親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

夫が自己愛性人格障害の傾向が強く、悩んでいる妻です。なぜそういう人格なのか、原因を突き止めたくなりました。
夫の父親はアスペルガーの傾向が強く、退職後20年以上も一人で趣味の研究のようなことを黙々として過ごしています。他人とはほとんど口を利かない生活です。現役時代は生真面目で頑固な性格のために職場で人間関係が上手くいかず、早く帰宅して家で育児によく関わったようです。ただし、娘の方は父と非常に折り合いが悪く、思春期にかなり荒れて家出などを繰り返す不良少女になりました。息子(夫)は父の期待通りに、ある意味エリートになりました。
夫の母親は学はないものの、口が達者な人です。母乳が全くでなかったため、子供2人をミルクで育てました。「抱き癖をつけない」が方針で、子供はできるだけ抱かずに育てました。子供たちは、あまり愛嬌のない、でも他人に頼らず自分のことは自分でやる子に育ちました。母親は身体を動かすことが好きではないので、専業主婦でしたが、3歳の誕生日から子供たちを保育園に入れていました。面倒なことは避け、今も孫の世話もいっさいしない人です。
前置きが長くなりましたが、夫はこのような両親のもとに育ち、私と結婚して、モラハラのようなことを続けています。モラハラ加害者を変えることは不可能とは聞きますが、このような性格は直らないのでしょうか。幼い頃、母乳も飲まず、抱き癖もつけないという育て方で、無意識に我慢を強いられたことによって歪んだのでは?とも思います。夫は今でもスキンシップが嫌いで、結婚して一度も同じベッドや布団で寝たことがありません。(狭くなるから嫌なのだそうです)子供とも一緒には寝ません。スキンシップ不足による性格の歪みは、研究結果として出ているのでしょうか。
離婚を考えていますが、最後の望みとして、彼の性格の本質を探ってみたくなり、質問しました。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

妻が自己性愛人格障害 過剰警戒です


他人の悪口を独り言で言い無意識に言う症状で
専業主婦のためか引きこもりがちで近所つきあいに参ってるようでした
もちろんプライドが高いので本人は否定し病院へ行かず
同じことを繰り返してました。
最初は分からず衝突しましたがある日この症状
を知り以降いろいろ調べて相手のどこに原因があるか
少しづつ分析できました
 好きだった相手の嫌いな部分が見えてくるのはとてもつらいことで
したが反面いい面もある為辛抱強くつきあっています。

もちろん100rainの旦那さんもなんとかしたいという気持ちも強く持っているでしょう。
 私の場合は自分に対しては迷惑がかからなかった為彼女の中のプライドをうまく転化させるよう古い文庫本などを薦めてましになりました。
 私は彼女の人一倍心の痛みや、苦しみを感じる部分がいつか社会の役
 に立つと信じて応援しています 人により症状が違いますが育った
 環境の家族では直せない病気です伴侶であるあなたにはその可能性
 があるなら少し試してみてはどうでしょうか。
    • good
    • 1

 人格障害に属する境界性自己愛人格障害に入ると思います。


 モラハラ前夫との違和感、常に下降目線で来る暴言など常に批判をする事で快感を求める何でも常に君臨する王様如くに言動です。
 先ず賞める言葉はない、やって当然と言う言動しかない(出来て居ないなら出来ない事を全面否定で来る言動)完全に奴隷的存在でした。
 モラハラ男との離婚で5年死闘しましたけど、モラハラをする気質とアスペルガー症候群とは属性は違います。
 アスペルガーの人は自分の中でパニックになる回りの空気が読めない事でパニックる自分の嫌悪感を感じるから悩みます。
 どうした物か、何故回りから言われるのかその心意が理解出来ない、自己認知は出来るけど、コミニケーション能力が欠落している事が要因です。
 モラハラをする男(前夫)は自己認知無いから暴言を吐く事も当たり前、何も自分は悪く無いと言い切る態度です。
 完全自己批判など無い完璧は自分と絶対君主を言い切る気質です。
 離婚する迄にその気が無い男にどうアプローチを入れるかです、離婚したいならそれだけの訳金置いて行けと断言する男です。
 自分の言動本体が理解出来ない自己認知など皆無の気質です、自己愛(ナスシシスト)は発育段階でも何も苦労はない侭で成長して来ています。
 養育環境要因と親の遺伝要因ではないかと思いますけど・・・・
 当にモラハラ要因で離婚をした者ですけど、自分のした居る行為は最後まで理解不能でした、自分の思う事は何処まで正統と言い切る言動、オマケにスローキング行為で警察沙汰でも何故警察沙汰になって居るかは恐らく理解出来ない侭終わっていると思います。
 遺伝子が突然変異なのか、異様な気質ですので自分を買い被る気質は要観察かも知れません。
 モラハラ男と戦いましたけど、罵声・暴言を言われた事でPTSDまで墜ちるなど自死行為(未遂)まで経験しました。
 こんな属性も居るんだ、スキンシップは沢山貰って居ますけど最後は親の遺伝・環境要因に尽きると思います。
    • good
    • 0

NO4です。



他の回答者さんから「アスペルガーでは?」という指摘がありましたが、私もそういう傾向があるのでは?とも思っていました(それだけではないでしょうが)
アスペルガーには、「孤立型」と「受け身型」と「積極・奇異型」の3種類があります。
お義父さまの場合は「孤立型」ご主人にアスペルガーの傾向があるとすれば「積極・奇異型」ではないかと思います。
「傾向」と言ったのは、「アスペルガースペクトラム」という考え方があり(ロナー・ウイング)、「健常」と「アスペルガー」「自閉症」との間は連続性があり、その境界は明らかでないといったものです。
ご主人がアスペルガーか否かという事より、そういう傾向があるなら言動の意味が理解しやすいからです。

ご主人がアスペルガーの傾向があるという仮定で、その視点から分析すると、
>夫はとにかく外ではいい人で、いい人いい夫と思われるのが好きです。

頭のいい人は成長に伴い「外ではこのように行動すべき」という事が理解できて、それに合わせた行動を取る事ができるのですが、
それを行うにはかなりの努力とエネルギーが必要で、ストレスがかかります。
そのため家ではスイッチOffになり、家族の気持ちを考えたり思いやったりするという事が出来ない。
また外でのストレスを無意識に家で発散している。

>何かに共感したり、一緒に笑ったり泣いたり、という時間がほとんどありません。

アスペルガーの症状そのものです。

>私が何か(日常のささいなこと、ちょっとした感想など)を言えば、必ずどこかに批判や反論するような言葉が返ってきます。

アスペルガーの特徴的な症状である「こだわり」から自分の考え・ポリシーがあり、少しでもそうでない意見を受け付けない。
(批判や反論・怒る事の内容に一貫性があれば…の話ですが)

次に環境面から考察してみると、
子ども時代に「愛される・甘える」という事が感じられなければ、その方法を知らないので出来ません。
また義父さんの期待が大きく、それに沿わざるを得なかった事により、学歴や有能さがすべての価値観として刷り込まれた。
という事が考えられます。

アスペルガーの素因+環境的要素から、2次的障害を起こす事がしばしばあります。
これは、周囲から誤解される事、人間関係が上手くいかない事、ストレス等が原因で自己尊重が低下してしまう為に生じます。
2次的障害は、情緒障害・不登校・家庭内暴力・抑うつ・境界型人格障害等があります。
ご主人はエリートコースを歩んでこられたとの事。
進学校では同じような(素因・環境)の子が比較的多いので、ストレスは少なかったのかと思いますが、社会人になるとそうはいかないので多くのストレスがあった事と思います。

そこで自分を保つために「有能感」に縋り、自己愛型人格障害になっていったのではないかと思います。

以上文面からのみでの私の私的な推測ですので、ご了承ください。


蛇足ですが、私自身がご主人に似ていると思いました。
怒鳴ったり物にあたる事はありませんが。
アスペルガー傾向があり、抑圧された育ちをしてきましたので。
夫と共感したり一緒に泣いたり笑ったりする事は全くありません。
考えの違いが全く許せなく、論理的に言い負かしてしまいます。
何年も前からお互いの為に離婚すべきとの考えに至っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
夫は、アスペと自己愛の両方があるのでしょうね。頭は、偏っていますがよいです。理数系が得意で、学生時代がとても長く、その方面で研究の仕事についたので、アスペとしては幸せな生き方だと思います。
社会人としてのストレスは、好きな仕事をしているので、夫の父と比べるとずっと少ないと感じます。ただ、夫もある種の優秀な人ですが、周りはバランスの取れた本当の優秀な方が多く、周りが余裕でできてしまうことを必死でやらなくてはいけない状態みたいで(本人はプライドからこのことは言いません)、そういう意味ではストレスはあるようです。でも、周りが忙しくても自分のペースで自分の仕事だけしかやらないので、本人より同じ職場の方がストレスを溜めているような気がします。
夫の「有能感」を保たせるための道具のようになれるほど、私は心が広くありません。私自身はADDの傾向があり、ちょっと片づけが駄目な点を見つけられるたびに叱れています。予定の変更が結構あるので、夫を怒らせています。合わないのですよね。心配なのは、下の子にアスペの兆候が少し見えてきた点です。こだわりの点だけ異常なほど強いです。知能は相当高いと感じています。
ayaayahanaさんはご自身のことをしっかり見つめていらっしゃって、冷静に考えている点から、弱いアスペなのでしょうか?夫が自分をアスペと認めるのは難しそうです。男性だからでしょうか、プライドが邪魔するみたい。
やはり離婚しかないのかもしれませんね。真面目な点はとても尊敬できるのですが、真面目だけの人は難しいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/03 00:04

昔は「抱き癖」をつけないといった慣習があり、また今も欧米では子どもと夫婦の寝室を別にしているところが多いですね。


また、人工乳で育った子どもがみんな人格障害が出る訳ではないですよね。

ご質問のスキンシップ不足が性格に影響するかについてですが、
「ボウルビーの愛着理論」という学説があります。
これは、出生後の「大事な人」との間に愛着(アタッチメント)の関係を形成する事が、後の心理的発達に大きな影響を与えると言った事です。

しかしこの理論は、第2次世界大戦後の孤児に対する研究に基づくもので、一般家庭で「人工栄養」「抱き癖をつけない」といった方針がの子育てがそれに当てはまるのかは、はなはだ疑問です。

人格や性格は、生まれ持っての気質と環境の相互作用によると言う考え方が一般的です。
ご主人のモラハラがどのようなものか、またご主人のどのような点が好きになって結婚されたのか分かりませんので、一般的な学説をご紹介するにとどめます。

もし差支えがなければ現状を教えて下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し分けありません。
専門的なご意見ありがとうございます。夫はとにかく外ではいい人で、いい人いい夫と思われるのが好きです。でも、家の中では、常に自分が命令したり決断する側で、気に入らないことは絶対に受け入れません。怒らせると怒鳴ったり物を壊したりされるので、怒らせないように暮らしています。そして、信じられないほど冷たい、軽蔑した言葉で私を叱ります。もちろん、喧嘩の後のフォローもなく、私はいつも謝る側です。何に惹かれたか、というと、しっかりした面でしょうか。優しくて、自信にあふれて、周りに流されない人でした。向こうから一方的に求愛され、求婚されて結婚したので、自分から好きになったわけではありません。結婚したら、自分のことは自分でやれ、という態度に変わりました。今でも、きちんとした人で偉いとは思いますが、一緒に暮らすのは疲れます。何かに共感したり、一緒に笑ったり泣いたり、という時間がほとんどありません。私が何か(日常のささいなこと、ちょっとした感想など)を言えば、必ずどこかに批判や反論するような言葉が返ってきます。
素直になりたくてもなれないのかな?と思うことがありますが、本人は自分は何も問題がないと思っているようです。

お礼日時:2009/05/02 00:03

あなたの旦那さんが果して「自己愛性人格障害」を持っておられるかどうかは存じませんが、もしあなたがそう判断されたのなら、そのことに関し、以下のホームページに詳しい記述があります。

執筆者はご自分が境界例であることを自覚し、同じ悩みを持つ方に対して慈愛のこもった真摯な態度で記述しておられます。私自身、娘のことに関し大変参考にさせていただきましたので、あるいは既にお目通しかも知れませんが念のためご紹介いたします。

http://homepage1.nifty.com/eggs/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
わかりやすいサイトを教えて頂き、助かりました。アメリカ精神医学会の基準にはほとんど当てはまっている感じです。他の定義で「 有名人の追っかけ」「 宗教の熱烈な信者」というのは、あてはまっていません。じっくり呼んでみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/01 23:41

そもそも、ご主人が自己愛性人格障害ではない可能性が強いように思えます。



アスペルガー症候群当事者です。アスペルガー症候群は、スキンシップを嫌うケースが多く、空気が読めないため、傷つけるつもりがないのに人を傷つける人が多いです。遺伝的傾向が強いです。

自己愛性人格障害ではなく、アスペルガー症候群で出ている可能性をきちんと考えるべきだと思います。

そして、アスペルガーならば、それを指摘して症状を抑えさせることができるかもしれません。

適切なフィードバックがあれば、言動が改まる可能性があるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
以前、詳しい人に相談して、夫はアスペルガーより自己愛性人格障害では?と指摘されました。夫の父親はアスペルガーの傾向が強いと思います。夫は、神経が太くて、結構どこにでも入っていけるタイプです。義父は人づきあいがだめ。色々混ざっているタイプでしょうか。
ちょっと調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/01 23:37

幼少時と自己愛性人格障がいの関連は指摘されています。


モラルハラスメントと自己愛性人格障がいも似た部分があることは確かです。

モラルハラスメントの加害者を、それ以上加害者にならないようにすることは可能ですよ。
変えること、変わることは不可能ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
「それ以上の加害者にならないようにする」程度で変われるのですね。複雑な心境です。でも、教えて頂き、ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/01 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己愛性人格障害的な人の不愉快な態度をやめさせるには

こちらのカテゴリで良いのか迷いましたが、回答者の多そうなカテゴリを選ばせていただきました。

私の周りには、いわゆる「自己愛性人格障害」に当てはまる傾向の人がたくさんいます。
医者が障害を認定すべきなのは分かっていますが、短くまとめるために、「傾向」という形でこの言葉を出させていただきました。

私が調べた限りでは、
1. 自分は特別重要な人間だと思っている。
2. 成功、権力、才能があると思っている。
3. 何でもできる気になっている。
4. 馬鹿には理解されないと信じている。
5. 特権意識を持っている。
6. 他人は自分の目的を達成するための道具だと思っている。
7. 他人の気持ちを踏みにじっても気にしない。
8. 他人に嫉妬をする。
といった点が当てはまります。

具体的には、職場内のエリートグループ(5人ぐらい)が、人のことをみんなに聞こえるようにけなします。
「あいつ●●も知らないのかよ」、「仕事できないやつを飲み会には誘う必要ないだろ」、「今更●●と言ってるようじゃ、俺たちの仲間には向かない」、「俺たちが業界トップだ、△△(会社名)のやつらと共同なんて、話にならない」
といった会話を堂々とします。
さらに、自分たちより劣っていると思っていた人が高い評価を得ると、「あの人と口をきく必要は無い」などと周囲に言い聞かせ、孤立させます。

周囲はこれらの会話を聞いているわけです。私も周りの人も、このグループの人たちはこんな風にものごとを見て、考えるんだ…と見せしめのようで、恐ろしいです。

このグループの人たちは、外国語能力や人脈があると知ると近づいてきて、自分の成績になる仕事の翻訳を手伝わせたり、紹介させたりします。「あの人は●●と知り合いだから仲良くしておいたほうが得だ」と、恥ずかしげもなく言います。用が済めば、挨拶すらせず、無視どころか排除します。

毎日、会社に行くのが本当につらいです。もう聞きたくないし、見たくないです。上司は個人的な性格だと言って、放置しています。

やっかいなのは、このような傲慢さを支持する社会的評価がある点です。有名大学卒高学歴で、客観的に見て仕事の能力が高い。一般に誰でも「すごい」と言うので、彼らも当然そう思うようになるでしょう。
だからと言って人を道具のように扱ったり、排除する態度は、ゆるせません。

自己愛性人格障害を持つ当事者の論理は、3つの段階に分けられると思います。
1.自分は重要なので
2.人は自分より劣る
3.だから人が不愉快でも自分の利益が優越する

1は妄想であることが多いようですが、私の会社のエリートグループの場合、本当に社会的評価が高いわけです。だから、妄想だと言って問題化されることがないぶん、指摘されにくいかもしれません。

2の場合、同じものさしで測って一番上、という優越と劣等の関係で人を評価し、劣等=何をしてもいい相手、と認識するところが問題です。

3は、1の「重要」性が正でも誤でもやってはいけないことです。それをやってしまうから問題として認識されるのだと思います。

そこでご意見をいただきたいのですが、
・ 1と2と3に分けて、どう対処する方法があるのでしょうか。
・ どれかひとつに働きかけることで、ほかのふたつが変わるのでしょうか。
・ なんだか理屈っぽくなりましたが、すぐに実践できる、ストレス回避法を教えてください。

よろしくお願いします。

こちらのカテゴリで良いのか迷いましたが、回答者の多そうなカテゴリを選ばせていただきました。

私の周りには、いわゆる「自己愛性人格障害」に当てはまる傾向の人がたくさんいます。
医者が障害を認定すべきなのは分かっていますが、短くまとめるために、「傾向」という形でこの言葉を出させていただきました。

私が調べた限りでは、
1. 自分は特別重要な人間だと思っている。
2. 成功、権力、才能があると思っている。
3. 何でもできる気になっている。
4. 馬鹿には理解されないと信...続きを読む

Aベストアンサー

自己愛の強い人が増えているのは、時代の流れ上、致し方ない面があると思います。

現代は核家族化が進み、両親も共に働いている家庭が多いです。
昔よりも、子供にお金を掛ける家庭が増えました。
親も、自分の親世代と同居している人は少ないでしょうから、子供にどこまで手を掛けたらいいのか丁度良い距離が分からなくて構い過ぎたり、逆に、物質面ばかりで会話が少なくなったりと、かつての社会事情とは様相が変わってきています。

昔とは違い、現代は祖父母と会う機会も少なければ、きょうだいが少なかったり、遊び相手も同い年の子ばかりなので、子供の頃から自分の役割を考えたり、色んな立場を思いやる機会が減っています。
だから、質問者さんが仰るように自己愛性人格障害的な性格の人は増えているのは確かだと思います。
何処の職場に行っても、それは中々避けられないことではないかと思います。


上司にとっては、要は仕事が出来ればそれで良いのでしょう。
質問者さんの同僚もそう思っているのだと思います。
利害関係が一致しているので、上司もその同僚もこのままで良いと思っているのでしょう。
徹底的に効率重視で来て、それである程度成功を収め、満足している以上、その人達は変わらないと思います。

でも、グループとしてはどうなのでしょう?
「俺たち」と言ってはいるけれど、その人達はお互いを信頼しているのでしょうか? お互いに人を罵ったり、利用したりを見て来ているわけです。
お互いの本質は良く分かっているのではないでしょうか。
似たもの同士が集まって、一目置かれていると粋がっているけれど、何れは足の引っ張り合いをしそうじゃないですか。
いつまでもグループとして存続できるのでしょうか?

そして、本当の意味で人の上に立てるのでしょうか?
信頼を持てない、いつ切り捨てたりするか分からない人の下に、付いてくる部下はいるのでしょうか。


質問者さんは質問者さんで、その人達を反面教師にしつつ、見習えることは見習ったらいいのではないでしょうか。
確かにあまり感じのいい人達ではないけれど、その自信や、人に対する悪口雑言の裏には、自分たちは並々ならぬ努力をしてきたという自負もあるのではないでしょうか。
その人達がいくら自信に満ちた態度を取っているからと言って、才能だけでここまで来たとは思ってはいないと思います。
多分、おまえたちは努力が足りないんだぐらいのことは常に思っているのではないでしょうか。
その点だけでも、ひっくり返してやりたくはないですか?

会社にはミーティングの時間はないのですか?
話し合ったり、打ち合わせをしたり、コミュニケーションを図る時間をあまり取らないのですか?
ダラダラ長く時間を掛けるよりも、要点を絞って短時間でまめに開いたら良いのではないでしょうか。
そういった機会を増やすよう働きかけることも大切だと思います。

自己愛の強い人が増えているのは、時代の流れ上、致し方ない面があると思います。

現代は核家族化が進み、両親も共に働いている家庭が多いです。
昔よりも、子供にお金を掛ける家庭が増えました。
親も、自分の親世代と同居している人は少ないでしょうから、子供にどこまで手を掛けたらいいのか丁度良い距離が分からなくて構い過ぎたり、逆に、物質面ばかりで会話が少なくなったりと、かつての社会事情とは様相が変わってきています。

昔とは違い、現代は祖父母と会う機会も少なければ、きょうだいが少な...続きを読む

Q愛情不足な環境で育った人間はどう成長するか。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかったので真意はわかりませんが、
自分と同じものを感じる、という意味の発言だったようです。

私は貞操観念や倫理観があまりない所があり、
彼女がいる男性のことを好きになることが多いのです。

先日ネットサーフィンをしていて、
『恋人がいる人を好きになり、相手が振り向くと途端に好きじゃなくなってしまうような人間は、
子供の頃十分な愛情を貰って育っていない可哀想な人間』
という記述を目にしました。
相手が振り向くと好きではなくなる、ということはあまりないのですが、
彼女がいる人を好きになる、そういう傾向があるのは確かです。
また、自分に恋人がいても他に好きな人を作ってしまったり、二股していたこともあります。

以前また違う友人(同じく母子家庭)には、
「心理学を勉強している人に言われたんだけど、
母子家庭みたいに男性がいない家庭で育つと、男性との距離感がつかみにくくなるらしい。
父なのか兄弟なのか友人なのか、区別がつかないから、すぐ好きになってしまうんだって」と言われました。
私もその友人も、すぐ人を好きになりやすいので、この話には非常に納得しました。


私は自分の貞操観念や倫理観があまりないこと、また恋愛に一途になれないことが
自分のウィークポイントだと思っています。
どうにか改善していきたいのですが、この今の状況が家庭環境に関係しているのかどうか判断して頂きたいのです。(難しいとは思いますが・・)

ちなみに22歳女です。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかった...続きを読む

Aベストアンサー

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所に成ったりもします。
  ・一方、片親だけの場合、緩衝的な役割がなく、直接怒りを受けます、
   子どもにとっては、逃げ道がなく、対立したときには、
   完全に対立したままか、不本意でも親の意見を受け入れざるを得なくなり
   折衷案的な解決方法を経験しないままに大人になると思われます。
   もしかすると、一か八か的な性格が形成されるのかも知れません。

2)もらえる愛情のバリエーションの多さ(二人分)

  ・余り説明の必要はないと思いますが、二人分のタイプの違う愛情をもらい
   愛された経験ができます。
  ・片親だけの場合は、主にひとりの親だけの愛情・・・愛し方を受け入れること
   になります、その分、愛情の濃密度は濃いかも知れませんが、片親では
   経験できない愛情表現があるかも知れません、そしてそれが特に母子家庭の
   場合には、ふた親のそろった家庭との男性からの愛情経験の差・・・が
   男性との関係(距離の取り方)に影響(※)を与えている可能性があります。
   (※惚れっぽいとか、騙されやすいとか、質問にeco39さんが書いてあることです。)

まだまだあるかと思います。この辺が大きな差かなと思います。

3)そして、『倫理観』については、上の両親が居た場合と違って、
 母親の性格的な部分に左右されてしまうことが大きいのです。
 交流分析の理論では、倫理観は主に、父性的な性質をもち、両親が健在の場合
 子どもは、どちらかというと父親側から倫理観を受け取ることになりますが、
 母子家庭で、なおがつ母親がそういった父性的な厳しい部分が少ない場合、
 子どもの倫理観は育たないまま大人になって行くことになります。
 (このことを心配して厳しく躾けた場合や、母親が倫理観に厳しい場合また別ですが…)

兄弟関係だと、兄弟同士の相性問題や親の愛情の取り合いなども有り、
理想的な兄弟関係は、ちょっと考えられないです。
これは↑我が家の愛憎ごちゃ混ぜの兄弟関係が邪魔して考えつかないのかも(笑)スイマセン!

> これは具体的にどのようにすればいいと思われますか?
> 好きという感情をコントロールする術を身につける、

このような、1)2)3)性質が自分の中にあるのを感じたら、
そういう性質が悪い方向に向かわないように、
初期段階で少しづつコントロールすれば良いと思います。

その為に、先ず自分を正確に知ることかも知れません。
カウンセリング受けることや臨床的な心理学を学ぶ事も役立ちますし、
交流分析(※)などは、論理的で解りやすいのでお薦めですし、
意識して、友人や他人との比較することや世間を知ることが、
自分を知ることにつながると思います。自分はいつも他人や世間との
“あいだ”に立現れて来るものです、自分の好み・好きなものを
追求し探してみて下さい。案外好みと思っていたものが、幼い頃の
男性像の残骸なのかも知れません(笑)

 余談ながら、世間で言われる『自分探し』がもっとも自分を解らなくし
 混乱を招く一番下手(上手?)な方法だと私は思います。

最初の一歩はそれ自分の性格を自覚することから始まります、
人は、無意識・無自覚の好みや嗜好に引きずられて、
異性を求めていたりします。無意識に理想の父親像を男性にみていないか?
子どもの頃どんな父親が欲しかったのか?ちょっと思い出して書出してみてください。
その理想の男性(父親)のイメージを、異性に投影していないか?
経験したことのない異性の行動を愛情と勘違いしていないか?
いままでに、好きになった、つきあった男性達を通して共通項を探すのも方法です。
その人達は、無意識に引きずられて好きになったものではないのか?
検証してみる必要があるだろうと思います。

勿論、無意識が幸せに向かっているなら、問題ないでしょうが、しかし、
多くの場合、幼い無意識に支配された嗜好は、不幸な結果を招く事になります、
なんであのような酷い男性を好きになったのかと後悔する場合がとても多いのです。
その為、燃え上がった恋心が長続きしないのです。

 私にも遠い昔(オイオイ!)に経験がありますが、本格的に好きになる前の段階なら
 理性的に、感情を抑え変えることも可能です。最初の段階で徹底的に調べて
 行くか止めるか決めると良いですよ。大火事に成る前に消し止めるのが、
 感情のコントロールの方法です。感情は思考の結果生まれるものです。
 考え方・受け取り方を変えれば、感じ方が変わります。

例えば、倫理観の薄い性格の場合、相手側にも倫理観の薄い人を選ぶ傾向があります、
その結果、不倫や犯罪の被害者や加害者になることさえあります。
「君子危うきに近寄らず」「無事これ名馬」世間で言い継がれて来た言葉は、
やはり、真実を含んでいると思います。

まして、貴方は女性です。倫理観の薄い男は、薄い倫理観を正当化する為に、
自分勝手な倫理観や屁理屈を持っていることが多ようです。
そういった男達とつきあうのは、危険なことでもあります。

そして、科学的な実証はされていませんが、経験上、
江原氏や三輪氏の言う正負の法則は、やはり在るものと思います。
不倫とかの世間に顔向けの出来ない方法で結ばれても、大病したり
別れたり、殺し合ったりと、そういった心理傾向をもつ人達のグループでは
不幸な結果になるプログラムに支配され従って、無意識に動いて居るのですから…

> 男性と接する機会を減らす、等でしょうか。

これは、むしろ逆だと思います、と言っても特定の男性ではなく男性の友人を
沢山作ってみてグループや大人数で沢山の男性と楽しく付き合ってみて下さい。
男性の友人を沢山作ると男性的な思考ややり方、行動、見方を学べますし
相談も出来ます、ひとりの男性に夢中になり他人が見えなくなるのが
最悪のパターンだと思います。まだお若いのですから、誠実で人間として
良い男をとは?どんな行動をするのか?考えて観察して、
ひとりでは心許ないなら色んな友人の意見を取り入れて、
男性を選ぶ眼を養ってみたら如何でしょう。

故事曰く「己を知り、敵を知れば、百戦危うからず」と言うことです。

お節介ながら、お礼の疑問にお答えしますと、

> これは、幼少期のときにということでしょうか?
そうだと思います。

> 父の愛、兄弟の愛が足りなかったから、母との信頼関係が崩れたということですか?
そういうことはありません、元々に父や兄弟は存在しないのですから、
父・兄弟の愛に関わらず、母との関係は親子の二人の間の関係です。
そこに元からなかった愛の不在を感じることは、普通にはあり得ません。

(子どもに限らず)人間は愛が欲しい生き物です、
特に親の愛情は子どもの「心の栄養」と言われています、
欲しいときに親からの心の栄養が十分でないなら、幼い子どもは
「親が悪い(他罰的傾向)」や「自分が悪い=愛される資格がない(自罰的傾向)」の
傾向がつよくなります、心の栄養失調が余りに過ぎると、成長してから
「他人を信じられない」とか「自分を信じられない」とかの要素が強くなり、
 (中には、両方の要素を強く持つ人も多くいます。)
ここに倫理観の希薄さや誤った価値観が重なると、
前者では、最悪の場合「殺人者」後者では「自殺」という結果を引き起こします。
「他人を責めるまたは、自分を責める」このことが人間不信の正体と思います。
このふたつの考え方では、問題は解決しません、子どもの頃なら考えも幼いので
この考えに逃げ込むしか生きる方法が無かったのですが、問題なのは、
大人になってもこの幼い解決方法を自動的に使い続けた結果、
孤独に成って行く可哀相な人達がいるということです。
これは、eco39さんの事ではありませんのでどうぞ心配なさらずに(笑)

> 裏切られない何か、を人間に対して求めることは可能なんでしょうか?

No.1 の回答者さまの論は、何を意図してなのかは、私には判断できませんが、
「裏切り」と感じる為には、そこに何らかの約束や期待があっただろうと思います。
その「約束」は確約なのでしょうか?伝えてあるのでしょうか?
双方の了解事項なのでしょうか?
「人は皆、自分が基準です」しかし。いつも「他人には他人の基準」があることを
無視したり忘れてしまっています。「裏切り」と解釈する一歩前にもどって
どのような「約束」を取り交わしたか、考えて見ては如何でしょうか?
そして、信じる強さは、『相手に期待しない・依存しないで信じること』です。
これは、親の愛、母の愛によく似ていると思います。


※交流分析にエゴグラムという心理テストがあります、
 これがすべてではありませんが、自分を知る為の一助となると思います。
 検索しても色々なエゴグラムテストが出てきますが、参考URLを貼っておきます。

参考URL:http://www.sinritest.com/ego-test.html

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所...続きを読む

Q息子が将来人格障害者にならないようにするにはどうすればいいですか?

現在夫とは別居中。夫は境界性人格障害の疑いがあります。
子供は2人おり、上の子が5歳、下の子が2歳です。

上の子は元来手の掛かる子で、1歳半頃からこだわりの強い性格が出始め、周りが振り回されることがよくありました。例えば、スプーンやお皿などあてがわれたものでは満足せず、いつも本人に選ばせないと癇癪を起こす。喜ぶと思い公園へ行こうと誘うと「行きたくない」といい、時間が経ってもう公園に行くには遅すぎる時間になってから「行きたい」と言い出し、挙げ句もう今日は無理だからまた今度ねと言うと「行きたかった」と号泣するといった感じです。

ここまでは子供によくある行動だと思うのですが、最近叱られたり嫌なことがあると逃亡しようとしたり、「僕のこと嫌いでしょ」や「死んでもいいんでしょ」、「僕は悪者」「いないほうがいい」などと口走ります。

母親である私がいないとダメなくせに、こちらから抱っこなどしようとすると抵抗します。幼稚園の先生などには従順でいい子です。

夫も子供が生まれてから私の夫への愛情がなくなったと感じているようで、自ら選んで半年ほど前から家を出てひとりで生活しています。
子供とは週に3、4日は顔を会わせています。

夫は感情をコントロールできず、所構わず大声を出したり、感情的になり、自虐的な行為をすることがあります。
子供への影響も心配なので、私としては別居には肯定的です。
復縁のつもりもありません。

今の息子(5歳)を見ていると、夫を見ているようで将来が不安です。
夫は生きることに必要以上に苦しんでいるようで見ていても不憫です。
息子には人生に幸福感を覚えられる人間になってもらいたいです。

私は息子にどうしてやれば良いのでしょうか?
何か良いアドバイスがあればお願いいたします。

現在夫とは別居中。夫は境界性人格障害の疑いがあります。
子供は2人おり、上の子が5歳、下の子が2歳です。

上の子は元来手の掛かる子で、1歳半頃からこだわりの強い性格が出始め、周りが振り回されることがよくありました。例えば、スプーンやお皿などあてがわれたものでは満足せず、いつも本人に選ばせないと癇癪を起こす。喜ぶと思い公園へ行こうと誘うと「行きたくない」といい、時間が経ってもう公園に行くには遅すぎる時間になってから「行きたい」と言い出し、挙げ句もう今日は無理だからまた今度ねと...続きを読む

Aベストアンサー

2児の母親です。

私自身が9年くらい前、境界性人格障害(以下ボーダー)の診断を受けています。
1年間くらい、日本でのボーダーの一人者に診察・カウンセリングしてもらっていました。

まわりにボーダー患者がたくさんいましたが、私から見ていると、「性格に起因している人」と「後天的に要因があって発症した人」がいるようです。
もともと感情の振幅が激しく自分自身をコントロールできない等ボーダー特有の性格を持って生まれついた人と、虐待あるいは過干渉・いじめなど「生きてきた過程」で要因が生まれた人と。

もちろん後者のタイプであっても、性格的に生きづらさや自己評価の低さ(ボーダーになる性質)が根底にある人が発症するのだと思います。
私自身、後者のタイプでしたが、小学生の頃には「出来れば生まれてきたくなかった」「生きていることがつらくてつらくてたまらない」「もう二度と生まれたくない」と感じていましたから。

私の場合、発症のきっかけは20歳の時に突然大病を患い手術を受けたことでした。
18歳の時に、親に進路を反対され、自分で学費を稼ぐためにキャバクラでバイトをしていました。
その時の苦労・病気によって未来の選択肢が狭まってしまったこと・同世代の子が楽しそうに輝いている時に私は病院に閉じこもっていなければいけないこと…様々なショックや不公平感を自分の精神力では乗り越えられず、子供の頃からの「生まれたくなかったのになぜ私を産んだの」という不満が爆発し、親に対して感情をコントロールできなくなりました。
そこからは自殺未遂の繰り返しでした。

私の場合は「きっかけ」があったので、ある程度「収束」していきました。
身体的な病気が完治し、学校に戻ることが出来、友人達に歓迎され、希望の仕事に就くことができ、恋人や子供にも恵まれ…それである程度「気が済んだ」という感じです。

それでも、人生に幸福感って…難しいですね。
私は愛する人と結婚し、2児を産み育てていますが、心の底から幸福感を抱いたことは人生で一度もありません。
「生きていること」「自分に感情があること」それだけで空虚感に覆い尽くされ、苦痛に打ちのめされてしまいます。

なんていうか…「当たり前に生きる」ことが出来ないんです。
精神世界を説明するのは難しいですが、単に死ぬまでの時間潰しをしている感覚で、積極的に「楽しい!もっと生きたい!」と感じたことは一度もないです。
ボーダーでの通院が必要だったのは1年程度だったので軽い方でしたが、もともとそういう性質なんですね。


>「僕のこと嫌いでしょ」や「死んでもいいんでしょ」
>「僕は悪者」「いないほうがいい」

これは決してお母様の愛情不足が原因ではありません。
旦那様が「もともとの性格に起因するタイプ」だった場合、息子さんがその性格を受け継いでいる可能性はあると思います。

ただ、ボーダーに「こだわり」という一面はあまりないので…この面がボーダーの症状である可能性は低いと思いますね…。
大人であれば、「自分が生きていく理由を『自分以外』に見出し依存する」という方法でしか生き抜くことができない患者も多く、そういう感情から依存症になる人はいるようですが。


よく言われたことは、「ボーダーは魅力的な人間が多い」ということです。
太宰治や尾崎豊やマリリン・モンロー、ダイアナ妃などもそうですが、有名人には多いようです。
私がまわりの患者さんを見ていても、美人で優秀で有能で、おしゃべりやメールの文言も他の人とちょっと違って「人目を引くもの・印象に残るもの」で、洞察力や想像力があって…プライベートでの感情の振幅の激しさを見なければ、社会生活の中では魅力に溢れる方ばかりでした。

何も知らない周囲からは「幸せいっぱいで恵まれた人」と判断され、自分の内面の苦しさに気付いてもらえず、そのギャップで更に追い詰められる…ということもあると思います。

ボーダーは病気ではないので、「社会性」を保てる人が多いですから、旦那様が質問者様に当たってくるということは「まだ身内」という甘えが存在しているのでしょうね。
ボーダーの主症状である「見捨てられ不安」が強く、「見捨てられる前に見放してやれ」という気になっているのかもしれませんね。
でも旦那様は大人ですから、罵倒されても未遂されても適当に聞き流して、あとは医者に任せておけばいいと思います。

息子さんは口では色々言っていても、お母様が「絶対的な味方」であることを肌で感じているはずです。だからこそ抵抗し振り回すのです。
幼稚園の先生には従順というのは、やはり「他人」と知っているからではないでしょうか。

「死んでもいいんでしょ」と言われたら、「何言ってるの。お母さんはこんなにあなたのことが大切なのに」と抱きしめてあげればいいと思いますよ。
正直なところ、お子さんにボーダーの性質が強い場合、空虚感を「外」からの働きかけで埋めることは難しいと思っていますが…でも母親の愛情は確実に伝わります。

具体的な対策を求めてご質問されているのに、回答になっておらず申し訳ありません。

2児の母親です。

私自身が9年くらい前、境界性人格障害(以下ボーダー)の診断を受けています。
1年間くらい、日本でのボーダーの一人者に診察・カウンセリングしてもらっていました。

まわりにボーダー患者がたくさんいましたが、私から見ていると、「性格に起因している人」と「後天的に要因があって発症した人」がいるようです。
もともと感情の振幅が激しく自分自身をコントロールできない等ボーダー特有の性格を持って生まれついた人と、虐待あるいは過干渉・いじめなど「生きてきた過程」で要因...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Q自己愛性人格障害とおぼしき人が職場にいます

この4月より働き始めた者です。

同じポジションで仕事をする先輩が、自己愛性人格障害とおぼしき人で、非常に対応に苦慮しています。具体的には、私の仕事ぶりについて、攻撃してきます。
初めの1週間は普通に仕事を教えてくれていましたが、2週目からは、私の仕事について粗さがしをして(濡れ衣まで着せ)、人前で攻撃してくるようになりました。
(周囲はそのことにうすうす気付いています。しかし、相手が尋常な人でないために、何もしないようです。)

前任者と連絡をとることができる状況のため、その先輩のことについてくわしくきくことができました。
前任者によると、その先輩は、自己愛性人格障害といった症状をもつ人のようです。
(知恵袋などで、その障害について調べてみましたところ、その症状はまさに私の先輩に当てはまり、その障害を持つ人と接している人の苦労は、まさに私の苦労と同じでしたので、あながち間違いではないのだと思います。)

このような自己愛性人格障害の人が職場にいるとき、周りはどう対応したらいいのでしょうか?
私の場合は、管理職が頼りにならないケースです。
(管理職がなぜ頼りにならないのかというと、管理職が実際使えない人であることと、つきつめれば、会社にとって私たちのポジションは、会社の中で重視されていないポジションだということだと思います)

よろしくお願い致します。

この4月より働き始めた者です。

同じポジションで仕事をする先輩が、自己愛性人格障害とおぼしき人で、非常に対応に苦慮しています。具体的には、私の仕事ぶりについて、攻撃してきます。
初めの1週間は普通に仕事を教えてくれていましたが、2週目からは、私の仕事について粗さがしをして(濡れ衣まで着せ)、人前で攻撃してくるようになりました。
(周囲はそのことにうすうす気付いています。しかし、相手が尋常な人でないために、何もしないようです。)

前任者と連絡をとることができる状況のため、その...続きを読む

Aベストアンサー

つい最近似たような状況になった通りがかりの者です。
私の場合は自己愛が人事異動で飛ばされてなんとか被害は少なくすみましたが。
自己愛はどのようにしても、直りません。(反省という脳の中の回路がない)
ターゲットになった相手を徹底的に(嘘も当然つきます)潰すまで、攻撃は止みません。
誰かを貶めないといられない人格なのです。
他人に迷惑を掛けるのだから、いっそ精神病院にでも強制入院でもできれば良いのですが・・
彼らが精神科を受診するのは、逆に追い詰められたとかのときに、うつになるときだけで、精神科医も
人格障害者は治療不能であるため、日本ではそういったものはないとかいって逃げます。
なので手の施しようがない・・

同僚、上司も自分が直接被害にあってないと 多くの人は傍観者です。

一番いいのは、視界に入らないような状態(物理的に隔離)あなたか、自己愛が所属替になることですが
・・・・
実際、なかなか難しいです。

自己愛は存在を無視されるのがたまらないのですから、あからさまに無視したり、
自己愛の噂話をするふりなどして自己愛を徹底的に逆に挑発して、手を出させて、刑事事件にでもするしかないですねえ(間違ってもあなたが手を出さないように)
後、自己愛と会話するときは必ずボイスレコーダーで録音するとかして
後々キチガイの証拠をストックするとかしといたほうが良いと思います。

つい最近似たような状況になった通りがかりの者です。
私の場合は自己愛が人事異動で飛ばされてなんとか被害は少なくすみましたが。
自己愛はどのようにしても、直りません。(反省という脳の中の回路がない)
ターゲットになった相手を徹底的に(嘘も当然つきます)潰すまで、攻撃は止みません。
誰かを貶めないといられない人格なのです。
他人に迷惑を掛けるのだから、いっそ精神病院にでも強制入院でもできれば良いのですが・・
彼らが精神科を受診するのは、逆に追い詰められたとかのときに、うつになるとき...続きを読む

Q本当に愛した人が人格障害ならどうする?接し方は?

夫は下記症状が見られます。妄想性人格障害の症状そのものです。

・周囲の人に対して、自分を出し抜こうとする、だまそうとする、
陥れようとするなどと常に警戒して疑っています。
・他人の親切に疑いを持ち、親しくうち解けにくく、拘束を恐れ集団に属するのを嫌がります。
他人からは、気むずかしく、秘密主義で、尊大な人間だと思われたり、
ユーモアや楽しむといった能力に欠けているように思われがちです。
・異常なほどの猜疑心から、ちょっとしたことで相手が自分を利用していると感じます。
さらに、病的な嫉妬深さで恋人が浮気していると信じ、その証拠を探し続けようとします。(病的嫉妬)
・頑固で非友好的で、すぐ口げんかをしやすいという性質があります。
・人の弱みや欠点を指摘するのは得意です。しかし、自分のことを言われると激烈に腹を立てます。
・自分の権利や存在価値を過剰に意識し、権威に対しては異常な恨みを抱きます。
・新しいものに対しても非常に警戒をし、なかなか受け入れられません。(好争者)
・強い自負心があります。
内心では自分には非凡な才能があり、偉大な業績を残せると固く信じています。
この自負心によって、自分が才能を発揮できていないのは
他人が邪魔をしているためだと妄想的な確信を抱いています。
そして、この自負心には、敏感性もあり、ちょっとしたことで
「裏切られた」だの「だまされた」だの叫びます。(敏感者)

なのでことある事に拒絶され、独りにしてくれ。ほっといてくれ。と言いカラに閉じこもります。
この性格が原因で、結婚後も別居婚が続いています。

周りは皆、病気だから離れた方がいい。と言います。
でも私は「病気だから」という理由で離れることがどうしてもできません。

彼は「離婚してくれ。構わないでくれ。」とさんざんスイッチが入ると言いますが、
数日して落ち着くと、「皆俺から離れて行くのに、そばにいてくれて嬉しい。ありがとう。
本当はそばにいてほしくても、どうせ皆離れて行くなら、自分から嫌われた方が楽だと思って
本心とは違うことを言っちゃうんだ・・」と言います。

人格障害かどうかは病院に行っていないので正確には分かりません。
病院に行くことは彼は拒みます。

相手が人格障害の場合、周りは振り回され自滅する。と聞きます。
でも離れてしまったら、彼はずっと独りなんでしょうか?
スイッチが入らなければ、とても優しく良い人です。とても純粋な人です。

私達は再婚同士なので子供達がいます。
彼はこの人格障害が原因か、仕事は長続きしません。
でもとても家庭的です。
なので私がいわば夫の役割をして、彼や子供達を養っていければ。と思うのですが。

周りは今の夫とは別れて新しい人生を歩んだ方が。もっと幸せにしてくれる男性は
この世に沢山いるのになんで?と言います。

彼は両親も他界し、兄弟とも不仲、親戚からもはじかれています。
勿論それは彼のこの性格からだと思います。

本当に愛してる人が人格障害なら、どうしたらいいのですか?
また、「独りにしてくれ。ほっといてくれ。会いたくない」と始まったら、ほっとくべきですか?
それとも「あなたが何と言っても離れて行かないよ」と独りにしないべきですか?

人格障害の人とのかかわり方が本当に分からなくなってきました。

夫は下記症状が見られます。妄想性人格障害の症状そのものです。

・周囲の人に対して、自分を出し抜こうとする、だまそうとする、
陥れようとするなどと常に警戒して疑っています。
・他人の親切に疑いを持ち、親しくうち解けにくく、拘束を恐れ集団に属するのを嫌がります。
他人からは、気むずかしく、秘密主義で、尊大な人間だと思われたり、
ユーモアや楽しむといった能力に欠けているように思われがちです。
・異常なほどの猜疑心から、ちょっとしたことで相手が自分を利用していると感じます。
さらに、病...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
夫がアスペルガーと診断されたものです。たまたま発達障害に詳しい先生にめぐり合い診断されましたが専門医でなかったら自己愛性人格障害と診断されていたかもと言われました。

>離れてしまったら、彼はずっと独りなんでしょうか?

離婚を視野に入れている私もこのことが気になりましたがうちの夫の場合たぶん違う依存できる誰かを連れてくると思います。

ご主人はわかりませんがこのようなタイプの人々は依存して行かなければ生きてゆけないのだと思います。
うちの場合は夫が愛しているのは自分だけです。私を愛してるといいますが私自身を愛しているのでなく依存させてくれるひとだから愛しているんだと気づきました。
つまり「愛」ではなくて「依存」です。
どうしても添い遂げたいなら「妻」は捨てて「援助者」になるしかありません。
ずっと子供のためと思い我慢していましたが夫と普通でない形態の結婚生活を送ることは子供達を何らかの人格障害者にしてしまうかもしれない可能性を感じ離婚に向けて準備しています。

NO.12のかたの

>人を愛する能力が薄く、自己防衛で固まっているという点です。不安定で自分も辛い心持の中で本人も決して幸せ感は持ちません。けれども、それ以上に周りの人が煮え湯を飲まされるケースが余りにも多いと思います。

本当にそんな結婚生活でした。あなたは違いますか?目を開けて現実を見てください。

このような障害の人の配偶者もまたアダルトチルドレンやADHDなどの障害者が多く「共依存」という形で夫婦がつながってる場合があるそうです。
ぜひご自分自身も振りかえられてはいかかがですか?

気持ちがなくなっての離婚はもちろんですが気持ちが残っていても離婚を選ばざるおえないこともありますよ。

こんにちは。
夫がアスペルガーと診断されたものです。たまたま発達障害に詳しい先生にめぐり合い診断されましたが専門医でなかったら自己愛性人格障害と診断されていたかもと言われました。

>離れてしまったら、彼はずっと独りなんでしょうか?

離婚を視野に入れている私もこのことが気になりましたがうちの夫の場合たぶん違う依存できる誰かを連れてくると思います。

ご主人はわかりませんがこのようなタイプの人々は依存して行かなければ生きてゆけないのだと思います。
うちの場合は夫が愛しているのは自分...続きを読む

Q妻が境界性人格障害ではないか?と悩んでいます。

はじめまして。
39歳の夫です。

結婚して3年になり、先月、子供も産まれましたが妻が境界性人格障害ではないか?と悩んでいます。
妻も39歳でお互い再婚です。

結婚当初、妻とのケンカもお互いの意見の違いと思っていましたし、妻が強烈に頑固なんだということも知りました。普段おっとりした性格で、誰からも天然ボケで愛されるキャラですが、一旦怒りだすと、時間が経っても怒りは静まらず、激しいケンカに発展していました。

結婚して半年経つと、ケンカの際、妻は自殺を見せ付けるような行動を取るようになりました。
ケンカの途中でベランダに走り乗り越えようとしながら「オラー!見てろー!飛び降りるぞー!」と叫ぶこともありました。
ケンカの原因ですが妻の言い分では、全て私にあるそうです。
「私には優しくしてくれないのに、私以外の女に優しい」「メールの返信が遅い、他の子には早いのに」っと、良くある嫉妬のようなものが殆どでしたが、それ以外で自分の意見が通らない、軽く注意されると言うことでも不機嫌になり、発狂していました。
たまたま、トイレが流れていなかったので「流れていなかったよ。」というと、不機嫌になり「流れが悪いから便器を交換しろ!」というので、「まずは、できることからで流れたか確認しようね。」というと、怒りが爆発しました。これも私が妻を不安にさせたことが原因だそうです。

不機嫌になる、怒るのは良しとして自殺を見せ、発狂するまで収まらないのは異常と思い、平常時の妻とも随分話し合いましたが結果として私に改善を求めます。
私も改善するから妻にも「怒る前に一呼吸おいてね。」という話をすると「それで怒ったら、やっぱり出来なかったと攻められるから、私は約束できない。」と言います。

このようなことは、最低月に1回起こりました。

心療内科にも行きましたが、改善はしませんでした。また、神頼みで除霊もしました。
その後、妻の妊娠のため精神科での検査等は出産後ということになり、高齢出産でもあるため、結果的に、私は無職になって家事の全てをこなし、妻の為に腰と顔のマッサージをする等、全力でサポートしてきました。
出産は、妻の実家の方が安心できるだろうということで、妻と一緒に妻の実家へ出産予定日一ヶ月前から居候することにしました。
妊娠中も私は掃除、洗濯はするようにしていました。
この間も、妻が発狂し、私の荷物を玄関から投げ捨てられ家を追い出される事もありました。

勿論、私も応戦し、幾度か妻を殴ることもありました。
殴った理由は「こんな子供要らない!生まれてきても不幸だ!」と言いながら自ら腹を叩いている時や、飛び降りをしようとしたとき、「子供には父親は要らない!」と言いながら殴りかかってきたとき等です。
一度は、殴り方が悪く鼓膜を抜いてしました....

出産後、産後の肥立ちもあるので一ヶ月検診が終われば東京へ戻り、ホルモンバランス等もしっかり検査して、この異常な怒りを治そうと約束していたので、なんとか頑張っていました。

それでも子供も無事生まれたのですが、先日、夜中にやっと子供を寝かしつけ、4時間の授乳、おむつ交換まで寝ようとした時、完全に寝入ったところで起こされました。
「腰と顔のマッサージをして欲しい」と言うのです。
寝入りばなを起こされ分けも分からない状態だったのですが、腰が痛いと寝れないだろうと思い、腰のマッサージをしました。ただ、本当に眠くて体が重くて、とても顔マッサージまでは出来ないと思い、「顔マッサージは明日にしてくれない?」と言うと、不機嫌になりました。
私は、そのまま寝てしまい4時間後の授乳、おむつ交換で起きました。妻は母乳をあたえ終わると不機嫌そうに、さっさと寝てしまいました。私は、母乳で足りない分のミルクを作り、与え、オムツを交換し子供を寝かしつけました。
翌日、「昨日はゴメン、顔マッサージするか?」と言うと「嫌々なら、しなくていい!」と切り捨てられました。正直あきれました.....
妻の怒りは納まらず、東京へ戻り、この異常な病気(?)をしっかり検査する約束をあっさり破棄しました。
怒りの原因が顔マッサージというのは、理不尽ではないか?っと応戦すると「腰のマッサージの仕方に誠意が無い。また、お前が原因なんだ。私が納得するまで謝り続けろ!」と言います。
妻のご両親も、もういがみ合うしかないのら離婚して欲しい様子です。
孫も居るし、ここは私に引けという状態になりました。

結局、私は妻を最大限にサポートするため暫く無職を貫き、妻の実家での生活もし、妻の為に一切の家事もこなしたのですが、生まれたばかりの子供とも引き離され、1人東京で、愛知の病院を探しています。
妻のご両親に病院を紹介し、妻を連れて行って検査をしてもらうためです。

私も、かなりヤバイです。
子供に会いたい.....

妻が何故、ここまでひどいのか?
原因が分かれば、治療もできるし、子供とも一緒に暮らせるはずです。
いろいろネットで情報を収集していると、これは境界性人格障害ではないか?と....

妻の実家、愛知県で境界性人格障害の診断のできる病院は無いのでしょうか?

宜しくお願い致します。

はじめまして。
39歳の夫です。

結婚して3年になり、先月、子供も産まれましたが妻が境界性人格障害ではないか?と悩んでいます。
妻も39歳でお互い再婚です。

結婚当初、妻とのケンカもお互いの意見の違いと思っていましたし、妻が強烈に頑固なんだということも知りました。普段おっとりした性格で、誰からも天然ボケで愛されるキャラですが、一旦怒りだすと、時間が経っても怒りは静まらず、激しいケンカに発展していました。

結婚して半年経つと、ケンカの際、妻は自殺を見せ付けるような行動を取るようにな...続きを読む

Aベストアンサー

2度目失礼します。no.9の回答の者です。

人格障害の診断の件ですが、私の夫は自分がおかしいとは全く認めないので、病院へ連れて行くこともできません。
なので、人格障害の(うちの場合は自己愛性人格障害の疑いありです)診断は受けていません。

ただ、思春期に入った子供達が次々とおかしくなって精神科に通うことになったので、その付き添いとして精神科に行ってもらい、子供を担当している精神科医に”子供の病状を説明する”という名目で夫と20分ほど会話をしてもらい、夫の様子を観察してもらいました。
正式な診察でなかったので、医者として病名(?)を口から出すことは出来ない状況でしたが、感想として「ご主人は社会全体に対して被害感を感じる人」「離れたほうがいいでしょうね」とコメントをもらいました。

奥さんは普段とおかしくなった時の差が激しいとのことなので、自分が診察される時には絶対本当の顔を見せないんじゃないでしょうか。

主さんは診断を受けることにこだわってみえますが、診断なんて医者によって違うし、患者のその日のコンディションによっても変わります。
診断=治療スタートではないと思います。また、治療を続けるには、奥さんの自主的な意思が必要です。治療を受ける動機は「困り感」ですが、それが奥さんにあるでしょうか?

診断が必要になるのは、離婚や親権争いなど、奥さんと関係を清算する時かもしれませんね。

あと気になったのが、「悪いことをすれば叩かれる」というフレーズですが・・・。果たしてそれはそうですか?主さんにとっては体に染み付いた常識かもしれませんが、自分からの一方通行の考え方、物の見方だと私は思います。本当にそれは正しいのか、考えてみていただきたいと切に願います。

人によっても状況によっても「悪いこと」の基準は変わります。戦争で相手をたくさん殺せば勲章ものですが、平常時に1人でも殺せば殺人罪です。人間の命の重みはどちらも同じなのに。

主さんにとっての「奥さんがした悪いこと」とは、何だったのでしょうか。妊娠中のお腹を叩いたことなどですか?
確かに、胎児にとって悪いことです。普通の母親ならそんなことはできません。
しかし、奥さんにはそうせざるを得ないほどの悪いことを主さんからされたという言い分があるかもしれません。悪いことをされたから叩いたという言い分があるかもしれません。

その言い分は、境界性の人なりの・・・きっと不条理なものなんじゃないかと思います。理由のない見捨てられ感だとか、思い込みの激しい誤解や被害感、そこから生まれる本当に不条理な憎しみなどなど・・・。

悲しいかな、人格障害の人たちはその不条理な感情の渦中にいて不条理さに気付くこともできないし、抜け出すこともできないのです。奥さんにとって先に悪いことをしたのは主さんということになっているかもしれませんね。それなのに主さんから叩かれたら、もう本当に憎む対象になってなってしまうんじゃないでしょうか。

奥さんからの暴力に対して、どうしたらいいかということですが・・・私もどうしていいかわかりません。
ただ、子供の家庭内暴力の場合、親は”逃げる”のがセオリーだそうです。
そして逃げて30分ほどたったら電話で「暴力を振るわれたら逃げざるを得ない。でも安心して。1週間(期間は状況による)したら様子を見に行くから」と告げ、何か相手から要求や謝罪があっても一切とりあわず居所も告げず避難し、言葉どおりに行動するんだそうです。

主さんも奥さんとの線引きが必要かもしれませんね。奥さんの要求にどこまで従えるかが本当の愛情ではありません。主さんがあんまりにも従ってくれるので、奥さんはさらに暴走するしかなくなって、かえって可哀想です。
奥さんは主さんを振り回して自分を満足させようとしていますが、本当の満足は人の振り回しからは得られません。むなしい負のスパイラルに陥るだけです。


主さんが、本当はどうしたいのかはっきりさせるといいかもしれませんね。
子供さんのことだけが気がかりなのか、子供を育てるための必要として奥さんを見ているのか、自分が独りになることが嫌なのか、それとも本当に奥さんというパートナーを必要としているのか・・・。

それによって対処の仕方も変わってきますね。

いろんなことを推測だけで書いてしまいましたので、違っている部分も多分にあると思います。それはどうかお許しください。そして、主さんが本当に「そうだ」と思うところだけどうか参考になさってください。

長文失礼しました。どうかお元気で。

2度目失礼します。no.9の回答の者です。

人格障害の診断の件ですが、私の夫は自分がおかしいとは全く認めないので、病院へ連れて行くこともできません。
なので、人格障害の(うちの場合は自己愛性人格障害の疑いありです)診断は受けていません。

ただ、思春期に入った子供達が次々とおかしくなって精神科に通うことになったので、その付き添いとして精神科に行ってもらい、子供を担当している精神科医に”子供の病状を説明する”という名目で夫と20分ほど会話をしてもらい、夫の様子を観察してもらいました。...続きを読む

Q妻は自己愛性人格障害でしょうか?

妻(50歳)との結婚して、1年が過ぎました。

問題が起こらなければ、愛すべき妻なのですが

一度、スイッチが入ってしまうと、振る舞いも口調も

別人になり、手が付けられません

スイッチが入る原因は、意見される・指摘される・自分の行動を制限される、が

主な理由です。

普段の生活の中では、芸能人、同僚、他人(道ですれ違う人)の容姿を酷評します。

でも、初対面や上司、特定の人に対してに愛想がよく違う妻を演じています。

異常に空気が読めません、他人の気持ちを読み取れないです。

いま何故?その行動?その発言?が多々あります。

自分が間違ってると言う発想もなく、謝れません。

自分が悪くても、謝罪を要求します。

我が家には、多くの生活ルールが存在しており

それは、妻、自身は棚の上にあげたルールです。

また、金銭にも異常な執着があります。

そして、他人に関心がなく(夫の私にも無関心)

「自分は、特別だ」とクチにします。

私が、妻と衝突しない為に、全てを受け入れ

意見や指摘をしなければ良いのかも知れませんが?

どうしても、意見や指摘が必要な場面が出てきます。

その結果、妻は激高し、私を罵倒し、その後は

自分の両親に報告し、親に私の非を指摘させるのです。

さすがに、我慢と気遣いの生活にも疲れが出てきました。

妻は、自己愛性人格障害なのでしょうか?

妻(50歳)との結婚して、1年が過ぎました。

問題が起こらなければ、愛すべき妻なのですが

一度、スイッチが入ってしまうと、振る舞いも口調も

別人になり、手が付けられません

スイッチが入る原因は、意見される・指摘される・自分の行動を制限される、が

主な理由です。

普段の生活の中では、芸能人、同僚、他人(道ですれ違う人)の容姿を酷評します。

でも、初対面や上司、特定の人に対してに愛想がよく違う妻を演じています。

異常に空気が読めません、他人の気持ちを読み取れないです。

いま何故...続きを読む

Aベストアンサー

ご近所に似たような女性がいます。
その人かと思うくらいの質問内容です。
年齢が違うので、別人かと思いますが・・・。

ご近所の女性、旦那さんだけに飽き足らず、
ご近所にあたりちらすので、
周りからはクレーマー扱いされ、避けられてます。
避けられたのに気付くと、
今後は長ったらしい名前の病気?になり、
同情を買うのに必死です。
ついには旦那さんも精神的におかしくなり、
夫婦そろって変人扱いされてます・・・。

そうなりたくなければ、しっかり厳しく操縦するか、
またはあきらめて放り出した方がいいです。
貴方の評価は落ちる一方ですから。
ちなみに病名なんて、それだけじゃ足りないだろうし、
言いだしたらキリがないので、
そこにこだわらなくてもいいと思います。

Q自己愛性人格障害 教えて下さい!該当しますか?

離婚する夫の事です。
6年間の結婚生活の中に共感される事がなかった。共感出来ない?と最近分かりました。

ここからほんの一例と、夫の特徴です。

17年振りに夫の送迎の為に再度運転講習を習って、都心を運転する私。
「怖いな~ドキドキする」に対して「何で怖いのか分からない」「ナビ見れば分かるだろ」
夜の運転の際も、眼が悪いので何度も見えないと言っているのに、全く理解してくれません
運転に余裕なく、ナビ見ても不安だから寝ないでと言っているのに、
助手席でガーガー寝てしまい、結果道を間違い大ゲンカ。
他人の不安や心配にも「全く分からない」と言います。

特に私の気持ちが全く分からないのです。
始めは夫は明るく協調性があり友達も多く印象がとてもいいので、度胸がある人で
ものおぢしない人だからなんだと思っていました。

一例ですが、私達が旅行で不在時に、義母や親戚を家に泊めると言い出すのです。 
家族なのに何が悪い?「妻は嫌だろうなぁ」という思考がないし想像も出来ないのです。
「えっ!」と驚く私が意地悪女扱いでした。

夫の友達や仕事仲間、自分の家族の失礼や非常識な事には全く気にしないのに
その失礼や非常識を、私が少しでも指摘したりすると、私の気持ちに同調や共感など
一度もなく、夫の友達を指摘した私に怒りを向ける6年間でした。

今まで、さまざまな事が凄く疑問で、私の気持ちには無頓着で理解されない事にも
違和感がありました。

また、夫婦で話し決める、さまざまな相談は一度もありません。
いつも中途半間に「決めて置いて」で、あーだ、こーだの話し合いはありません。

夫の兄に子供が生まれ、その子供のお誕生日プレゼントやお年玉を私が上げなかったと
キレる(これが離婚の火種の1つ)「どうする?」など夫からなく、気が付かない私が
気に入らないとの事です。子供の居ない私達で、生まれたばかりの子に、このような事を
する考えが無かった私です
夫から「プレゼントどうする?お年玉どうする?」などがあるのが夫婦だと思うのですが
そのような会話は一度もなく、私が一方的に批判され罵倒された。

無理やり駆り出されるお酒の席で、お酌をしない私を罵倒「家出て行け!」と怒鳴られました。本当に出て行った私、携帯の電源を切っていましたが、入れた途端から何十回も電話が
入り「言い過ぎた」と。その場で「お酌して」と、気が付かない私に言って済む事も
一切いいません。
で、ただその後キレて罵倒されていました。

私の状況は気にせず、深夜でも朝方でも何度も電話して来たり
出勤前の忙しい時でも、「何してるの?」と、電話してくる。
用も無いのに自分がしたければ何度も電話してくる。

自分に関係する事以外、無関心で私が立ち上げた仕事も何しているか興味なし。

結婚当初から毎朝コーヒーを飲む私。コーヒー味のモノが好きと伝えていても
アイス、ケーキ、飲み物等も、1度も好きなコーヒー味の物を買って来た事なし。
妻の好みを考えて買った来ないで、お土産を買ってきた事に自己満足している気がします。
私は何でいつもズレているんだろうと、思っていました。

私は18金などのゴールドが好き、プラチナやシルバーは好きじゃないと伝えているのに
6年間にくれたアクセサリーや時計は全てプラチナやシルバーでした。

・自分は何でも出来る
・褒められるのが大好。私にもっと褒めてと要求。仕事関係の人に賞賛されると異常に喜ぶ。
・仕事仲間からの批判にはいつまでも気にして落ち込む。
・先進国に学校を作る!老人ホームを作る!政治家になる
(出来そうですが、大きな事ばかり言うのが嫌でした)仲間と飲んでいると
 皆さん、まず家族の幸せを考えると言うのですが、元夫は
「俺は妻ひとりだから何とでもなる」と言って、大きな夢を語る。

・普通の人が気持ちいいと思う、タオルや洋服が気持ちよくなく、ザラザラしているモノが
 好き(これこの障害の特徴と読んだような?)
・常識の欠如(婚約指輪を知らない、言葉をしらない(舌足らずって何?○○って何?胃って 何の為にあるの?など「はぁ!」って思う事を言う)
 しかし、法律や政治、仕事関係の事などの知識は豊富

・自分の価値観と違う私をある日から突然罵倒し暴言(モラハラ)するようになる。
・価値観の違いを受け入れられない様子
・私の気持ちが分からないので、夫婦喧嘩の翌日や残業終わりの23時の帰宅時に
 自分達飲み会に誘って来る「嫌だろうなぁ・・・」と想像出来ない様子。
・同じ話を何度もする。「ご飯何にする?→和食にしようと決めても→ご飯何にする?と、
 決めた事も無かったように、また同じ話をする。

・伝えた事口頭でもメモでも、何度も聞いてくる。
・コロコロ話が変わる。
・仕事先の方に褒めらたり賞賛されると、嬉しくて私に報告してくる。
「俺凄い?凄い?」と聞いてくる、可愛いと思っていましたが・・・
・説明が下手でいつも1回で理解出来ない為、聞き返していました。
(説明に必要な事を全て話さず、ポイントしか言わないので、伝わってこないのです)

 
特に妻の私の気持ちの共感が出来ない。気持ちが分からないのです。
6年間いつも「何で?」「どうして?」と思う事ばかりでした。
ただ、明るいし面白いし楽しいし、友達多い子供の様に可愛い所があるなどの、夫の特徴から「変わった特徴で個性」と判断していました。

離婚する今、冷静に分析した時に、自己愛性これではないか?だから私の気持ちが
理解出来ないから、いつもズレを感じていたのだと思いました。
自己中心的である日突然前触れなく、キレ始め自分の気に食わない事に罵倒と暴言が始めり、私が過呼吸になっていても、ドンドン追い詰めて質問攻めです。
ディベートのように追い詰め質問するのです。

仕事が多忙で、伝えた事を忘れたりするのもあると思いますが、6年間共感された事は
ほぼないです。だから私は一番の夫に、さまざまな気持ちを伝えても満たされませんでした。

そんな時に自己愛性人格障害をしり、モラハラを感じ夫はコレではないかと思いました。
アスペルガーではないような・・・

全てに自己愛性人格障害の特徴に全てあてはまりはしませんが
上記からご判断していただけますでしょうか。

離婚する夫の事です。
6年間の結婚生活の中に共感される事がなかった。共感出来ない?と最近分かりました。

ここからほんの一例と、夫の特徴です。

17年振りに夫の送迎の為に再度運転講習を習って、都心を運転する私。
「怖いな~ドキドキする」に対して「何で怖いのか分からない」「ナビ見れば分かるだろ」
夜の運転の際も、眼が悪いので何度も見えないと言っているのに、全く理解してくれません
運転に余裕なく、ナビ見ても不安だから寝ないでと言っているのに、
助手席でガーガー寝てしまい、結果道を間違...続きを読む

Aベストアンサー

私は、特に障害児童の発達の研究職に就く者です。
彼に自己愛性はあるとは思いますが、人格障害の類いではないと思います。アスペルガーにも似つかない。
質問内容内だけをみれば、ADHDではないかと思います。大人のADHDの最大の特徴は、鉄壁な心の合理主義です。それにアダルトチルドレンが加われば、あなたの夫のような、ジァイアンが出来上がるのです。そして根本的には自己評価が低いので、他方からの評価を過剰に求めます。この、他方からの評価を過剰に求める部分が、自己愛性人格障害とそぐわない。アスペルガーでもない。アスペルガーの場合は、実論主義一辺倒です。
「共感性」を女性のものと、男性のものとに比較した場合。一般的に男性の方が遥かに低い。「共感性」を軸にして、女性から男性を見れば、殆ど全ての男性が障害者ですよ。そして、一般的な男性から一般的な女性を見れば、殆どの女性がADHD傾向を見せるんです。この質問文の内容は、ADHD同士の不一致とも言えます。多分、夫もあなたとの不一致を感じている。その不一致は、必ずしも一方の問題ではありません。
自己愛性人格障害の人も、相性によっては人を幸せにするし、発達障害者もそうなんですよ。機能とは固定されるものでは無く連続しているものだから、補い合う関係性があれば上手くやれるんです。
また、あなたは専門的な観察眼を持たないので、私が知ることが出来る、彼を評価する為の情報は、あなたの目を通したものでしかない。そこからは、あなたがどんな人間であるかということしか、結局分からないのですよ。

私は、特に障害児童の発達の研究職に就く者です。
彼に自己愛性はあるとは思いますが、人格障害の類いではないと思います。アスペルガーにも似つかない。
質問内容内だけをみれば、ADHDではないかと思います。大人のADHDの最大の特徴は、鉄壁な心の合理主義です。それにアダルトチルドレンが加われば、あなたの夫のような、ジァイアンが出来上がるのです。そして根本的には自己評価が低いので、他方からの評価を過剰に求めます。この、他方からの評価を過剰に求める部分が、自己愛性人格障害とそぐわない。アスペ...続きを読む

Q冷え切った夫婦の間で育つ子供

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、まともに取り合おうとしません。大の男が無視なんて・・・とはじめは怒る気持ちもあったのですが、夫に対しては何の感情もありません。
夫のように無視、一緒にいても見もしません。
本当に最悪の環境です。
修復なんて不可能のように思えるし、万に一つも夫と修復の努力をしてみたところで、その先に待っているものなんてあるんだろうかと空しさを感じます。

そんな環境の中、心配なのは、まだ幼い子供たちです。

夫も私も子供たちを愛しているのは変わりないので、子供たちのためだったら、お互い親としてすべき責任をきちんと果たそうと日々努めています。
夫は仕事熱心で、きちんとお金を家に入れてくれて、私と子供たちが生活に困ることなどありませんし、私も母親としてすべきことは、完ぺきとは言えないまでも、子供のことを一番に考えて、最大限の努力をしているつもろいです。
子供の前で罵り合いのけんかなどしません。
これくらいのことは、子供を持った人間なら最低限すべきことだとは思いますが・・・。

こんな冷え切った夫婦の姿を子供たちに平気で見せていることに、ものすごく苦しい思いをしています。子供は両親の関係を見て、いろいろなことを学んでいくと思うのです。夫婦でお互い愛情を持って思いやりながら、家庭を築いている両親を持った子供は、異性を思いやる気持ちを持った優しい人間になるのでは、そうでないうちのような家の子は、ひねくれてまともに愛情を表現できない人間になったり、将来家庭をもっても私たち夫婦のように冷え切った家庭になってしまうのでは・・・などと漠然と不安を感じ、子供たちに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そうはいっても家族が皆で一緒にいれば、私たち夫婦が無視し合っているだけで、私も夫も子供たちとは賑やかにしゃべったり、子供たちも好きなようにふるまって、父親や母親に甘えたり・・・と、今のところは大きな問題になっている様子はありません。
今は子供たちが小さいのでまだ救われているという感じです。

正直何度も離婚を考えていますが、子供たちがまだ小さいこともあり(未就学児)、離婚して、仮に私が子供を引き取っても、再就職も難しく、金銭的に不安なこと、夫が子供を引き取っても仕事をしながら、母親のような世話をするのは困難だろうこと、を思うと離婚に踏み切れないでいます。
夫も今は離婚することは考えていないようです。おそらく子供たちのことを考えてだと思いますが。

何より一番上の子供が、私たちの状況を薄々感じていながらも、お父さんもお母さんも一緒がいいと言います。

それでも、ときどき親の顔色をうかがったり、気を遣ったりしている様子がわかると、こんな小さい子に気を遣わせて、と親として情けなく子供たちがかわいそうになります。

夫にそれを言っても、頭ではわかってはいるでしょうが、私のことが心底嫌だという感情が理性で抑制できないようで、せめて子供たちのまえだけでも普通にふるまうことができそうにもないみたいです。

どうやっても行き場もなく、やりきれない思いで日々過ごしています。
こんな親に育てられた子供たちは不幸になるでしょうか?子供たちに申し訳ないです。
生活が苦しくても、離婚して、親の不仲を見せつけるような今の状況から脱したほうがいいのか、
子供なんてそのうち親から離れていくのだから、夫婦仲が悪く、親としての理想からはかけ離れていても、それまでは不自由なく育ててやるのがいいのか、どちらがいいものなんだろうと悩んでいます。

似たような境遇にある方、私たちのような親に育てられたという方の経験や、ご意見を伺ってみたいです。

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、ま...続きを読む

Aベストアンサー

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生まれ持った性質だと私は思います。

両親の不仲というものをどう捉えて育って行く子なのかはお子さん自身の力にかかっていると言えます。
食べさせ着せて教育を受けさせてもらえればとりあえず子供は育ちます。
それだけで親の存在価値はあると言って良いわけです。
両親の関係というものが人間形成に大きな影響を及ぼすことは否めないけれど、それでも夫婦協力しあって子供を育てて行くという事には変わりはないものだと思います。

お子さんがこの先いろいろな問題を抱えた時に「やはり夫婦がうまく行ってないからだ」という事に終結することなく、決して諦めず努力して行く態度というのが重要なのではないでしょうか。
昔は非行や不登校は家庭に原因があるものとされてきましたが、近年はそうとばかりは言えません。
何不自由ない家庭で育った子ですら様々な問題を抱えます。
夫婦の不仲を解消できないなら、その逆境のなかでも精一杯子供に向き合って行こうとする姿勢が大事なんじゃないでしょうか。
その結果として結婚を継続するか、離婚を選択するかも答えを出したら良いのじゃないでしょうか。

ご自身も、離婚のネックとなっている経済力にたいしての努力が必要と思います。
その必要があれば離婚という選択肢もある状況を作り出すことです。
離婚できないからしないのでなく、できるけれども選択しない、という状況で結婚を続けることがより健全な家族関係を築ける礎となるのではないでしょうか。
お子さんがある程度大きくなったら社会に出るという準備をすすめてみる事ではないでしょうか。

最後に、夫婦仲が悪い場合、その負担が子供に行く大きな原因となるのが母親の子供への依存です。
お子さんはおそらく両親の不仲を察知して自分が鎹になろうと、離婚を食い止めようと、必死に良い子を演じると思います。
その努力が功を奏して出来の良いお子さんになる可能性も高いでしょう。
そうなると知らずのうちに母親は子供を頼り心のよりどころとし依存してしまうようになります。
これは将来的に本当にお子さんの負担になりますので絶対に避けたいことです。
お子さんを成人させるまでが夫婦の責任と割り切るなら、子供が巣立った後はすっぱりと子離れして自分の老後の生活を確立しましょう。
その心構えを今からできるのなら、仮面夫婦も悪くないのではないでしょうか。

私自身も円満な夫婦に育てられてはおらず両親は熟年離婚しております。
夫の両親は不仲でこそありませんでしたが問題多き親で、早くに親元を離れた夫です。
そんな私達夫婦は、世間様に羨まれるぐらいの家庭を築けたと自負しております。
今年、結婚30年目。反面教師という親も、悪くないものだと思います。

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生ま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング