私は、職場のホームページや広報誌の仕事をしている
のですが、デザインについてこれまで勉強した事がなく
自分の感覚だけを頼ったり、他のを真似たりしています。
 それで、レイアウトや、文字の配置・種類や、写真
などについて参考になる本を是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ノンデザイナーズ.ウエップブック


(毎日コミュニケーションズ)¥2900

現場の必須テクニック Web制作の仕事術
(毎日コニュニケーションズ) ¥2500

あとは7dreamとBOLというオンライン本屋のサイトで、
デザイン・コンピューターなどの項目を見てみればいいと思います。
    • good
    • 0

A better design Webペ-ジリ・デザインブック 


発行所=毎日コミュニケ-ションズ
著   者山本容子
本体価格1,780

は結構お薦めです。

詳細は参考URLをごらん下さい(^^;

参考URL:http://book.mycom.co.jp/books/bookshelf/2000/10/ …
    • good
    • 0

「わかりやすくて効果的 Webデザイン基礎講座」


ISBN4-88108-157-8
という本はWebデザインをする上で結構参考になります。

あとは雑誌ですね。
情報が早く充実度もある(と私は思います)ので、私は「日経デザイン」や「DTPworld」あたりをよく読んでいます。

ざっと立ち読みしてみて自分にあった本を見つけるのも楽しいですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルーティングの経路広報について

BGPについて教えてください。
BGPを利用して対向ルータに経路情報を広報を実施する場合、経路の広報情報はBGPのトポロジーテーブルにある経路情報を広報するのでしょうか。それとも、ルーティングテーブルにある情報を広報するのでしょうか。

Aベストアンサー

あまり参考にしないでください。(RIPしか知らなかったので調べました。)

>BGPを利用して対向ルータに経路情報を広報を実施する場合、経路の広報情報はBGPのトポロジーテーブルにある経路情報を広報するのでしょうか。
基本はそのようです。
全ての情報を送るのは初めて通信するルータだけで、お互いに接続確認している相手には変更のあった情報だけ送るようです。

>それとも、ルーティングテーブルにある情報を広報するのでしょうか。
これはRIPだと思います。

いい勉強になりました。ありがとうございました。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/iprt02/iprt01.html

Q水彩画でグラデーションみたいのをやりたいのですが。。。

文化祭の冊子の表紙のデザインを描く事になったのですが、
水彩で綺麗にグラデーションをやりたいと思ってます。
授業では均一塗りを習ったのですが、グラデーションにするにはどうやればいいかわかりません。。
A4の画用紙で背景みたいにして
色は、緑からだんだん黄色と濃いめの緑から黄色にしようと思ってます。

使う絵の具は、ホルベイン透明ケーキ・カラーの12色の固形水彩です。授業で配られたものですが。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文化祭の冊子とのことですが、印刷するんですよね?
印刷方法によっては細かなグラデーションがうまく出なかったり、別料金を取る場合がありますよ。
まあカラーの表紙にするくらいだから、大丈夫だとは思いますが念のため。

グラデーションの方法ですが、周囲に美術部またはそれに類する部の人、趣味の人はいませんか?
いれば、道具を借りると言う手もあります。
いなければ美術の先生に聞いてみて下さい。
グラデーションって案外大変ですよ~。

台紙は画用紙との事ですが、できればパネルなど平らな板に水貼りテープかマスキングテープで固定する事をオススメします。
出来上がりが断然違います。

デザインのグラデーションにしない部分をマスキングテープなどでカバーします。
大きい刷毛があれば、満遍なく水塗りをします。
全体が湿ったら、薄い色の部分から色を水平に塗って行きます。
パレット上で徐々に濃い色を混ぜ水分を少し多めにしながら段々と濃い色にしてゆけば2色ですので、なんとなくグラデーションになります。
もっと簡単にするなら緑と白のグラデーションにする事です。

上記より簡単なのがエアブラシで吹き付けです。
同じようにマスキング後、グラデーションに水平に薄い方から吹き付けてゆけば境目もぼけるので初心者でもきれいに見えるグラデーションになります。

問題点は透明水彩は広い面積むら無く塗ればきれいですが、固形となるとのばすのは大変だと言う事。
ポスターカラーのようにはみ出たり失敗した部分を塗りつぶす事ができない(透ける)

手作業でなくてもよければ、コンピュータ処理も簡単です。
下絵をスキャナで取り込み背景部分を色指定してグラデーションにするだけです。
ただしそれを印刷するカラープリンタかデータ入稿を受け付けてくれる印刷所が必要です。

色を塗らないで、印刷所に色指定と言う方法もありますが、こちらは印刷所と相談が必要ですし刷り上がってこないと実際の色は確認できません。

手作業でもう一つ。
学校の施設にもよりますが、シルクスクリーンが利用可能なら背景部分の版をつくりグラデーション予定の垂直方向端にインク2色を置きスキージでなじませ、一気に刷るとまっすぐなグラデーションができます。

長くなりましたが、どれかが参考になれば嬉しいです。
頑張って仕上げて下さい。

文化祭の冊子とのことですが、印刷するんですよね?
印刷方法によっては細かなグラデーションがうまく出なかったり、別料金を取る場合がありますよ。
まあカラーの表紙にするくらいだから、大丈夫だとは思いますが念のため。

グラデーションの方法ですが、周囲に美術部またはそれに類する部の人、趣味の人はいませんか?
いれば、道具を借りると言う手もあります。
いなければ美術の先生に聞いてみて下さい。
グラデーションって案外大変ですよ~。

台紙は画用紙との事ですが、できればパネルなど平ら...続きを読む

Q「うらやす」の先生で「チェン」

けっこう昔で、うらやす(正式名称かどうか判りません)というギャグマンガに登場してきた
多分、先生だったと思うんですが、名前の語尾に「チェン」をつけて「○○チェーン」というふうに
人を呼ぶキャラがいたような記憶があるんですが、それは誰だかご存知の方いらっしゃいますか?

当時の友達がコミックスを持っていて、家にお邪魔した時に何度か読んだことがある程度なので
記憶が曖昧で、マンガとキャラとを思い違いしているかもしれませんが…
ちょっと気になるので、よろしくお願いします^^;

Aベストアンサー

浦安鉄筋家族に出てくる春巻 龍だと思いますよ。

主人公の担任の先生です。

Qピアノの練習方法 オススメがあれば是非

小学生の頃5年ほどやっていたピアノをもう一度弾きたいと思っています。
集中力がないのか、楽譜を読むのがとても苦痛でしかたなく、何時間も楽譜を見つめたまま根負けしてピアノを閉じてしまっていました。

再び楽譜を開いてみましたが指も全く追いつかず、#が二つ三つでてくるとそれだけで楽譜を閉じたくなります。
長年ピアノをやっている友達に尋ねると私のピアノ教室とは違うやり方で教えていたようです。
楽譜を読むというのは基本ですよね?
楽譜を読むのが苦痛でなくなり、指を置けるようになる練習方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ。
私も同じ悩みを持つ者の一人です。大人になって教室に通ったんですが、その先生は「練習は自分にとって易しく弾ける曲と同時に、ちょっと難しい曲も練習するといい」と言ってました。
とても好きだけど今の所太刀打ち出来ない曲にチャレンジしてみる事は、「どうしても弾いてみたい」という気持ちが強いので1小節とか2小節だけでもいいので、片手でもいいからとにかく練習します。楽譜を読むのはかなりの忍耐ですが、好きな小節だけとか、全部やるわけではなくても、後で今のレベルに合う曲を弾こうとしたときに以前より少し易しく感じる気がします。
なので「これは難しいけど絶対やりたい」と思う楽譜を見つけて、所見で弾けそうな曲などと並行して練習するのもひとつの手だと思います。
頑張って下さいね!!

Q広報

転職を考えています。
広報に興味があるのですが、広報の募集をみると結構前職の経験とか専門職的に扱われている感じを受けるのですが、広報ってどんな仕事をしているのでしょうか?

広報はどちらかというと内勤が多いのでしょうか?それとも営業にちかいんでしょうか?

Aベストアンサー

広報は内勤ですが、会社の発表会などでは前面に立ちます。
仕事は報道機関へ、発表資料を作成し送付し記事にしてもらう事で、
報道関係者と仲良くなる事です。
また、会社に不祥事が起きたら、説明の窓口になります。
つまり、会社にとって有益な情報を広く発信し、不利な情報は火消しをします。


http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B9%AD%CA%F3

Qなぜ、日本人は馬車を使わなかったのですか?是非、教えていただけないでしょうか?。

 西洋や中国では、何千年も前かから馬車が使われてたのに対して日本では明治時代になってからやっと馬車がつかわれるようになりましたよね?
 牛車でなく馬車があれば便利高速手段となったと思うのですが。
 なぜ日本では馬は武士や馬借、馬の背に荷物を乗せて使われることまでしかなっかったのかとても不思議なのですが、そのことについて調べていますがなかなか答えに辿りつけません(ToT)そのことでプレゼンをやるひが近づいてのですかこのままだと、ぜんぜん満足のいくプレゼンができないので、どなたかお答えいただけないでしょうか?
 また日本では手紙も馬を使わず、飛脚を使っていたのかも調べてるですが、そちらのほうもお教え願えないでしょうか?

Aベストアンサー

 以下はわたしが書いたものの抜粋です。テーマが少し違うため直接お役に立たないとは思いますが、もともととても長いものですので、ヒントになりそうなところだけをブツブツと切り取ったものをご回答として。。。
 
1.世界史から見た「車」

●紀元前1595年、ヒッタイトの軍勢が古代バビロンを攻略し占領した。この戦いでは木製の車輪を持ち2頭の馬に引かれた戦車が登場している。この時代に戦車として応用されていたくらいだから、一般の物資運送用には、さらに古くから「車」は存在していたであろう。
●ほぼ起元の頃に当たる古代ローマの時代にも一頭の馬に引かせた戦車(チャリオット・シャリオ)が戦争で使用されていたし、カルタゴの名将ハンニバルのアルプス越えや敗走のシーンにも戦車は登場する。古代ローマと言えば勇壮な戦車競争があるが、ローマ人はエトルリア人からこれを教わったという。
●10世紀以降の頃、わが国では「源氏物語」が書かれた時代、ヨーロッパの主要都市では馬に引かせる荷車が広く普及している。パリではゴミや水を道路に投げ捨て、これを豚が処理していたという。ここに荷車が通るから、道路は年中ヌタヌタ状態で悪臭もひどかったという。それが理由で、やがて道路には側溝と歩道が作られ、次第に石材で舗装されるようになり、さらに大規模な暗渠が整備されることとなった。
●1200年のハンザ同盟の頃のドイツ、わが国では平清盛全盛の時代、ここにも馬車が活躍している。1618年に起こった三十年戦争では人も乗る幌馬車が活躍している。
●18世紀から19世紀、イギリスで起こった産業革命では輸送力が大きく貢献している。また、乗用の辻馬車が生まれ、炭鉱の坑内でもトロッコが活躍している。これらはディッケンスはじめ多くの文学にも登場する。
●1818年、独立間もないアメリカで、開拓民のために土地を給付する法律が施行されて、民衆は新天地を求めて西へ西へと移動を始めた。2頭または4頭の馬に引かせる幌馬車や4頭の馬に引かせる駅馬車(ステージコーチ)などは西部劇でもなじみ深い。

2.日本史から見た「車」

●古墳時代の出土品のなかに円形で、中央に穴があり、穴から外周に向けで多数の線を刻んだものがある。これが「車輪」を模したものか、あるいは宗教的な宝具なのかは不明。
●奈良朝の時代(6~8世紀頃)、唐からさまざまな文化文明が流入している。「車輪」や「車」の概念もまたあったと思われるが記録に乏しい。
●平安時代(10世紀頃)、牛車(ぎっしゃ・御所車)が見られる。平治物語絵巻「六波羅行幸巻」にはこの牛車が克明に描かれているが、一部を鉄などで補強した直径の大きな車輪に特徴があり、ここに当時の「車」が置かれた環境を見て取れる。
●天正20年(1592)、秀吉が朝鮮に出兵した時代、大坂城の火薬庫に多数の荷車に積んだ火薬が搬入されたという記録がある。特に大坂、堺などでの荷車の普及は顕著というが、その姿は不明。
●天文、元亀(16世紀頃)から始まったいわゆる戦国時代、たしかに「車」に関する記述は少ない。まして「乗用」ともなるとまったく見当たらない。少ないこともまた、その理由の推測と考証の足がかりとなる。
●文久2年(1862)に発生した生麦事件に対してイギリスへの賠償が行われることになり、イギリス軍艦パ-ル号に積み込まれる賠償金を運ぶ多数の「大八車」の絵が1963年9月12日号のイラストレイテッド・ロンドン・ニューズ紙に掲載されている。

3.構造と機能から見たわが国の「車」(あまり関係ないので1項のみ)

●路面からのショックを吸収するサスペンションバネの概念の遅れもまた、乗用の「車」の普及度の低さに関係しているかもしれない。とかくのんびりと進む牛車(御所車)の場合はともかく、バネを介在させない「車」では今日の舗装路でも、とても長時間は乗っていられたものではない。

4.中世までの環境から見たわが国の「車」

●これまでに述べたように、「車」というものは、過去、人の力、あるいは家畜の力を利用して運行できるものでなくてはならなかったし、また、その車輪の仕様や車体の寸法が当時の道路事情に合致していなくては利用度が低かったはずである。
●馬は長距離に適しているし歩行速度も速い。その点、牛は長距離には適さないし、その速度も遅いが、根気が良く、短距離かつ長時間の労役には適していた。いわば高回転高トルク型エンジンに似た馬の特性、低速トルクの高いエンジンに似た牛ということになろうか。
●戦国の世には、長距離に及ぶ街道はまだ完全に整備されてはいなかった。
●多くの軍勢は表立って街道筋を通ることを避け、山野を横切ることで、その実勢力を傍の目から隠し、同時に移動距離を縮めていた。そして戦場となるのは自然のままの原野である。このような戦術と環境では「車」は利用度が低かったはずである。
●馬、れん台、輿、駕籠などはこの点、地形やその他の環境に対して対応性と踏破性が高い。
●当時の道路事情といえば、例えば大坂、江戸、京など大都市の市中においてはかなり整備されていたはずである。しかし、ヨーロッパと異なって舗装が遅れたわが国では、一旦雨が降れば車輪がスタック(頓挫)して、そこから引き出すのにさぞかし難渋したことであろう。
●当時の都市計画から見ると、例えば大坂や堺、江戸などでは市中に物資運搬用の船が往来できる堀や運河を縦横にめぐらせることに重点が置かれていた。「車」の積載量に比較するとまさに桁違いに運搬効率の高い船への依存度が高かったからであろうし、大八車などは近距離用として副次的に使用されていたと考えられる。
●中距離、遠距離まで大八車などが引き回されることは、一部の地域や方角を除いて少なかったものと考えられる。一方、乗用ともなると、近距離なら駕籠や馬の方が地形や道幅に左右されない分だけ有利で、利用度の高さで勝っていたはずであり、ここにも乗用の「車」の普及が遅れた理由があるのではないだろうか。
●堀や運河、川などの多い大都市では当然のことながら橋が掛けられている。当時の木橋ではアーチ型に構造材を組み合わせていたことを考えに入れなくてはならない。万一、橋の上り勾配で力負けして「車」が止まってしまうと、「転がり抵抗」も加わって、再度発進させることには大変な労力を要する。坂の多い地域もまたしかりである。物資運搬用の大八車なら丁稚などに手伝わせることもあったであろうが、このような環境においては人力はもとより、牛馬を使う「車」が乗用の営業運行にまで発展しなかった理由がここにもありそうである。
●都市間の移動となると、とかく問題となるのが箱根、山科といった山道、峠道、そして、当時は橋がなかった一級クラスの河川であったろう。たとえ大名行列といえども、そして大人数のお供がいるにしても、「車」はとかく不便であったに違いない。ここでも駕籠、馬、れん台の方が利用度の高さではるかに勝っている。
●当時の街道を考えてみるにつけ、現存する旧東海道(横浜市戸塚区、保土ヶ谷区内)の道路の幅員の狭さに驚かされる。車幅1700ミリの5ナンバー車が一台やっと通過出来る程度の道幅であり、大八車などが頻繁に往来するにはあまりにも狭い。

 以下はわたしが書いたものの抜粋です。テーマが少し違うため直接お役に立たないとは思いますが、もともととても長いものですので、ヒントになりそうなところだけをブツブツと切り取ったものをご回答として。。。
 
1.世界史から見た「車」

●紀元前1595年、ヒッタイトの軍勢が古代バビロンを攻略し占領した。この戦いでは木製の車輪を持ち2頭の馬に引かれた戦車が登場している。この時代に戦車として応用されていたくらいだから、一般の物資運送用には、さらに古くから「車」は存在していたであろう。
...続きを読む

Q!!広報の仕事の方おしえてください

私は、高校1年です。大学の工学部に入りたいと思っています。広報の仕事につくには、必ず必要な資格はない!と、ネットに書いてありました。それって、本当ですか?、それと、工学部から、広報の仕事につけますか?
工学部に、すすみたい理由は、広報の仕事で、開発の方の、よき理解者でありながら、広報活動したいからです。
長くなりました。すみません!

Aベストアンサー

工学部には行かない方がよい。
大学での講義は広く浅く、基礎の基礎です。
企業での製造技術、製品技術は企業が皆さんを教育します。大学の教育を信用してない、と言うと言い過ぎですが、大学出て、即、設計の第一線では働けません。
広報も立派な仕事ですが、わざわざ工学部で何の役に立つのかわからないことを学ぶ必要はないでしょう。
工学部で学ぶなら、即には、役に立たないとは言え、企業でのものつくりに生かすべきです。

Qデッサンと色彩感覚どちらが重要?

美大や美術研究所ではまず石膏デッサンをやらされると思います。
来る日も来る日も・・・その理由は分かります。対象の形を忠実に写しとり、光りと影で表現するテクニックをつける為だと思います。

では、油絵や日本画、水彩画の彩色は?
その人独特の色彩感覚があるでしょう。よく言われる色感がいいとか、悪いとかです。これは生まれもった、その人だけのセンスの問題だと思いますので後天的になかなか修正出来ないのでは?と思います。

そこで専門的に絵の勉強をされておられる方にお聞きしたいのですが、
やはりデッサンは訓練で何とかなっても、色はどうしようもないものなのでしょうか(色彩音痴)?
また、作品で色がどんなに魅力的でも対象の形が取れていない(デッサン音痴?)ものは明らかにダメなのでしょうか?

Aベストアンサー

私が来る日も来る日もデッサンをしていた時、よく言われたのが
「絵は右脳で描くものだ。左脳で描くものではない」
「絵は延髄で感じるものだ、大脳で考えるものではない」
ということでした。
要するに「理屈で捉えるな、感じたままを表現しろ」ということです。
デッサンはその表現力を養うもので、デッサンさえできればいい絵が
描けるということではありません。

色彩感覚が遺伝的要素や幼少期の経験で決まると本気で考えるならば
もう絵を描くのはよしたほうがいい。
いっぱい良き絵画やデザインやファッション、建築を観てセンスを
養うことが重要です。
確かに、圧倒的な色彩感覚を持った人がいます。
私も今まで何人か出会いました。
でもね、「これはかなわない」と思ったらそこで終わり。
彼らの色彩をパクリ、彼らの感覚になりきって徹底的に模倣します。
そうした外部から侵入した「異質感覚」は、自分が持っている
「潜在的感覚」を刺激し自分独自の色彩感覚を生み出します。
そして、同時に「色彩に対する幅広い見識」を持つ事ができる
はずです。

そんなことよりも
「石膏デッサンをやらされる」という言葉が気になります。
「計算ドリルや漢字書き取りをやらされる」と同じスタンスでデッサン
を捉えているのでしたら、なるべくやらないほうがいいです。
別にデッサン力がなくても、素晴らしい絵は描けます。
でもね、デッサン力は例えるなら
「筋力」や「体力」みたいなもの。使わなくとも邪魔にはならないし、
「貯金」みたいにいざという時あると、助かる時が必ず来ます。

私が来る日も来る日もデッサンをしていた時、よく言われたのが
「絵は右脳で描くものだ。左脳で描くものではない」
「絵は延髄で感じるものだ、大脳で考えるものではない」
ということでした。
要するに「理屈で捉えるな、感じたままを表現しろ」ということです。
デッサンはその表現力を養うもので、デッサンさえできればいい絵が
描けるということではありません。

色彩感覚が遺伝的要素や幼少期の経験で決まると本気で考えるならば
もう絵を描くのはよしたほうがいい。
いっぱい良き絵画やデザイン...続きを読む

Qファッション業界の広報って??

ファッション業界の広報って他の広報と明らかに違うところとは何なのでしょうか??
あと、ファッション広報の問題点や課題点などありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

明らかに違うというよりは、他も似たり寄ったりだとは思うのですが、雑誌編集者やライターさんとの個人的な交友関係が重要になります。
他の業界でも、大なり小なりそういうことはあるでしょうが、ファッション業界の場合、一般誌とはまったく異なる、特有の人脈が必要になるので、その点で他業界経験者は即戦力としては役立たない可能性が高くなります。

ごく一部の有名ブランドを除いて、広報を持つクラスのブランドでは、やはり雑誌等での露出が、売上に大きな影響力を持ちます。編集者、ライターさん、スタイリストさん、広告代理店担当者など、各媒体関係者と親密になっていれば与えられる露出機会が、一般的な仕事上の付き合いしかない人のブランドにはなかなか与えられないなどは、よくあることです。

その分、業界内での顔つなぎ的な業務が中心になることもあり、私生活と仕事の切り分けが難しく、経費や勤務時間の厳密な算定ができずに、持ち出しになってしまうことも多いのは、問題点と言えるかもしれません。

Qソルフェージュや楽典はいつからやればいいのでしょうか。

私は今中1です。
3歳から今までピアノを習っています。
私は小さいころから音楽の学校に入って、音楽のことを勉強して音楽の道にいけたら・・という夢があります。
そして今、高校か大学で受験しようと考えています。
今では本格的にソナタやバッハなどという曲をやっていて高校受験に向けて必死に練習・勉強しています。
受験をした方はいつからソルフェージュや楽典などをやってましたか?
私はソルフェージュを小5のときから習い始め、中1のなかでは1番できると言われて、中2・3年生と一緒に習っています。
楽典の方は、今年の4月から習い始めたばかりです。
高校や大学によっては楽典も試験にでると聞いたんですが、どうなんでしょうか。
またソルフェージュや楽典の問題というのはどういったものなんでしょうか。
やはり聴音を主にやるんでしょうか。
音楽の学校を受けた方に限らず知っていたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

楽器店の楽譜コーナーなどで、音楽高校、音楽大学の入試課題(ピアノ課題曲など)や過去問題(楽典、聴音、新曲、初見など)
をまとめた本が出ているので、ぜひ早急にチェックしてみてください。
自分が今やっているレベルと比べられると思いますよ。
結構問題は難しいので、準備期間が必要です。
がんばってくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報