ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

私は大学に行っていませんが、
勉強してMBAを取得したいと思っています。
専門卒でもMBAを取得できる大学やビジネススクールは
ありますでしょうか?
東京から通える範囲で探しています。
ご存知の方がいらっしゃったら、
ぜひぜひ情報提供宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

経営学修士は、学士の取得が前提となっています。


ですので、原則は無いと考えてください。

ただし、学校によっては例外もあります。
学士と同じ学力が認められれば入学できる可能性があります。
募集要項にもそう記載されています。
例えば、グロービスや立教大学なんかはそうだったと思います。

私の知人で短大卒で、経営学修士に合格した方がいます。
その方は、英語がバリバリできる方でした。
例えばヒデみたいな人は、会社の取締役をされていたり、ビジネスで活躍されているので、高卒でもMBAに入れると思います。
後は、税理士さんなんかも合格できると思います。
また、現在会社を経営されている方だったら合格できる気がします。
これらの方は、学校の授業で貢献できることが多いから、合格できると考えます。

遠回りになるかも知れませんが専門学校を卒業されているのであれば、社会人大学に入学される方が良いと思います。
3年生に編入できるので、2年で卒業できます。
それから、MBAを目指されたらいかがでしょうか。

ちなみに・・・
私は専門学校を卒業後、15年間社会人をしていました。
その間に、社会人大学の3年生に入学しました。
学んだのは経営情報学です。

で、その後、国内MBAに進学しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

25hiroさん、リアルなご意見、
ありがとうございました!
経営情報学を学ばれたということですが、
差し支えなければ、大学名を伺っても良いでしょうか?
通信制の大学などですか?

お礼日時:2009/04/26 04:11

直接いくのは難しいでしょう。


また、専門学校と一様に言っても、実は法律上の扱いがピンキリです。

2年以上の課程で、1700時間以上の授業を行うなどの条件を満たせば、専門士の称号が与えられ、大学3年次に編入が認められるようになります。

4年以上の課程で、4300時間以上の授業を行うなどの条件を満たせば、高度専門士の称号が与えられ、大学院への進学も可能となります。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/senshuu/mai …

もちろん、いずれにも相当しない所謂「専門学校」もあります。

あなたの学校や課程がどれに相当するのか、学校に問い合わせるか、文部科学省のWebを見て確認して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。この確認も大事ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/28 20:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

QMBAと経営学修士の違い?

MBAと経営学修士
 一般的な大学院の経営学修士過程で取得する、「経営学修士」と、最近人気のあるビジネススクールで取得する「MBA:経営学修士」の違いは?
「経営学修士」の学位でも,ビジネススクールで取得する「経営学修士」と一般的な大学院の経営学修士過程で取得する「経営学修士」は、同じ呼び名ですが、双方ともMBAと称してもいいのでしょうか?
ビジネススクールのMBAは社会経験が必要であったり、実務的な講座が中心ですが、一般的な大学院の修士課程では研究テーマを持って、学問としての研究が中心になっています。 この違いを教えてください。

Aベストアンサー

#2 です。

補足に追加回答します。
個人的経験・・日本での話し。
米国東海岸の大学でMBAをとり、経営コンサルタントとして日本に派遣されている方、慶應大学でMBAをとって、別の経営コンサルタント会社に勤務されている方、それぞれとかなり突っ込んだ話をしたことがあります。
相当差があります。
慶應大学が×・・素人の私とのdebateにリーダーシップがとれない。
それに類似した経験がいくつかあり、日本のMBAは頭デッカチでハッキリ言うと、プライドばかり高くて使い物にならない。
MBAと経営学修士と区別する必要があると考える所以です。

海外向け履歴書には経営学修士をMBAと書くしかないでしょう。
欧米企業のMBAを見る眼は覚めたところがありますから、役立てば可愛がられますが、役立たなければ、簡単に見捨てられます。
優勝劣敗がついてまわりますから、多少背伸びしながら頑張って下さい。

Q専門学校卒業後に留学

現在高校3年生で将来留学がしたくていろいろ調べています。

日本では専門学校卒業後に大学の2年生か3年生か(忘れてしまいました…)に編入できる制度があるらしいのですが、英語力が海外の大学に直接入学できるくらい高く、大学で学びたい学科の勉強(たとえば経済とか会計とか)を日本の専門学校で学んでいるとして
日本の専門学校を卒業後に海外の大学に編入することって可能ですか?
短大卒業後や4年生大学の途中でというのはよく聞きますが専門学校はどうなのでしょうか?

続けて質問してもうしわけないのですが、
日本の専門学校を卒業後海外の語学学校へ入学し、日常会話やビジネス英会話に困らない程度の英語力がついていてパソコンがある程度使える、中国語が喋れるとして、海外(希望としてはカナダかアメリカかオーストラリアです)で就職することは可能でしょうか?
日本では一流企業はほとんど大卒しかとりませんよね?日本の専門卒(現地では外国人)ではたとえ就職に有利とされる資格があっても就職は難しいでしょうか?

何もしらないバカな高校生で、いろいろ質問して申し訳ないです。
回答よろしくお願いします。

現在高校3年生で将来留学がしたくていろいろ調べています。

日本では専門学校卒業後に大学の2年生か3年生か(忘れてしまいました…)に編入できる制度があるらしいのですが、英語力が海外の大学に直接入学できるくらい高く、大学で学びたい学科の勉強(たとえば経済とか会計とか)を日本の専門学校で学んでいるとして
日本の専門学校を卒業後に海外の大学に編入することって可能ですか?
短大卒業後や4年生大学の途中でというのはよく聞きますが専門学校はどうなのでしょうか?

続けて質問してもうしわけな...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカの大学は編入しやすいですが、アメリカ現地の専門学校からの編入はシステムが違うと簡単に認めないため、日本の専門学校から編入しても単位は認めて貰えず、1年生からやり直しになる可能性が高いと思われます。
日本の編入でも短大での単位は殆ど認めて貰えませんしね。

ただし、日本の専門学校に姉妹校システムがあれば別です。
知人は日本で写真専門学校を卒業し、提携しているアメリカの美術大学の3年生へ編入できましたから。
こういう制度があるかどうか、志望校にお問い合わせください。

ただし、先進国が就労ビザを出すのは「高学歴で高度な職能を持つ人」なので、専門学校卒では海外就職は難しいです。
たとえば、アメリカやカナダでは、就労ビザや永住権を取得して働くには、4大卒の学歴が最低限必要ですし、修士等の上級学位があれば、もっと有利になります。
北米の大学は、日本の専門学校にある多くの分野をカバーしていて、調理やホテル業まで専攻があり、卒業すれば準学士や学士の学位が貰えます。
一方、専門学校は美容師などの職人になりたい人や大学へ行けない人が進学する学校とみなされて評価が低く、就労ビザが取得しにくいんです。

「日常会話やビジネス英会話に困らない程度の英語力がついていてパソコンがある程度使える、中国語が喋れる専門学校卒」では、北米で就労ビザや永住権を取得するのは難しいでしょう(中国やアジアなら可能かもしれませんが)。
それに、英語を使って仕事をするには、読み・書き・話すが万遍なくビジネスレベルでなければならず、日常英会話だけでは無理です。
語学学校へ1~2年通ったところで、このビジネスレベルの英語力を身につけることは不可能です。
アメリカのESLは大学へ入学するための語学力をつける学校であり、内容は日本の高校英語の復習ですから。

海外の大学へ編入するつもりであれば、日本の大学へ行きましょう。
また、将来的に海外で働きたいのであれば、専門学校卒ではどこへ行っても不利になります。
専門学校へ行くくらいならば、自分が将来働きたい国の大学へ直接に入学して卒業しましょう。
カナダやオーストラリアの個人技能永住権申請では、自国の大学を卒業した場合には加算点が貰えますから。
No1さんお勧めのような外語専門学校は、費用がバカ高くて内容が悪いのでお勧めできません。
大学へ入学できるほどの英語力がないなら、外語専門学校へ入学するより、直接に現地の語学学校へ通う方がましだと思います。
たとえば、アメリカなら、付属ESLの上級コースを卒業すればTOEFLなしで自動的に入学できる短大や大学がたくさんありますしね。

就労ビザや永住権の申請については、以下のサイトがよくまとまっています。
自分で研究してみてください。
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/

アメリカの大学は編入しやすいですが、アメリカ現地の専門学校からの編入はシステムが違うと簡単に認めないため、日本の専門学校から編入しても単位は認めて貰えず、1年生からやり直しになる可能性が高いと思われます。
日本の編入でも短大での単位は殆ど認めて貰えませんしね。

ただし、日本の専門学校に姉妹校システムがあれば別です。
知人は日本で写真専門学校を卒業し、提携しているアメリカの美術大学の3年生へ編入できましたから。
こういう制度があるかどうか、志望校にお問い合わせください。

...続きを読む


人気Q&Aランキング