人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

連合赤軍について教えて下さい。
質問が4つあります。
1、昭和47年1月3日、森恒夫は中央委員を設置しています。
後年、坂口弘は総括による責任の分散を図ったと推測しています。(事実、この時点で3名が死亡し、遠山美枝子も総括の対象とされています)
森は中央委員の設置の目的を、
(1) スターリン主義的官僚主義と経験主義に対して不断に戦う能力を持った中央委員を設置し、具体的な党建設の開始として組織化させる。
(2) その為にスターリン主義の発生、中国におけるプロレタリア大革命の教訓から「上からの党建設」の中心問題は、革命戦士の共産主義化を獲得すること
…としています。
この「上からの党建設」の「上」とはいったい何を指すのでしょうか?
私は、より高い見地から見た時、党を建設するためには党員の共産主義化を徹底しなければならない…と解釈したのですが…
2、佐々淳行氏は著書『連合赤軍「あさま山荘」事件』のあとがきで、
‐自ら自由を捨ててセクトに属し、リーダーに絶対服従する道を選び、平和に飽きて戦争ごっこを始め(中略)いま平成の世に麻原彰晃に盲従するオウム真理教殺人集団を目の当たりにして感じたことは「自由と平和と豊さ」に恵まれすぎて人道にもとった連合赤軍の再来ということだ‐
核心をつく絶妙な表現だと思います。
確かに非人道的で国民の敵という点において両者は共通すると思います。
唯、私は両者には何か本質的に違うものを感じるのです。
時代背景が違うのもあるとは思います。
でもそれだけでしょうか?
方法、手段、指導者や理念が根本的に間違っていたとは思いますが、最初の目的(動機)が個人の救済か社会の救済かというのもあるかもしれません。
私には他にもあるとは思いますが、言葉に出てきません。
他に何か違いを見いだせる方、教えて下さい。
3、連合赤軍などの当時、武装闘争を展開していた新左翼の過激派達は、オウムによる一連の事件をどのように捉えているのでしょうか?
それに関する何か書籍をご存知の方、教えて下さい。
4、60年代70年代の左翼運動が活発だった時代、おそらく新聞、テレビ、ラジオといったメディアは連日報道していたと思います。
当時を体験している方で、当時の報道とオウム事件の時の報道の違い等があれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

新左翼は学費の値上げや学生の締め付けが原因で、オウムは自己の原因で、できあがっているんですよ。

    • good
    • 0

 連合赤軍やオウム真理教には詳しくないのですが、連合赤軍事件があった当時は小さな子供だったせいか、テレビで浅間山荘事件や三菱重工爆破事件などをやっていて、爆弾テロやゲリラ闘争など何もわからなかった年齢でしたが、面白くてテレビを食い入るように見ていたのを覚えています。



 連合赤軍事件とオウム事件を同一視するのは間違いだと思います。連合赤軍事件が起こっていた当時は学生運動が盛んだった頃で、東大生が大学を占拠して大騒ぎになるなど、当時の学生運動を指導していた人が現在の政治家にもいます。連合赤軍事件は学生運動の中で最も過激な一派が起こした事件であり、氷山の一角であって、潜在する民衆運動は政治闘争や労働運動などで連日のようにテレビ報道されていましたし、国鉄のストライキが頻発し、民間の労働組合と共同でゼネストを実行するなど、労働運動と反政府運動が連携して起こる政治的土壌がある時代でした。言わば、多数派の中から起こった事件だったわけです。

 それに比べると、オウム事件は唯我独尊のカルト宗教が起こしたテロ事件に過ぎず、一般市民の支持が得られるはずもありません。オウムのような独り善がりの漫画染みた思想に共鳴する人が多数派になれるとは思えません。最初から自己破綻が予測出来るもので、少数派の中から起こった事件のように思います。

 連合赤軍事件とオウム事件が明らかに違う点は、マスコミの動きです。連合赤軍事件ではマスコミが取材で赤軍派に接近する例は確かにありましたが、協力関係にあったという話はあまり聞きませんでした。

 ところが、オウム事件ではマスコミが過剰にオウムに協力した事実が明らかにされ、社会問題化しています。連合赤軍事件が一般市民の鬱積した権力への反発の裏返しであったのに対して、オウム事件は情報社会の中で、インターネットによって発言の自由を得た一般市民から遊離し、力を失って追い詰められつつあるマスコミが背後にいる事件だったように思えてなりません。

 ナチスが写真技術や映画技術などの技術革新で仕事を失った画家や作家が集まって作った組織だったように、情報技術の進歩で政治的な力と仕事を失いつつあるマスメディアがファシズムを起こす可能性が無いとは言い切れません。オウムがマスコミと繋がっているのだとしたら、非常に危険な存在であるのは間違いないでしょう。

 オウムは北海道など、地方で信者を集めて勢力を拡大しようとしていると報道されていますが、世界恐慌や世界大戦が起こる得る情勢だけに、極右勢力が国民を騙して権力を握る危険性も大きくなっているように感じます。
    • good
    • 0

1.この「上からの党建設」の「上」とはいったい何を指すのでしょうか?


上=我々or自分(たぶん、超人だと思っていたのでは)
2.無知蒙昧なる民衆を圧政から救うためには資金と人材獲得、育成、が必要である。
目的を成し遂げるためには、無知蒙昧なる人民のルール(殺すなかれ、うばうなかれ)は超えよ。彼らのための行いであることを彼らは後に知る事となり、我らに感謝するであろう。
 
ここは両者ほとんど同じ。違うのはオウムの麻原は「一番儲かるのは宗教だ」と言っいたらしい。
3.わかりません。でも、彼らは日本に拍手をもって迎えられるべきと言ってました。
4.60年は高度成長期。70年はオリンピック後不況の時代。
中国に常時滞在を許された新聞社は1誌のみ。「大躍進」等を褒め称えていた。でないと追い出されるから。
オウムの時とは比べものにならない貧弱な情報量です。情報量の比較だけでも論文でエクセレントがとれるのではないでしょうか。
 超人思想をふりかざす人はダサかったです。ダサイ、は死語でしょうが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング