以前アンケートに答えた結婚サービスから電話がしつこく、相手ができたので情報を削除するよう依頼しましたが、その後も同じ会社の違う人からかかってくる。もう断ってから3人目の電話ですよというと削除しますとのことですが法的手段取れないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アンケートに答えたということは、その時点であなたの情報の利用


について何らかの形で許諾していると思いますが、いかがでしょうか?

たぶん、情報提供などに同意をしていると思いますのでそうであれば
電話でオファーがあるのはその範囲ということになります。

削除要求については、上の契約もありますから「法的に」といきり立つ
のではなく、実務的に解決したらいいと思います。

相手もビジネスですから価値のないリストを大事に持っていても意味
がないことは、わかっています。ですからあなたが、「相手ができた」
と無価値になった時点で削除されるべきなのです。

しかし削除されない原因は何かというと、たぶん電話にでている人間
にはそういう権限がなく、本人依頼の削除の事務ルールがきちんと
していないのだと思います。
簡単にいうと、組織とシステムのレベルが低い、ということです。

どういう会社かわかりませんが、「並」レベルの会社であれば
本部の管理部門へ連絡して、事情を話せば削除してもらえると思い
ます。

それでだめなら、「個人情報保護法」違反ですから告発です。
参考までに個人情報保護法は会社(組織)に対して、個人情報の適切
な管理を求める法律でもちろん、削除要求によって削除するということ
も管理義務範囲です。
また、個人情報保護法での処罰対象は会社、会社責任者および情報管理
責任者です。
(no1さんの回答は悪意のある個人の処罰に関する議論で、本件とは
性質がちょっと違います)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
そうですね、電話される方はセールス担当なのでしょうね。毎回違う方なのでリストから順番にとにかくかけて、削除依頼したことは後回しになっているのでしょう。
本社管理部門に確認してきちんと削除されたのかを確認してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/25 08:51

三菱UFJ証券が個人情報を流失させたことは、記憶に新しいと思いますが証券会社自身が法的行動が取れない状態です


強制権は無理そうなので、電話番号をかえてみたらいかがでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/04/25 18:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸主の法的権利-無職者や服役履歴者を法的根拠に基づいて断る事は可? 

貸主の法的権利-無職者や服役履歴者を法的根拠に基づいて断る事は可? 
タイトルの通りですが、無職の方や前科のある方が賃借りを求めてきた場合に、それを「法的」な根拠でことわることはできるでしょうか?もしあるとしたらどのような法でしょうか?お詳しい方教えてください。
もちろんどんな立場の方であれ、断る権利はあるかと思いますが・・・

Aベストアンサー

>近年「消費者」の方が強く権利を主張する傾向を感じる世の中ですよね。良いのか悪いのか・・・

それは契約してしまった後のことですね。消費者の不利になる契約は無効とする消費者契約法の事を言われてるのでしょう?。

契約する前の段階においては貸主、売主にもできる事はたくさんあります。

不動産の賃貸であれば、家賃保証会社との契約を条件にするとか、家賃はクレジットカードからの引き落としを条件にするなどの工夫をすれば、かなりリスクを回避できると思います。

無職や前科のある人は契約行為はできません。などと法律で定めることは無理です。

なので契約条件のハードルを上げるしかありません。

Q嫌がらせの電話で法的手段を教えて

嫌がらせの電話があります。
相手は確認ができます。
法的にどういうことができますか?
賠償請求(不眠・体調不良)は可能でしょうか?
またその手続きを予備知識として教えてください。

Aベストアンサー

>>そういう事を行ったが、問題が改善しない場合
>という条件がつくのでしょうか。

緊急性がある内容とかであれば、No.2さんのような仮処分の申請なんかも可能です。

普通は、警察に行っても、裁判所に行っても、No.1で書いたような対策は出来ないの?って諭されます。

--
上記のような根拠無く、段階を踏まずにいきなり訴えるなどは、相手に付け込むための隙を与えます。
相手側が悪意を持って対応するとすると、嫌がらせのつもりは一切無かった。質問者さんの方から嫌がってる旨伝えられなかったので分からなかった。突然訴えられて精神的苦痛を被った、とか。
そうなると「言わない」「言った」「そんなつもりで言ってない」の水掛け論となり、時間と裁判費用を浪費した上、結果もそれなりです。

Q電話アンケートに答えてしまった。

先日、母がかかってきた電話でのアンケートに答え、相手に住所を教えてしまいました。
アンケートの内容は、「これからもっとインフルエンザが流行ると思うか?」「今年はまだまだ寒くなると思うか?」など3問で、答えてくれた人には抽選で弦巻健史(正確な字がわかりません)の本を送るので、住所を教えて欲しいというものだったそうです。
そのことを聞いた家族が「そんなのに答えたら、何が起きるかわからない!」「他のところに住所が売られたり、ここは答えてくれる馬鹿な奴がいるから、ひっかかりやすいって他に情報を流されたりするんだよ!」と話したのですが、聞いていた母も家族も不安になってきました。
もし、本が送られてきた場合はどのように対処すればいいのでしょうか。(母には「絶対に開封しちゃダメだよ」と言ってあります)
また、これをきっかけにオレオレ詐欺のようなものが起きたりする可能性もあるのでしょうか。気をつけておくべきことなどあれば、教えてください。

Aベストアンサー

アンケートの内容からするとご心配はごもっともと思います。ただ契約のようなことはなさっておられないのでそのまま受け取り拒否で対抗なさればと思います。
不要なダイレクトメール等、郵便物を受け取りたくない時には、「受取拒否」をする事ができます。紙に「受取拒否」、氏名、住所を書いて印鑑を押し、郵便物に貼って郵便局に持って行くかポストに投函して下さい。受け取り拒否された郵便物は、郵便局から差出人に戻されます。受け取り拒否が出来る郵便物はご指摘のとうり開封前の郵便物だけです。
此れで又何かあれば最寄の消費者センターにご相談ください。

  

Q断っているのにしつこい電話勧誘はどういう法に違反していますか

 今日は不動産屋から「賃貸用のマンションを買わないか」と何度も勧誘の電話が続けさまにありました。
 しつこく電話をかけてくるので、配偶者にかわって「迷惑だからかけてこないでください」というと、「人の話もきかないで、勧誘の電話ときめつけて失礼な!」と逆ギレされました。
 数日前のテレビで「断っているのに何度も電話をかけてくるのは違法だ」といっていたように思います。(ちょっとはっきりとしないのですが)
 どういう法律、または条例がこのような行為を規定して、違反した場合の制裁はどういうものがあるのでしょうか。どこへ訴えたらいいのでしょうか。
 不動産屋のはおっちゃんがかけてくるからこっちもきついことがいえますが、家庭教師の勧誘は若い学生(らしき)人がかけてくるので、きつい言葉でのお断りをするのが、相手に対して気の毒で苦痛なのです。
 次の業者がかけてきたときに使いたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>数日前のテレビで「断っているのに何度も電話をかけてくるのは違法だ」といっていたように思います。

これは、おそらく、特定商取引に関する法律第17条のことだと思います。参考URLを参照してください。ちなみに私は電話の主が学生であろうと誰であろうと、迷惑電話に対しては法律がどうのこうのなど言わずに「いらない」とだけ言って相手の反応を確かめず一方的に電話を切ります。気の毒なのは不必要な電話で貴重な時間を奪われたあなた自身ですよ。学生は報酬をもらって電話をかけているだけです。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S51/S51HO057.html

Q個人情報削除依頼後の削除報告受領方法

某大手玩具販売店にトラブルがあったため、個人情報の削除を求めているところです。ちゃんと削除したとの報告を送らせたいと思っているのですが、報告をさせるには個人情報が必要で、鶏と卵(?)みたいな関係になってしまいました。何か巧い方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

残念ながらありません。

なぜなら、住所がわからないと本当に削除依頼をした人が本人なのかわかりません。

また、削除に応じたとすればどこの誰によって依頼されたかもわかりません。

さらに、依頼主が代理人の場合も本当にそんな人が実在するのかもわからないからです。

微妙ですが、株主名簿と同じで住所が必要なのは本人確認が必要だからです。この事案と考え方は同じです。

また、裁判になった場合は筆跡などから証拠になります。

ですから、まず会社が応じ無いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報