金属加工(看板枠、トラック仮装)の仕事を独立開業するのですが、営業許可書及び認可書などが必要でしょうか?

A 回答 (1件)

金属加工業で許認可が必要とは聞いたことがありません。


ただ、加工に毒・劇物の薬品を使うときは、必要です。
あとは、税務署などに開業届けの提出は必要です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q起業アイデア(ビジネスプラン)を提供して、ロイヤリティをもらい生活をす

起業アイデア(ビジネスプラン)を提供して、ロイヤリティをもらい生活をすることは可能ですか?
またはそういう団体はありますか?

私は現在起業を志している者です。
その過程で起業アイデア(ビジネスプラン)がいくつか出てきました。

ただ、自分が本当にやりたいことではないため、それを自らやろうという意志が働きません。
そこで、アイデアを提供しそれを誰かに実行してもらうことでそのロイヤリティを得たいと考えています。

自分がやるより「やりたい」と考えている人に楽しくやってもらいたいというのが本心です。

そこでそういう人・団体を探していますが、どなたかご存知ないでしょうか?
知っていたらぜひともよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は特に新規ビジネスを企画し、実現させることを支援してきた大手シンクタンクのコンサルタントです。
そういうマッチングの組織はいくつかネットバブル期に生まれましたが、成功した例がすくなくあまり機能していません。
もっと現実的な方法は、リスティング広告などを使って、セミナーを開いたり、関心がある企業に訪問して説明したり、あるいは展示会への出展(50万円くらいはかかりますけど)、あるいは、ベンチャーに出資している会社、たとえば、ネットエイジとか、そういうところに持ち込むことで、のってくる人はいるかも知れません。
おそらく気にされるのは、話すとノウハウが漏れるとかだと思いますが、話したくらいで他の人ができるようなことは、お金にすることは難しいのがこれまでの経験です。
話して、相手も面白いと思い、でも、自分ではできそうではない、手伝って欲しい、という順番です。
他人にやらせるなら、それを仕切れる信頼できるパートナーをセットにして売り込みする必要があります。
アイデアの内容がわかりませんのであくまで、ご参考まで

Q業務委託から完全独立開業、開業届は?

3年前から昨年まで業務委託で収入を得て、白色申告していました(昨年分は還付申告で、先月済ませました)。

当時は業務委託契約=個人事業主という意識がなく、開業届は出していません。

現在の状況ですが、昨年で業務委託先を辞め、今年3月に完全に独立開業をする予定です。

できれば青色申告を申請したいと思っていますが、開業届を出さないと申請出来ないと聞きました。

そこで開業届を出すつもりだったのですが、あるサイトには白色申告をすると同時に開業していることになるという情報もありました。

この場合は、改めて開業届を出さなくてはいけませんか?

出す場合は、開業の日付は業務委託契約の期間に初めて確定申告をした日などにするのか…
それとも完全に独立開業した日にするのか…

税務署は確定申告時期で中々詳しく聞きづらいので、もしわかる方いらっしゃったら回答頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

> 出す場合は、開業の日付は業務委託契約の期間に初めて確定申告をした日などにするのか…
> それとも完全に独立開業した日にするのか…

届け出はあくまでも事実の通知です。
なので、開業の日付は実際に営業を開始した日です。すなわち業務委託契約の締結日です。

Q起業のアイデア思考法

起業するためには、今までにない業態や、差別化を図れるアイデアがないといけないのかと思います。しかし、いろいろ考えてみてもなかなか思いつきません。皆さん、どのようにされているのでしょうか?アイデア思考法とかそういったものご存知であればご紹介頂きたいと思います。

Aベストアンサー

 「起業する」というのが先にあって、「何をどうする」は未構想なのでしょうか。それでは勝算に乏しいですね。順序が逆です。どんなビジネスであるかについて、その競争力(他にない「売り」や「差別化」「強み」)や経営戦略があって、ニーズや将来性も含めて勝算が見込めるときに、起業を考えるものでしょう。漫然と起業したのでは、ポシャるのは確実です。自分が持っている(他に負けない)技術・経験・知識(ノウハウ)・ネットワーク(人脈・サポートしてもらえる組織など)・資金に基づくものでなければなりません。アイデアだけでは起業しても失敗します。それを実現する能力がなければダメでしょうね。アイデアよりも営業力・仕事を確保する力のほうが成功には重要です。

経営コンサルタント(30年間勤めた大手企業を脱サラして株式会社を興し8年目に入った団塊の世代のオジサン)より

Q格安でデリヘル開業出来ないでしょうか? (デリヘル独立開業)

初めて教えてgooをお借りします。凄く興味がある事なのですが誰に聞いて良いのか、またどのお店?
が良いのか分からず皆様のお力をお借りしたくて…。
私は現在31歳で今は会社員をしております。仕事は長時間、安月給なのですが勤続8年目。そこそこ生活は出来ております。ただこの社畜生活で良いのか?と自問自答する事が多くなり、自分も何か出来ないか何日間考えた所……あ、デリヘル!!!
これが色濃く脳裏に浮かびあがりました。正直、デリヘルはたしなむ程度しかお願いした事は無いのですが学歴も高卒、お金も少々しか無い私には長時間労働を耐え抜いた体力と気力しかとりえがありません。下積みでも何でもして自分で独立したいです!
こんな私ですが素人でもデリヘル独立開業のノウハウを教えてくれる方やお店など無いのでしょうか?
ご存知の方、是非教えて頂きたいです!!宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

自分も興味があり調べてみた所、「J&Mコンサルタント」って会社がありました。

格安で開業のお手伝いをしてもらえるみたいでしたよ!
格安どころか0円での開業も可能って書いてありました。

リンクを載せておきますので、ご自身で確認してみてはいかがですか??

http://www.xn--edk8azcf9626c32qwq4epca.com/

Q起業アイデア真似していいの?

タイトルどうりの質問なんですが、今はいろいろなアイデアで
仕事をしている方々がたくさんいます。
こんなやり方の商売があるのか、と驚かされることも多々ありますが、
そんな仕事のアイデアを、真似して起業や開業してもいいのでしょうか?
特許などをとっていなければ、商売のやり方など真似ても
いいのでしょうか?

無知で恥ずかしいですが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は決して真似をしても問題は無いと思いますよ。
そもそも、インターネット関係では、SNSもオークションサイトも誰かやどこかの企業がアイデアを出して始めたものですよね。

アイデアだけでは商売として成り立ちませんので、そこにどの程度の資本を投下し、アイデアを具現化して事業として成立させるか!が大事ではないでしょうか?

Q金看板(許可票)の事で教えてください。

初歩的質問で申し訳ございません。金看板(許可票)の事で教えて欲しいのですが、金看板はどこで、どうしたら頂けるのですか? また会社(個人事業を含む)は、どうなったら看板が必要なってくるのでしょうか?そもそもその看板がないと営業できないのでしようか?
 お勧めサイトはありますか?
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

業種によって違うと思いますが、一般的に許可条件に、社名、許可年月日、許可番号、代表名等を事務所等に明示(掲示)する事が義務付けされてます。その内容に合致するならば、手書きでもなんでもいいはずですが、見掛けがよくないので、大体業者に任せますね。専門業者なら、その業種向けの各看板を用意してるはずです。h1857さんが、開業されようとしている業界団体に問い合わせれば、紹介してくれると思いますよ。

Q起業のアイデア

30代後半の男性です。
起業したいのですがアイデアがありません。
今までの職歴も工場のライン作業などマニュアル化されたものが多かったので
ヒントになるようなものがありません。
どういった目で世の中を見渡せばビジネスのヒントを得られるのでしょうか?
長らく人材派遣にお世話になってるのでそれをしようかと調べたのですが
飽和状態で今更という感じなので起業の対象にするのをやめました。
まずは簿記の勉強でも始めたほうがいいのですかね?^^;
止まっていてもなにも前に進まないので・・
0を1にしたいです。
回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

同世代の方のようですね。

何に興味があるか、などが重要だと思いますよ。

興味のない仕事で起業しても、いつかは破たんが来ることでしょう。
興味がなければ、勉強しても身に入りませんし、興味のないことについての情報も耳に入ってきませんからね。

興味のある分野で、技術やノウハウを身に着けるべきです。
極論をいえば、経営学を学んでも、経営で成功できるわけではありません。経営コンサルタントの多くが経営コンサルタント以外の仕事で起業していないところからも言えることでしょう。

私は、企業の気持ちが一切ありませんでした。
しかし、兄が起業意識が高く、私自身が税理士をめざし、簿記は当然に税務なども学んでいたことと、税理士試験を挫折したこと、しかし、税理士事務所での経験があったこと、などから起業の際に合流し、財務を中心とした事務の多くを任せられています。
起業の分野がITだったのですが、パソコンの修理やカスタマイズについては趣味程度に行っていたことから兄から指導を受けながら、販売からサポートまで行うこともあります。

儲かる仕事を見つけたとしても、まねされることでしょうし、大資本の企業に真似されれば、かなわないことでしょう。起業したいというだけでは、難しいと思います。
まずは、どのような分野でどのような商売をしてみたいか、を探してみてください。そして、少なからずその業界での経験がないと、商売が成り立ちにくいことでしょう。
特に会社員であれば会社が用意したルールや書類などに従えばよいですが、それも0からのスタートとなります。経験があれば、調べることなどでそのような書類なども用意が可能でしょう。未経験ですと、取引先とのトラブルにもなりかねませんからね。

検定試験などは、あくまでもスキルアップのためであり、事業に直接関係しないことも多いと思います。簿記検定などを持つことは、持たないよりもよいことです。しかし、経営者のすべてが簿記を知っているわけではありませんし、必須ともいえないでしょう。

回答にならないかもしれませんが、頑張ってください。

同世代の方のようですね。

何に興味があるか、などが重要だと思いますよ。

興味のない仕事で起業しても、いつかは破たんが来ることでしょう。
興味がなければ、勉強しても身に入りませんし、興味のないことについての情報も耳に入ってきませんからね。

興味のある分野で、技術やノウハウを身に着けるべきです。
極論をいえば、経営学を学んでも、経営で成功できるわけではありません。経営コンサルタントの多くが経営コンサルタント以外の仕事で起業していないところからも言えることでしょう。

私...続きを読む

Q独立開業

よく広告求人に年中、掲載されている業務委託の軽貨物ドライバーの募集というのを友達がやろうとしています。
しかし以前にほとんど詐欺みたいなもので利益にならないと聞いた気がします。
なにか情報を下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

よく月収50万とかありますが、あれはあくまで「売り上げ」です。
必要経費も掛かりますし、車両維持費、保険料、税金、おまけに加盟(委託)先から手数料まで取られて、差し引きの利益がいくらになるか計算してもらったほうが良いと思います。

とにかく新規に車を購入させるような所は要注意です。

軽貨物ドライバーなら「赤帽」が一番まともだと思います。

Q起業のアイデアが浮かんだ時どうする?

ここ3年ほど、自分の専門の分野で、起業案を考えていたのですが、ようやく勝算がありそうな、案件をひらめきました。

友人とは少し盛り上がっているのですが、初めに役所で相談をしたほうがいいのでしょうか?

バックオフィスその他コールセンターホームページ製作もろもろアウトソーシングを考えており、費用がどれぐらいかかるかを知りたいです。

Aベストアンサー

費用はご自身で算出しましょう!
もしここに具体的に書いてくれたら「参考意見」は貰えるかも・・・
それと「企画書」作って役所に行こう!
でないと相手にして貰えないよ。
その企画書には「どの様にして利益を出すか」を明確に!
出来れば聞かされてる人が想像できるぐらい具体的にね。

成功を祈ってます。

Q独立開業について

主人が今の会社を辞めて独立開業したいと申しております。年齢は35歳。今の収入は手取りで18万そこそこです。ちなみに私は30歳の公務員で、毎日の生活に困ることはないのですが・・。やはり男の方は仕事に「やりがい」を持ちたいと思うのでしょうね。私はそれほどばくちにならないことでしたら受け入れようかと思っております。そこで、これだ!と見つけてきたのが、フォトエッチングの開業。親元の会社が開業後もバックアップしてくれるというのですが、来週説明会に行ってきます。開業資金は300万くらいだそうで、これはエッジングをするための機械も含まれています。ジーンズやバイクのマフラー、写真はもちろん様々なものにエッジングするというものらしいのですが、これで生活はやっていけるだけの収入はあるのでしょうか?どなたか経験者の方がいましたら、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。自分も28才から独立し、今年で35才、ご主人様と同い年で1FCオーナーです。業種は違いますが参考になればと思い書き込みします。
1)親元の会社が開業後もバックアップしてくれる
みなさまのご指摘通り、そこまで面倒見がよい親会社はないと思います。開業までお手伝いぐらいじゃないでしょうか。もし開業後の指導等があればロイヤリティーが発生するのは間違いありません。しかしお客様まで面倒してくれるものではありません。契約書をよく目を通した方がよいと思います。それでもその通りに行くとは限りませんけど(; ;)(経験談)
2)開業資金は300万くらい
大変失礼ですがこの金額ではサイドビジネスの域は越えられないと思います。やはり食えるぐらいの収入を目指そうと思えば初期投資もある程度は高くても仕方がないと思います。資金300万円・経験なしで生活できるのであれば誰でもやると思いますが如何ですか。
3)男の方は仕事に「やりがい」を持ちたいと思う
確かに男は仕事に「やりがい」を持ちたがるモノです。しかしそれ以上に現在の「不況」は深刻です。
小売りは価格競争,下請けは値段の叩き合い,中国からの安価な商品・人件費,需要と供給のバランスは崩れまくりです。多分お勤めの方が思っている以上経営者というのはモロに影響が出るので慎重に検討し、万一失敗になっても悔いなしぐらいの覚悟で実行に移した方がいいと思います。頑張ってください。

こんにちは。自分も28才から独立し、今年で35才、ご主人様と同い年で1FCオーナーです。業種は違いますが参考になればと思い書き込みします。
1)親元の会社が開業後もバックアップしてくれる
みなさまのご指摘通り、そこまで面倒見がよい親会社はないと思います。開業までお手伝いぐらいじゃないでしょうか。もし開業後の指導等があればロイヤリティーが発生するのは間違いありません。しかしお客様まで面倒してくれるものではありません。契約書をよく目を通した方がよいと思います。それでもその通りに行くとは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報