酒類関係の資料を見ていたら、課税移出数量という言葉がありましたので
どういった意味の数値なのか教えて下さい。

A 回答 (2件)

酒税法第6条1項に「酒類の製造者は、その製造場から移出した酒類につき、酒税を納める義務がある。

」とあり、また、第2条1項に「この法律において「酒類」とは、アルコール分1度以上の飲料を言う。」と、ありますので、
以上の文を解りやすく説明すると、お酒(1パーセント以上含有)は、工場を出荷する時点で酒税を課し、移出数量とは、税率の異なる酒類単位の課税標準の合計であると言えます。
例えば、ビールとウイスキー等は、税率が異なるため、全部合計して、酒税が算出できないため。

参照 六法全書
    • good
    • 1

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「酒税法」

ご参考まで。

参考URL:http://www.houko.com/00/FS_SE.HTM
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非課税仕入に対応する課税売上??

お世話になっております。

仕入控除税額の計算のため、以下4つの取引を把握する必要があるとおもいます。

課税売上に対応する課税仕入・・・飲食代など
非課税売上に対応する課税仕入・・・賃料など
非課税売上に対応する非課税仕入・・・土地売上など
課税売上に対応する非課税仕入・・・???
ただ、↑の売上って具体的にどんなものがありますでしょうか?
非課税仕入から形成される課税売上ってあんまり想像付かないです。
是非教えて下さい!(他の売上の勘定科目が間違っていても教えてください。)

Aベストアンサー

No.1です。すみません。補足です。

消費税でいうところの「売上」「仕入」というのは、一般的な「売上」「仕入」の概念よりも広いです。

「売上」=収入全般、「仕入」=支出全般 という感覚が近いです。
bepacmanさんのご質問で挙げられている例示を拝見すると、
この点を一般的な「売上」「仕入」の概念で捉えられているような気がしまして・・・
蛇足でしたら申し訳ありません。

Q発泡酒類の課税について

発泡酒類の課税について、教えてください。
現在は、麦芽の含有割合で税金が変わって(?)いるようですが、
どうして、アルコール度基準で課税されなのでしょうか。
P.S.自分でもいろいろと調べたのですがよくわかりません。
麦芽の割合で、税率が変わって、企業が努力しているのであるならば、
いっそ、アルコールの度合いでの課税区分であれば、わかりやすくて
平等で、企業も麦芽うんぬんの企業努力をする必要がないのでは?、
と思ったのです。

Aベストアンサー

(1)単純に税収入が減るから
ビールの酒税が高いことはご存じかと思います.アルコール度基準で課税されるとなるとビールの税率を下げざるをえずに税収入は落ちます.財務省はこれをおそれているのでは?
http://blogs.yahoo.co.jp/m2t1clsmobile/10820028.html
てか半分がビールだし.

補足:なぜ発泡酒が登場したあとに発泡酒の税率,さらには麦芽をほとんど含まれていない第3のビールまで課税したのでしょうか?ビールが落ち込んだ分を補うためと考えたら自然ですね.


(2)アルコール度数が低い悪酒が増える
もし,アルコール度基準が適用されるとなると,税負担をおさえようとしてアルコールが低い酒が増えるでしょう.アルコールの少ないウイスキー・清酒が増えるということになる可能性が高いです.これっていいこと?という話ですね.


(3)外国からの圧力
http://park8.wakwak.com/~jyokai/mt/archives/2005/09/post_396.html
> 仮に、アルコール度37度未満のウイスキーおよびスピリッツにも比例逓減税率の適用を拡大した場合には、欧米諸国では存在し得ない低いアルコール度数のウイスキーおよびスピリッツが、低い税額の適用を受けて低価格で商品化されることになる。このことは輸入品を不当な競争条件下に置くことになるため、諸外国から「国産品保護」や「貿易障壁」などといった非難が発生し、新たな国際問題に発展する公算が極めて強いと認められる。

ということで外国から「貿易障壁」といわれる可能性があります.実際ウイスキー・清酒の「級別課税」は大衆酒である焼酎は低い税負担になり,ウイスキーは高級酒なので高い税負担になっている,これは本場のウイスキーを差別している!とイギリスなどから圧力をかけられて1988年に「級別課税」を廃止させられたという事例があります.


てな感じで「アルコール度基準」は消費者にもわかりやすい制度ではありますが実際に適用すると抵抗勢力(財務省・蒸留酒業界の方々を始めとする)が存在するなど立ち消えになっている感があります.

ただ個人的にもビールの酒税はいくらなんでも高すぎだろうと思いますのでなんとか是正してほしいとは思っています.


P.S この文章は参考URLの本をもとにして書いています.よろしければ参考にしてください.

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0308/sin_k131.html

(1)単純に税収入が減るから
ビールの酒税が高いことはご存じかと思います.アルコール度基準で課税されるとなるとビールの税率を下げざるをえずに税収入は落ちます.財務省はこれをおそれているのでは?
http://blogs.yahoo.co.jp/m2t1clsmobile/10820028.html
てか半分がビールだし.

補足:なぜ発泡酒が登場したあとに発泡酒の税率,さらには麦芽をほとんど含まれていない第3のビールまで課税したのでしょうか?ビールが落ち込んだ分を補うためと考えたら自然ですね.


(2)アルコール度数が低い悪酒...続きを読む

Q免税事業者と非課税事業者

消費税では事業者免税点制度で課税事業者と免税事業者が出てきます。
消費税では非課税事業者という言葉がでてきますか、
その意味は?
免税事業者=非課税事業者、
免税事業者≠非課税事業者ですか!

検索したら
税法上、「非課税業者」という言葉はありません
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1556227

税制調査会-議事録・提出資料
http://www.cao.go.jp/zeicho/kaiken/kiso_b22.html
仕入れの段階で非課税業者とか免税業者が排除されることも可能になるんですが

村田守弘のブログ: 2007年1月 アーカイブ
http://www.muratatax.com/2007/01/
免税業者/非課税業者から仕入れについて税額控除

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-02-06/08_01.html
消費税についてはこれまで、年間売上高が三千万円以下の業者は非課税業者(免税業者)として

非課税事業者という言葉が実際には使用されています。
税法上、「非課税業者」という言葉はありません、
でよろしいですか、

消費税では事業者免税点制度で課税事業者と免税事業者が出てきます。
消費税では非課税事業者という言葉がでてきますか、
その意味は?
免税事業者=非課税事業者、
免税事業者≠非課税事業者ですか!

検索したら
税法上、「非課税業者」という言葉はありません
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1556227

税制調査会-議事録・提出資料
http://www.cao.go.jp/zeicho/kaiken/kiso_b22.html
仕入れの段階で非課税業者とか免税業者が排除されることも可能になるんですが

村田守弘のブログ...続きを読む

Aベストアンサー

法律の条文を検索してみたところ、消費税法には「非課税事業者」という語句も「免税事業者」という語句もありません。
一方、国税庁のパンフレット「消費税のあらまし」では、「免税事業者」はあちこちに出てきますが、「非課税事業者」はひとつもありません。
ですから、「税法上、どちらもない」が正解だと思いますが、国税当局は、免税事業者という言葉のほうをもっぱら使っているということのようです。
個人的には、「免税」も「非課税」も取引が課税されるかどうかについて使う言葉なので、消費税法第9条(小規模事業者に係る納税義務の免除)に該当する事業者については、条文のタイトルどおり、「申告免除事業者」というほうが正しいように思うのですが。

Q言葉の意味

預金の「払出し」と「払戻し」はどんな時に使うのかどなたかご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも預金から出金することを意味していますが
「払出し」は預金者が出金するとき
「払戻し」は預かっている銀行が出金するとき
に使用するのではないかと思います。

Q相続を放棄する者がいる場合の非課税額の計算

退職手当金,生命保険金の非課税額は、500万円*法定相続人の数。
○放棄をした人がいても、放棄がなかったものとしての人数。
○相続の放棄をした人は、非課税の適用を受けることはできない。
○各人の非課税額は、取得金額によって按分した額になる。

相続を放棄する旨、家庭裁判所に宣言したとしても、受け取ることができない訳ではない。
単に、相続税がかからないだけで、所得税がかかるだけのこと。

放棄をした者がいる場合の非課税額の計算についての質問です。

3000万円の相続で、放棄をする人がいなかった場合
非課税額は、500万円*3人=1500万円
相続人Aは,1200万円、Bは、1000万円、Cは、800万を受け取った。
Aの非課税額は、1500*(1200/3000)=600万円
Bの非課税額は、1500*(1000/3000)=500万円
Cの非課税額は、1500*(800/3000)=400万円

○Aが、放棄を宣言していた場合
非課税額は、500万円*3人=1500万円
相続人Aは,1200万円、Bは、1000万円、Cは、800万を受け取った。
Aの非課税額は、放棄をしているので、なし。1200万円が一時所得。
Bの非課税額は、1500*(1000/3000)=500万円
Cの非課税額は、1500*(800/3000)=400万円

しかし、これでは、非課税額(600万円)が無駄になってしまいます。
本当のところは、どうなるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

退職手当金,生命保険金の非課税額は、500万円*法定相続人の数。
○放棄をした人がいても、放棄がなかったものとしての人数。
○相続の放棄をした人は、非課税の適用を受けることはできない。
○各人の非課税額は、取得金額によって按分した額になる。

相続を放棄する旨、家庭裁判所に宣言したとしても、受け取ることができない訳ではない。
単に、相続税がかからないだけで、所得税がかかるだけのこと。

放棄をした者がいる場合の非課税額の計算についての質問です。

3000万円の相続で、放棄をする人がいなかった...続きを読む

Aベストアンサー

>孫は、法定相続人ではない。従って、孫に渡したお金は、相続税の課税の対象ではない。
>同じように、相続放棄した者に渡ったお金も、相続の課税の対象ではない。
>それぞれ、個別に贈与税の課税の対象と考えてよろしいでしょうか?

 死亡保険金の場合、保険契約者(保険料を払った人)、被保険者、受取人の組み合わせによって課税される税金が違ってきます。保険契約者及び被保険者が被相続人の場合、受取人が相続人でない孫であっても、贈与税ではなく相続税が課税されます。遺贈を受けた場合とパラレルに考えて下さい。
 保険契約者が孫、被保険者が被相続人、受取人が孫であれば、所得税(一時金であれば一時所得、年金であれば雑所得)が課税されます。保険契約者が孫の親、被保険者が被相続人、受取人が孫であれば、贈与税が課税されます。

>また、被相続人の死亡保険金の受取人が、相続放棄した者となっていた場合は、
>その放棄した者個人のものであり、相続の対象ではないので、頭から、相続税の課税の対象>から外れると理解して良いでしょうか?

 民法の問題と税法の問題は区別して考えて下さい。例えば、私が所有する不動産を相談者に時価の3分の1の売買代金で売却したとします。民法で言えば、これは紛れもない売買契約です。しかし、相続税法では、時価と売買代金の差額部分については贈与したものとみなして、相談者に贈与税が課税されます。民法の贈与契約ではないから、贈与税が課税されないというわけではありません。
 これと同じように、民法上、相続財産でないから、相続税法上、相続税の対象にならないという考えかたは誤りですので、注意して下さい。

>孫は、法定相続人ではない。従って、孫に渡したお金は、相続税の課税の対象ではない。
>同じように、相続放棄した者に渡ったお金も、相続の課税の対象ではない。
>それぞれ、個別に贈与税の課税の対象と考えてよろしいでしょうか?

 死亡保険金の場合、保険契約者(保険料を払った人)、被保険者、受取人の組み合わせによって課税される税金が違ってきます。保険契約者及び被保険者が被相続人の場合、受取人が相続人でない孫であっても、贈与税ではなく相続税が課税されます。遺贈を受けた場合とパラレルに考え...続きを読む

Q言葉の意味

今、夏休みの宿題という事で社会のレポートをやっているのですが、
新聞の記事で最近よくめにつく、
『希望退職制度』『早期退職制度』『終身雇用制度』『リストラ』
これらは一体どうゆう事なのでしょうか?
なんとなくは分かるけど,はっきりとした意味が知りたいです。
どれか一つでもいいので分かり易く教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

希望退職制度:
企業が人員削減をする際に、現時点で勤続年数に対する退職金よりも少し上乗せする
条件で退職者を募る事です。上乗せの割合は各企業によりまちまちです。

早期退職制度:
希望退職制度と似ていますが、こちらの対象は主に『勤続年数の長い高給取り』です。
「定年の時期を早めませんか?その時点での退職金割り増ししますから」って事です。
「早期優遇退職制度」と銘打って『退職後の再就職先の斡旋』もしてくれる企業もあります。

終身雇用制度:
「入社から定年まで会社が首を切ることは無いですよ」という制度です。
しかし、著しく規則を破ったり、会社に損害を与えた場合は例外もあります。

リストラ:
Restructuring(再構築)の略で「企業の体制を見直して無駄を減らしましょう」
と言うものです。
「リストラ=首切り」と言う風潮もありますが、「コストダウン」「新製品開発」
もリストラの一環と言えるでしょう。

以上、僕の理解している範囲なので「参考」って事で。。(^^ゞ

Q報奨金は課税?非課税?

会社の親睦会でボーリング大会を行ったときの報奨金10万円は非課税ですか?

去年は図書カードで非課税です。現金で渡すときも非課税でよいのでしょうか。

課税対象と非課税の分け方がわかっておりません。

無知な私にアドバイスをおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。

人事総務で実務を担当してきた者です。ご質問を拝見したら、思わず子供へのお年玉なども課税対象となるのかと思い…

また通勤交通費などは10万円までは非課税ですが、報奨金など、給与に反映するものなど様々あるかと思います。一概には言えない部分もあるかと思いますので参考URLなどをご参考にあらゆるサイトも他にたくさんあると思いますので参考になさってはいかがでしょうか?

参考程度にでもなれば幸いです。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/muraoka/kakutei11.html

Q経済効果という言葉に意味を教えてください

  良く阪神が優勝すると日本の経済効果はいくらとかってあの経済効果とはどのような事なのか?とその意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょっと補足します。
#1の方の説明にあるように、まずはあるイベント(阪神優勝)が直接的にいろいろなものの売り上げに貢献します。
次に売り上げの増えた企業は儲かりますし、そこに勤める人も残業代やアルバイトの新規雇用などでその恩恵を受けます。このイベントの恩恵で潤った企業/人たちは増えた所得の一部を消費に回しますので、イベントとは直接関係ないものの売り上げも増加します(波及効果)。さらにこの消費増加により潤った企業とそこに勤める人が。。。という具合に連鎖がおこります。イベントに伴う消費増加額を(波及効果まで含めて)すべて足し合わせたものが経済効果です。

Q研修時の交通費は課税?非課税?

給与時の交通費の考え方(課税、非課税)について質問です。

通常通勤交通費(車通勤)は、往復距離×@15円で出勤日数を計算し、支給しています。
片道6.5kmの場合、非課税交通費限度額は4,100円になると思います。

例えば15日出勤したとすると、15日×(6.5×2)×15=2,925円の支給となります。
この15日の他に、別の場所で研修があり、その分の交通費=電車代が別途3,000円かかったとします。

この場合、交通費を給与で支払うとすれば、2,925円+3,000円=5,925円となり、
4,100円非課税+1,825円課税、となるのでしょうか。
それとも、2,925円非課税+3,000円非課税=5,925円全部非課税となるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

研修に伴う交通費は通勤手当ではありません。経費処理される旅費交通費に該当します。通勤交通費2,925円は非課税限度内ですので、全額非課税になります。

通勤手当は各企業が独自に設定できますが、非課税限度額を越えた分は課税処理となります。

Q経済用語「市場」という言葉の意味と範囲について

経済の世界でいう市場と言う言葉は「金融市場」「証券市場」「株式市場」「債券市場」「デリバティブ市場」「資本市場」「実物市場」「清算市場」「貸出市場」「貸付市場」「購買市場」「売却市場」

色々ありすぎて、どういう意味・範囲なのか、どうやって使い分けていたり、どういう関連性があるのか、意味の違いは何なのかなどがはっきり言ってよく分かりません。分かりやすく教えて下さい。

市場と言っても、特定の場所を指す訳ではないことは分かっています。
また例えば、「半導体市場で当社は20%のシェアがある」という意味での「市場」の意味は、「世の中が欲している半導体の需要のうち、20%は掴んでいる」となんとなくわかります。

Aベストアンサー

 みんな「半導体市場」と同じような意味ですよ。

 例えば「証券市場で日本のシェアは20%である」ならば、地球上で行われている証券の売り買いの20%が日本において行われている、という意味です。

 質問者さんがおわかりでないとすれば、それは「市場」の意味ではなく、「市場」の前についている2文字のほうでしょうね。

 例えば、「売却市場」なんてありませんから、わからなくて当然です。「購買市場」も同様です。イメージがつかめないのは、市場ではなくて、「売却」「購買」なんです。

 売却や購買は、売買される品物がわかって初めてイメージできるものだからです。

 例えば"中古自動車"の「売却」市場というのはありえるかもしれませんが、売却が成立するということは購入も成立したことですから、それは中古自動車の「購買」市場デモあります。

 中古車の売却と購入は裏と表、同時に成立するものですから、売却市場でも購買市場でもなく、日本では「中古車市場」と呼んでいます。

 「日本の中古車市場で当社は20%のシェアがあります」なら、日本で行われている中古車売買の20%が、当社を介して行われている、という意味になります。

 なんとなくわかったでしょ (^_~;;


 「市場」の前に、不適切な言葉をつけるから意味がわからなくなるのですから、「市場」の前に正しい言葉をつければ、「市場」の意味も、なんとなくわかります。

 あるいは、「市場」の前についている言葉の意味がわかっていれば、「市場」の意味もなんとなくわかってきます。

 例えば、「デリバティブ」ってナニですか?

 それがわかれば、「デリバティブ取引」という意味もわかりますし、デリバティブ取引がなされる「市場」の意味もなんとなくわかってくること間違いなし、です。
 

 みんな「半導体市場」と同じような意味ですよ。

 例えば「証券市場で日本のシェアは20%である」ならば、地球上で行われている証券の売り買いの20%が日本において行われている、という意味です。

 質問者さんがおわかりでないとすれば、それは「市場」の意味ではなく、「市場」の前についている2文字のほうでしょうね。

 例えば、「売却市場」なんてありませんから、わからなくて当然です。「購買市場」も同様です。イメージがつかめないのは、市場ではなくて、「売却」「購買」なんです。

 売却...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報