女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

小生年齢54歳、男性です。 現在黄班上膜で手術予定ですが、知識不足から判断が出来ず悩んでおります。 1.結論から申し上げますと、黄斑上膜の手術を現在治療中の医大病院で受けるか、専門眼科医で手術を受けるか判断に悩んでおります。 2.経緯 (1)昨年、12月13日に左目の硝子体剥離から網膜裂孔が発見されレーザー治療しましたが、結局多発性網膜裂孔で、1月中旬には硝子体手術を受けることを決めて頂き、4月13日に手術しました。(医大) (2)4月19日に退院しましたが、経過として視力が上がらず、退院の時点で曇りガラスから覗いているような状況で、歪みなどを認識していましたが、そのうちよく見えるようになるとして退院、外来で視力が0.5迄しか上がらず、約三週間ブレトニゾロン錠5MMを(毎週4錠→3錠→2錠)投薬されましたが改善見られず、4月23日に黄斑上膜と診断され、手術が必要と申し渡されました。 (3)症状を明示してくれない執刀医の話し方に不安があり、4月16日に専門眼科を友人より紹介してもらい、検診、精密検査(OCT等)にて黄斑上膜と診断を受け、4月22日に網膜専門医の検診、術後視力改善80%、10%改善なし、10%悪化が確率として手術を進められました。完治は望めないが、今なら1.0への矯正視力回復は可能性ありとのお話でした。入院は1-2泊、程度とのこと。 (4)(2)に記載しましたが、23日医大でも同じ結果を言い渡されました。診断説明はほぼ同じで、質問にも同じ答えが返ってきました。この時点で黄斑上膜であることは100%の確証です。 専門眼科の話をして、(担当医はご不満でしたが)専門眼科医での手術は薦めない、医大ですべきとの話でした。医大は本件から執刀医は代わる予定だそうです。 3.ご意見願いたいことですが、医大はずっとお世話になっていますが、入院中のケア(上記(2))も不安、退院後の検診も歯切れが悪く、不安が多い状況ですが、確かに長い間お世話になり、網膜はく離に関しては直していただいています。 一方で専門眼科は患者本位で親切、説明も明快です。本音、専門医がこんなに充実したサービスをしているとは知りませんでした。
専門眼科の執刀医との面談が一度しかないので、じっくりとしゃべる機会もなく、ここは不安なところです。 こんな状況なのですが、どのように判断したらよろしいでしょうか。是非、ご意見をお聞かせください。 専門眼科は有名な眼科ですが、名前は出してよいのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あなたが信頼できる医師のいる病院ですべきでしょう。


そして医師と納得まで説明と相談を。
ネットの情報より、直に話ができるじゃないですか?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
仰るとおり、直に話して自分で判断すべきと考え直しました。
また通院した際、医師と相談します。

お礼日時:2009/05/25 14:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 黄斑上膜<眼の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    黄斑上膜とはどんな病気か  加齢に伴って起こる特発性と、ほかの眼病に伴って起こる続発性がありますが、ここではより一般的な特発性黄斑上膜についてのみ解説します。  黄斑部網膜の上にある後部硝子体皮質(こうぶしょうしたいひしつ)が、半透明の膜状の組織になったものが黄斑上膜です(図56)。黄斑上膜がすべて見え方に影響するわけではなく、自覚症状のない黄斑上膜もたくさんあります。黄斑上膜の厚み、収縮の度合いな...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q良い眼科医(手術執刀医)を紹介ください

8月の末の検診で網膜前線維症(眼底写真から)と診断されました。矯正視力が0.6と低下しており(左目は0.8)、おかしいと思ったら最近視界の中心が歪んで見えます。

加齢黄斑変性ではないかと思って眼科の受診を計画していたのですが、検診の結果を問い合わせたところ(書類はまだ届いていない)、上記線維症であることがわかりました。要精密検査ということで紹介状も届くと思いますが、インターネットで調べたところ、手術が必要で技術も要するとのことです。よい執刀医、医療機関をご紹介ください。

Aベストアンサー

No.2です。

慶應病院、とてもよい病院と思います(もちろんその中で、網膜硝子体疾患の専門医に診てもらわないといけませんけどね。主任教授は角膜屋さんですし)。しかしながら、通院というのは大事な要素ですので、関東地区でしたら同じレベルの病院はたくさんありますよ。
慶應しか紹介しないということはないでしょうから(慶應のOBなのかも)、もう少し近くでよいところがないかご相談されることもできると思います。

網膜前膜の手術は、いわゆる硝子体手術の一つで、増殖網膜症や網膜剥離手術を手がけている医師にとっては守備範囲です。というか、むしろ硝子体手術の中では比較的基本的な手術に当たります。もちろん、少ないとはいえ術後に網膜剥離が生じるなど、合併症のない手術は存在しませんが・・・(合併症と失敗とは全く違うことです)。

どれだけネットや本で調べても、素人の方が病院の質まで判断するのは限界があります。例えばランキングによく使われる手術数は大事ですが、「なんでこの病院が?」、という紹介本やサイトもたくさんあります。

なお、健診結果に添付される紹介状は宛先がないことがほとんどです。健診で引っ掛けた病名が書いてあり、受診した施設に「結果を健診元まで教えてください」という内容だと思います。

「○○先生に手術をしてほしい」という目的で××病院を受診されるなら、どこかの診療所から××病院に予約を取ってもらう方がよいです。「健診の紹介状」では、初診時は初診担当医にまわり、その後、しかるべく専門医の予約を取るという形になることが多いからです。

術後のうつむきとかもあるので、よく説明をお聞きくださいね。

No.2です。

慶應病院、とてもよい病院と思います(もちろんその中で、網膜硝子体疾患の専門医に診てもらわないといけませんけどね。主任教授は角膜屋さんですし)。しかしながら、通院というのは大事な要素ですので、関東地区でしたら同じレベルの病院はたくさんありますよ。
慶應しか紹介しないということはないでしょうから(慶應のOBなのかも)、もう少し近くでよいところがないかご相談されることもできると思います。

網膜前膜の手術は、いわゆる硝子体手術の一つで、増殖網膜症や網膜剥離手術を手がけてい...続きを読む

Q眼科、黄斑上膜の手術についてです。

私は60才女性です。左目がものがゆがんで見えA眼科に行ったところ、黄斑上膜で手術が必要だと診断されました。仕事があり3ヵ月後で良いか尋ねると、月1回診察に行き、悪化がひどくなければ3ヵ月後で良いし、急に悪化していれば、その時点で即入院を指示するとのことです。手術の順番は左目の白内障、右目の白内障、左目の黄斑上膜でそれぞれ2日位間を置きその後続けて2週間位入院が必要(合計3週間)とのことです。
他方、B眼科にも行きました。その結果左目はかなり進行しており、網膜剥離をおこすかもしれないので、すぐ手術をしなさい。左目の黄斑上膜と白内障は同時に手術します。そこは手術3日後には退院し、あとは(手術でガスを目に注入するので)自宅でトイレ・食事以外(寝る時も含め)下を向いた生活を2週間位しなさいと診断されました。右目の白内障はその後するとのことです。
そこで質問です。①自宅で2週間も自己管理で下向きの生活というのはどのくらい大変なのでしょうか?経験のある方教えてください。(A眼科で入院の方が安心かなと思います)②手術の緊急性が判断つかないのですが、3ヵ月後まで待っても大丈夫でしょうか?(急に悪化し、手遅れとなることもあるのでしょうか?)③車の運転はどの位で可能になるのでしょうか?④洗顔、洗髪、入浴(シャワー)等はどの位でできるのでしょうか?⑤他に何か注意すべきことがありますか?

私は60才女性です。左目がものがゆがんで見えA眼科に行ったところ、黄斑上膜で手術が必要だと診断されました。仕事があり3ヵ月後で良いか尋ねると、月1回診察に行き、悪化がひどくなければ3ヵ月後で良いし、急に悪化していれば、その時点で即入院を指示するとのことです。手術の順番は左目の白内障、右目の白内障、左目の黄斑上膜でそれぞれ2日位間を置きその後続けて2週間位入院が必要(合計3週間)とのことです。
他方、B眼科にも行きました。その結果左目はかなり進行しており、網膜剥離をおこすか...続きを読む

Aベストアンサー

①→結構キツイです。肩こりや背中の筋肉痛からは逃れられないので湿布が必須でした。ただ、家にいると家事やらなんやらでじっと出来ないのでは?寝る時もうつぶせ寝専用の道具がありますが、自宅に戻る際も貸してくれるのなら良いですが。

②→3月待っても大丈夫かどうかなんて誰にも判りません。運を天に任せるって事です。もし黄斑を網膜剥離させたら失明の可能性がかなり高い(黄斑は視力が一番でる部分なので、ここが駄目になると視力的にはアウト)事を判っているのなら、仕事の都合と天秤を掛けて判断するのはあなたの権利であり責任でもあります。たとえお医者さんが心中で「あーあ…」と思っていようとも口出しできない問題なので、第三者に判断はできません。毎月様子を見ておかしそうならすぐ手術しましょうというのが精一杯の妥協でしょう。ちなみに、網膜が剥離したら、再度くっつける手術をしますが、網膜は薄い神経の膜が何層にも重なる構造をしています。それが真ん中の層辺りで剥がれますので、その際に膜同士の神経の接続は切れます。修復手術で剥がれた網膜を再度くっつけても、神経の接続が再度上手く繋がるかどうかは運次第です。繋がらなければその部分の視力は戻りませんので視野が欠けて視力が出なくなります。それが黄斑でおきるとどういう事になるかの想像ぐらいはつくと思います。
急に悪化して手遅れというのは無い話ではないですが、似たような病気の増殖性網膜症なんかに比べると、幾分かはマシなような気がします。ただ、手術しないで経過観察で過ごせるかというと、そうでは無いと思います。他のケースがどうだからといって、それにあなたの眼の状態が当てはまる保障は何処にもありませんので、こういう事は聞くだけ無駄です。

③→医者がOKを出すまで駄目。網膜をいじる手術をした後はしばらく視力の変動があります。回復具合にもよりますし、恐らく眼鏡をあつらえる必要もあるでしょう。そうした事を考えると半年ぐらいは様子を見た方が良いと思いますが、全ては回復状況を見て医師がどう判断するかです。可能になるかどうかは人によって違う、という事です。可能になる人も居るし、止めといた方がいい人も中には居るって事です。

④→手術による傷がふさがるまでは、首から上を濡らしてはいけない、という指示を出されると思いますが、そう言う事は入院や手術の際に事前説明で必ず言われますので、その際に確認して下さい。ケースバイケースです。眼をつぶった状態で髪を洗っても良いよ、と言われるのは退院間近の時だと思います。私が入院していた病院では看護師さんによる洗髪サービスがあって女性の入院患者さんは良く利用していました。

⑤→体験談を聞きあさるのはほどほどにしておいた方が良いと思います。あと、入院するときまったら、気晴らしの方法を考えた方が良いかも。私はラジオと携帯音楽プレーヤーで乗り切りました。

①→結構キツイです。肩こりや背中の筋肉痛からは逃れられないので湿布が必須でした。ただ、家にいると家事やらなんやらでじっと出来ないのでは?寝る時もうつぶせ寝専用の道具がありますが、自宅に戻る際も貸してくれるのなら良いですが。

②→3月待っても大丈夫かどうかなんて誰にも判りません。運を天に任せるって事です。もし黄斑を網膜剥離させたら失明の可能性がかなり高い(黄斑は視力が一番でる部分なので、ここが駄目になると視力的にはアウト)事を判っているのなら、仕事の都合と天秤を掛けて判断するのは...続きを読む

Q硝子体手術後の見え方について

4月5日に糖尿性網膜症で、硝子体手術をしました。
術後2週間経ちますが、ほとんど視力が戻りません。
主治医の話では、ガスが抜けてくると徐々に見えてくると言われましたが、まだ見える気配がないです。
一般的に手術でガスを入れた場合、どの様にガスが抜けて、視力が戻ってくるのでしょうか??
教えてください。

Aベストアンサー

両目に同じ手術を受けました。

術後2週間でまだガスが抜けていないということは、六フッ化硫黄(SF6)ではなく八フッ化プロパン(C3F8)を入れたのでしょうか。とするとかなりしっかりと網膜を押さえつける必要があったのかもしれません。C3F8の場合は、自然に抜けるまで待つ場合もあるし、網膜からの出血が治まって状況が落ち着いたのが確認できたら水に置き換える処置をする場合もありますが余談です。

さて、硝子体手術を受けてガスを入れた場合、最初は気体100%ですが徐々に房水によって眼内が満たされ、同時に気体は血液などに吸収されていきます。
水は眼の底からたまっていきますが、網膜の見え方はご存じの通り上下左右が逆ですので、上の方から水の線が降りてくるように見えます。眼の中の水が60%から70%近くなったら、水の線がちょうど視界の半分くらいにくるイメージです。水が90%位になると、水の線はほぼ消えて、今度は気体の残りが黒い丸の形となって見えます。(泡のようなものです)黒い泡は徐々に小さくなり、数日で気づかないうちに消滅します。

さて、視力の戻りですが、これは症状によって様々です。
単に網膜剥離での手術の場合だと、満水になってガーゼを取り、退院許可が出る時点で結構クリアに見えることが多いです。
ただし、あなたや私のように網膜症で手術を受けた場合、少量ながらも新生血管からの出血が完全には止まっていないことが多いです。従って、満水になっても白く曇った感じで濁りがあることがままあり、その場合視界がクリアとはいかないこともあります。この時は出血が引いて濁った水が置き換わるにつれて徐々に視界はクリアになっていきますが、期間は数週間から1、2ヶ月程度と様々ですので一般的なことはいえません。

もう一つ、硝子体手術が必要なほどの網膜症なので、手術中にたくさんレーザーを打たれたと思います。これはさらなる悪化を防ぐためにどうしても必要な措置ですのでしょうがないのですが、術前と同じ視力が出るとはあまり期待しない方が良いです。また、術後の視力が安定するには数ヶ月から1年ほど見ておいた方が良いです(これは説明を受けたはずです)

今はうつぶせや横向きを指定されている時期だと思いますが、しっかり指示を守って気体を網膜に押し当てるようにがんばってください。

両目に同じ手術を受けました。

術後2週間でまだガスが抜けていないということは、六フッ化硫黄(SF6)ではなく八フッ化プロパン(C3F8)を入れたのでしょうか。とするとかなりしっかりと網膜を押さえつける必要があったのかもしれません。C3F8の場合は、自然に抜けるまで待つ場合もあるし、網膜からの出血が治まって状況が落ち着いたのが確認できたら水に置き換える処置をする場合もありますが余談です。

さて、硝子体手術を受けてガスを入れた場合、最初は気体100%ですが徐々に房水によって眼内が満たされ、同...続きを読む

Q黄斑円孔手術

色んな人の意見を聞きたいと言ってたので質問させていただきました。
初めて質問します。よろしくお願いいたします。

先日、母が黄斑円孔(おうはんえんこう)と診断され日帰り手術ができる眼科を紹介して頂きました。硝子体手術を沢山こなされてる名医とのことです。
今週末に手術予定なのですが、手術日が近づくにつれて「手術しなくても良いかな…」と言いだしました。現在54歳なので、あと何年生きるか分からないのにする必要あるのかな、と。
放っておいても失明もしなければ治ることもない病気なので、本人次第と言ったらそれまでなのですが、今は右目だけでも将来的に左目も発症しないとは言い切れないので、出来ることなら受けてもらいたい、というのが私の意見です。

先生のお話だと、成功確率は93%。7%は大量出血や膜がふさがらなかった時の再手術の可能性です。手術後、0.3%の確率で失明するとのこと。あと、術後大多数の方は多少なりとも視力が回復するそうですが、なかにはそのまま、最悪悪化する方もいらっしゃるそうです。
術後は1週間安静にして、食事とトイレ以外は常にうつぶせか下向きの姿勢を保たなければならないので、おそらく患者にとっては手術より大変だと思います。

以上の条件を考慮して、手術受けた方がいいと思いますか?もしあなたが同じ状況になったら、手術を受けますか?
御回答お願いいたします。

色んな人の意見を聞きたいと言ってたので質問させていただきました。
初めて質問します。よろしくお願いいたします。

先日、母が黄斑円孔(おうはんえんこう)と診断され日帰り手術ができる眼科を紹介して頂きました。硝子体手術を沢山こなされてる名医とのことです。
今週末に手術予定なのですが、手術日が近づくにつれて「手術しなくても良いかな…」と言いだしました。現在54歳なので、あと何年生きるか分からないのにする必要あるのかな、と。
放っておいても失明もしなければ治ることもない病気なので、本人次...続きを読む

Aベストアンサー

お母様の病気ご心配ですね。

手術日が決まっているということなので、紹介先の病院での確定診断は間違いないと考えて一般論をお書きします。

お母様は中心部分が見えにくいという症状を自覚されているでしょうし、黄斑部は視力のために一番大事なところなので、実際に視力低下もあるはずです。54歳の女性といえば平均余命が30年以上あるので、症状があるなら先生は手術を勧められると思います。報告によってパーセンテージは違いますが、さまざまなリスクについても説明していただいている様子です。

黄斑円孔の手術(硝子体手術といいますが)では術後に眼内にガスを留置するので、うつむきも必須です。また、硝子体手術のあとは白内障の進行が必発です。年齢が微妙なところですが、白内障手術(+眼内レンズ挿入)はどうされるのでしょうね(まあこれは大した問題ではないですが)。

円孔が閉鎖すれば自覚症状は改善することが多いです。もちろんそうでない場合や再手術がいることもあります。緊急手術ではありませんが、放置すればするほど術後の回復具合が悪くなるのもわかっています。

視力や円孔の大きさなどがわからないので、同じ状況でと仮定してのお話は無意味ですが、あえて書くならば自覚症状のある黄斑円孔は手術してよいかと思います。私なら手術を受けるでしょう。家族になら手術を勧めます。

もちろん、どういった結論であってもお母様の意思が最終的には尊重されるべきです。

お母様の病気ご心配ですね。

手術日が決まっているということなので、紹介先の病院での確定診断は間違いないと考えて一般論をお書きします。

お母様は中心部分が見えにくいという症状を自覚されているでしょうし、黄斑部は視力のために一番大事なところなので、実際に視力低下もあるはずです。54歳の女性といえば平均余命が30年以上あるので、症状があるなら先生は手術を勧められると思います。報告によってパーセンテージは違いますが、さまざまなリスクについても説明していただいている様子です。

黄斑円孔...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報