AI天使がイケメン天使に変身!>>

新聞の天気予報、テレビの天気予報、インターネットの天気予報の
それぞれ良い点、悪い点を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

天気予報の根拠となるデータ(資料は)気象庁から配信されている


新聞、Internet共 文字数が制限され、発表時間にも制約される

テレビは注意報、警報を除いて放送時間が決まっている
テレビのそれは、文字数に置き換えれば多くの解説が得られます
また、時間も決まっているので放送局の特徴を選んでください

ただ、ネットでは(お天気koalaのリアルタイム気象情報総合リンク フレーム版)からは高層天気図や予想図など予報に必要な多くの資料が得られ 自然物理(気象など)を経験した方なら 必要な細かな予報が可能と考えます 
    • good
    • 0

新聞の場合、私が購読していないが故に、先ず天気予報を見る為だけの目的に絞ると、費用vs効果の面で高く付き過ぎる事



テレビの場合、天気予報やそれを含むニュース等によって、時間が拘束される事
その上、飲酒で大臣の辞任、タレントの逮捕等が起きると予報が大幅に後回しにされたり、中止になり易いのが弱点

ネット上での天気予報ではサイトによってはピンポイント式や国外の主要都市をカバーしている場合もあるので、私の個人的嗜好に照らすと最も気に入っていますね。
    • good
    • 0

   こんにちは


 まず、新聞・・・手元もとにありすぐ見れる。
    TV・・・時間で放送されるのでそれを見る。
    パソコン・・・電源を入れて見る。
    特徴は見れば分かりますが、使い道で違うでしょう。
    
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報