痔になりやすい生活習慣とは?

物理学に奮闘中です。またまたお馬鹿な質問ですみません。

等加速度運動をすると加速度で速度がどんどん大きくなります。
1時間とか運動すると超高速になりますし、更にそのまま続ければ光速に近付きます。

理屈上はこうなると思いますが、私自身そんなアホなことはおこらないと思います。
そこで色々と考えた結果、どこかで等速度運動に切り変わるのではとの結論に達しました。
しかし、それが全く自信がないので、ここの皆さんにお聞きしたいと思います。
できればこの辺の変化を式で提示して頂けると有り難い。

あるいは、宇宙空間で物を等加速度運動させると、とんでもない速さになってしまうのでしょか。

A 回答 (9件)

「どこかで等速度運動に切り替わるのでは」のイメージについてのコメントをいたします。


力を加え続けて加速度運動をする仮想実験を考えてみましょう。たとえば、燃料の質量を100%エネルギーに変換可能なシステムをもったロケットでの飛行です。ロケットの燃料以外の総静止質量をm1 kg、燃料の静止質量をm2 kgとします。m2がすべて運動エネルギーになったとするとその時の速度は(質量とエネルギーの等価の式により)
m1c^2+m2c^2=m1c^2/√{1-(v/c)^2}
です。すなわち
(m1+m2)√{1-(v/c)^2}=m1
となります。これからvを解くと
v=c√{1-1/(1+m2/m1)^2}
となります。これがこのロケットの燃料が尽きて等速運動になった時の速度になります。燃料の重さがずっと重くてm2>>m1だとすれば、
v≒c{1-(1/2)(m1/m2)}
の速度まで行きます。m1/m2→0の時やっとv=cになります。これはつまり全部の質量を使い尽くしたときです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

No5とNo7の方が相対性理論?(でよろしいのかな)で
同じ事をいっているようです。

数式で示して下さいとの私の要請を受けてくれたので
このお二方にポイントをつけます。

ではあしからず

お礼日時:2009/05/18 17:41

結論からいえば、そういうアホなことは起こり得ます。



イメージ出来ないかもしれませんが、人間の頭の中で想像出来ない現象
なんて物理学にはよくあることです。それよりも、
イメージ出来ないからといってその現象を否定するのはよくない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん回答ありがとう。
いやいや、お恥ずかしながらf=maを勘違いしていました。

ニュートンの第一法則が等速運動を書いたものとあったので
第二法則は加速度運動を書いたものだと思いました。
しかし加速度なんちゅうものは倍々で増えていくから
あっという間に雪だるま式に増えてとんでもないことになります。

だから、どっかで第一法則に戻る仕掛けがあるんかなと思っていました。
運動量の変化ちゅうのが分かるまでえらい苦労しました。
本当にお騒がせしました。

お礼日時:2009/05/18 17:37

ご質問の意図は、力がずっと働いている状態が続けば、速度はどこまでも速くなっていくのか、ということだと思います。

加速するということは、力が働いているということです。等速度運動とは、力が働いていない状態です。力が働いていないとは、力が加わっていたとしても、いくつかの力が加わって、全体としては力がゼロになっている状態も含まれます。加速度運動をしている物体が、いつの間にか等速度運動になったとすると、打ち消す力が働いたということです。空気中の運動であれば、空気抵抗によって等速度になることはあります。真空中で、抵抗が何もなければ、いつまでも加速度運動をします。これは、力学の基本です。ニュートン力学では速度の上限はありませんが、実際は光の速度より速くなることはできません。それでも、力が働いている限り、いつまでも加速度運動をします。
    • good
    • 1

超光速航法 Wiki


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E5%85%89% …
「相対性理論によると、物体の相対論的質量は速度が上がるに従って増加する。このため、
単純に加速を続けても光速に達することも、光速を越えることもできない。」だそうです。

式はここ↓の 「相対論的質量」にあります。
特殊相対性理論 Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E6%AE%8A% …

私には理解の外にありますが。
    • good
    • 0

>できればこの辺の変化を式で提示して頂けると有り難い。



単に数学的に静止系に対する等加速度運動を考察しても,いずれ光速を超える現実にない運動になってしまい意味がありません。

一方,運動する物体とともに動く座標系で一定の加速度をもつような運動が,静止系においてどのように見えるかという考察には意味があります。この問題は,特殊相対性理論の基本問題になっており,「場の古典論」(ランダウ=リフシッツ理論物理学教程)で練習問題として取り上げられています。結果だけ記します。

物体と同じ速度をもつ各瞬間における慣性系において一定の加速度wをもつ直線運動の静止系から見た速度と座標は,
v=wt/√(1+w^2t^2/c^2)
x=c^2/w・{√(1+w^2t^2/c^2)-1}
となっています。
結果の特徴としてwt→∞で,v→cとなり,またwt<<cのときv=wt,x=wt^2/2となって非相対論的結果に一致します。
    • good
    • 0

補足の中で、


>光速レベルの話より日常レベルのお話でお願いします。


>永久的に等加速度運動を続けるのでしょうか。
少し矛盾を感じますが・・・。

でもまっ、言われていることはなんとか理解できます。
No,1様が書かれている、
>1Gの加速度ですぐに光速超えちゃう計算になるんだけどね。
・・・実際に計算してみると、355日で「光速」になりますね。(約1年です。)
(v=gtより、t=v/g)

つまり、地球の地表での引力が変化することなく届く高いビルがあって、空気抵抗がなければビルの上から落としたボールは355日で「光速」になるわけです。もちろん実験は不可能です。

でも今現在は「相対性理論」が正しいとされているので、落としたボールが光速度になった瞬間に「等速度」になるのではなく、厳密には落とし始めた瞬間から「等加速度」にはならず、少しずつ加速度は落ちて行き、光速に限りなく近づくと、加速度も限りなく「0(ゼロ)」に近づくと言うことになるようです。
でもそこには「時間」も絡んでくるので、現象は複雑です。

でもまぁ、等加速度を続けて速度を上げ、秒速10kmや20kmの世界の話であれば、ほとんど問題ない誤差だと思いますので、「等加速度」と見てもいいと思います。
    • good
    • 0

力を加え続けることができる限り、その物体は加速できます。


たとえば、冥王星の軌道上から物体を太陽に向けて放り投げると、他の物体の影響を受けない限り、太陽に当たるまで加速を続けます。
太陽の近傍に来るころにはとんでもない速度になっています。それこそ地球の公転速度(約30km/s)の何倍もの速度になります。
    • good
    • 1

 理屈上は、速度が無限大というより、hawkkingさんご自身で書かれているように「光速に近付」く、ということになります。

#1で指摘されている相対性理論によります。

 ただ、無限に光速に近づくのですが、決して光速にはならず、また、この間の運動は「どこかで等速度運動に切り変わる」というものでもありません。常に加速し続けるのですが、光速は越えない、ということになります。

>宇宙空間で物を等加速度運動させると、とんでもない速さになってしまうのでしょか。

 「とんでもない速さ」が、光速以上のことを指しているのであれば、それは違います。「光速にきわめて近い」ということが、すでにとんでもない速さなのです。「亜光速」などという言い方もするようです。


 理屈を離れて、実際的な問題として考えると、「どこまでも等加速度運動を続ける」ためには、「一定の力を加え続ける」必要があります。ロケットだと、一定の噴射をずっと続けなくてはならないので、それだけの燃料をどうするか、という問題になりますね。燃料が切れたら加速は終了で、その時点から等速度運動に切り変わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
詳しいくは#1の方の補足をみて下さい。

光速レベルだと相対性理論がどうのこうのいう話になってしまいますが、
私が今ここで聞いているのはニュートンの第二法則F=maについてです。

野球のボールを宇宙空間に投げて等加速度運動させても
それがずっと光速の速さまで加速させるなんてことは常識的にないと思っています。

普通は光速の前で燃え尽きてしまうと思いますが
多分真空中といえども時速が300kmとかになった時点で等加度運動に戻る気がします。

お礼日時:2009/04/26 09:13

そこで相対性理論がある。



光速に近づけば近づくほど時間の進みが遅くなる。
それは、加速度にモロに影響する。(加速度は時間の二乗)
僕らのいる速度の遅い系から観測すれば、あたかも加速度が小さくなっているように見えるかもしれないね。(加速してる当人にとっては依然として等加速度運動)

まあ、これは「光速不変の法則」から言える事みたいなんだけど。
もし光速以上の速度があるならば・・・?1Gの加速度ですぐに光速超えちゃう計算になるんだけどね。
ただ、速度が上がるにつれて時間の進みが遅くなる事は既に実験で示されてるらしい。
少なくとも、重力による時間の遅れは実験で示された。

この回答への補足

早速の回答ありがとう。
いきなりですみませんが、質問の仕方が悪かったようです。

光速レベルの話より日常レベルのお話でお願いします。
例えば野球のボールを投げたときとか。

野球のボールはすぐに空気抵抗と重力で失速しますが、
そんなのお構いなしの宇宙とか綺麗な鏡面とかの上で加速度αで転がせば
永久的に等加速度運動を続けるのでしょうか。
それともどこかのタイミングで等速度運動に戻るのか。

物理の式でいえば F=ma を物体に加えて物体を等加速度運動させたときです。
それではよろしくお願いします。

補足日時:2009/04/26 08:53
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物理で宇宙船は等速直線運動をしていると聞いたのですが、空気抵抗のように

物理で宇宙船は等速直線運動をしていると聞いたのですが、空気抵抗のように宇宙船に抵抗しているものがないのにどうやって等速直線運動をしているのですか?なにか抵抗のようなものがあるのですか?

Aベストアンサー

羽などの空気抵抗の大きいと落下時に等速直線運動、鉄球等の抵抗の十分小さいものは等加速度運動、というのと混同しているのでは?

これは、重力に対して抵抗力が釣り合って、加速度0になって、等速直線運動になる、ということです。

重力の無い(無視できるほど小さい)宇宙空間で等速直線運動するには、それに対する抵抗力は必要ありません。

Q「等加速度運動」と「等加速度直線運動」の違いは?

「等加速度運動」と「等加速度直線運動」の違いは?
 
「速度」はベクトル量、「速さ」はスカラー量だから、
「等速直線運動」=「等速度運動」であり、
「等速度直線運動」という表現は不適切(トートロジーだから)と高校物理で習いました。

ですが、「速度」同様にベクトル量である「加速度」について、
「一定の加速度で直線運動すること」=「等加速度直線運動」と書かれているサイトを多数目にしました。
私が思うに、これもやはり不適切で、「等加速度運動」という表現の方が適切だと思うのですが、どうでしょう?
「等加速度直線運動」と「等加速度運動」のどちらが適切なのでしょうか?


また、速度での「速さ」みたいな、加速度の大きさを示すスカラー量の名称ってないんでしょうか?

Aベストアンサー

 等速度であれば必ず直線運動なので、「等速度直線運動」という言い方はおかしく、「等速直線運動」または「等速度運動」というべきですが、等加速度であれば必ず直線運動というわけではありません。

 等加速度でありながら直線でない運動の代表例は放物運動です。物体に働く力は重力のみで、地表付近では重力は一定とみなせますので、一定の力を受ける運動=等加速度運動です。

 放物運動については、直線運動でないので「等加速度直線運動」という言い方がされるはずがありませんから「どちらが適切か」という問は成り立ちませんね。

 また、まっすぐ落下する場合や鉛直投げ上げなどでは、「等加速度」であり、「直線」ですから、「等加速度直線運動」になります。

※#1さんのISSの運動は直線ではないのはもちろんですが、円運動では重力の働く向きがどんどん変わるので、そもそも「等加速度」ではないと思います。


>速度での「速さ」みたいな、加速度の大きさを示すスカラー量の名称ってないんでしょうか?

 加速度以外に、「力」や「運動量」「電場」「磁場」などもベクトル量ですが、その大きさについてはみんな「力の大きさ」とか「電場の大きさ」といいます。むしろ、「速度」とその大きさを表す「速さ」という言葉がある方が例外的と思われます。

 等速度であれば必ず直線運動なので、「等速度直線運動」という言い方はおかしく、「等速直線運動」または「等速度運動」というべきですが、等加速度であれば必ず直線運動というわけではありません。

 等加速度でありながら直線でない運動の代表例は放物運動です。物体に働く力は重力のみで、地表付近では重力は一定とみなせますので、一定の力を受ける運動=等加速度運動です。

 放物運動については、直線運動でないので「等加速度直線運動」という言い方がされるはずがありませんから「どちらが適切か」と...続きを読む

Q光速度が不変なのには理由があるのでしょうか?

光速に関する素朴な質問です。

1.なぜ光速度は不変なの?
 光の速度はいかなる理由によって不変と決まっているのでしょう。
 方程式を解くように論理的に説明ができるのでしょうか?
 それとも実験結果を受け入れているだけですか。
2.本当に光速度は不変なの?
 空気、真空、水の中でも進む速度は同じですか?
 光が水に入ると屈折しますが、これは速度が変化しているのではありませんか。
 AからBに向かう光の渦の中をBからAに向けて発射された光は遅くなりませんか?
 光に邪魔(干渉)されて遅くなる気がするのですが。
3.どうして遅くならないの?
 光速に限界があるのは、光子に質量があるためと理解しています。
 しかし、遅くすることは可能なのではないでしょうか?
 光子の質量を重くしたり、エネルギーを奪うようなことはできないのでしょうか。
 波動の性質を変えたりできませんか?
4.電磁波の進む速度は?
 光は電磁波の一種、可視光線だそうです。
 他の電磁波、X線、紫外線、マイクロ波、ラジオの速度はどれくらいですか?
 光より遅いとすると、どうして遅いのでしょうか?
5.時間が進むのは一定であるという前提で相対性理論はできませんか?
 相対性理論は、光速度が不変であると仮定して成り立っています。
 だから時間の進み方が早かったり、遅かったりします。
 逆に時間が進むのが不変であるという仮定して、新相対性理論はできませんか?

光速に関する素朴な質問です。

1.なぜ光速度は不変なの?
 光の速度はいかなる理由によって不変と決まっているのでしょう。
 方程式を解くように論理的に説明ができるのでしょうか?
 それとも実験結果を受け入れているだけですか。
2.本当に光速度は不変なの?
 空気、真空、水の中でも進む速度は同じですか?
 光が水に入ると屈折しますが、これは速度が変化しているのではありませんか。
 AからBに向かう光の渦の中をBからAに向けて発射された光は遅くなりませんか?
 光に邪魔(干渉)...続きを読む

Aベストアンサー

 物理学は、自然界で見られる現象に対して法則を見つけようとする学問です。そういった法則の中には、もっと基本的な法則から理論的に導かれるものもあります。そうやって整理していくと、最後には、他の法則からは導くことができない基本法則だけが残ります。その基本法則は、観測によってのみ、根拠を与えられます。
 質問の主旨は、光速度が不変であることは、基本法則なのかどうか、ということだと思います。ローレンツは、他の法則から光速度不変を説明しようとして、ローレンツ変換の式を求めました。ローレンツが考えたのは、物体がエーテル中を運動すると、エーテルとの電磁気的な力によって物体が圧縮され、長さが縮むので光の速さに差が出てこないように観測される、というものでした。これに対してアインシュタインは、光速度不変が基本法則であるとしました。その仮定に基づき、ローレンツ変換の式を求めました。考え方は違いましたが、求められた変換式はどちらも同じものでした。
 得られた変換式はどちらの考え方でも同じです。そうすると、どちらの考え方が正しいと言えるのでしょうか。歴史的に見れば、アインシュタインの考え方が受け入れられたようですが。
 真空以外の媒質中では光の速度は遅くなりますが、それはマクロ的に見た場合です。例えば水中を光が動く場合、水の分子と分子の間は真空ですから、そこの間は真空中の速度で動いていますが、分子によって光が吸収、放射され、マクロ的に見たとき、速度が遅く観測されます。通常、光速度不変という場合は、真空中での光速度を言うようです。ここでひとつ注意しなければならないことは、真空中の光速度が不変という場合、重力場ではない、という条件が必要です。重力場内では、光速度は遅くなります。したがって、質問者さんの、光の速度を遅くするのは可能か、に対しては、重力場を通せば遅くなる、と言えます。
 最後に光子の質量についてです。光子に質量があるというのは間違いですが、ないというのも間違いです。正しくは、光子の質量は定義できないし、定義する必要もない、です。光子の質量はゼロである、という話はよく聞きますが、これは静止質量のことを言っています。これまで他の方々が説明されておりますように、光の速さは一定であり、静止することはありません。したがって、光子の静止質量に意味はありません。

 物理学は、自然界で見られる現象に対して法則を見つけようとする学問です。そういった法則の中には、もっと基本的な法則から理論的に導かれるものもあります。そうやって整理していくと、最後には、他の法則からは導くことができない基本法則だけが残ります。その基本法則は、観測によってのみ、根拠を与えられます。
 質問の主旨は、光速度が不変であることは、基本法則なのかどうか、ということだと思います。ローレンツは、他の法則から光速度不変を説明しようとして、ローレンツ変換の式を求めました。ロ...続きを読む

Q等加速度直線運動

等加速度直線運動【自由落下運動】の実験によって得られたv-tグラフから加速度を求めると9.3m/s²となりました。問題にこの値をなんというかとあるのですが何というのかわかりません。
重力でしょうか…?分かる方いらっしゃいましたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

重力加速度ですね。
1G=9.8m/s^2 ですが、誤差が出たのですね。5%は少し大きいようですが。

Q特殊相対論と加速度運動 度々済みません

そもそもはこの掲示板で、これなら弱い物理でも何とかなると言う質問がありました。去年のことです。私の論旨は簡単、ここには加速度運動が含まれるから特殊相対論では無理。
ですが反論があり、特殊相対論でこの問題は解ける(いつもお世話になる)E-man様のページからの図を含む引用がありました。私はガックリきて、もう相対論には触れませんと書きましたら、そこまで落ち込むことは無いと慰めて下さいました。
なお単純な量子論は電気化学の専門家の私には簡単。
だが、どうしても相対論の考え方が知りたいので、なんで一般相対論が必要なの?
同じ方か別の方か分かりませんが、お答えは、重力が説明出来ないから。
あれ?なんか変だ、素人向け(いや、一般人じゃ無いんだが)の説明では、重力と加速度を等価とみなすんじゃ無かったかな?
再度E-man様のページを恐る恐る開いて、式は嫌いだから跳ばし、「固有時の意味」の「注意書き」の項に来たら「特殊相対論は慣性系どうしの変換の理論であって、加速する場合を考えていない。 速度が変化されると困るのである」と書いてある。
不幸にして最初の時のURLをとって居なかったけど、特殊相対論でも構わない加速度運動は「特殊例?」
どなたかこの蒙をお啓き下さい。

そもそもはこの掲示板で、これなら弱い物理でも何とかなると言う質問がありました。去年のことです。私の論旨は簡単、ここには加速度運動が含まれるから特殊相対論では無理。
ですが反論があり、特殊相対論でこの問題は解ける(いつもお世話になる)E-man様のページからの図を含む引用がありました。私はガックリきて、もう相対論には触れませんと書きましたら、そこまで落ち込むことは無いと慰めて下さいました。
なお単純な量子論は電気化学の専門家の私には簡単。
だが、どうしても相対論の考え方が知りたいの...続きを読む

Aベストアンサー

完全素人の投稿です。

日本語訳の特殊相対論、一般相対論と言う語句が放つイメージの問題ですか?
特殊相対論は空間と時間を扱った理論、一般相対論は重力理論で、対象が違いますが・・。

特殊とか一般とか言う事ではないので、誤解を招く日本語訳だと思います。

宇宙空間において加速度運動が普通で、慣性系が特殊例で、宇宙には慣性系という物は無く、架空のもの。

等価原理では重力と慣性力(加速度に伴う力)は同じものと考えるので、加速系は一般相対論(重力理論)で無いと解けない。

光速度一定の法則も慣性系に対して成り立ち、現実の宇宙では、重力に対して自由落下している無重力系において光速度は一定という一般相対論の理論が成立。

>>なんで一般相対論が必要なの?
現実の宇宙空間は慣性系という物は無く、各々の座標系に固有に存在する重力を扱った一般相対論で無いと、振る舞いが正しく記述できないから。

たとえば、超光速の問題でも、特殊相対論では超光速は有り得ない。
しかし、充分に遠い銀河の後退速度(空間の膨張速度)は光速を超え、一般相対論では超光速は許される。

その理論を使って、宇宙の誕生の10^(-25)年(10の25乗分の1年)の事までは解明されている様なので、一般相対論が必要なんでしょうね。

完全素人の投稿です。

日本語訳の特殊相対論、一般相対論と言う語句が放つイメージの問題ですか?
特殊相対論は空間と時間を扱った理論、一般相対論は重力理論で、対象が違いますが・・。

特殊とか一般とか言う事ではないので、誤解を招く日本語訳だと思います。

宇宙空間において加速度運動が普通で、慣性系が特殊例で、宇宙には慣性系という物は無く、架空のもの。

等価原理では重力と慣性力(加速度に伴う力)は同じものと考えるので、加速系は一般相対論(重力理論)で無いと解けない。

光速度一定の法則...続きを読む


人気Q&Aランキング