マンガでよめる痔のこと・薬のこと

こんにちわ

車のヘッドライトなどを真空蒸着加工している物ですが
外観検査の時、蛍光灯の照度は標準値でどのくらい明るさがベスト
なのでしょうか?

わかる方いたらよろしくお願いします

A 回答 (1件)

JIS Z 9110『照度基準』にさまざまな場所の照度基準が規定されています。


外観官能検査時は付表2『工場』の中の検査a(1500~3000lx)、検査b(750~1500lx)、検査c(300~750lx)が該当します。
真空蒸着となると検査a(細かいもの)か検査b(中間のもの)あたりかと思われますが、JISを確認のうえ、製品の品質基準に合わせて判断してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました
JISを確認したいと思います
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/07 13:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目視検査をすばやくこなす為には?

今仕事で目視検査をしています。
自分なりには頑張っているのですが、なかなかすばやく出来ません。
どうしても慎重になってしまうのです。
かと言って遅すぎる事はないのですが、周りを見ているととても焦ってしまいます。
目視検査はリードフレームを検査しています。
ゴミ・キズ・変形等のチェックです。
正確に・すばやく検査出来るいい方法等あるのでしょうか?
慣れかとは思うのですが、何か訓練(?)やいい方法があればアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

製品検査の大事なことは、「不良品限度の見極め」だと思います。
リードフレームが何なのか分かりませんが、あなたの検査にもきっと限度見本のようなものがあるのではないかと思います。
そうでなければ逆に楽で、徹底的に粗探しのように検査してしまえばいいのですがそれでは生産サイドからクレームが出るはずです。

製品検査とは厳しく検査しすぎてもダメだし、テキトーにしてもダメ・・・・というところが難しいところではないかと考えています。
早く行なうにはやはり、限度見本を良く見て正しく不良品を定義できるようになることが第一かと思います。
自分の中で「このくらいのキズはOK、これ以上は不良品だ」という基準をきちんと確立できていないと現状のように迷ったり、必要以上によく見たりすると思います。

視力やメガネなどの矯正状態に問題があるのならまた別問題ですが(眼鏡屋ですので一応)、まずはこのようなことを念頭において業務を行ってみてはいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング