代わります。このアセト酢酸は3ーヒドロキシ酪酸とアセトンになって血液中に出て尿に排泄されます。簡易検査ではアセト酢酸の数値を測定していますが、最近では3ーヒドロキシ酪酸を測定できる様になりました。昔は、これらを分けて簡単に測定できなかったので、ケトン体と総称していました。同時に行われる尿糖検査の結果を見て、糖尿病かどうかの判定を行います。尿糖が一定の場合でもケトン体の数値は変動しますので、糖代謝が正常化しているかの指標になります。下記のHPでも解説しています。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/keton.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qβーヒドロキシ酪酸はケトン体?

糖尿病などの検査項目であるケトン体には、
 アセトン
 アセト酢酸
 β-ヒドリキシ酪酸
の3種類を含んでいるという記述がありました。そこで構造式を調べてみたところ、アセトンとアセト酢酸はケトン体であると納得できました。ところが、β-ヒドロキシ酪酸の示性式は

CH3-CH(OH)-CH2-COOH

のようです。これはケトン体なのでしょうか?
ケトン体といったら

R1-CO-R2
(RはC含有)

だと思うのですが・・・。そもそもケトン体に対する理解が間違っているのでしょうか?

どなたがご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

VOET生化学第3版下P726左下より抜粋
(指示語など一部改変)

「これら3つは、少し不正確な表現だがケトン体と総称する」

これら3つの共通の特徴は、
ケトンであることではなく、
脂肪のエネルギーを脳に送るための形である、
ということです。

たまたま二つがケトンだったからそういう名前をつけて
ひとくくりに呼んであげたのですね。総称です。


結論:ケトン体は脂肪のエネルギーが脳にいける形になったものの総称で、分子構造的にはケトンのものが多い。

Q遺伝子診断・出生前診断・着床前診断の違い

以前別のことについて、質問しましたが、今回は、上記3つの違いを教えてください。これは受精卵の時期によって違うだけなのでしょうか?また問題点なども変わってくるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療従事者です。

まず、それぞれの用語ですが、
カバーしているものが違います。

遺伝子診断は、生殖に関わる段階のみならず、
例えば、ハンチントン舞踏病の繰返し配列の解析や、
その他疾患の原因遺伝子の検索、
薬剤に対する感受性の違いなどを検索するために行う検査・診断のことです。

それに対して、出生前診断、着床前診断は、
受精卵~胎児の過程に行われる検査・診断のことです。
出生前診断は、着床前診断を含み、
羊水や絨毛細胞による染色体検査、
広く言えば、超音波による胎児の検査も含みます。
一方、着床前診断は、
体外受精によって得られた受精卵が、
およそ8細胞に分裂した段階で、分割した一つの細胞を取り出し、
その遺伝子を解析するものです。
そのことによって、妊娠成立前に診断をすることが可能になります。
現在、デュシェンヌ型筋ジストロフィーなどの重篤な疾患の診断にのみ用いられていますが、
今後、習慣性流産の診断などにも用いられる可能性があります。

ご参考まで。

Qケトン体

ケトン体は肝臓から血液中に放出されたとき、他の組織での利用を上回ったときに、血液中や尿中に増加されますよね?

飢餓や糖尿病でもケトン体が増えますか?

Aベストアンサー

ケトン体が増える典型的なケースが飢餓や糖尿病です。

しかし、
>ケトン体は肝臓から血液中に放出されたとき、他の組織での利用を上回ったときに、
 血液中や尿中に増加されますよね
この表現は好ましくありません・
血液への放出量が使用量を超えると濃度が上がるのは当然のことで、何も言っていない
に等しいのです。また、体組織が利用できるケトン体はそれほど多くはないのです。
大事なことはどうしてケトン体が増えるのかということです。

血液中のエネルギー源であるグルコースを現金だと思ってください。
財布の中にはある程度の現金が無いと生活できません。これがグルコースの血中濃度です。
グルコースは食事の後などに急激に増加しますが、これが給料日です。
多額の現金を持つのは危ないので銀行に預金しますが、この銀行預金が肝臓のグリコーゲン
にあたるもので、換金しやすいのが特徴です。

普段は現金が増えれば預金し、現金が減れば預金を下ろして、とういう生活ですが、
預金が溜まれば一部は趣味の骨董品などの変換されます。これが脂肪です。
普段の生活では脂肪が使われることは少ないのです。しかし、飢餓状態が長く続く
(給与が無くなる)と現金が無くなり、それが続くと預金も無くなります。
そうなれば骨董品が売り払われることになります。そのときに残るのが鑑定書であり、
これがケトン体です。いわば、やむなく発生した物です。

ケトン対の量を調べるとどれだけ飢餓状態にあったのが有る程度わかります。

ケトン体が増える典型的なケースが飢餓や糖尿病です。

しかし、
>ケトン体は肝臓から血液中に放出されたとき、他の組織での利用を上回ったときに、
 血液中や尿中に増加されますよね
この表現は好ましくありません・
血液への放出量が使用量を超えると濃度が上がるのは当然のことで、何も言っていない
に等しいのです。また、体組織が利用できるケトン体はそれほど多くはないのです。
大事なことはどうしてケトン体が増えるのかということです。

血液中のエネルギー源であるグルコースを現金だと思ってくださ...続きを読む

Q死亡診断、および診断書記載について

うちの親がそう遠くないうちに亡くなります。いまは特養に長期入所中で、その場で看取って頂くつもりです。ただ、同所は現役を引退された老齢の嘱託医が1人おられるだけで、夜勤帯、土日は看護師もおりません。そこで質問ですが、日勤帯は多分大丈夫なのですが、嘱託医のいない時間帯に(結構なお年で、夜間、休日の呼び出しなどがあまりままならないようなのです)、私の兄弟に医者がおりますので、その者を呼び出して、看取ってもらい(死亡宣告、診断です)、死亡診断書を書いてもらう事は可能なのでしょうか?その特養と契約していない医師が身内に対してこのような事ができるのか、法的に問題はないのでしょうか?お教え願いたいと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

医者であれば死亡診断書を書くことはできます。 診療中でない場合(生前に死亡の原因となった疾病を診察したことがない場合)は死体検案書を書くことになっています。 瞬間を看取った場合は診察を行ったとも考えられますが、診察した場合は診療録に記載しなくてはいけなくなりますので、勤務先の診療録をつくり往診したことにしなくてはいけません。 開業医なら勝手にやることはできますが勤務医の場合は勤め先の許可が無いとできません。 

あとは、特養が良いと言えば問題ないと思います。
http://www.tokyo.med.or.jp/kaiin/handbook/linkdata/130-141.pdf

Qケトン体の分類

学校の生化学の授業の課題で、ケトン体を調べています。

そのなかで、分類(糖質、蛋白質、脂質、ホルモン…など)を記さなくてはならないのですが、

ケトン体の分類がどこなのかがよくわかりません。

ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

ケトン体を分類するとしたら「ケトン体」でいいと思うのですが。
それ以外に分類するなら、脂質の代謝産物なので「脂質」ですかね、大分無理矢理ですけど。

どんな分類に分けなきゃ成らないのかを教えて欲しいです。

Q理学療法士とヘルニアの持病

理学療法士をめざすうえで、
私は持病の腰痛(ヘルニア)をもっています。
これは影響してくるものでしょうか?
理学療法はかなり腰を使ったりする仕事なのでしょうか?
教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

コルセットもあるし手術だってあるわけですので、病気があるからって出来ないわけではない・・という大前提を書き込んでから続きを。

理学療法士の仕事は(参考URL参照)誰を相手にするかと考えれば自明です。腰を使うし負担をかけます。
医療職には大なり小なりそういった負担がありますが、看護師とこれらリハビリや介護にかかわるコメディカルにとっては宿命に近いです。

治せるものなら治しておいたほうがいいし、痩せられる(痩せたら軽減する)ものなら痩せたほうがいい・・と書きつつ自分の腹をみる(合掌)。

参考URL:http://www.fuji-reha.com/whatpt.htm

Q検尿でケトン体が出てます???

先日より、胃腸風邪で、ひどい下痢になっているので、
病院で点滴を受けています。 毎日検尿すると、ケトン体
が+検出されてます。
何で 出ているのでしょう?

下痢も治り 身体もだるくないのに ケトン体出てるので
明日も病院に来なさいと言われました。

ケトン体で検索して見ると、糖尿病に関する記述が
有りますけど  他の要因でも検出有りますか?

Aベストアンサー

あまり心配することはないですよ。普通に食事を取れていれば、その食事が栄養になるのですが、食事が取れないとそれだけでは足りなくて、体に蓄えられている脂肪が分解されてケトン体になります。ひどい下痢で点滴を受けなければならない位だったので、食事もあまり取れていなかったのだと思いますので、出て当たり前です。糖尿病で高血糖が続くとケトアシドーシスになる事もあるのですが、これとは全く別と思ってください。ご飯が食べられるようになれば自然に回復しますよ。

Q目薬 網膜剥離の手術を2ヶ月前に終え退院後外来受診に行かないといけないけど精神疾患を持病に持って

目薬

網膜剥離の手術を2ヶ月前に終え退院後外来受診に行かないといけないけど精神疾患を持病に持っており受診に行くと倒れてしまうので行けてない状態です。その為病院に電話して眼科受付の人に僕自身の主治医にこちらから聞いておかないといけないことを受付の人に尋ねて電話で答えて貰うことは可能か聞くと内容によるといわれたので3つ聞きたいことをいったのですが現在退院時もらった3種類の目薬はいつまですればいいのか聞き忘れました。もう2ヶ月間さしたのですがもう目薬は必要ないんでしょうか?
詳しい方教えて欲しいです。

Aベストアンサー

手術後の目薬は、
術後から半年~1年必要です。
種類・量などは、徐々に変わっていきます。

退院時もらった目薬?
目薬は基本開封後1ヶ月を目安に使い切り、以後は新しい目薬に交換が原則
(含まれる成分などの関係上)

当然術後は予後の状態確認の為、定期受診が必要です。

お体の体調等様々おありでしょうが、可能な限り受診されることをお勧めいたします。

なぜなら、私も定期的に眼科受診しているのですが
入院中に知り合った方で、質問者さまと同じ手術をされたのですが
術後は、ずぼらな性格の為殆ど受診せず、退院時の目薬のみで 3ヶ月
再受診した時には、退院時より視力低下及び角膜炎症などになって
あわてて受診に来た人がいます。

失明に至ることはないかもしれませんが、大事な ”目” です
何かあってからでは、遅いのでは

Qケトン体陽性について

4月に人間ドックをした30才女性です。
健康診断でケトン体陽性だと結果が出ました。ケトン体自体あまりなじみがなく調べれば調べる程余計に分からくなってしまいました。
心当たりとしては、普段お酒が好きなので毎晩晩酌をしたり、出来るだけダイエットの為に晩ご飯は炭水化物を食べずおかずだけなどといった事でしょうか。
それ以外の普段の食生活には人よりは結構気を遣ってる方だと思います。出来るだけ自分で料理した健康的なものや野菜を多く食べるようにしています。
お菓子などもあまり食べません。
まずケトン体陽性とは深刻な事なのでしょうか?それともただの体質ですか?後はどんな病気になりやすいですか?
そしてどういった対処をしたらいいのですか?
質問が多くてすみません。どなたかケトン体について詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

普通は、嘔吐下痢など、脱水がひどくなった時に陽性になります。よって、下痢とか嘔吐をしていて点滴が必要か判断に迷うときは、尿ケトンを測定して陽性ならまず、点滴します。

あと、糖尿病で高血糖が持続するような状況、すなわち、体内に糖をうまくとりこめない時や、飢餓状態で利用可能な糖がない場合にでます。飲酒でもケトンはでやすくなります。

嘔吐・下痢とかないのであれば、糖類摂取制限と飲酒によって尿中ケトンが陽性になったと考えられます。

ケトンは酸性なので、血液も酸性に傾く事になり、高カルシウム血症や高カリウム血症、その他、いろんな障害がでてくる可能性があります。

普通の食生活と飲酒の制限をお勧めします。

Q原爆の二世代にわたる後遺症

こんにちは。

広島と長崎に落とされた原爆で多くの被害を日本は受けました。
そこで質問です

1、直接原爆投下のときにはいなかった二世代目の影響は、どういったものがあるのでしょうか?

2、白血病が増えたとか、奇形児の割合が大きくなったということが実際にあるのでしょうか?

3、原爆手帳がありますが、これは原爆二世には交付されたのでしょうか?

4、国や自治体が原爆の二世代にわたる健康調査をしているのでしょうか?

以上のことについて回答願います。

Aベストアンサー

被爆二世は両親のどちらかが被爆者である人のうち母胎内で直接被曝
しなかった人ですが、これまでの健康調査では、なにも統計学的に意
味のある差は出ていません。胎内被爆の場合に小頭症などのリスクが
非常に高かったのとは全く違います。
もちろん本人は被曝していないのですから被爆者手帳は交付されませ
んが、本人の請求により健康診断を無料で受ける特権が認められてい
ます。それに伴い、居住する都道府県によっては「被爆二世健康管理
表」などを作成しています。


人気Q&Aランキング