人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

下のサイトの文章を訳さなければならないのですが、
序盤で訳がわからなくなってしまいました。
http://www.sacred-texts.com/neu/yeats/fip/fip16. …

できる限り、時間の許す限りでいいので、和訳してください。
どうかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アイルランドの童話ですね。


日本語では「たまごのカラの酒つくり」という題です
http://kibiehon.net/ehon/BC56/E_Mukashibanashi/e …を見ればよいかと思います。
もしくは、書店でお求め下さいhttp://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83 …
    • good
    • 0

質問者がやっていらっしゃる事はここでは禁止行為です。



だれも助けてくれませんよ。
    • good
    • 0

サリヴァン夫人は彼女の最も若いボウズが「妖精窃盗」によって交換されたと思おったんや、ほんで、確かに、外観はそのような結論を正当化したんや;一晩に彼女賛成の健康な、青い目の男の子はほとんど何にも上へ無力にされなくて、決して泣き叫んで、泣くのをやめまへんやったちうわけや。

これは、当然貧しいサリヴァン夫人をどエライ不幸にしたんや;ほんで、すべての隣人は、彼女を慰めるために、彼女自身のボウズが、どないな疑いを越えてでも、善人といると言おったんや、ほんで、彼ら自身のあれは彼のところに置かれたんやちうわけや。

サリヴァン夫人はもちろん、どなたはんでも彼女に話したものを信じることができたんや、せやけど、彼女はものを傷つけたくおまへんやった;その顔がどエライしわ深くて、単なる骨格に離れて無駄になるその体やったが、それはまだ彼女自身の男の子との強い類似点を持ちたんやちうわけや。彼女は、したがって、鉄板の上で生きてそれを焼くためにそれを彼女の心臓で見つけることができまへんやった、せやなかったら、熱いトングで休みのその鼻をねだるか、道端で雪の中でそれを投げ出すことは、これらと訴訟のようないくつかにもかかわらず、彼女のボウズの回復のために彼女に強く推薦されたんやちうわけや。

ある日、サリヴァン夫人は、ずるい女性(エレンレア(またはグレーエレン)ちう名で国についてやろかり知られとる)以外のどなたはんに会わなければなりまへんか。彼女は、贈り物を持っておったんや、せやけど、死者がどこにおったか見分けることで、彼女はそれを得たんや、ほんで、彼らの魂の残りの間よかったこと;ほんで、いぼと表皮嚢胞を追い払うことができて、同じ性質のやろかりようけの素晴らしいことをするねんことができたんやちうわけや。

「あんはんは、今朝、悲しみにあるんや、サリヴァン夫人」ことは、彼女へのエレンレアの最初の語やったちうわけや。

「あんはんは、それを言うかもしれまへん、エレン」、と、サリヴァン夫人が言おったんや。「ほんで、わいには悲しみにあるためにあるええ原因はそこのために彼の揺りかごからわいからひったくられるわい自身の立派なボウズやった、『あんはんの休暇によって』と同じくらいようけであるものなしで、せやなかったら、『あんはんの許しを尋ねておくんなはれ』、ほんで、無力にされた上に向かう妖精の醜いdonyビットは彼のところを費したんや;あんはんが悲しみ(エレン)でわいに会う、ほんで、驚きでない。」

p。49

「あんはん(サリヴァン夫人)への小さな非難」、と、エレンレアが言おったんや。「せやけど、あんはんには妖精だわかりまっしゃろか?」

「もちろん!」と、サリヴァン夫人が繰り返したんやちうわけや。「確かに、わいはわいの悲しみにいまんねん、ほんで、わいはわい自身の2つの目を疑うことができまっしゃろか?あらゆる母の魂は、わいに同情せななりまへん!」

「老婦人のアドバイスを受けてもらえまっしゃろか?」言われたエレンレア(彼女の野生で不可解な視線を不幸な母に負わせる);ほんで、休止の後、「せやけど、多分、あんはんはそれを愚かであると言うやろ?」と、彼女が付け加えたんやちうわけや。

「あんはんは、後ろにわいのためにわいのボウズ、わい自身のボウズ、エレンを得ることができまっしゃろか?」大きなエネルギーをもつ言われたサリヴァン夫人。

「わいがあんはんに命じたようにあんはんがするねんならば」、エレンレアを返されて、「あんはんは知っていまんねん。」、サリヴァン夫人は予想で黙っておったんや、ほんで、エレンは続けたんや ― 「大きいポット(水でいっぱいの)を火事に書きとめて、それを狂ったようにゆでさせておくんなはれ;ほんで1ダースの新しい横たえた卵を得られて、彼らを壊してくれまっか、ほんで、シェルを保っておくんなはれ、せやけど、残りを捨てておくんなはれ;それがされるとき、シェルを熱湯のポットに入れておくんなはれ、ほんで、あんはんはそれがあんはん自身の男の子か妖精であるかどないか、すぐにわかっていまんねん。あんはんがそれが揺りかごの妖精であるとわかるならば、クニフォフィアをとって、それを彼に醜く押しつけておくんなはれ、ほんで、あんはんにはその後、わいがあんはんを約束するねんちう彼でのようけの苦労がおまへん。」

ホームはサリヴァン夫人を賭けて、エレンレアが求めたさかい、したんやちうわけや。彼女はポットを火とそれの下のようけの芝に付けたんや、ほんで、そのような率(水が熱いならばそれ)で沸騰しとる水を課されて、それはきっとそうやったちうわけや。

ボウズは、意外にも、揺りかごでまるっきし簡単で静かにしていておったんや。ほんで、時々上に、星として熱心であるように、霜の降りる夜にきらめく彼の目を大火とそれの大きいポットに向けたんや;ほんで、彼は卵を割っていて、沸騰するねんために卵殻を置いとるサリヴァン夫人で、よく用心して観察したんやちうわけや。ついに、「あんはんは、何をマミーにしていまっしゃろか?」と、どエライ年をとった男性の声をあげて、彼が尋ねたんやちうわけや。

彼女が彼女自身を言うたさかい、ボウズが話すのを聞くことで、サリヴァン夫人の心臓は彼女を窒息させる準備ができとる彼女の口で上がっておったんや。彼女はポーカーを火に入れることができた、ほんで、語でどないな驚きでも作ることなく、答えるために「わいは起ころうとしていまんねん、vick」(わいの息子)。

p。50

「ほんで、あんはんは何をつくっていまっしゃろか、マミー?」、言葉の超自然的な才能がその時、彼が妖精代わりであるちうことを疑いなく証明した小さい小鬼を言おったんや。

「わいは、ポーカーが赤かったらばよいと思いまんねん」と、サリヴァン夫人は思おったんや;せやけど、大きなもので、長い間は暖房を必要としたんや;それで、ポーカーが彼に押しつける適当な州にあるまで、彼女は彼を話に保つと決心して、したがって問題を繰り返したんやちうわけや。

「それは、わいがつくっとるもの(vick)である」、彼女は言おったんや、「あんはんは、知っておったいや?」

「はい、マミー:あんはんは、何をつくっていまっしゃろか?」、妖精を返したんやちうわけや。

「卵殻、vick」と、サリヴァン夫人が言おったんや。

「ああ!」と、揺りかごを始めて、一緒に彼の手をたたいて、悪童がわめきたんや、「わいは世界の1500年や、ほんで、わいは前に卵殻の醸造所を決して見まへんやった!」、ポーカーはこの時までにまるっきし赤かったや、ほんで、サリヴァン夫人は、それをつかんで、揺りかごの方へ猛烈に走りたんや;せやけど、何らかの形で、彼女の足はすべりたんや、ほんで、彼女は床にばったり倒れたんや、ほんで、ポーカーは家の反対側に彼女の手から飛びたんやちうわけや。せやけど、熱湯のポットにそれの中にあった邪悪なものを投げるつもりで、彼女は時間のようけの損失なしで起きて、揺りかごへ行きたんやちうわけや。そのとき、ほんで、彼女は甘い睡眠(枕の上に載せられる彼の柔らかい丸い腕のうちの1本)において彼女自身のボウズに会おったんや-バラ色の口を除いて、彼の特徴はまるで彼らの休息がこれまで妨げられなかったように穏やかやったちうわけや。ほんで、それは穏やかで定期的な呼吸とともに動きたんやちうわけや。

この回答への補足

翻訳システムを使って翻訳するのはやめてください。
機械的な訳なら私でも十分できます。
このようなエッセイ・小説風の文章に慣れていないため、
人間を介した和訳を望んでいます。

わざわざ回答していただいたのに注文をつけるとは何事か、とお怒りになるかもしれませんが、
当方の意図を汲んでいただきたく思います。

補足日時:2009/05/05 16:16
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較