出産前後の痔にはご注意!

日本語で「四角いビンのふた」・・・四角いのはビン?ふた?
などは、「構造的あいまい性」というらしいのですが。
英語や他の言語にもこうした構造的あいまい性はあるのでしょうか?
私が賢いのか、馬鹿なのかはわかりませんが、試験のテストなど、本来あいまいな表現では許されないものでも、多々発見してしまいます。前後の文章から推測できないものも多く、一度資格試験で質問しようとしても、質問は一切受け付けておりませんといわれ困ったことがありました。
細かい表現とか別にして、内容をはっきりと伝えるということが言語の基本ではないかと考えてるんですが、この点において日本語はきわめて不完全で未発達な印象があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No.2です。



>「構造的あいまい性」の頻度はどうなんでしょうか?
残念ですが、わかりかねます。質問者様は日本語での曖昧性の頻度について、完全に把握していますか?それと同じことです。

>日本語の場合、新聞での小説でもあらゆるところで構造的、あるいは理論的にあいまい性が現れるのでイラっとすることが多いです。
そうでしょうか?確かに、「文章下手だな」と思ってしまう書き手さんはいくらでもいらっしゃいますが、読めないほど曖昧であることはないと思います。

>より構造的に完璧に近い言語って言われてるのとかありますか?
言語の専門ではないので判りかねますが、そのような議論はそもそも存在し得ないと思います。というのは、いくつかの問題があるからです。

まず、どれか1つの言語を「完璧」と呼ぶことは、「他の言語がそれより劣っている」と決めつけてしまう危険があります。ある言語の話者は、自分の言語が他より劣っているという議論を好みません。
例えば、質問者様の今回のご質問に対しても、かなり批判的なご回答が目立っていますね。これには質問者様も気落ちされたこととは思いますが、これだけ批判を受けてしまうのは、皆さん日本語という自分の言語に対して誇りを持っているからです(私も含め、ですが)。「多言語に精通しているならまだしも、英語さえもできないのに『日本語は不完全』などと言うな」ということでしょう。

2つ目の問題として、『完璧』とは何か、ということが挙げられます。曖昧性のない言語は、人間が言語を使う以上、ほぼ不可能な存在です。人間には個人差がありますから、文章の下手な人が書けばどんな言語でも曖昧性に満ちたものになるでしょうし、逆もまた然りです。

これと平行して、もう1つの問題が出てきます。仮にある言語を『完璧』と定義すると、その言語を母語とする国が政治的に優位になってしまう危険があるのです。
たとえば、現在英語はかなり世界的に利用されていますね?これは一見便利ですが、英語がどこでも通じる、ということは、英語が母語の、イギリス人やアメリカ人などに比べ、日本人など、英語が母語でない話者が、特に政治や経済などで不利になってきてしまうということも意味します。これはいわゆる『言語帝国主義』の問題に近いですが、ここで詳しくは触れません。

>英語、ロシア語、とか科学に強い国の言葉って機能的なのかな?って思うのですがどうなんでしょうか?科学力と言語は関係ない?
これも、先程の『言語帝国主義』の関連だと思います。機能性云々ではなく、アメリカとロシア(ソ連)という、第二次世界大戦から冷戦時代までの2大大国があったため、という理由が大きいと思います。それ以前であれば、フランスなどもかなり強いですしね。

長くなりましたが、今回はこれで。只今出がけに急いで打っておりますので、不明点等ありましたらまたお聞きください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、単純には比べるには難しいようですね。
やっぱりアジアの言葉に比べて、欧州の文字も言葉もカッコイイので幻想を抱いていたようですね。
私は生粋の日本人ですが、日本人だから日本のものを素晴らしいと思いたいとかではなく、自分の好みならどこのものでも良いと考える方なので、もし自分の(勝手な)想像どうり日本語が原始的な言語なら、さっさと英語にしちゃえばいいのにとか思ってました。

お礼日時:2009/05/05 10:07

>この点において日本語はきわめて不完全で未発達な印象があります。



何ともまあ素晴らしい。質問者さんは日本語を極め、その限界を認識しましたとも受け取られかねない、意味の曖昧な文章を書いていらっしゃるのですから。表題に矛盾せず、日本語の極みとでも言いましょか。

人間の立ち居振る舞いは、幾く皮を剥いても剥ききれない深みがあり、決して白黒で捉えられるものではない事を、質問者さんも十分経験なさって、認識されていると思います。人間の複雑さ、そして言語は、内容をはっきり伝えるばかりでなく、内容がはっきり判っていないと言うことを、やはりはっきり伝えなくてはならない場合もあり、そんは複雑な表現を言語が許していると言うことからも、その複雑さは明らかでしょう。

質問者さんの文章など、日本語に対する十分な観察や思索や文章経験がされておらず、貴方の頭の曇りがそのままはっきり伝わってくる程、曖昧さがなく書けております。そんな素晴らしい曖昧さのない文章を書きながら、日本語が極めて不完全で未発達なのかと言う疑問を投げかけているのですね。

おっと待った、上では矛盾がない文章だと褒めましたが、実は矛盾だらけの曖昧な文章を書いているのかなと、日本語を究めていない未熟な私は支離滅裂な混乱に陥ってしまいました。

お後が宜しいようで。
    • good
    • 0

例えば「父の写真」といったとき、「父が写した写真」、「父が写っている写真」、「父が持っている写真」があいまいです。

同じことは英語の my father's picture でもあるし、私の知っているほかの言語でもあります。想像ですが、「構造的あいまい性が皆無の言語」はないでしょう。それとともに、上記のように、あいまい性を避ける言い方もあり、これは英語などでもあります。

言語は、「内容をあいまいに伝える」ことも「はっきり伝える」こともできるものであり、これは日本語だけの特質ではありません。

「あいまいに伝えることがないように」するため、どうしても法律のことばとか、特許を説明することばとかはまわりくどくなります。
    • good
    • 0

そもそも文法というものが後付けのロジックですから。


まずは生きた言葉ありきです。
そこから法則を見つけ出して当てはめたのが文法で、
「例外」や「あいまい」が出てくるのは当たり前のことなんです。

言語の役割は確かに情報伝達ですが
「はっきり」伝えることではないと思いますよ。
そのへんはその時々の必要性でしょう。

あと国語の問題については、
出来ない人ほど論理的思考が出来てない人です。
一般的には。
国語の問題にも解きかたの論理的方法があるんですよ。一応。
    • good
    • 0

アッ、すみません、イラッとするのは「新聞の小説」を読んででしたよね。

急いで訂正します、失礼致しました。ところで、新聞の「記事」は読まれているのでしょうか(信用できるできないは、おいておいて)。
ちなみに私は新聞の小説を読んでも、やはりそれほどイラッとしません。
    • good
    • 0

 英語や他の外国語ができるから日本語のあいまい性とか何とか言っているのかと思いきや、できないだなんて・・・。

他の質問では、あなたが日本語ネイティブではないんだと思って回答してしまいました。失礼しました。
 たしかに日本語は、省略などが多用されて曖昧なことも多いですよね。でも、科学の分野において使われる日本語(論文とか)は極力理解しやすいように書いているはずです。日本はどちらかと言えば科学が進んでいますよね(分野によりますが)。
 小説や詩の表現の仕方の好き嫌いは個人の好みの問題なのでここでは議論しませんが、少なくとも論文や新聞を読んでもほとんどイラッとなんて来ない私は、質問者さまのお考えに共感できません。
    • good
    • 0

日本語に限ったことではないと思います。

参考URLの例はあまり適当ではないかもしれませんが、英語でもこの例以外にも「これはどこに係ってるの?」ということはたまにあります(andやorが乱立しててどれが並立になってるのかわかりづらい文章も見ますし…)。
資格試験でそういったものに出会うとのことですが、それは解答に直接関係のあるものだったのでしょうか?もしそうであれば、それは日本語の構造的な問題というより、試験の出題者の問題でしょう。

>日本語はきわめて不完全で未発達な印象
言ってしまえば日本語だけでなく、言語というのがそもそも、元来不完全なものです。そうでなければどの言語も「古典」のまま、文法も何も変わる必要はないはずですしね。言語ごと弱点があるから、それを克服するために、言葉は、時代によって変わっていくのだと思います。

参考URL:http://ci.nii.ac.jp/naid/110002882294/

この回答への補足

確かに英語にもあるようですね。さらに質問ですが、英語が苦手で、参考の英文が日常的な文なのか良くわからないのであれなんですが、英語の日常の会話や文章での「構造的あいまい性」の頻度はどうなんでしょうか?
日本語の場合、新聞での小説でもあらゆるところで構造的、あるいは理論的にあいまい性が現れるのでイラっとすることが多いです。

ちなみに、より構造的に完璧に近い言語って言われてるのとかありますか?
英語、ロシア語、とか科学に強い国の言葉って機能的なのかな?って思うのですがどうなんでしょうか?科学力と言語は関係ない?

補足日時:2009/05/02 01:30
    • good
    • 0

こんばんは。



英文を自作してみました。
Paul bought a bicycle with a bell which is made of steel.

自転車本体がスチール製だと言っているのか、ベルがスチール製と言っているのかが不明確ですね。

ご参考になりましたら。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q言語学(英語) 右側主要部の規則

言語学(英語)で 右側主要部の規則(righthand-head rule)というのが出てきたのですが、これは何なんでしょう?
自分で調べて見ましたが、なかなか答えを見つけることができませんでした。
分かる方いたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

簡単にいえば「合成語」では右端(語末)に重要な意味を持つ語がおかれる
ということです。(例外もある)

例:言語学
学に意味がある。言語は学のひとつにすぎない。
例外:訪米
visitに意味があり米国はvisitする国のひとつに過ぎない、従ってこれは
右側主要部の原則から外れる。

略語
デパ地下・・・地下が重要でデパートは業種のひとつにすぎない。略語化
ではこのように語末をうまく生かした単語が分りやすくなります。
ナツメロ・・・懐かしい”メロディー”

言語学、右側主要部でぐぐれば多数ヒットするでしょう。


人気Q&Aランキング