この実験の目的は 粘土中のAl Fe Tiの検出です。質問内容は下の方です

手順1 乾いた三角フラスコの底に粉末状にした粘土の粉を広げ、これに濃硫酸1.5ml加える。フラスコの口に時計皿をおき、二分間加熱を続ける。

手順2 フラスコを金網からおろし、最低30秒放冷した後底をバットの水で30秒間冷やす。

手順3 フラスコ内へ純水10mlを一度に注入し、金網上で30秒間煮沸して熱いうちにろ過する。

手順4 ろ液を三角フラスコにとり、3%の過酸化水素水1mlを加える。このとき液は黄色になる。これを沸騰するまで加熱した後水冷する。加熱により色が薄くなる。

手順5 上記の液に水酸化ナトリウム水溶液6mol/lを10mlを加えると赤褐色の沈殿が生ずる。

手順6 これを温めてろ過する。受け皿にあらかじめ1滴の1%のフェノールフタレイン溶液を入れておき、ろ液が濃赤色になることを確認する。もし赤くならなかったならば、ろ紙上に水酸化ナトリウム水溶液を追加する。

手順7 数ml以上のろ液が得られたら、これに塩化アンモニウム1gを加え、さらに液の色が薄いピンクになるまで6mol/lの塩酸を滴下すると、白色のり状の沈殿が生じる。 

質問1 手順4で過酸化水素水を加えて加熱するのは何故?
質問2 手順5で得られる赤褐色の沈殿から、粘土中にどんな元素が含まれているのですか?
質問3 手順6で、ろ液がフェノールフタレインで赤くならなかっとき、ろ紙上にNaOH水溶液を追加するのは何故?
質問4 手順7で、ろ液にNH4Clを加えるのは何故?
質問5 手順7で、白色のり状の沈殿が生じることから、粘土中にどんな元素が含まれているのですか?
以上この5つが質問です。どなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問1 手順4で過酸化水素水を加えて加熱するのは何故?


 手順1~3で全ての金属が硫酸塩として溶解しているのですが、鉄は2価と3価のものがあります。次の手順5で鉄イオンをすべて沈殿させるためには酸化させ全てを3価のイオンにしておきます。酸化剤として過酸化水素を使います。
質問2 手順5で得られる赤褐色の沈殿から、粘土中にどんな元素が含まれているのですか?
 赤褐色の沈殿は水酸化鉄(3)です。鉄の分離操作です。さらにアルミニウムは水酸化アルミニウムからアルミン酸イオンへ変化して溶解します。
質問3 手順6で、ろ液がフェノールフタレインで赤くならなかっとき、ろ紙上にNaOH水溶液を追加するのは何故?
 十分に反応が起こらないとき(硫酸酸性溶液に水酸化ナトリウムを加えアルカリ性にする)と、水酸化アルミニウムが残ります。全てのアルミニウムをアルミン酸イオンに変化させるためです。
質問4 手順7で、ろ液にNH4Clを加えるのは何故?
 次の操作で中性付近の溶液にするため、緩衝作用のある塩を加えます。緩衝液として、中性付近でのph変化を少なくするためです。
質問5 手順7で、白色のり状の沈殿が生じることから、粘土中にどんな元素が含まれているのですか?
 中性ややアルカリ性で水酸化アルミニウムのコロイド状沈殿が生じます。白色のり状の沈殿はこれで、アルミニウムの分離操作です。アルミニウムは両性元素ですから、酸にも塩基にも溶けます。ややアルカリ性付近で安定な水酸化アルミニウムの沈殿を得るため緩衝溶液とします。

この回答への補足

もう一つ質問です。‘この実験を化学反応式を用いて説明せよ’なんて課題を出されてしまいました。自力でやろうとしたのですが全く分かりません。誰か教えて下さいm(_ _)m

補足日時:2001/03/10 19:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

dragonさん久しぶりです!この前はありがとうございました!またこの質問に回答して下さってありがとうございます!実験の参考にさせていただきます。(自分では質問3ぐらいしか分からなかった…)

お礼日時:2001/03/10 19:09

 前回の回答の補足です。

土壌の分析法として今やられたのは湿式酸分解法の1手法です。(硫酸-過酸化水素による酸分解法、他にフッ化水素酸を使用したものが多くあります。=珪酸はフッ化水素酸で溶けるから)
 試料中の金属元素は主に酸化物として存在しています。湿式酸分解法でこれをぶべて溶解(イオン化)します。反応式としては硫酸塩となると考えてよいでしょう。
 前処理の反応式
 2Fe2O3+3H2SO4→2Fe2(SO4)3+6H2O
 このとき、FeSO4ができますから過酸化水素で酸化させ、Fe2(SO4)3に変化させます。
 あとは同様に考えて下さい。
5)水酸化鉄(3)の沈殿
 Fe2(SO4)3+6NaOH→2Fe(OH)3+3Na2SO4
 アルミニウムは Al(OH)3を経てAl02-(アルミン酸イオン)として溶解します。
7)水酸化アルミニウムの沈殿
 NaAlO2+HCl+H2O→Al(OH)3+NaCl
あとは、原子吸光分析などでTiの量を測定します。
 あの、カオリナイト(粘土)の分析ですしたね。ケイ素はどうするの?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回目の回答ありがとうございました。自分化学式全くだめなんでほとんど理解できませんでした。化学式もう一度復習してみます。あと、ケイ素?何ですかそれ?まだ自分で調べてもいないので、調べてみます。また機会がありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/14 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【薬】5mgを1錠と1mgを5錠は同じ効果ですか?

タイトル通りですが、成分5mgを1錠服用する場合と成分1mgを5錠服用する場合の効果は同じと考えてよいのでしょうか?
ちなみに、精神安定剤の「レキソタン」という薬なのですが、この薬は1mg、2mg、5mgの3種類があります。
私は手元に1mgと2mgのものを持っているのですが、強い効果が欲しいとき(レキソタン5mgが飲みたいとき)に、1mgを5錠、または1mgを1錠と2mgを2錠服用したら効果は得られますでしょうか?

Aベストアンサー

厳密に言うと違って来ます。

5mg1錠の場合、一粒が時間をかけて溶けて行きます。

1mg5錠の場合、表面積が大きくなるので、
5mg1錠が全部溶けるよりも早く、1mg5錠が体内で溶ける事になるので、
血中の薬剤濃度が一気に上昇します。
故に、お薬の作用は5mg1錠の時より急激であり、なおかつ、いくらか短時間になります。
臓器への負担は大きくなるでしょう。
場合によっては悪い影響を与えるので、決められたものを飲んだ方が良いかと思います。
詳細は、ベテランの薬剤師にご相談ください。
私は良く質問しますが、若い薬剤師さんからは、あまり的確な回答が返ってこない事が多いみたいです。

Qエタノールの水溶液0.220mol/Lは 何mmol/mlか。また、この水溶液の比重を1.00とする

エタノールの水溶液0.220mol/Lは 何mmol/mlか。また、この水溶液の比重を1.00とすると、何重量%か。 無水酢酸が7.25gある 。物質量を求めよ。また密度が1.08g/cm^3とするとき体積を求めよ。 この2つの質問の答えを御願いします。

Aベストアンサー

…何だかおかしな問題文ですね.あと質問文を丁寧に書いて頂けないでしょうか?2つの質問と書いてありますが,
①エタノールの水溶液0.22mol/Lは何mmol/mLか?
②①の水溶液の比重が1.00とすると(エタノールが)何重量%か?
③無水酢酸が7.25gの物質量はいくらか?
④③の密度が1.08g/cm^3とする時の体積はいくつか?
という4つの問題があるという解釈で宜しいでしょうか?


①は0.22mol/Lのエタノール水溶液があって,これの濃度の単位をmol/Lからmmol/mLに変えるという意味なら,mol側にもL側にもm(ミリ)を付けているので数値は変わらない.
よって0.22mmol/mLでしょうね.
例えば1gというのは1000mgですよね?mは10^(-3)の意味がありますが,
今回の質問における単位換算では分子側,分母側ともにmが入っているという事は,
0.22×1000[mmol]/1000[mL]という事なので,分子側・分母側の1000を約分すれば良い.

②エタノールの分子量が46g/molとすれば0.22mol/Lの水溶液なので,エタノールの量は
46[g/mol]×0.22[mol/L]=10.12[g/L]
比重が1.00という事は10.12g/kg=0.01012g/g
後は重量%にする(百分率)という事なので
0.01012g/g×100%=1.012%

③無水酢酸の分子量が102g/molとすれば,7.25gの物質量(mol)は
7.25[g]/102[g/mol]≒71.1mmol

④無水酢酸7.25gの体積を求めたいなら単に密度で割ればよいので,
7.25[g]/1.08[g/cm^3]≒6.71[cm^3]


回答は以上ですが,もう少し具体的に何が分からないのかを明確にした方が良いですよ.
もし宿題ならこんな回答を丸写ししても身に付かないから意味がないですしね.

…何だかおかしな問題文ですね.あと質問文を丁寧に書いて頂けないでしょうか?2つの質問と書いてありますが,
①エタノールの水溶液0.22mol/Lは何mmol/mLか?
②①の水溶液の比重が1.00とすると(エタノールが)何重量%か?
③無水酢酸が7.25gの物質量はいくらか?
④③の密度が1.08g/cm^3とする時の体積はいくつか?
という4つの問題があるという解釈で宜しいでしょうか?


①は0.22mol/Lのエタノール水溶液があって,これの濃度の単位をmol/Lからmmol/mLに変えるという意味なら,mol側にもL側にもm(ミリ)を付けてい...続きを読む

Q薬の成分について

薬(錠剤)には、「成分○○○50mg」といったものがありますが、 その錠剤の重さは200mgあったりします。この場合、残りの150mgは何が入っているのでしょうか。
また、薬効成分は錠剤中、均等に分布しているのでしょうか(錠剤を1/2にすると成分も1/2になるのか否か)。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先ず、残りの150mg は、その他の成分が含まれています。

市販薬の場合は説明書に「添加物」として書かれています。
例:乳糖、澱粉、プロビルセルローズ 等

錠剤の場合は、特に説明書に書いてある場合を除いて、割ったりすることは好ましくありません。「噛まずに服用」等と明記していることも多く、吸収される時間を遅らせたり、成分が混ざると変質して効果がなくなる場合もあるようです。

ご参考まで。

Q水溶液の液性と硫化物の沈殿

水溶液の液性と硫化物の沈殿についてです。質問が多くてすみません。

http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/2004/04ko3-49.htm#硫化物の沈殿

上のサイトのように、硫化物が沈殿するかどうかというのが、イオン濃度の積と溶解度積との大小関係で決まるのは、どうしてなんでしょうか。

Aベストアンサー

沈殿するかどうかがイオン濃度の積との大小関係で決まる量のことを「溶解度積」と呼びます。したがって、ご質問は「溶解度積」の定義そのものと思います。

2Ag+ + S2- ⇔ Ag2S

この反応式で、左辺は溶液中の銀イオンと硫化物イオンを表わし、右辺は沈殿物(固体の硫化銀)を表わします。この反応が化学平衡に達しているときは、各イオンの濃度と沈殿物の量は時間的に変化しません。

ここに、Ag+を加えると、一時的に右向きの反応が起こってS2-が減少します。また、S2-を加えると、一時的に右向きの反応が起こってAg+が減少します。
両方を加えたら、やはり一時的に右向きの反応が起こって、Ag+とS2-が消費され、各イオンの濃度がある値に落ち着きます。
このように、Ag+とS2-の濃度は、何かの関係によってしばられています。

化学平衡の法則(質量作用の法則)によれば、この関係はKを平衡定数として
[Ag+]^2 [S2-]/[Ag2S] = K
で表わされます。ここで、[Ag2S] は《固体の硫化銀中の》Ag2S濃度なので、溶液の方のイオン濃度とは関係なく一定になります。そこで、K[Ag2S] を新しい定数 Kspとして置き直すと
[Ag+]^2 [S2-] = Ks

このKsを溶解度積といいます。[Ag+]^2 [S2-]がKsを超えると、右向きの反応(沈殿が増える)が起こってKsに戻ります。[Ag+]^2 [S2-]がKsを下回ると、左向きの反応(沈殿が溶け出す)が起こってKsに戻ります。

http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/2004/04ko3chem.htm
ここの42番ぐらいから話がつながっているので、読み直してみてください。

沈殿するかどうかがイオン濃度の積との大小関係で決まる量のことを「溶解度積」と呼びます。したがって、ご質問は「溶解度積」の定義そのものと思います。

2Ag+ + S2- ⇔ Ag2S

この反応式で、左辺は溶液中の銀イオンと硫化物イオンを表わし、右辺は沈殿物(固体の硫化銀)を表わします。この反応が化学平衡に達しているときは、各イオンの濃度と沈殿物の量は時間的に変化しません。

ここに、Ag+を加えると、一時的に右向きの反応が起こってS2-が減少します。また、S2-を加えると、一時的に右...続きを読む

Q成分量の計算。

薬学部1年のものです。
次の問題を解いたのですが、答えが合わず困ってます。

小児科 5歳児
処方(1)アスベリン散(10%) 1回0.1g 1日0.3g(製剤量として)
   (2)ペリアクチン散(1%) 1回0.16g 1日0.48g(製剤量として)
    1日3回 朝昼夕食後 5日分      以上

問1 処方薬(1)の成分量は、1g中で何mgか。
問2 処方薬(1)の製剤量に含まれる成分量は、1日あたり何mgか。
問3 処方薬(2)の成分量は、1g中で何mgか。
問4 処方薬(2)の製剤量に含まれる成分量は、1日あたり何mgか。

問1 100mg  問2 20mg  問3 10mg  問4 4mg
が解答例です。

1と3は、わかるのですが、2と4がわかりません。
2は30mg、4は4.8mgだと思ったのですがどうでしょう?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

あなたの答えで正解です。

QNaCl水溶液にAgNO3水溶液を加えると、AgClの白色沈殿が発生する理由は?

質問の内容はタイトルの通りです。
イオン化傾向などと関係あるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無機物の塩は、+イオンと-イオンが結合して生成します。AgClなら、Ag+とCl-です。
このような塩は、水の中で+と-の元のイオンに解離することによって溶けます。これは、解離定数で表されます。

>AgClの白色沈殿が発生する理由は
沈澱ができるというより、解離定数が小さいので、+と-に解離せず、したがって沈澱のまま、になります。
 解離定数の逆数を結合定数といいますが、この値が大きい。すなわち、AgとClは、ガッチリと結合しているので、水に溶けるのに必須の+と-に解離しないので、沈澱になる、と説明と分かった気になります。

すると、「AgClの解離定数はなぜ小さいのか」という疑問が湧いてきますが、それは「性質だ」としか答えられません。なぜを言い続けると、最後は誰も返答できません。

>その物質に含まれる陰イオンとAgが結合するのでしょうか?
Cl-、CrO4--の解離定数は小さいので、Ag+反応すると沈澱ができます。
NO3-とは、解離定数が大きいので、水に溶けます。と言っても、濃度次第です。

Q栄養ドリンクに入っている生薬の成分表示について教えてください。

栄養ドリンクに入っている生薬の成分表示について教えてください。

例えばニンジンエキス100mg(原生薬として1000mg)
とニンジンエキス200mg(原生薬として1000mg)があるとして
この両者を比較すると100mgの方は200mgに比べて2倍濃縮されている。
しかし、100mgも200mgも有効成分の量は一緒、、このような理解でいいでしょうか?

Aベストアンサー

ニンジンとは日本薬局方(局方)にもちゃんと乗っている生薬の成分でニンジンを粉末にしたものです。
エキス剤と言うのもちゃんと局方に出ており、「生薬の侵出液を濃縮して製したもの」と記載があります。

つまりニンジンエキスと言うのは生薬であるニンジンの侵出液を濃縮したものと言うことです。
元のニンジン末の量は同じで、抽出方法は不明ですが濃縮度合いが違うと言うことで質問者さんの解釈で問題無いですよ。

他の方が「化学変化して、ベンゼン」ができると書かれていますが、全く意味不明ですので気にしなくて良いです。
ベンゼンとは有機溶媒でそんな物ができる反応がドリンク内で起こるわけありません。起こってたら売る前に起こりますよ…
何なんでしょうね。こういう嘘の知識は…ちょっと化学がわかればわかるのに。

それともベンゼン環と言いたかったのかな。まぁそんな反応も起こらないので気にしなくてOKですよ。

QNaClを用いて涙液と等張な2w/v%の薬品Aの点眼液を300ml作ろ

NaClを用いて涙液と等張な2w/v%の薬品Aの点眼液を300ml作ろうとしている。
これに必要な薬品AとNaClの量を求めよ。ただし、薬品Aの容積化は30mlとする。

という問題について質問です。
2w/v%なので300mlに必要なAは6gだから、
Aを6g、水30×6mlにとかし、生理食塩水120mlを加えて300mlとする
と考えたのですが、ここからどのようにNaClの量を求めたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

> Aを6g、水30×6mlにとかし、生理食塩水120mlを加えて300mlとする

等張な生理食塩水に,等張でない液混ぜて,等張になるわけないでしょう.
混ぜた後全体で等張になるようにするってこと.
Aの分子構造とか浸透圧の食塩相当量とかそういうのが与えられてなければ計算不能.

> 薬品Aの容積化は30mlとする。

なに,これ?

Qまぐろの缶詰の鉄成分

まぐろの缶詰の成分を見ていますと、水煮より味付けの缶詰の方が、鉄の成分が多くなっています。
この差は、味付けの仕方によるものですか? 教えて下さい。

 参照した資料は、「食品成分表 2011」です
缶詰 水煮  フレーク、ライト   鉄分 0.6mg きはだ  液汁を含んだもの
〃  水煮  フレーク、ホワイト  鉄分 1.0mg びんなが 液汁を含んだもの
〃  味付け フレーク        鉄分 4.0mg       液汁を含んだもの
〃  油煮  フレーク、ライト    鉄分 0.5mg きはだ  液汁を含んだもの
〃  油煮  フレーク、ホワイト  鉄分 1.8mg びんなが 液汁を含んだもの
きはだ 生               鉄分 2.0mg 切り身

Aベストアンサー

こんにちは、栄養士です。

この場合の鉄分は、まぐろの身に含まれる「血」ですね。
水煮の場合、血は水に溶けだし、流出してしまいます。
油煮の場合は、血は油に溶け出さないので、そのまま残るわけです。

これが水煮と油煮の鉄分(残存血液量)の差となるわけです。

言いかえれば、味付けの差ではなく、調理方法の差によるものです。

ちなみに、
トロより赤身の方が鉄分(血液)が多いのは、お分かりですよね。^^

Q硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。

硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。
そのときの、化学反応式を教えてください。

Aベストアンサー

CuSO4+Ba(NO3)2→BaSO4+Cu(NO3)2


人気Q&Aランキング

おすすめ情報