親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

先日あじさいの苗的なもの(葉っぱだけでなくある程度花も咲いているもの)をホームセンターのガーデニングコーナーで購入してきました。そして、家に帰ってきてきて早速ベランダのプランターに植えかえました。
その日はなんでもなかったのですが翌日見てみると、花が上ではなく下向きにだらんしていて元気がなかったです。その日は「今日、寒かったからかな?」と思い様子をみてみることにしました。が、次の日に見ても同じ状況です!ましてや葉っぱまでもがしおれてきているようです!
植えかえたのがいけなかったのですか?
どうすれば元気になるのか教えてください!!

A 回答 (7件)

水やりには問題がなかったと仮定すると、二つ原因が考えられると思います。



1、)植え替えたこと。
ツツジなどならともかく花の盛りに植え替えるのはあまり良くないと思います。

2、)強い日差しに長時間あたったこと。
お住まいの地方がわかりませんが、日本列島のどこでも今咲いているアジサイは、冬場に温室で温度管理されて育ったものでしょう。
それがこの季節の強い日差しに当たるとへたってくることがあります。
ホームセンターではどんなところに置いてあったのでしょうか。
おそらく屋根のある直射日光が当たらないところにあったのではないですか。
仮に直射日光がまともに当たるところに置いてあったのなら、ホームセンターにまた見に行ってセンターの鉢は元気ということであれば、日差し以外が原因といえると思います。
たとえば植えかえたこと、水不足、などです。

対策としては、鉢がすっぽりつかるぐらいに水をはったバケツの中に一晩だけ入れておきます。
水に入れるのは鉢だけで葉の部分は出しておきます。
これで回復しなければ残念ですが、花と葉を数枚残るぐらいまで切り落としてしまいましょう。
あとは木が枯れないようにして、来年以降に期待するしかないでしょう。
どちらにしても日陰においた方が良いでしょう。

アジサイに限らず温室で育ったものはこれからの季節の強い日差しには弱いです。
ホームセンターにまだ売れ残ってあるとすれば、どんなところに置いてあり、今も元気かどうかが判断材料になると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

>ホームセンターではどんなところに置いてあったのでしょうか。
sbsb3636さんがおっしゃる通り直射日光があたらない、ちょっとしたビニールハウスみたいなところに置いてありました。
あれは直射日光を避けるためだったのですね!

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/02 02:35

動かせないのなら 寒冷紗で包んで 日光と風を和らげましょう



炎天でビニールで包んだら 煮えちゃいます(@_@)

この回答への補足

”補足”ではないんですがこの場を借りて皆さんにご報告を、と思いまして。
みなさんの回答のおかげでアジサイ元気になりました!
本当にありがとうございました。

補足日時:2009/05/06 01:56
    • good
    • 3
この回答へのお礼

煮えちゃいますか!
「寒冷紗」。初めて聞きました。検索してみますね。

2度のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/03 23:32

No2のGlestcherです。


アジサイは、水分をたくさん必要とする植物で、水を絶やさないようにしないといけないのですが、でも、土質としては水はけの良い土を好みます。
皆さんが言うように、植え替え時期としては良くないですね。
そのままにしておいて花が終わった頃に植え替えるのが良かったと思います。

↓ここが参考になると思います。
http://www.yasashi.info/a_00010g.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

水はけの良い土。今度土を購入する時は、その点も注意して買いたいと思います。

植え替え時期が悪かったですか…
購入した時にアジサイが元々入っていた鉢が小さかったし、こういうものはすぐに植え替えるものだと思ってすぐに植えかえてしましました;

2度のご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/03 23:30

日当たりのいいところにあるなら 室内の明るい半日陰に移す


半日陰とは 半日日向という意味ではなく 直射日光はささないが明るい場所

それでも回復しない 空中湿度を高く保てるようにする
透明なビニール袋で包む
直射日光厳禁
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>直射日光はささないが明るい場所
結構難しい条件ですね。プランターを置いてあるベランダは南向きなので昼頃からの直射日光をもろに受けているような…

>透明なビニール袋で包む
これは直射日光を避ける意味でやってはいけませんか?
ちょっと、アジサイを植えたプランターが大きく重めなので簡単に動かすことが出来なくて…
ビニールで包むことで直射日光を避けることができるとするなら助かるんですが…

お礼日時:2009/05/02 02:41

まあ原因は根から吸収される水分が不足している、という事です。


蕾が大きくなりつつある時や、花盛りの時期に植え替えは避けるべきです。水分を一番必要とする時期ですからね。
先日の寒さはあまり関係ないと思いますよ。むしろ花持ちが良くなるぐらいでしょう。雪や霜をかぶったとかならば影響はあるでしょうが。
もし花時に植え替えるとすれば、根土を崩さず、根を傷つけず細心の注意をはらわねばなりません。そのまま大きな鉢にそっと植え直してやるぐらいですが、それにしてもすぐには少しでも直射日光に当たるのは避けなければいけません。花後まで日陰で管理します。

今日などは晴天で暖かく乾燥した日でしたが、拙宅では水遣りは朝夕2回必要でした。当方は暖地で、蕾も段々と大きくなりつつはなっていますが。
アジサイは水をよく吸う植物ですから、もう少し水遣り回数を増やしてみましょう。花時は土が湿っているぐらいでかまわないと思います。
あと日陰に置いて管理してみましょう。
それでもダメなら葉の数を減らしてみて、花も早めに切り上げた方が良いでしょう。剪定は花の有無にかかわらず、頂部から2~3節ほど下の葉の上で切って葉を減らします。
水遣り回数だけで解決すれば良いのですがね。
なお植え替えは花後か、秋も深まったあたりがよろしいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>根土を崩さず、根を傷つけず~
↑は大丈夫だと思います。買ってきてプランターに移す時に、入っていた鉢の形ごと綺麗にカパッととれたので、根には触れていません。

水やりだけなら簡単なので、回数を増やしてみますね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/02 02:31

土が合わないか、根に肥料や石灰が直接触れているといったことはないでしょうか?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>土が合わないか~
あじさいにあった土とはどのような土なんですか?

肥料は苗から少し離れたところにさしてあります。

お礼日時:2009/05/02 02:25

こんばんは



植え替える時期でないような気がします
http://www.isikosi.miyagi-fsci.or.jp/guide/event …

ただ一時元気がなくなることもあるみたいです
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
下のURLでベストアンサーの回答者さんが「びっくりして萎れただけです」と書いてあったので、自分のもそれだと良いのですが…

お礼日時:2009/05/02 02:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紫陽花を植えるのに適した場所は

庭にぜひ紫陽花を植えたいと思っています。
その場所なのですが、下記のどちらが適しているのでしょうか?

・東~東北東・・・東側は、拾い畑のため、障害物がなく、そのため風当たりは強いかもしれません

・南西~西南西・・・午後になると西日があたります。

南側も空いているのですが、他の植物を植えるため、
上記のどちらかに植えたいと思っていますが、どうでしょうか?

日光があたりすぎてもよくないと聞きました。
しかし、今日のテレビ「金スマ」では、南西に植えるといいいみたいなことを言っていたような・・(家相的に?)

また、他に紫陽花を植えるために、気をつけるようなことがあれば教えてください。
植えたいと思っているのは、青い紫陽花です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

紫陽花は、乾燥だけに気を付ければ直射日光は心配ありません。
神奈川県の開成町では紫陽花農道という観光の名所がありますが、ほとんどが全く日光をさえぎる物の無い道路脇に植えられています。
ただ、原種の紫陽花は半日陰で育つ物ですから、強い日差しは必要無い事はたしかだと思います。
それと、日差しが強いと花の保つ期間が短くなると聞いています。
もっとも、開成町の例では1月程度は大丈夫のようです。
日陰なら、花の一部は色が抜けるだけで冬まで枯れませんが…
(でも、色の抜けた花は見ても楽しくないです)

花の色は、土のアルカリ性/酸性が大きく影響します。
同じPHなら、栄養分はほとんど関係しません。

Qあじさいがしおれて茶色くなってきた!

以前も↓であじさいについて質問させてもらった者です。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa4919245.html
またあじさいに異変があったので質問させてください。

上のURLにあるように、しおれていたあじさいは場所を引っ越したら元気になりました。
しかし、ここ数週間の間にまた花がしおれてきました。以前は、全部の花がしな~としていて元気がなかったのですが、今回は元気なのと元気じゃない花にわかれる様になりました。
そして、元気な花もあるんだからと思い様子を見ることにしたら花は散るわ、真ん中の蕾らしいものは茶色くなるわと大変なことに!

ケータイで撮った写真も載せるのが状態をすぐに把握してもらえて良いと思うんですけど、画像を載せたことがないのでやり方が分かりません><すみません。


これの原因と解決策を教えてください!もう間に合わないかもしれませんが…
一回引っ越してそこでしばらく元気だったから場所が悪いってことはないですか?
お水は朝夕とあげてます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実はこの青アジサイは挿し木してから2年目の株です。
一昨年の7月に挿し木して約1ヶ月後に7号駄温鉢に2本ほど鉢上げしました。
鉢が少し大きいかなと思いましたが、施肥したりしてなんとか順調に育ち、去年の6月までには1mぐらい成長し、花も4輪ばかり咲きました。
花後に根土を半分以上落とし、8号駄温鉢に植え替えして剪定しています。
今年の4月下旬に根詰まりしていることが判明し、9号駄温鉢に根土を崩さないように注意して植え替え(鉢増し)し、現在に至っています。

なぜこの様な事を記述したかといえば、貴方にアジサイの成長スピードの早さを理解してもらうためです。
挿し木して翌年には大きく成長し花まで付ける、このような植物も稀です。
根も古い根よりも新しい根の方が、水分や養分をより多く吸収してくれます。
従って植え替え時は、古い根は1/3から半分は取り除き、新しい根が多く生えるように鉢内のスペースを設けてやった方が、アジサイの生長のためには良いのです。
根をいじられるのを嫌う植物もありますが、アジサイはヒゲ根の細根だから大丈夫です。
従って植え替えしないよりも、新しい土で植え替えてやった方が元気になるのです。
もっとも2、3年ですぐ大鉢になるので、反対に困る人もいるでしょうね。まあなんとか植え替え時に根の量を減らしながら、誤魔化していくか。地植えにでもするかしかテはないでしょう。

土、鉢、施肥、水遣り、植え替え方など基本から学んでいきましょう。
失敗も成功のもとです。
http://www.nhk-book.co.jp/engei/engeibooks/list.html
http://www.nhk-book.co.jp/engei/engeibooks/12month/ajisai.html
私からの回答はこれで最後にします。ごきげんよう。

実はこの青アジサイは挿し木してから2年目の株です。
一昨年の7月に挿し木して約1ヶ月後に7号駄温鉢に2本ほど鉢上げしました。
鉢が少し大きいかなと思いましたが、施肥したりしてなんとか順調に育ち、去年の6月までには1mぐらい成長し、花も4輪ばかり咲きました。
花後に根土を半分以上落とし、8号駄温鉢に植え替えして剪定しています。
今年の4月下旬に根詰まりしていることが判明し、9号駄温鉢に根土を崩さないように注意して植え替え(鉢増し)し、現在に至っています。

なぜこの様な事を記述したかと...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q鉢植えのアジサイが枯れました(泣)

主人が結婚記念日に私の大好きなアジサイの鉢植えを買って来てくれました。張り切って水もやり、すくすく育っていましたが、ベランダでひなたぼっこをさせた途端に一斉に枯れてしまいました・・・
枯れたというかしなっとしています。
今後どうすればいいのでしょう?
しなっとなった花は切るのでしょうか?
挿し木?剪定?などネットでも色々調べてみましたが、
どこをどう切れば来年にでも咲いてくれるのか非常に悩んでいます。今まで鉢植えはそだてたこともなかったので・・・

ジューンブライドという名のアジサイでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉が枯れたのでなく花が枯れはじめたならそれは正常ですよ。
花だけ切り取って鉢は外で日に当ててやっていいです。
葉がしおれているなら一度鉢ごと水に入れて戻します。
数時間で元に戻ったら普通に管理します。
元気になったら追肥をやってください。

Q茶色くなってしまったアジサイはもう復活はしないでしょうか?

7月中旬くらいにアナベルを購入したのですが、そのアナベルが今花が茶色くなり
葉も全部落ちて茎も茶色くなってきました。ほぼ緑色の茎がない状態です。
アナベルの鉢を置いているところはかなり日陰で、水は乾燥しない程度に
あげています。
他のアジサイは葉が落ちたとしても新しい葉が出てきているのですが
アナベルだけは新しい葉が出てきません。

このアナベルはもう復活はしないのでしょうか?
それともまだ何か助ける手立てがあるのでしょうか?
もし何か良い方法があればアドバイスを下さると嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アナベルは アジサイの仲間ですが 一般的なアジサイとは別種で 性質も異なります

普通のアジサイより 水が好きで 乾燥に弱い

剪定
花芽は 新芽がある程度伸びると形成される ので どこで切っても花は見られる


葉がない状態であまり水を与え過ぎるのもよくないですが
乾かし過ぎではないかと

ジメジメではないが 多めの水やりを

地下茎?から芽を吹くこともあるそうです

Q根腐れした紫陽花の復活にアドバイスお願いします☆

大好きな紫陽花に水をやりすぎて 根腐れをしてしまい
みなさんのアドバイス通り 花を切り落とし こんな状態にして
20日近くになります

画像の様に 緑の新芽が(写らないので書いています)出てくるのですが
育たずに枯れて また新芽が出て・・・みたいな事をくりかえしています

この紫陽花 大丈夫なんでしょうか?
アドバイスお願いします

Aベストアンサー

半日陰において 透明なビニール袋にすっぽり入れて 空気をたくさん入れた状態密閉 時折霧吹きで内部を湿らす
ただし 下部にたまるようにはしない  直射日光には当てない当てると高温になり煮えてしまいますので

ビニールでくるむのは湿度を高く保ち 植物体からの蒸発を抑制するためです
くるむ際には土は乾燥してもいず ビチャビチャでもないような状態で入れてください

根がほとんど機能していないようなものには このような処置が必要です

新芽が伸び 新しい根が伸び 成長を始めたら 徐々に口を空けて 外気に慣らしていきます
口をあけると水分が失われますので 霧吹きなどで補給します

メネデールなど植物活性剤を原液が希釈して与えてみる
肥料は厳禁 野菜用の用土の中には肥料を混ぜてあるものもありますので注意が必要です

Q紫陽花の開花期間・寿命

以前白い紫陽花について質問した者です。
紫陽花は長持ちすると言われていますが、具体的にどのくらい長持ちするのでしょうか。
タイトル通り、紫陽花の開花期間(何月頃~何月頃か)と寿命(何年間くらいか)を教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>どのくらい長持ちするのでしょうか。
花器に入れてこまめに水を替えて水の吸い上げを良くしておいてやればかなり長く花が持ちますね。

>紫陽花の開花期間(何月頃~何月頃か)と寿命(何年間くらいか)を教えていただきたいです。
開花期間:5月中旬~7月
6月~7月と我が家(青紫)や実家(白)に咲いています(中部地方)。
大体、梅雨時を中心に3ヵ月位が開花時期ではないでしょうか?

寿命:特にない。何十年でも。
毎年冬に刈れている時期に下の方の芽の出る節を2つ位残して枝を切れば、大きくしないで澄む。毎年1m位は延びる。枝も増えるので、間引きが必要。

芽の出る節を含んで1対の葉(大きすぎる葉は一部切り落とす)をつけてたきり枝を挿し木すれば根が出て、どれだけでも苗を増やせる。
http://hm.aitai.ne.jp/~mkondo/try/sasiki/sasiki.html
http://blog.goo.ne.jp/fleuriste_chouette/e/0c1401fda0bc905aae1c4a59c9b201e1

紫陽花には毒があるので、比較的害虫がつきにくい。
緑の葉と赤紫~青紫、白~ピンクなの葉も花も綺麗ですね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4

>どのくらい長持ちするのでしょうか。
花器に入れてこまめに水を替えて水の吸い上げを良くしておいてやればかなり長く花が持ちますね。

>紫陽花の開花期間(何月頃~何月頃か)と寿命(何年間くらいか)を教えていただきたいです。
開花期間:5月中旬~7月
6月~7月と我が家(青紫)や実家(白)に咲いています(中部地方)。
大体、梅雨時を中心に3ヵ月位が開花時期ではないでしょうか?

寿命:特にない。何十年でも。
毎年冬に刈れている時期に下の方の芽の出る節を2つ位残して枝を切れば、大きく...続きを読む

Q紫陽花の青色のために、酸性土壌にしたいのですが

昨年の今頃青色の紫陽花を購入しました。
ところが、庭の花壇に植えたところ、だんだん花の色が紫がかってきて、汚い色になってしまったのです。
元々は、きれいな青色でした。
昨年中は、そのままにしておき、花が終って枝を切ったりし、この春、また芽吹いてきました。

今は、葉がだんだん出てきてるような状態です。

紫陽花の色は土壌によって変わるとのこと、
どうしても、青色に戻したいのですが、
園芸の本を見ると硫酸アルミニウムを1000倍に薄めた液をまく・・とありました。
そこで、今日お店に買いに行ったら、それは置いていなくて、店員さんが「酸性にしたいのならピートモスを使えばよい」といわれました。

自宅にピートモスが少しあったので、とりあえず根本にばら撒いて、気持ち周りの土と混ぜてみたりしました。

果たしてこれでいいのでしょうか?


硫酸アルミニウムというのは、そもそもどこで売っているものなのでしょう?園芸店ですか?

また、他にも何か方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

 #2です。 

 ピートモスは,通気性や保水性,保肥性を高めるために土壊改良や基本用土に混ぜて使います。使用量が多いと過湿になりやすいです。
 ですから,根本にばら撒いて気持ち周りの土と混ぜられることでも効果があると思います。

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Q花壇の土の作り方で悩んでます

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と、赤玉土1袋を購入しました。
しかし、色々ネットで検索してましたら、この土の選択は違っていたかなと思い、明日だったら、交換もできるので、違う土に交換したほうが良いか悩んでいます。
また、明日有機石灰か、苦土石灰も購入する予定です。

土の配合は、今まで使っていた黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞を混ぜて使おうと思います。

そこで質問なのですが・・・
(1)混ぜ合わせる土の種類は、黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞で足りないものはありますか?
また、上記の物を混ぜ合わせるときの、割合はどのような感じですか?
(2)発酵牛糞は、やはり花の根などに触らないようにしたほうがよいですか?
その際、どのように使えば良いでしょう?
根に触らない30センチ位底の方か、上に撒き散らしたほうがよいのか・・・
(3)赤玉土は、花壇には必要ないですか?
(4)できれば早く花を植えたいので、有機石灰を使おうかと思ってるのですが、やはり苦土石灰の方が、良い花が育ちますか?
苦土石灰の場合は、2週間はおかないと駄目ですか?
 
どなたか、ご存知の方、教えてください!!
よろしくお願いいたします。
 

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と...続きを読む

Aベストアンサー

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉土は不要です。赤玉土は主に鉢植え用に使います。

土壌改良した後なら、石灰(アルカリ性)は撒きません。
多くの花はアルカリ性土を好みません。ほとんどの花が弱酸性土を好みます。日本古来の花でしたら、もう少し強い酸性土を好みます。
(比較的アルカリ性と思われているクレマチスにしても、弱酸性土を好みます。)
苦土石灰等を撒くなら来年以降でしょう。
それも1平方メートルあたり軽く一握り程度です。
土の表面に撒き、耕して散水しておきましょう。
植え付けには、2週間あけた方がいいでしょう。
くれぐれも石灰の撒き過ぎには注意してください。

肥料については燐酸肥料(骨粉)を加えたほうが、花つきや実なりが良いです。
窒素肥料(油粕、糞類)と混ぜて使います。
穴を掘って施肥します。根に触れないように20cmぐらい覆土してから植えつけると良いでしょう。
くれぐれも上に撒き散らさないほうが良いです。(ハエが来ます。)

植えつける植物の種類によっても違いますが草花類でしたら、私の場合、これら有機肥料は使わず「マグァンプK」などの緩効性(化成)肥料を使います。
これは燐酸成分が多く、花つきがよいですからお勧めです。
植え付け時に土に混ぜて使います。根に直接触れても大丈夫です。
肥効一年の「中粒」と、二年の「大粒」が一般的でしょう。
一年草、多年草で使い分けします。
あと即効性の液肥として、ハイポネックス(原液)などの1000倍希釈液を、一週間に一度水遣りがわりに与えると更に効果的です。

追伸
ユリの地植え場合、30~40cmぐらい球根を深植えします。(適期10月~11月)
これは水分や養分を吸収する根(上根)が、球根の位置から上に生えるからです。
従ってユリの場合は、球根よりも上の土に施肥する必要があります。

参考URL:http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング