ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

こんな記事見つけちゃいました!イーバンク銀行のオフィシャルサイト内の記事ですが…。

http://www.ebank.co.jp/kojin/news/important/info …

預金額が少ない人は、イーバンクから去れってことですかね?年会費払って上位のマネーカードにしてた人の立場がないですよね。

預金額50万円以下の人は、イーバンク銀行を解約した方がよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

他の方も回答されていますが、赤字サービスをいつまでも継続することは困難だと思います。

ネット銀行は新規参入時には、無料サービスを拡大して顧客を集めようとしますが、ある規模になるとサービスを縮小する傾向があるようです。我々はそれをよく見て、賢く使うことしかありません。

>預金額50万円以下の人は、イーバンク銀行を解約した方がよいのでしょうか?

少額の預金でも使い方によっては便利だと思いますが、サイフ代わりにATMで出し入れを繰り返す人には向かなくなりました。解約したほうがよいと思います。

イーバンクとしては経費を節約して定期の金利を上げ、大口の顧客にシフトしようとしてるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

ヤフオクとデビットクレジットでイーバンク使ってます。



入金はATMは使わず全てゆうちょ銀行からの無料入金を使います。
これでヤフオクで急にお買物したくなっても、お買物額だけゆうちょから翌日にイーバンクに送金されてお得で便利です。結構数百円の買物とかするので良いですよ。

クレジット決済額もすべてゆうちょからの無料入金使ってます。私の場合上位カードのクラシックプレミアムですが2ヶ月に500円分くらいポイントたまります。手数料無料回数がなくなるので、クラシックプレミアム期間が終わったら1000円の会費は高いので通常カードに戻す予定です。

ヤフオク出品メインで、売上を引き出す必要があるのであれば、引き出し回数を減らし、手数料は経費と割り切るのも必要なのでは?

今回の変更点、10万以上の残高とは、25日終了時の残高で計算するのでまだ良心的。イーバンクは25日にお金入れて26日に全部出したりクレジット決済で引き落とされても、次の月に手数料無料回数があるってことですから。

この手を使う人が続出したらまた変わるかもしれませんがね。新生銀行は当初振込手数料無料を売りにしていましたが、その後変更になって月間平均残高●万以上の人にのみ適用となりました。以前はある時点での残高で無料回数を決めてましたが、その後上記のように入れてすぐ出す人が続出したのでやめたのではないでしょうか。

ただ、今回一番の問題は、ジャパンネットとも新生銀行とも違い「無料ATM入出金回数が0回になる人がいる」ということでしょう。そういう意味では、質問者様のご心配・ご不満はもっともで共感します。
    • good
    • 0

使い方によると思いますが........


そもそも自分はイーバンク銀行をATMで利用したことがないです
入金は新生銀行等、他行からの振込ですし、支払はイーバンク銀行間の振込(手数料無料)に特化しているので

ATMで入出金したいのであれば、もっと別の銀行を使うべきでしょう
ATM利用手数料無料の銀行とかあるわけですし
新生銀行とかもゆうちょ銀行ATMの利用手数料無料ですから

#個人的には500円くらいに値上げしてもいいと思います
#手数料がかさんで儲かってないってことなんだと思いますので
    • good
    • 0

>預金額が少ない人は、イーバンクから去れってことですかね?



いいえ。普通に使ってくれということでしょう。

今までがイーバンクに貢献している客(預け資産額の多い客)に対してそれに見合うだけのサービスを提供せず、イーバンクへの貢献が少ない客に対して過剰なサービスを提供していました。

それをイーバンクへの貢献に応じた、そして利用形態に応じた手数料を払ってくれというだけです。
他行ATMでの1回の入出金・振込みにはイーバンクが105円を負担しています。
仮に月に5回の入金と出金をしているならイーバンクは月に1050円、年に12600円の負担です。
平均預金額が30万だとして、その人の口座入出金で年に12600円の負担は決して小さくありません。


ネットバンクの欠点は自ATMを持たないのでATM利用では他行に手数料を払う一方で自行は手数料収入が無いことです。
ですからネットバンクがATM利用で手数料有料化に向かうのは極めて合理的な動きだと思います。

銀座辺りにある高級ブランド店でも上顧客には担当営業がついたりVIPルームでコーヒーを飲んだりできますよね。でも、一般客にはコーヒーも出ません。
それと同じです。


>預金額50万円以下の人は、イーバンク銀行を解約した方がよいのでしょうか?

そんなことを言うと、他の銀行(特に地銀)の立場がありません。預金額50万円以下だと地銀に口座を開くななんてことは無いと思います。



私は預金額が50万円を切ることもしょっちゅうありますが、FXのクイック入金等にイーバンクを便利に使わせてもらっていますし、今後も使います。
証券会社、FX業者との連携、totoとの連携、投資信託のオンライン買付等々のサービスを考えても、手数料構造改定が即に口座解約は繋がるとは思いません。



>まともに使おうとしますと、月数回くらいは必要ですね。

それならこの手数料変更は特に問題はないのでは?
私のように基本的に自ら入金しないような特殊な使い方をしたり、よほどの少額で細かく使おうとするならまだしも、まともに使うなら月数回は無料の範囲でしょう。

この回答への補足

>>まともに使うなら月数回は無料の範囲でしょう。

メーンバンクがイーバンクではないんです。だから預金額は10万円以下です。イーバンクはこれまで、ネットオークション用に使用してきました。イーバンクニコスカードがなくなるまでは、あらゆる人に一番にお勧めする銀行だったのですが…。

補足日時:2009/04/27 22:11
    • good
    • 0

ネット系の銀行って、そんな頻繁に入出金をする


ためのツールなんですか?

>預金額50万円以下の人は、イーバンク銀行を解約した方がよいのでしょうか?

質問者が解約したのなら止める道理はありません。

>みずほ銀行は、特典基準を引き下げ、10万円の預金で時間外手数料まで無料になったのですが。

それでは、みずほ銀行に口座を開設しまして頻繁に入出金をされるのをお奨め。

この回答への補足

>>ネット系の銀行って、そんな頻繁に入出金をするためのツールなんですか?

まともに使おうとしますと、月数回くらいは必要ですね。

>>質問者が解約したのなら止める道理はありません。

まだ解約をしてはいません。

>>みずほ銀行に口座を開設しまして頻繁に入出金をされるのをお奨め。

口座は1つあればよいというものではありません。振込などもありますし。

補足日時:2009/04/27 21:00
    • good
    • 0

口座維持手数料が0円というだけでも、メリットはありますよ。


他のネットバンクなんて、口座維持手数料を取ってますからね。

ネットバンク決済ですませるようにすれば、イーバンクも使える銀行だと思いますけどね。
    • good
    • 0

最初はあなたが得だ役に立つとのご判断で口座をお持ちになったと思います。

それが期待に反するようになったらやめるだけです。

銀行とて慈善事業ではありませんから必要な経費とそれに見合う収入のバランスをとらなくてはなりません。アンバランスで経営を圧迫するようですと株主から訴訟をおこされる時代ですから。

なお直接には関係ありませんが記事にある資本業務提携先のカード会社発行のETCカードも年会費(525円)が必要になりました。厳しい経済環境の中でどの会社も過去の業務内容の見直しが迫られているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

こんにちわ、少しの中傷はお許し下さい。



この改定はイーバンク銀行のみではありません。他の銀行も改定しています。

いっせいに、条件を一緒にしたのだと思います。

ご参考まで。

この回答への補足

どこの銀行が改悪したのか、教えて頂けますか?

みずほ銀行は、特典基準を引き下げ、10万円の預金で時間外手数料まで無料になったのですが。

補足日時:2009/04/27 11:57
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング