距離適正と体重について質問します。

ライスシャワーやステイゴールドのような軽い馬はステイヤー。
ブレイクタイムやヒシアケボノのような巨漢馬はスプリンター。
と昔、競馬に詳しい知人から教わったわけですが、
来週の天皇賞春に出てくるアルナスラインという馬は、かなりの
巨漢馬です。
にもかかわらず、新聞等で距離適正不安の話題が書かれるのを
見たことがありません。

距離適正と体重は関係ないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

トータルで読み返してみると、


「競馬に詳しい知人は、軽い馬はステイヤー、巨漢馬はスプリンターだと言っていたが自分はそうは思っていない。
実際のところは距離と体重理論は関係ないですよね?持論が正しいと思える何かを下さい」
と言っているようにも取れます。

距離と体重理論は関係無いと思っても、馬券を買う上でそれ程支障が無いので、それでも良いと思いますよ。

傾向はあくまで統計上の結果であって、個々の馬がそれに当てはまる訳ではないです。
天皇賞(春)だから、出走馬のうち、一番重いのは切って、軽いのを買うというふうな単純な買い方が出来る訳でも無いです。
あくまで統計的な話です。

ただ、事実として距離と体重理論はある事は確かです。
桜花賞の勝馬の平均馬体重とオークスの勝馬の平均馬は後者の方が軽いとドリーム競馬で何度も紹介されていましたし、
天皇賞(春)の過去10年の勝ち馬と、スプリンターズSの過去10年の勝ち馬を調べても、
平均馬体重は天皇賞(春)の方が13.2キロ軽い、
天皇賞(春)の勝ち馬は牡馬なのに対し、スプリンターズSの勝ち馬には牝馬が3頭いるにも拘らず、平均馬体重は重い。
牝馬を除外して、天皇賞(春)、スプリンターズSそれぞれの最先着馬の平均馬体重となると、後者がさらに1キロ重くなる。
という結果が出る程度の話です。

別にその事実すらもたまたまだと片づけたとしても、別にどうと言う事のない話です。
信用するしないは個人の自由です。

以上です。
    • good
    • 0

クウォーターホースは器用で急発進が得意なので1/4マイルまではサラブレッドと互角に渡り合えますが、スピード自体はサラブレッドの方が上です。



1/4マイルではサラブレッドの方が速いという事実があるようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A9% …

というか、そもそも種類の違うクウォーターホースを引き合いに出しても無意味なのですが。
    • good
    • 0

戸山理論:スプリンターを調教して長距離対応するとか


JRA研究所の研究からでもあるが

結局競馬の1200mと3200mの差というのは
人間で言う600mと1500m競走の差しかなく
本質的に、すべての馬は(人間で言う)中距離競走しかしていないと
言う考え方があります
(判断のポイントは呼吸の数にあります)

なので本質的には、馬体重で多少の差と有利不利があっても
基本的には差のないことをやっているので
調教などで対応できる馬があってもおかしくないといえます

この回答への補足

なるほど、日本の競走馬は皆中距離馬ということですか。

気になるのがクウォーターホースの存在。
いわゆる1/4マイル(ゼロヨンチャンプ)競走をするための
生粋のスプリンターの存在ですね。

クウォーターホースは小型で名を馳せるステイゴールドより
軽いのが普通ですから、ますます距離と体重理論が
信用できなくなる気もします。

補足日時:2009/05/01 19:41
    • good
    • 0

天皇賞春限定で言えば過去510kgオーバーの優勝は数回しかないです。


反対に450kg以下の馬の好走例が多く、巨漢馬は苦戦していると言えると思います。

短距離に関して言えば、顕著な傾向はありません。

持久力を必要とする長距離戦では、小柄な馬の方が心肺機能の負担が少く有利なのではないでしょうか?
短距離に馬体重は関係ないと私は考えています。

アルナスラインは巨漢馬ですが、日経賞(2500m)1位や、菊花賞(3000m)2位等、実績があるので距離不安は無いと言えます。
    • good
    • 0

付け加えて言うと、


メイショウサムソンはあわや三冠というオールラウンダーであり生粋のステイヤーではありませんが、
ヒシアケボノやブラックホークなどの超巨漢場はマイルでも長いと思える生粋のスプリンターです。
    • good
    • 0

競走馬の理想的な?馬体重は480ぐらいです。


前後20~30ぐらいは普通の範疇で、
そのぐらいまではむしろ理想であり、
短距離にせよ長距離にせよ、
それ以上やそれ未満である事が特別にプラス材料という訳ではないです。

加点ではなく減点で考えて、
標準的な馬体重より軽い馬や思い馬が、マイナス要素とならない距離という観点からは、
やはり、軽い馬が長距離で、重い馬は短距離で活路を見いだせると思えます。

天皇賞(春)では、メイショウサムソンとイングランディーレが510オーバーですが、
イングランディーレは、こう言ってはなんですが、実力というより展開によるフロック勝ちみたいなものですから、
実力のあるステイヤーとしてはメイショウサムソンぐらいしか巨漢馬はいないです。

これに対して、
テイクオーバーターゲット
ヒシアケボノ
ブラックホーク
シンコウフォレスト
など、スプリンターには巨漢馬結構います。

特にヒシアケボノやブラックホークなどの超巨漢場はやはり、長距離に向いているとは言えません。
    • good
    • 0

>距離適正と体重は関係ないのでしょうか?



関係あります。

例外が多少あったぐらいで、関係ないと決め付ける事はできません。

それは血統にも言えます。
2400M芝で勝利するサクラバクシンオー産駒がいたとしても、
その1頭や2頭の例でサクラバクシンオー産駒はスプリンター傾向であるという事実が覆る訳ではありません。

基本的な傾向と、例外の有無は別の話です。

で、
巨漢馬は長距離に向かないという基本的な傾向と
アルナスラインが菊花賞2着を含め長距離で実績を残しているという具体的な事実を天秤に掛けた時、
やはり残してきた実績の方がはるかに重きをなすので、距離適正不安の話題が出る事が無い訳です。


その基本的な傾向を役立たせるパターンは
オークスや菊花賞のように、どの馬にとっても未知の距離であり、実績が存在しない場合などです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

過去十年の天皇賞春やスプリンターズステークス、高松宮記念を参照してみましたが、あまり体重と距離が関係が有るように思えませんでした。トロットスターのように軽いスプリンターやイングランディーレのように比較的重いステイヤーもいます。

例の4頭が、自分の主張のためのかなりわざとらしい選定にさえ感じられました。

補足日時:2009/04/30 01:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手前を変えるって?

よく直線を向くときに手前を変えるって言うじゃないですか、それって何ですか?
それと、その時の変えさせる方法ってあるんですかね?

Aベストアンサー

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ送りながら、右後肢を地面に着ける。
馬は元々左利きで左手前の駆歩が得意だそうです。しかし、左前肢だけで走る癖をつけると、そっちにばかり負担がかかり、故障も起こり易いし、疲れて伸びがなくなります。適当に手前を変えることの出来る馬は、ラストで二の脚を繰り出します。テイエムオペラオーなどは、最後の直線で手前を変えるのがうまいそうです。また、コーナーを回るには、右回りなら右手前、左回りなら左手前で走らないと無理があるので、必ず調教されるもののようです。

●手前を変える方法
例は乗馬の場合で、右手前から左手前に変える方法ですが。
適切なタイミングで、扶助を与える、という方法になるるかと思います。
どういうことかというと、手前を変える最初の段階では馬は重心を僅かに右から左に移すそうです。なのでタイミングを見て、騎乗者が右足で馬を押して扶助してあげる方法がとられると思われます。
なお、手綱は左の手綱を十分譲って、右手綱を控えながら、押し手で馬の肩をちょっと押してあげるようです。

500kgの重さのものが、時速60kmの速さで前進しながら微妙に重心を移すわけですから、ちょっとしたズレから大きな故障が発生しやすくなるのではないでしょうか。サイレンススズカも、勝負どころで手前を変える時に故障が発生したものと思われます。

参考URL:http://dion.keibado.ne.jp/keibabook/000612/esc.html

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ...続きを読む

Q競馬のボックスって?

先日初めて競馬を見に行ったら馬券で「ボックス」っていう買い方がありましたが、意味が判らないので買えませんでした。どんな馬を当てるのでしょうか?詳しい方教えて下さい。 また、馬連や枠連に対してどのようなメリット、デメリットがあるのですか?

Aベストアンサー

馬連で説明します。
買いたい馬が3,4,8,9番だとします。
でどれも甲乙つけがたいの全ての組み合わせを買いたい。
そんなとき「ボックス」の登場です。
3,4,8,9の4つをマークするだけで
3-4,3-8,3-9,4-8,4-9,8-9
と計6通り一気に買えます。
メリットはマークする手間が省けること。
デメリットは金額が均一でしか買えないこと。
あと頭数が増えると点数も増えるので(5頭ボックスだと10点)窓口で
あわてないようあらかじめ購入金額を確かめた方がいいでしょう。
ちなみに今週はじまる3連複、連単でもボックスはあります。

Q瞬発力、パワー、底力の違いは?

私は競馬の初心者ですが、種牡馬辞典などを見ていますと、馬の能力のパラメータの項目に、瞬発力=△、パワー=○、底力=△などとありますが、この瞬発力、パワー、底力の違いが、いまひとつよくわかりません。レースにおいてそれぞれどのような持ち味となって表れるのですか?どうか教えてください。

Aベストアンサー

まず、それらの項目はあくまで主観的なものであり、絶対的な指標ではないことにご注意ください。競走馬の能力を数値化することは不可能ですからね。ただ、産駒の傾向としてこのようにあらわれている、ということを言っているわけです。

それを踏まえて回答です。これまたわたしの主観です。

1・まず、瞬発力にかんしては、「道中の巡行スピードから直線の最高スピードまでいかに早く加速できるか」になるでしょう。これは馬自体の脚力とも考えられますが、どちらかと言うと「騎手の指示に反応よく動くことができるか」が重視されるでしょう。騎手が動きたい、と思ったところで実際に加速できる馬は、結果的に瞬発力があると見られることになります。


2・パワーはそのまま、力のいる馬場や重たいダートに対する適性と考えていいでしょう。


3・底力はいちばん定義が曖昧だと思います。直線の競り合いで強さを発揮すると捉えてもいいんですが、それだとより主観になってしまうので、大レースで強いかどうかという解釈でいいと思います。

大レースに強い、というとまた曖昧ですが、ひとつだけ確かなのは、「レースのレベルが上がるほど道中のラップは速くなる傾向にある」ということです。つまり大きなレースになればなるほど道中で楽ができず、そういう厳しいレースになったときに、「たんに足が速いだけの馬」は最後の最後に息が持たなくなって脚があがってしまいます。

つまり苦しいところを最後まで我慢できるのが大レースで勝てる馬=底力のある馬といえます。身体的に考えれば、底力=心肺機能の強さと捉えられるのではないでしょうか(実際ディープインパクトはレースのあとすぐに息が整ってしまうらしいです)。

そういう馬を数多く出せる種牡馬が底力=◎などになっていくのでしょう。

このへんの解釈は人それぞれですので、ほかの方の回答も踏まえて自分なりの価値観をつくっていくといいのではないでしょうか。


最後に、血統というのはあくまで傾向であって、1頭1頭の個性を決定づけるものではありません。同じ父でもそれぞれの産駒には違う個性があります。底力=◎の仔がみんな底力があるわけではないということにはじゅうぶん注意して、競馬を楽しんでください。

まず、それらの項目はあくまで主観的なものであり、絶対的な指標ではないことにご注意ください。競走馬の能力を数値化することは不可能ですからね。ただ、産駒の傾向としてこのようにあらわれている、ということを言っているわけです。

それを踏まえて回答です。これまたわたしの主観です。

1・まず、瞬発力にかんしては、「道中の巡行スピードから直線の最高スピードまでいかに早く加速できるか」になるでしょう。これは馬自体の脚力とも考えられますが、どちらかと言うと「騎手の指示に反応よく動くこと...続きを読む


人気Q&Aランキング