私は、アメリカの高校に高校留学をしている16歳です。日本の中学を卒業して、去年の3月下旬から現地の学校に通い、ホームステイしています。アメリカに来て、もう1年経ちましたが、今日本に帰国したくて仕方がないです。

高い費用をかけ、高校留学を許可してくれた両親には本当に申し訳ないのですが、此方の学校で高校卒業までやっていく自信がありません。自分から留学を決意したのに、もう挫折しようとしています。これまでホームシックにかり、帰国を考えたことは何度かありましたが、自分の夢のためだと頑張って来ました。しかし、その夢や私自身の考えが甘かったみたいです。

日本の友達や家族と話す度に、次の長期休暇の時の帰国のことを考えてしまいます。誰かに相談など出来ればいいのですが、此方にいる友達にも、勿論日本に居る友達や家族にも、心配をかけられないので相談出来ないでいます。皆に期待をされて来たぶん、それを裏切ることが出来ない気持ちと、どうしても日本に帰りたい気持ちが交差しています。そして自分では収集がつかなくなり、ネット上に書かせてもらいました。

どんな批判や厳しいことでもいいので、回答をいただけたら嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

既に素晴らしい回答が沢山ありますが、私も似たような状況ですので年寄りの同経験をしている者として書かせて頂きます。



私も現在海外大学院に留学中ですが、環境に馴染めず精神と健康を害してしまいました。元々企業に居た時にうつ病になり休職していたのを克服して、再度院へ戻って半年が経ちます。しかし、研究室の環境が特殊で馴染めず、再度健康を害してしまいました。何とか今学期がんばり、次へつなげたいと思いますが、精神的にも金銭的にも問題があり無理かもしれません。医者からは帰国を勧められています。

私は質問者さんが決めればそれが正解だと思います。誰が何と言おうと、今の質問者さんの状態を正確に把握できる経験を持つ人は誰も居ません。一番大事なのは、無理をして体や精神の健康を壊してしまう事です。まだお若いので何度でもやり直しは出来ますし、頑張った結果であれば後悔は無いと思います。

あと今の心境をご両親に電話で話す事をお勧めします。心配かけるなんて思わないで下さい。貴方も話せば心が落ち着きますし、ご両親と相談する事も大変重要です。安い国際電話はたくさんありますから、まずはご両親と相談してみて下さい。

この回答への補足

ありがとうございます。
my3027さんの暖かいお言葉で、涙が溢れて止まりませんでした。
きっと私は、帰国をするにせよ、此方に残るにせよ、後々後悔はしてしまうと思います。でも、それが頑張った結果なら、自分で納得出来る結果なら、後悔はしてもいい経験になってくれると思います。
どちらにせよ、自分なりに精一杯考えて自分なりの結論を出しつつ、両親とも相談してみることにします。
こんなに弱い私に、本当に素晴らしいお言葉ありがとうございました。

補足日時:2009/04/26 11:52
    • good
    • 0

こんにちは!


僕は今、これからあなたのようにアメリカで3年間高校生活を送る
予定の者です!来月には渡米します。。

まだ渡米していないので何も言えませんがいづれあなたのような人に
なると思い、勝手に親近感が沸いてきて回答しました笑

すごい辛いでしょうね。。姉がそうでした。留学して8ヵ月後には
泣いて泣いて毎日電話をかけてきました。
また僕も日本国内ですが親の都合により中学校3年間親元を
離れて生活していました。始めの3か月は一人どこか異国に置いてかれた気持ちですごく辛くて息苦しかったのを覚えています。

なのであなたのような方に何もできなくて僕も辛いです。息苦しいでしょうね、、淡水魚が海水で育ってられているようなもんですからね。

でも無理することはないんですよ!!両親もあなたを苦しませる為に
留学させたわけではないのですから、、よく考えてみてください!

もし頑張れるなら僕も来月から渡米するので先輩としていっしょに
頑張りましょう!!
ほんとに頑張ってくださいね!心の底から祈ってます。
ほら深呼吸、深呼吸!!
    • good
    • 2

初めまして。


高校から留学なんて、よく頑張っていらっしゃる。素晴らしいです。しかも、ご両親のお仕事の都合ではなくご自分の意思ということで。
私は高校の時短期(1年)留学して、日本の高校卒業後アメリカの大学へ行っています。
卒業までいらっしゃるということで、ご両親と相談して、冬や夏の休みの時に、一時帰国なさっては如何ですか?ずっと残るor止めてしまうで決める必要はないのではないでしょうか。
一時帰国は良い息抜きになります。日本で、またはアメリカに戻ってきてから気付く事も色々あります。
私もアメリカにいるので、会ってお話できたら色々語り合えるのですが・・・

kkk897さんはとっても頑張りやさんの様ですね。ご自分の夢も大切ですが、ご両親はきっと、kkk897さんが楽しく学校生活を送れる事を望んでらっしゃると思いますよ。
あまりストレスを溜め込まないようにして下さいね。
あと、学校に頼れる人がいるなら、思い切って相談に乗ってもらって下さいね。現地の人にしか分からない事も多いと思いますので。
陰ながら応援しています。無理なさらないで下さいね。

この回答への補足

私なんかの為に、こんなに暖かい回答ありがとうございます。
取り敢えず、夏には日本に帰る予定なので、その時にしっかり話し合いたいと思います。電話だけだと、伝わらないこともあると思うので。
学校の友達も皆頑張っているので、一人だけなんて弱音を吐けないですが、インターナショナル担当の先生に相談してみたいと思います。

本当にありがとうございました。

補足日時:2009/04/26 11:46
    • good
    • 0

日本に帰ることはいつでもできます。

最後の手段です。
それまでにできることをしてみましょう(これまでもがんばってはきたのかもしれませんが)。

原因が特殊なものであれば見当違いの回答かもしれませんが、多くの高校正規留学生がぶちあたるのは、やはり言葉や文化の違いによる壁、それによる人間関係(友人ができない)、想像以上に厳しい授業(授業がわからない、ワークをこなすのが非常に大変)、の3つです(あなただけが特別ではなく、おそらくすべての留学生が悩みます)。

解決法としては
(1)言葉を使わない活動をする=スポーツ、音楽、絵画などのクラスをとって、好きな活動を通じて友達を作る(なにか、少しでも得意分野はないですか?)アメリカの私立高校はこうしたスポーツ・芸術活動を非常に重視します。共通の趣味や目的から言葉の壁を越えた友人ができるケースが最も多いのです。また、当然ながら好きな活動をすることはストレス解消にもなります。

(2)留学生アドバイザーに悩みを打ち明ける=同じ年のクラスメートには言えなくても、留学生アドバイザーは留学生の心理面のケアも責任があります。アメリカでは「黙っていては誰も助けてくれない」けれど「声を出してヘルプを求めれば必ず対処してくれる」文化です。
言葉がわからない、ということであれば言語的補助を考えてくれるでしょう(ESLコースやバディ制度などを紹介してくれる)、授業についていけないのであれば、補助の授業を与えてくれると思います。

(3)最後の手段として、もし学校の校風・雰囲気自体があわないのであれば学校を変える。これも(2)でアドバイザーに相談すれば、手伝ってくれます。アメリカでは転校はごく日常的に行われています。授業のレベルが合わない、校風が合わない、などの理由で学校を変わる留学生もたくさんいます。他の学校に行ったら、急に生き生きした学生も知っています。

以上のことを試した上で、どうしても無理なら、「勇気ある撤退」をすることも恥ずかしいことではありませんよ。
しかし、出資者であるご両親には必ず相談しましょう。親に「相談できない」ということはありません。むしろ相談されなかったことのほうが親としてはショックを受けます。

この回答への補足

ありがとうございます。
tnk_tkさんがおっしゃる通り、私は言葉や文化の違いによる壁、それから想像以上に厳しい授業に悩んでいます。
授業では、プレゼンテーションがある度に、みんなの前で英語を話さなくてはならないプレッシャーに押しつぶされています。
tnk_tkさんの、3つの解決法、3以外は2度以上試してみましたが、もう一度やってみます。
学校を変えるのも視野にいれたいと思います。
その前に、自分の思いをとにかく両親に伝えてみようと思います。

長文で親切な回答をありがとうございました。

補足日時:2009/04/26 11:37
    • good
    • 0

厳しいことOKということなら。


周りは突然帰国されたらびっくりするし、悲しいと思います。特に”なんで相談してくれなかったの?”と両親の悲しみは大きいでしょう。
いきなりでは相手も心配すると思います。今の状況を整理して苦しいこと、楽しいこと(ないわけないですよね?)を明確にしてみたら?
 あとは自分が留学をしたかった理由に対して今ができていないのかどうかは重要でしょう。正直かなり恵まれています(日本の家庭の何パーセントが高校生を海外留学に出すことができるでしょうか?)わざわざそれを捨てるのです。そのあとに相当な後悔があるかもしれません。

この回答への補足

厳しいとおっしゃりつつも、とても参考になるお言葉ありがとうございます。
取り敢えず、自分の中で状況を整理してみました。苦しいことや辛いこともいっぱいありますが、やはりアメリカに来て楽しいことも多々ありました。
alchemistyさんがおっしゃる通り、私は今本当にいい環境で勉強させてもらっています。日本では出来ない経験も沢山させてもらえています。
自分から言い出したのに、こんなことになってしまい両親には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
なので、両親や応援してくれている友達のことも考え、相当な後悔があることも踏まえて、結論を出したいと思います。

本当にありがとうございました。

補足日時:2009/04/26 11:30
    • good
    • 0

言葉のハンディは大きいです。


私の場合も浮いてましたが、たまたま数学で最高点をとって「あの日本人は何者だ?」ということになって数学のできないクラスメートを数名集めて教えてあげ仲間として受け入れられました。
友人の中にはたとえば、
1.空手を教えて友達を作った。
2.勉強はあまり得意でないがスポーツ万能で明るい性格なので人気者になった。
なにか秀でたものがないと難しいです。難しいと思ったら無理せずに帰国したほうが良いです。一年でも留学したことはプラスになるでしょう。「登校拒否になりそうだ」「ノイローゼになりそうだ」と言えばご両親は驚いて帰国に賛成してくれるでしょう。

この回答への補足

ありがとうございます。
やはり、言葉のハンディは大きいですね。自分の英語力に不安を覚え、ネイティブの方と話す時は、ほとんど無口になってしまいます。
私は、スポーツや音楽など趣味はありますが、飛び抜けて優れているものではありません。
家族を失望させるような事を言いたくはないですが、やはり帰国したい気持ちをしっかり両親に伝えたいと思います。

補足日時:2009/04/26 11:20
    • good
    • 0

30代の人間です。


あなたを尊敬しますよ
これまででわたしは一週間しか
この島国からでていませんからね

回答#4さんも
なにか尊敬してしまいます


ほんとうに困っているなら
親に正直に話さないと
隠し事していては
物事ややこしくなる一方だし

あとこれは余分な言葉ですが
うらやましいです。。みなさんがね。
回答終わり

この回答への補足

ありがとうございます。
取り敢えず親に連絡を取ってみようと思います。
誰にも相談出来ないでいましたが、このままではいけないと思うので、ややこしくなる前に話合います。
回答、ありがとうございました。

補足日時:2009/04/26 11:17
    • good
    • 0

こんにちは。


アメリカ住みの中2女子です。

あと少しで1年ですが、英語は全然できないし、日本にいる友達とメールするたびに帰りたいなぁって思います……


でも、アメリカも楽しいと思います。
「夢のため」「家族のため」って頑張るんじゃなくて楽しいことを見つけるのが1番最初だと思います。

気の合う友達ができると楽になりますよ♪

会うたびに挨拶するだけでもすぐ仲良くなれると思います。


私もアメリカでやって行く自信はありません。
でも頑張ります。

決めるのは自分です。
頑張って下さい!

挫折するのも良いと思います。
でも挫折するかしないかを決める時に頭の中から家族は抜いてみて下さい。自分の人生だから、他の人に惑わされる必要はないと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
私よりも年下なのに、頑張っているなんてすごいですね。
よくよく考えてみれば、私よりも全然年下の人たちも、自分を強く持ってアメリカに来ています。
挫折するにせよ、アメリカに残るにせよ、私も自分に厳しくなって決断したいと思います。
ありがとうございました、頑張ります。

補足日時:2009/04/26 11:11
    • good
    • 0

井上靖の『天平の甍』を読んでから決めたら?



このコメントを皮肉と受け取ってもいいし、何らかの教訓と受け取ってもいいし、どっちでもいい。

この回答への補足

ありがとうございます。
天平の甍、アメリカに居るので購入出来ないのですが、あらすじなどをインターネットで調べてみました。
少し内容が難しくて理解し難い所もありましたが、自分と比べて改めて自分の弱さを感じました。
昔、15歳や16歳で中国に遣唐使として渡った人も居て、今現在も世界中で頑張っている私と同じくらいの日本人はいます。自分だけが辛いんじゃないんですよね。
そのことも踏まえ、良く考えます。

補足日時:2009/04/26 11:04
    • good
    • 2

私もアメリカ在住です(いい大人ですが)



16歳でアメリカ留学、凄く大変だと思います。1年以上良く頑張ってきましたね。すばらしいです
海外生活は、日本にいたときに憧れていた事や想像していた事とは全く違うことも多く、戸惑ったりホームシックになったりしますよね。分かります
アメリカ人の友達が出来たら素敵♪みたいに考えていたけど、ネイティブの子達は私に対しては授業中とか雑談は楽しく話すけど、踏み込んだいい友達関係になるのは物凄く難しかった覚えがあります
高校生なら人間関係や学校の授業なども色々たいへんでしょうね

どうしても日本に帰りたい気持ちがあるとの事
一つアドバイスなのですが、アメリカに来た理由、それからつながる自分の将来の夢、アメリカにいることのメリット・いいことなどと、日本に帰りたい理由、もうイヤだと思うことなどを紙に書き出してみましょう
ちょっと手間はかかりますが、書き出してみて改めてみてみると大した事ないことだったり、またはやっぱり帰国した方がいいと思うほど重大なことだったり、改めて客観的に判断できるようになるかと思います

実は私やったことあるのですが、

いいこと
 英語力が伸びる
 人生経験がつめる
 辛いことも楽しいことも、日本では経験できないことが出来、一生の宝物になる
 
悪いこと
 ホストシスターと気が合わない
 ホストファミリーがビジネスライク
 美味しいご飯が食べたい
 家族や友達が恋しい 
 アメリカに親友がいない

主なことはこんな感じでした
私はこれらを見て、じっくり考えた結果

ホストファミリーとの関係→仲良くなろうと言う気持ちを捨てたら楽になった
美味しいご飯 → 親にお米とマーボー春雨のもとなど簡単に作れる好きなおかずのもとや缶詰などを送ってもらった
家族や友達が恋しい → Mixi や Skypeで頻繁に連絡し合った
アメリカに親友がいない → 習い事をはじめ、そこから友人関係が広がった

これで踏ん張りました
孤独で勉強ばかりしていたこともあり、実際凄く辛かったけど、いいことのところに書いた英語力と一生の宝物である経験を手に入れることが出来ました

もちろん、じっくり考えてやっぱり自分には出来ない、向いてない、日本の方が自分の能力を発揮できそうとハッキリと認識できた場合は帰国するのがいいかと思います

自分の人生、10代はあっという間です。
期待してくれている人たちを裏切るのは辛いと考えられるかもしれませんが、周りの人の気持ちの為にどうしてもいやな事を続けてストレスを貯め、楽しくない海外生活をあなたが送る事なんて誰も望んでないですよ
あなたを応援してくれる人たちなのですから、なおさらです

じっくり考えて、後悔しない決断を!
応援していますよ。10代半ばで海外へ飛び出したあなたはとてもすばらしいです。自分に自信をもってね

この回答への補足

具体的なアドバイス、ありがとうございます。
bonobonobooonoさんのように、アメリカにいるメリット・デメリットを紙に書いてみました。
両方とも同じくらいあり、まだまだ決断に悩んでいますが、最終的に両親とも話し合い、自分の後悔しない方を取りたいと思います。
本当にありがとうございました。

補足日時:2009/04/26 10:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友達が日本へ留学を考えています。

友達が日本へ留学を考えています。
自分には海外の友達がいます、彼女は日本語がほぼ話せません。が日本に住んでいまして、そのときの影響もあるのか 大学(専門学校後、大学)は日本を希望していつようです。
彼女は15歳 来年高校生です。
正直なところ 自分も彼女も留学など初めてでまったく無知です。
しかし彼女の意思は強く、留学を強く希望しています。
どのようにしたら日本に住めるでしょうか?
試験も日本語ですよね…?入学方法なども教えてもらえれば光栄です。

もしくは向こうの大学に入学後に留学などの方が良いのでしょうか??
どんな小さいアドバイスでも知識でもいいので教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「大学(専門学校後、大学)は日本を希望」とありますが、これは来日後専門学校で日本語などを勉強した上で大学受験を目指すという意味でしょうか?また、大学卒業後も日本での生活を希望しているのでしょうか?
そのお友達の人生設計によって留学の方法も変わってくると思いますが、日本での恒久的な生活を望んでいるのであれば、初めから日本の大学に入学するのも選択肢の一つではあります。その場合の受験方法ですが、まず「日本留学試験」を受けることになります。これは日本学生支援機構が行っているもので、日本人の受験生が受けるセンター試験の代わりと考えれば分かりやすいでしょう。この「日本留学試験」での成績と、各大学独自の選抜(日本語能力試験、小論文、面接など)によって合否が決まります。「日本留学試験」は、大学によっては英語で受けることもできますが、だいたいは日本語での出題となるでしょう。ただし、教科は絞られてくるので、日本人の受験生と全く同じ問題で受けて合格できなければ入学できないということはないわけです。詳しい内容や各大学で求められる教科などは下を参照して下さい。

母国の大学に入学した後で日本の大学に留学する方法ならば、自国の大学のサポートも受けられるし、書類審査や面接などによる選抜が主となるので、その方が楽といえば楽です。

他の回答者の方も書かれていますが、勉学のためにはどうしても経済的な問題が出てきますから、奨学金のことも調べられるのがよいでしょう。そのお友達の自国の奨学金、日本での留学生向け奨学金など、選択肢はいろいろあります。

参考URL:http://www.jasso.go.jp/eju/index.html

「大学(専門学校後、大学)は日本を希望」とありますが、これは来日後専門学校で日本語などを勉強した上で大学受験を目指すという意味でしょうか?また、大学卒業後も日本での生活を希望しているのでしょうか?
そのお友達の人生設計によって留学の方法も変わってくると思いますが、日本での恒久的な生活を望んでいるのであれば、初めから日本の大学に入学するのも選択肢の一つではあります。その場合の受験方法ですが、まず「日本留学試験」を受けることになります。これは日本学生支援機構が行っているもので、...続きを読む

Q私は中3から留学したいと考えているのですが出来ますでしょうか?高校からは留学出来ると聞いているんです

私は中3から留学したいと考えているのですが出来ますでしょうか?高校からは留学出来ると聞いているんですが中3から留学出来るのですか?留学基準、費用、などなど留学のことについてたくさん教えてください。

Aベストアンサー

留学には、「出発前にかかる費用」と「留学先でかかる費用」がある。これらを合計したものが留学の総費用となる。
留学の総費用
出発前にかかる費用
・航空運賃 ・海外留学保険
・諸手続き費用(パスポート・ビザ申請料など)
・健康診断受診料 など
留学先でかかる費用
・授業料・滞在費・交通費・通信費・教材費・食費・おこづかい
※留学先でかかる費用でも、学校によって出発前に支払いが必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
語学留学1ヵ月の場合
!Point! 比重が多い項目をいかに安く収めるかがコツ
各費用の中で、大きな割合を占めるのは、授業料と滞在費。そのため、選ぶ学校や滞在スタイル次第で、留学総費用に大きな差が出ることも。また、この割合の比重は、留学期間によっても変化する。例えば、短期間の留学では航空運賃の占める割合が高くなり、長期間の留学だと授業料や滞在費、食費などの現地でかかる費用が大部分を占めることになる。
大学留学の場合(アメリカ)

!Point! 在学する大学や留学先によって大きな違いがある
各国の授業料の差は縮小傾向にあるものの、公立と私立であったら、公立のほうが安かったり、大学や学部によっても金額は異なる。また、現地での生活費は国による物価の違い、エリアによる差(都市部は高め、地方は安め)も影響している。大学留学の場合は、奨学金もさまざまな種類があるので、上手に活用することもおすすめ。
留学スタイル・国別でみる
授業料と滞在費・食費
国による授業料と滞在費・食費の違いを留学スタイル別でみてみよう。
※下記データは、2015年留学ジャーナルからの出発者による統計。
語学留学

物価の違いが費用の差に
同じ留学期間でも国別で費用に幅があるのは、選ぶ学校や選択するコース、1週間当たりのレッスン数によって、授業料が異なるため。また、国や地域による物価の差も影響しており、食費や滞在費と同様に授業料にも物価が反映している。
「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
12週間 65万円~115万円
24週間 160万円~235万円
48週間 325万円~455万円
カナダ
12週間 55万円~85万円
24週間 105万円~165万円
48週間 215万円~330万円
イギリス
12週間 75万円~125万円
24週間 125万円~230万円
48週間 235万円~455万円
オーストラリア
12週間 60万円~80万円
24週間 120万円~150万円
48週間 235万円~280万円
ニュージーランド
12週間 55万円~75万円
24週間 110万円~140万円
48週間 220万円~275万円
カナダ・バンクーバーの
ILSC-Vancouver に
6ヵ月間(15レッスン)通った場合
授業料+滞在費+食費=115万円

(内訳)
授業料(出願料、教材費含む) CA$6,390
滞在費+食費* CA$5,558
合計 CA$11,948(=1,147,100円)
*ホームステイ 1日3食付き
※CA$1=¥96
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。
大学・大学院留学
1学年で200~350万円が目安
公立か私立か、2年制か4年制かによって授業料は大幅に異なり、文系よりも理系の方が一般的に授業料が高く、医学部・法学部・MBAは特に高額。奨学金の種類が豊富なのも、大学・大学院の特徴。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)
の「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
短大 245万円
大学 445万円
大学院 375万円
カナダ
短大 205万円
大学 255万円
大学院 200万円
イギリス
大学 355万円
大学院 355万円
オーストラリア
大学 340万円
大学院 345万円
ニュージーランド
大学 295万円
大学院 325万円
アメリカ・カンザス州の
Wichita State University
(ウィチタ州立大学)
で1年間にかかる費用
授業料+滞在費+食費=327万円

(内訳)
授業料、本代など US$15,454
滞在費+食費 US$11,332
合計 US$26,786(=3,268,000円)
※US$1=¥122
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。高校留学
公立校なら230~300万円前後が目安
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでは公立校への留学が人気。費用の目安は230~300万円。アメリカ、イギリスではほとんどのケースで私立校を選ぶことになるので費用が割高になる。中には年間500万円以上の学校も。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)の
「授業料+滞在費+食費」の目安
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド
留学スタイル・国別でみる
授業料と滞在費・食費
国による授業料と滞在費・食費の違いを留学スタイル別でみてみよう。
※下記データは、2015年留学ジャーナルからの出発者による統計。
語学留学
物価の違いが費用の差に
同じ留学期間でも国別で費用に幅があるのは、選ぶ学校や選択するコース、1週間当たりのレッスン数によって、授業料が異なるため。また、国や地域による物価の差も影響しており、食費や滞在費と同様に授業料にも物価が反映している。
「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
12週間 65万円~115万円
24週間 160万円~235万円
48週間 325万円~455万円
カナダ
12週間 55万円~85万円
24週間 105万円~165万円
48週間 215万円~330万円
イギリス
12週間 75万円~125万円
24週間 125万円~230万円
48週間 235万円~455万円
オーストラリア
12週間 60万円~80万円
24週間 120万円~150万円
48週間 235万円~280万円
ニュージーランド
12週間 55万円~75万円
24週間 110万円~140万円
48週間 220万円~275万円
カナダ・バンクーバーの
ILSC-Vancouver に
6ヵ月間(15レッスン)通った場合
授業料+滞在費+食費=115万円
(内訳)
授業料(出願料、教材費含む) CA$6,390
滞在費+食費* CA$5,558
合計 CA$11,948(=1,147,100円)
*ホームステイ 1日3食付き
※CA$1=¥96
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。大学・大学院留学
1学年で200~350万円が目安
公立か私立か、2年制か4年制かによって授業料は大幅に異なり、文系よりも理系の方が一般的に授業料が高く、医学部・法学部・MBAは特に高額。奨学金の種類が豊富なのも、大学・大学院の特徴。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)
の「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
短大 245万円
大学 445万円
大学院 375万円
カナダ
短大 205万円
大学 255万円
大学院 200万円
イギリス
大学 355万円
大学院 355万円
オーストラリア
大学 340万円
大学院 345万円
ニュージーランド
大学 295万円
大学院 325万円
アメリカ・カンザス州の
Wichita State University
(ウィチタ州立大学)
で1年間にかかる費用
授業料+滞在費+食費=327万円
(内訳)
授業料、本代など US$15,454
滞在費+食費 US$11,332
合計 US$26,786(=3,268,000円)
※US$1=¥122
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。
高校留学

公立校なら230~300万円前後が目安
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでは公立校への留学が人気。費用の目安は230~300万円。アメリカ、イギリスではほとんどのケースで私立校を選ぶことになるので費用が割高になる。中には年間500万円以上の学校も。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)の
「授業料+滞在費+食費」の目安
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド 230万円
250万円
230万円

公立が授業料は安めだが、期間は長め
専門学校には公立と私立があり、公立の方が安めに設定されている。ただし、公立の学校は入学日が限られていて、コース期間が長めなので、スケジュールの調整が必要。
9カ月~1年の
「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ(2年制大学)
アメリカ(専門課程)
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド
イギリス 285万円
445万円
270万円
270万円
250万円
375万円

留学には、「出発前にかかる費用」と「留学先でかかる費用」がある。これらを合計したものが留学の総費用となる。
留学の総費用
出発前にかかる費用
・航空運賃 ・海外留学保険
・諸手続き費用(パスポート・ビザ申請料など)
・健康診断受診料 など
留学先でかかる費用
・授業料・滞在費・交通費・通信費・教材費・食費・おこづかい
※留学先でかかる費用でも、学校によって出発前に支払いが必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
語学留学1ヵ月の場合
!Point! 比重が多い項目をいかに安く...続きを読む

Q私は今通っている高校が不満で、色々と考えた結果、高校留学したいと思って

私は今通っている高校が不満で、色々と考えた結果、高校留学したいと思っています。
しかし、まわりに高校留学の経験者もおらず、自分なりに調べてもみましたが、複雑でよくわかりませんでした。

私は今高1なので、1年遅れでも高校留学できるならいいと思っています。
英語に興味があるので、アメリカに留学したいです。

高校留学について詳しい方がいらっしゃいましたら、方法や費用などについて教えてもらえませんか?
お願いします。

Aベストアンサー

アメリカへの私費高校留学は学費の高い私立高校しかビザが下りないのです。
こういう私立高校は中高一貫教育の進学校であり、全寮制が多く、編入試験を受けて合格しなければなりません。
そして、英語力が低ければESLを受講した上で中3か高1へ落とすように言われ、下手をすると卒業できるのは20歳を超えるかもしれません。
費用は1年300~400万円と高額なので、卒業まで1000万円以上が必要になるでしょう。
よって、アメリカはお勧めではないです。

カナダかニュージーランドが高校留学には適していると聞いています。
それでも、費用として1年250~300万円が必要になります。奨学金はありません。
まずは、親御さんと費用について話しあってください。
そして、親御さんが英語が堪能でなければ自分で手続きするのは無理なので、「高校留学」で検索して手数料で代行してくれる留学業者を探してください。

高校留学については以下に説明があります。
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info.html

もしくは、高2で1年間の交換留学に行くのはどうでしょうか。
母校の学校長が認めてくれれば、現地で取得した単位をそのまま移行して、高3の途中に帰国した後にすぐに卒業できますよ。
交換留学の費用は150万前後で、文部省や派遣団体から50万円の補助金が出る可能性があります。

国によっては、そのまま居残って卒業させてくれる国もあるそうです(アメリカ以外)。
ただし、現地で卒業できたとしても帰国子女枠で日本の大学を受験できるかどうかは疑問ですので、現地の大学へそのまま進学するか、帰国後に遅れた分の受験勉強をして一般受験し、1年遅れで日本の大学へ入学するかになります。

以下のサイトに説明があるので、興味があれば、すぐに選考試験の準備を始めてください。
http://www.koryuren.gr.jp/

アメリカへの私費高校留学は学費の高い私立高校しかビザが下りないのです。
こういう私立高校は中高一貫教育の進学校であり、全寮制が多く、編入試験を受けて合格しなければなりません。
そして、英語力が低ければESLを受講した上で中3か高1へ落とすように言われ、下手をすると卒業できるのは20歳を超えるかもしれません。
費用は1年300~400万円と高額なので、卒業まで1000万円以上が必要になるでしょう。
よって、アメリカはお勧めではないです。

カナダかニュージーランドが高校留学には適していると聞いて...続きを読む

Q「高校生交換留学」高校生交換留学への参加

「高校生交換留学」高校生交換留学への参加
上記のとおり留学をしたいと考えています。
公立高校の普通科から、低費用で留学するには奨学金が出る
この留学が一番いいと思っています。
実際10ヶ月で100万程度らしいので月10万と何とか行く事が出来ます。

そこで留学斡旋団体を調べ結果多くの団体がありました。
その中でオススメの団体を教えていただきたいです。

1、オススメ団体

2、他の留学プロジェクト(上記のもの意外で)

3、奨学金について

4、語学力について(英検何級、TOEFL何点etc...)

5、試験の内容と合格条件

6、試験者数と合格者数

分かる範囲で結構ですのでお願いします

Aベストアンサー

私は現在アメリカのオレゴン州に交換留学中の高2です。私はEFを利用しています。アメリカの大学に留学中の姉に勧めてもらったのと、ホストファミリーの質が比較的高い団体だからです。
奨学金は出ますが、作文などの課題が出されかなり競争率は高いです。私は何とか手に入れることができましたが、私の友人はほとんどが一次選考落ちです。奨学金は運が良ければとれる程度に考えた方がいいです。語学力は私自身EFの選考試験を受けた時には英検2級でした。TOEICは留学前に受けたのが665点でした。それでも現地では英会話に苦労しますよ。TOEFLは高校交換留学にはあまり関係ない気がしますが。
選考試験内容は、SLEP(英語能力試験、英検3~準2程度)と日本語と英語の面接と英語の作文です。SLEPはある期限までに65~75パーセントまでとることと(行く国によって違う、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダぐらいならこれぐらいだけどイギリスは基準が高くなる)、面接と作文に関しては積極的な態度で行けば、まあ選考試験は簡単に通る。
試験者数は分からないが、真面目にやってれば大体の人は合格していた。
ほかに質問があればどうぞ。

私は現在アメリカのオレゴン州に交換留学中の高2です。私はEFを利用しています。アメリカの大学に留学中の姉に勧めてもらったのと、ホストファミリーの質が比較的高い団体だからです。
奨学金は出ますが、作文などの課題が出されかなり競争率は高いです。私は何とか手に入れることができましたが、私の友人はほとんどが一次選考落ちです。奨学金は運が良ければとれる程度に考えた方がいいです。語学力は私自身EFの選考試験を受けた時には英検2級でした。TOEICは留学前に受けたのが665点でした。それでも現地...続きを読む

Q高校留学、留学先の決め手と留学会社について

現在高校1年生で、今度海外への留学を考えています。
その留学先の高校を卒業する予定です。
また、留学目的は英語力をつける事です。

現在留学先がなかなか決められずに困っています。
オーストラリアとニュージランドがいいと聞くのですが、英語の訛りが心配で…。

そこで、このような場合の

・留学先の決め手
・おすすめの留学先(そのメリットとデメリット)
・おすすめの留学会社

を教えてもらいたいです。
上記の質問のどれかひとつへの回答でもいいので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどくなります。 やはり多くの人がオーストラリア訛りを気にしますが…こちらではイギリスの様な階級が存在し、金持ちはイギリス英語をしゃべりブルーカラーの人たちはオージー訛りの英語をしゃべります。実際に私が思うのは入る学校によって英語の訛りが物凄く憎くなることです。お金持ちの多く入る私立であればキレイなイギリス英語をしゃべりますし、逆に田舎の公立高校に通えばオージー訛りになります。

留学先の決め手…これは学費・学校の整備・留学条件によって変わると思います。NZは比較的に学校数も少なく、町自体もこじんまりとしています。逆にオーストラリアは多くの学校があり、有名な私立高校が沢山あること、町自体も大きく不自由なく過せる。私はオーストラリアをお勧めします。最近ではNZの若者や国民が大量にオーストラリアに移民して問題になるぐらい、NZは少し寂れているからです。

お勧めの留学先…私の経験上、公立高校に留学し、ホームステイをされる留学はやめたほうが良いです。留学でも勝ち組と負け組みがはっきりと分かれており…留学後に大学に入りたいか、そもそも留学中に真面目に学業を学びたいのかで変わります。真面目に留学してよい学校を出て、良い就職先を見つけて不良にはなりたくない場合は真剣に学校を決める必要性があります。

おすすめさきの留学会社…はっきり申しますとあまり留学会社に頼ると良い留学はできないと思います。留学会社は利益を優先しているために現地の高校と提携を結んでいることが多いです。私はオーストラリアに留学していたのでわかるのですが…留学斡旋会社のホームページに、よく“○○高校はオーストラリアの中でもレベルが高く名門校です”とか書かれていますが信用してはいけません。なんせ現地では名前も知られていないような私立や公立の可能性が大です(おまけに生徒は日本人だらけ)。やはり肝心なのは本当に行きたい学校を自分自身で探して得ることです。オーストラリアの中でも有名な高校は都市部に集中しており、中でも名門高校といわれる学校は全寮制や寮制である事が多く、殆どが私立高校です。おまけに歴史の古い学校の方が良いです。

ちなみにオーストラリアのビクトリア州では私立高校の集まりでAPSと言われる学校の組織が有ります。この組織に名が乗っている学校は全て名門高校です。ちなみにオーストラリア人であれば名前を聞くだけで大抵は知っている(日本で慶応とか灘、開成など)学校です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Associated_Public_Schools_of_Victoria
このリストの中の高校に通っていましたが…日本人の留学生は何処の学校も一学年に0~3人程度。その日本人も殆どがハーフ(外国人と日本人との)やすでに海外に長い間住んでいるような日本人です。また、留学斡旋業者を通して留学している人は学校の中で1人居るか居ないかぐらいでした。

ただ、英語力を付けたいのであればあまり高校留学はお勧めできません。何故ならオーストラリアの高校2~3年生は日本以上に受験勉強が激しいからです。すでに高校3年で大学1~2年の分の授業などを受けるので(こちらではその分、大学が3~4年で卒業できる)生半端な英語で留学すると留年を1~3年程度見なければなりません。そこまでするならば高校卒業後に語学留学でオーストラリアやニュージーランドに行かれることをお勧めします。

こんにちわ

中・高・大とオーストラリアに留学していたものです。

まず、オーストラリアとニュージーランドの英語ですが、はっきり言えば都会と田舎、町や州でまったく違います。オーストラリアで言えばシドニーはちょっとばかり英語に癖があります。ただ、町の中ではアメリカ英語・イギリス英語・オーストラリア英語がごっちゃになっている感じです。逆にメルボルンはイギリス英語が主流でオーストラリア訛りの人も少々居ます。これがパース、ケアンズ、アデレードなどになるとオーストラリア訛りがひどく...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報