グラン・ツールの季節がやって参りましたが・・・

ツール・ド・フランスの表彰式が始まる際、現地でブラスバンドで生演奏されるファンファーレ、毎年気になっているのですが・・・Jスポーツでも、
グラン・ツール共通オープニング、というのでなく、
ツール・ド・フランス限定で、ライブ中継が始まるとき、黄色いロゴがくるくる回りながら、少しテンポアップしたデジタル編曲のその曲が流れる・・・タ・タ・タタタタンタタタ・タタタ・タタタ・・・「おお、あれか」と分かって下さるかた、いらっしゃいませんか?(汗)

短い曲ですが、どこかからダウンロードできたり、
着メロにできたりすると嬉しいのです。
Jスポーツサイトの「番組使用楽曲」のページにも載っていません。
ツール・ド・フランスの主催者に訊けば分かるのか・・・?
何かご存知のかたがいらしたら教えてください。
現地で聴いた!というお声だけでも嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

某巨大掲示板では「とれたてのたまご」とされている曲ですね。


もう何年も前から曲名知りたいとかダウンロードしたいとか言う人が多数いますが、
実際の曲名とかはわかっていないようです。
もちろんダウンロードなんてありません。

主催者に聞けばもしかしたら曲名ぐらいはわかるかもしれませんね。
JSportsが主催者と契約して着メロとか作ってくれたらいいんですけどね~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たまごらしいですね(w ブラスのインスト曲なのに空耳歌詞(www
お答えを頂いて、
巨大掲示板、公式サイト、you tube内の公式チャンネル、観戦ブログ、と改めていろいろ巡ってみましたが、やっぱりさっぱりでした。
 もう着メロは耳コピで自作するしか・・・?(汗
 やはり地道に今年の放送を録画して、音を採ってみようと思います。
なかなか情報がなくて、この広いウェブの世界で途方に暮れていた中、早速にお答えを下さってとても嬉しかったです。本当にありがとうございました!

お礼日時:2009/05/07 00:31

ツールドフランスの公式テーマソングはCD等で発売されていると思います。

ドイツの電子楽器集団のクラフトワークが演奏していますので、そちらのアルバムからお探しになったらいかがかと思います。アマゾンあたりで視聴できるのではと思いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかげさまで、アマゾンで試聴できましたが、
いわゆる「と・れ・た・て・のおおおおおお、たああああああまああああごおおおおおおおおおおおお」にあたるメロディーは収録されていないようでした。クラフトワークの作品は、コース紹介のBGMに使われる、ピッピッピコピコ・・・という打ち込み音楽で、アルバムに収められているどの曲も、とてもかっこよかったです。人間がメカ(バイク)と一体化して走る様子を表しているそうです。レーサーの心拍が音楽として表現されています。レビューの評価もとても高かったです。良い物を聴く機会を頂けて、ありがとうございました。
ジロ・デ・イタリアが始まって、ランスのウィニング・ランも見れたし(違)、これから楽しみですね^^

お礼日時:2009/05/10 16:49

毎年同じなんでしょうか。

昔と同じでしたら表彰式の楽曲は映画「Time Machine」のサントラ盤に収録されています「Stone Language」の合唱部分だと思います。かなり編曲され、テンポも早くなっていますから私には同じ曲とは思えませんが…ユー・チューブで探したら有るのではと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

you tube で聴けましたが、「ん~?」て感じでした・・・でも早々に答えて下さって、とても嬉しかったです。ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/06 23:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツール・ド・フランス の映像(VHS、DVD)

ツール・ド・フランス の映像(VHS、DVD)

ツール・ド・フランスの映像(VHSかDVD)で、
競技は勿論ですが、選手達の日常のトレーニングやバイクの整備の模様、
参加前後の選手の心理面の葛藤、競技中の苦悩(苦闘)が描かれているような
映像をご存知ないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「OVERCOMING-ツール・ド・フランス 激闘の真実-」や
「ツアー・オペレーター/知られざるツール・ド・フランス」
などはどうでしょうか?
チームスタッフ視点から見たツール・ド・フランスのドキュメント映画です。

Qジロ・ツール 自転車レースの楽しみ

今BSでジロ・デ・イタリアを生放送で見ています。
もう少しすればツール・ド・フランスも開催されるそうです。

モータースポーツは好きですが、
自転車レースの楽しみがよくわかりません。

自転車レースの楽しみとはどのようなものでしょうか?

<ジロ・デ・イタリア>
http://www.jsports.co.jp/cycle/giro/
<ツール・ド・フランス>
http://www.jsports.co.jp/cycle/tour/

Aベストアンサー

同じヨーロッパ発のチームスポーツですからF1に近い面も多々あります。
F1は勝つために合理化されNo2ドライバーがエースのために勝利を譲ることや紳士協定なんかも薄れてきていますが、サイクルロードレースではまだまだ残っており、人間臭いスポーツですね。

単なる速さだけを競うのではなく、チーム力、作戦、戦略、駆け引き、紳士協定などもあって、それらが複雑にからみあってレースになってます。そういう面も含めて楽しめるならめちゃくちゃハマりますよ。

モータースポーツは車の性能でほとんどの優劣が決まってしまいますが、自転車は選手の能力が占める部分が多いので不公平感も少ないです。


あと、別の楽しみ方としてはヨーロッパの景色ですね。私が一番見てて癒される景色はツール・ド・スイスです。是非見て下さい。

Q使いやすいマルチツール

過去に似たような質問がありますが、私が知りたい答えではなかったので質問させて下さい。

ロードバイクに乗り始めて1年ほどになります。

そろそろマルチツールの購入を考えているのですが、色々なメーカーから色々な種類が出ていて、どれを選んでよいのかわかりません。

アドバイス頂きたいのは次の3点です。
1.どのメーカーがよいのか
2.最低限何がついているのがよいか
3.チェーン切りはマルチツールに必要か

このメーカーのは使いやすかった又は良くなかった、これが付いているものを選んだ方が良い、これはついていても余り使わなかった等、実際使われている方々の体験談でも結構です。

ちなみにロードバイクは40~80キロのサイクリングや20キロほどの通勤に使っています。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1.
TOPEAKのマルチツールでも良いです。
http://www.topeak.jp/tool/tol122.html

2.
最低限、何種類かのアーレンキーだけで十分です。
シートポストを調節するにしても、クリートを調節するにしてもアーレンキーが無いと調節できないです。
出来たら+ドライバーが有れば言うことはないですがブレーキの調節とかは走行する前に調整できるからです。

3.
必要ないです。
チェーンがきれるなどのトラブルは滅多に起こりませんし、そうなる前にこまめにメンテナンスしておけばトラブルも防げますから。

Qチェーンクリーニングキット、フィニッシュライン or パークツール

チェーンクリーニングキット、フィニッシュライン or パークツール

今度買うことにしました。
洗浄能力には違いがないようですが、フィニッシュラインのは、
シングルスピードに対応してないそうなので、持っているママチャリに使えないのが
どうかな、と。(ママチャリに使うのもどうかなと思いますが。リンクはずせばどぶ洗い出来ますし。)

洗浄能力に限界があることは知っていますが、シマノのリンクなしチェーンのため、
入り用かな、と思います。
デザインと、ケミカル類を多く出すフィニッシュラインに気持ちが傾いていますが、
シングルスピードに使えないのが、ちょっとネックです。

これらを考慮して、どうなのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

どちらも使ってみましたが
個人的にはパークツールの方が
まず、耐久性があり
さらに、使い勝手もいいと思いました。
洗浄力の差は特に感じませんでした。
楽なので重宝してます。

パークツールに較べフィニッシュラインは
特に蓋が割れやすいと思います。

この夏もまた
フィニッシュラインを割ってしまったので
近所のお店を回ったのですが
パークツールが店頭になくて
またフィニッシュラインを買ってしまいました。

Qロードバイクを追い抜くと嬉しくてたまりませんか

ドロハンクロスに乗って20キロぐらいの速度で流していたら
後ろからママチャリに乗った中坊らしき奴等が3人、目一杯飛ばして来て
こちらを追い抜いてから
やったー、ロードバイク抜いたぞと叫んで喜んでいたのですが
ロードバイクを抜いただけでそんなに嬉しいものなのですか。

それにこちらは
ロードバイクじゃないし
しかも
トロトロと20キロで流していただけだし。

馬鹿じゃないの。

Aベストアンサー

まぁまぁちょっとだけ人を幸せ、喜びを
与えたと思って冷静になってください。
中学生ぐらいの時は、勝負したり、白黒
させることで、優越感を得たいものです。
特に自分より優れていたり、高価なものを
持っているものに対して、勝りたいという
気持ちが強いものです。
まぁそういった心理が働き、今回抜いたことで
嬉しかったことだと思います。
まぁ馬鹿と言ったら馬鹿かもしれませんね(笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報